ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入(6月第5週目)

1位は2週連続で「モンスターズ・ユニバーシティ」。
トータルでは171百万ドルとなっている。
ピクサーによる続編3Dアニメ作品。
公開前に『ヒットするだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

過去のピクサー作品の興行収入は以下の通り。
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル415百万ドル
OP110→227→289→339→363→379→390→396→401→404
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル340百万ドル
OP70→144→191→229→254→275→291→304→313→320
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル293百万ドル
OP68→137→187→226→250→265→274→280→284→286
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル261百万ドル
OP70→143→178→214→226→233→237→242→252→255
☆01年「モンスターズ・インク」トータル256百万ドル
OP63→122→156→192→204→212→219→224→236→245
☆99年「トイ・ストーリー2」トータル246百万ドル
☆06年「カーズ」トータル244百万ドル
OP60→117→157→183→206→220→229→234→238→239
☆12年「メリダとおそろしの森」トータル237百万ドル
OP66→132→174→196→209→217→223→229→230→232
☆08年「ウォーリー」トータル224百万ドル
OP63→127→163→183→195→204→210→214→216→218
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル206百万ドル
OP47→110→143→166→180→188→193→197→199→201
☆95年「トイ・ストーリー」トータル192百万ドル
☆11年「カーズ2」トータル191百万ドル
OP66→117→149→165→176→182→185→186→187→187
☆98年「バグズ・ライフ」トータル163百万ドル
☆13年「モンスターズ・ユニバーシティ」
OP82→171百万ドル→
ピクサー史上、「トイ・ストーリー3」に次ぐ、オープニング作品となっていた。
主要作品との対比で考えると、「モンスターズ・ユニバーシティ」の興行収入は307~404百万ドルとなる。
評価もかなり高いので伸びるだろう。
マックス3億5千万ドル、ミニマム3億ドルというところか。
とりあえずは「モンスターズ・ユニバーシティ」の興行収入は先週に引き続き3億1千万ドル台と予想したい。
「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル293百万ドルを超えることが目標となる。


2位となったのは新作の「The Heat」。
事前には週末3日間で42.2百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想をやや40.0下回る百万ドルのオープニングを飾った。
製作費4千万ドルは余裕で回収できそうだ。
公開前に『それなりにヒットするだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
監督は、11年「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のポール・フェイグ。
主演は、サンドラ・ブロックと、「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」で存在感を発揮したメリッサ・マッカーシー主演のコメディ。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」トータル169百万ドル
OP26→59→85→107→124→136→147→153
☆13年「The Heat」
OP40百万ドル→
これを超えたいところだ。

サンドラ・ブロック主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「あなたは私の婿になる」トータル164百万ドル
OP34→69→94→114→128→140
☆13年「The Heat」
OP40百万ドル→
これとの対比で考えると、「The Heat」の興行収入は193百万ドルとなる。
評価は高いので、ある程度伸びるだろう。
「The Heat」の興行収入は2億ドル台と予想したい。
「ブライズメイズ」に続き、大ヒットとなりそうだ。



3位は2週目の「ワールド・ウォーZ」。
トータルでは124百万ドルとなっている。
製作費1億9千万ドルの回収が目標となる。
ブラッド・ピット主演のアクションホラー。
監督は、「慰めの報酬」(トータル168百万ドル)のマーク・フォスター。
公開前に『大ヒットはしないのではないか』と書いたが、予想外のヒットとなっている。
制作のトラブル等が伝わっており、デキに問題があると思っていたが、そのようなことはなさそうだ。

ブラッド・ピット主演作品の高額興行収入作品は以下のとおり。
☆05年「Mr.&Mrs.スミス」トータル186百万ドル
OP50→97→126→144→159→168
☆01年「オーシャンズ11」トータル183百万ドル
OP38→72→095→128→152→163
☆13年「ワールド・ウォーZ」
OP66→124百万ドル→
キャリアハイを目指したいところだ。

ゾンビ映画なので以下がライボルトなるか。
☆07年「アイ・アム・レジェンド」トータル256百万ドル
OP77→137→194→228→240→247→252
☆13年「ワールド・ウォーZ」
OP66→124百万ドル→
これとの対比で考えると、「ワールド・ウォーZ」の興行収入は232百万ドルとなる。
評価は高いが、あまり伸びるタイプの作品でもないだろう。
「ワールド・ウォーZ」の興行収入は先週に引き続き2億ドル台と予想したい。
2部作予定であり、続編へのゴーサインも出たようだ。


4位となったのは新作の「ホワイトハウス・ダウン」。
事前には週末3日間で38.3百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る25.7百万ドルのオープニングを飾った。
製作費1億5千万ドルを回収するのは無理だろう。
公開前に『それなりにヒットするだろう』と思ったが、微妙な結果となりそうだ。
ローランド・エメリッヒ監督のアクションドラマ。
主演はチャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス

ライバルに勝てるだろうか。
☆13年「エンド・オブ・ホワイトハウス」トータル99百万ドル
OP30→55→71→82→89→93
☆13年「ホワイトハウス・ダウン」
OP26百万ドル→
これとの対比で考えると、「ホワイトハウス・ダウン」の興行収入は86百万ドルとなる。
「エンド・オブ・ホワイトハウス」のデキが良かった点が本作にとって悲劇だった。
2回もホワイトハウスが破壊されるのは耐え難いだろう。

ローランド・エメリッヒ監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆96年「インディペンデンス・デイ」トータル306百万ドル
☆98年「Godzilla/ゴジラ」トータル136百万ドル
☆00年「パトリオット」トータル113百万ドル
☆04年「デイ・アフター・トゥモロー」トータル187百万ドル
☆08年「紀元前1万年」トータル95百万ドル
OP36→062→076→085→089→092
☆09年「2012」トータル166百万ドル
OP65→108→138→149→155→159
☆13年「ホワイトハウス・ダウン」
OP26百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「ホワイトハウス・ダウン」の興行収入は66~69百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、伸びはないだろう。
「ホワイトハウス・ダウン」の興行収入は6千万ドル台と予想したい。
製作費を考えると大コケとなりそうだ。
「エンド・オブ・ホワイトハウス」の存在、題材、キャスティングを考えると、ここまでの製作費を掛けるのは失敗だろう。


5位は3週目の「マン・オブ・スティール」。
トータルでは249百万ドルとなっている。
製作費225百万ドルの回収は完了した。
ザック・スナイダー監督、ヘンリー・カヴィル主演のスーパーマン映画。
公開前に『前回のスーパーマンを超えるのではないか』と書いたとおりとなった。

前回のスーパーマンは以下のとおり。
☆06年「スーパーマン・リターンズ」トータル200百万ドル
先85(OP53)→142→164→178→186→190
☆13年「マン・オブ・スティール」
先129(OP117)→210→249百万ドル→
前回をあっさりと超えた。
これとの対比で考えると、「マン・オブ・スティール」の興行収入は304百万ドルとなる。

最近のアメコミ作品がライバルとなる。
☆12年「アベンジャーズ」トータル623百万ドル
OP207→373→458→513→553→572→587→598
☆08年「ダークナイト」トータル533百万ドル
OP158→314→394→442→471→489→502→512
☆12年「ダークナイト ライジング」トータル448百万ドル
OP161→287→354→390→410→422→431→438
☆02年「スパイダーマン」トータル404百万ドル
OP115→223→286→326→354→370→383→390→396
☆13年「アイアンマン3」
OP174→285→338→367→385→394→400百万ドル→
☆08年「アイアンマン」トータル318百万ドル
先102→178→223→253→276→289→298→305
☆04年「スパイダーマン2」トータル374百万ドル
先152(OP88)→256→302→328→344→354→361→365→368
☆07年「スパイダーマン3」トータル337百万ドル
OP151→240→282→304→318→326→330→332→334
☆10年「アイアンマン2」トータル312百万ドル
OP128→211→251→275→291→299→305
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」トータル262百万ドル
先137(OP62)→201→229→242→251
☆13年「マン・オブ・スティール」
先129(OP117)→210→249百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「マン・オブ・スティール」の興行収入は285~355百万ドルとなる。
評価がかなり高いので、かなり伸びるだろうと思っていたが、実際にはそれほど伸びてこなかった。
「アイアンマン2」レベルとなりそうだ。
「マン・オブ・スティール」の興行収入は、OP時に3億7千万ドル台、2週目に3億4千万ドル台と予想したが、3億1千万ドル台と下方修正したい。
当然ながら、続編の制作も決定しているようだ。
大ヒットとはいえるが、アベンジャーズ勢に対抗するほどの力はなかったか。


6位は3週目の「This is the End」。
トータルでは75百万ドルとなっている。
製作費32百万ドルは楽に回収している。
セス・ローゲン、エヴァン・ゴールドバーグ監督のSFコメディ作品。
ジェームス・フランコ、ジョナ・ヒル、セス・ローゲンが出演している。
公開前に『それなりにヒットするだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

セス・ローゲン出演作品の興行収入は以下の通り。
☆07年「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」トータル149百万ドル
OP31→66→90→109→122→132
☆08年「スモーキング・ハイ」トータル87百万ドル
先41(OP23)→63→74→80→84→86
☆08年「Zack and Miri Make a Porno」トータル31百万ドル
OP10→21→26→029→030→031
☆09年「Observe and Report」トータル24百万ドル
OP11→19→22→023→023→023
☆09年「Funny People」トータル52百万ドル
OP23→41→48→51→51→52
☆11年「50/50」トータル35百万ドル
OP09→17→24→29
☆13年「This is the End」
水33→58→75百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「This is the End」の興行収入は81~109百万ドルとなる。
評価がメチャクチャ高いので伸びそうだ。
「マン・オブ・スティール」「ワールド・ウォーZ」などの影響もあっただろう。
「This is the End」の興行収入はOP時に8千万ドル台と予想したが、先週に引き続き9千万ドル台と予想したい。
製作費も高くはなく、ここまで稼げれば、大ヒットといえるだろう。
セス・ローゲンの評価は高まったといえる。


7位は5週目の「グランド・イリュージョン(Now You See Me)」。
トータルでは105百万ドルとなっている。
製作費75百万ドルの回収が既に完了しており、ついに1億ドルを突破した。
ルイ・レテリエ監督のサスペンス作品。
ジェシー・アイゼンバーグ主演、アイラ・フィッシャー、モーガン・フリーマン、ウディ・ハレルソンが出演している。
公開前に『コケずに、ほとほどには稼ぐのではないか』と書いたが、予想以上の興行収入となっている。

ルイ・レテリエ監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年「トランスポーター2」トータル43百万ドル
OP17→30→36→40→42
☆08年「インクレディブル・ハルク」トータル135百万ドル
OP55→097→116→125→130→132
☆10年「タイタンの戦い」トータル163百万ドル
OP64→110→133→146→154→158
☆13年「グランド・イリュージョン」
OP29→061→081→094→105百万ドル→
これらとの対比で考えると、「グランド・イリュージョン」の興行収入は108~111百万ドルとなる。

内容的に以下の作品が似ているような気がした。
☆08年「ラスベガスをぶっつぶせ」トータル81百万ドル
OP24→47→62→70→76→79
☆13年「グランド・イリュージョン」
OP29→61→81→94→105百万ドル→
これとの対比で考えると、「グランド・イリュージョン」の興行収入は112百万ドルとなる。
評価はかなり高いので、伸びるだろう。
「グランド・イリュージョン」の興行収入はOP時に8千万ドル台、2週目に9千万ドル台、3週目に1億ドル台と予想ていたが、先週に引き続き1億1千万ドル台と予想したい。
評価の良さにより伸びていくサプライズヒットタイプとなった。
製作費がやや高すぎる気がするが、大成功という結果となりそうだ。


8位は6週目の「ワイルド・スピード EURO MISSION」。
トータルでは233百万ドルとなっている。
製作費1億6千万ドルを楽に回収している。
監督は前3作に続きジャスティン・リン。

過去のシリーズの興行収入は以下の通り。
☆01年「ワイルド・スピード」トータル145百万ドル
OP40→078→101→116→125→132→137
☆03年「ワイルド・スピードX2」トータル127百万ドル
OP50→084→103→114→119→122→124
☆06年「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」トータル63百万ドル
OP24→043→052→057→060→061→061
☆09年「ワイルド・スピードMAX」トータル155百万ドル
OP71→116→136→145→150→152→153
☆11年「ワイルド・スピードMEGA MAX」トータル210百万ドル
OP86→140→170→186→196→202→205
☆13年「ワイルド・スピード EURO MISSION」
OP97→171→203→220→229→233百万ドル→
主役の関係もあるが、しり上がりに調子をあげている珍しいシリーズ。
これらとの対比で考えると、「ワイルド・スピード EURO MISSION」の興行収入は238~256百万ドルとなる。
評価もかなり良いので、まだ少しは伸びるだろうが、高い伸びではないか。
「ワイルド・スピード EURO MISSION」の興行収入は先週まで2億5千万ドル台と予想していたが、2億4千万ドル台に下方修正したい。
伸びはそれほど高くはないが、大ヒットといえるだろう。
当然ながら、既に続編の制作も決まっているようだ。
監督交代も決まっており、この勢いを保てるかが次回作の注目となる。


9位は7週目の「スター・トレック イントゥ・ダークネス」。
トータルでは221百万ドルとなっている。
製作費1億9千万ドルの回収は既に完了している。
監督は前作に引き続きJ・J・エイブラムス。
公開前に『アメリカでは当然ヒットするだろう。前作を超えるか』と書いたが、前作を超えるのは無理そうだ。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆09年「スター・トレック」トータル258百万ドル
先79→148→185→209→223→232→240
☆13年「スター・トレック イントゥ・ダークネス」
先84→146→182→200→211→217→221百万ドル→
前作との対比を考えると、本作の興行収入は238百万ドルとなる。
3週目までは前作並の動きだったが、動きが鈍くなってきており、前作を下回りそうだ。
「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の興行収入は先週まで2億4千万ドル台と予想していたが、2億3千万ドル台に下方修正したい。
大ヒットといえるが、前作を下回るのは物足りないところもある。
評価は恐ろしく高いが、ファン限定の声だろうか。
J・J・エイブラムスは「スター・ウォーズ」に取られてしまい、このシリーズはどうなるだろうか。


10位は4週目の「The Internship」。
トータルでは42百万ドルとなっている。
製作費58百万ドルの回収が目標となるが、厳しいか。
公開前に『ヒットしそうだ』と書いたが、ヒットとはいえない結果となりそうだ。
ショーン・レヴィ監督のコメディ作品。
ヴィンス・ヴォーン、オーウェン・ウィルソン主演作品。
5年前ならば大ヒットできるコンビだが、時代が変わりつつあるのか。

ショーン・レヴィ監督作品の興行収入は以下の通り。
☆03年「12人のパパ」トータル139百万ドル
先35(OP28)→86→101→112→123→128→131(※年末公開)
☆06年「ピンクパンサー」トータル82百万ドル
OP20→042→061→070→075→079
☆06年「ナイトミュージアム」トータル251百万ドル
OP30→116→164→186→205→217→225(※年末公開)
☆09年「ナイトミュージアム2」トータル177百万ドル
OP54→104→127→143→156→163→168
☆10年「デート&ナイト」トータル99百万ドル
OP25→049→063→074→081→087
☆11年「リアル・スティール」トータル85百万ドル
OP27→052→067→074→079→082
☆13年「The Internship」
OP17→031→038→042百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「The Internship」の興行収入は48~57百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度なので伸びはないだろう。
「The Internship」の興行収入は2週目まで6千万ドル台と予想していたが、先週に引き続き5千万ドル台と予想したい。
製作費の回収は厳しそうであり、成功とはいえないだろう。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆3D続編アニメ「怪盗グルーのミニオン危機一発」
☆ジョニー・デップ主演の西部劇「ローン・レンジャー」
「怪盗グルーのミニオン危機一発」は前作並のヒットか。
「ローン・レンジャー」は大ヒットにはならないだろう。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。