ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入(7月第2週目)

1位は2週連続で「怪盗グルーのミニオン危機一発」。
トータルでは228百万ドルとなっている。
2億ドルを楽に超えた。
製作費76百万ドルはあっさりと回収している。
3D続編アニメ。
公開前に『前作並のヒットか』と書いたが、前作を楽に超える爆発的なヒットとなりそうだ。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆10年「怪盗グルーの月泥棒」トータル252百万ドル
OP56→118→161→190→209→222→231→236→240→244
☆13年「怪盗グルーのミニオン危機一発」
先143(OP84)→228百万ドル→
前作を楽に超えてきそうだ。

以下がライバルとなる。
☆04年「シュレック2」トータル441百万ドル
先129→237→315→353→379→397→408→419→425
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル415百万ドル
OP110→227→289→339→363→379→390→396→401→404
☆07年「シュレック3」トータル323百万ドル
OP122→203→256→281→297→308→314
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル293百万ドル
OP68→137→187→226→250→265→274→280→284→286
☆01年「シュレック」トータル268百万ドル
OP042→099→148→176→198→215→228
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル261百万ドル
OP70→143→178→214→226→233→237→242→252→255
☆01年「モンスターズ・インク」トータル256百万ドル
OP63→122→156→192→204→212→219→224→236→245
☆13年「怪盗グルーのミニオン危機一発」
先142(OP83)→228百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「怪盗グルーのミニオン危機一発」の興行収入は363~424百万ドルとなる。
『「シュレック3」は超えないか』と書いたが、超えてきそうだ。
「怪盗グルーのミニオン危機一発」の興行収入は先週2億9千万ドル台と予想したが、3億4千万ドル台と上方修正したい。
評価もかなり高く、超大ヒットとなりそうだ。
このシリーズはなぜそれほど人気があるのだろうか。


2位となったのは新作の「Grown Ups 2」。
事前には週末3日間で38.8百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を上回る41.5百万ドルのオープニングを飾った。
製作費8千万ドルの回収は可能だろう。
公開前に『それなりにヒットするだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
デニス・デューガンが前作「アダルトボーイズ青春白書」に引き続き監督を務めた続編コメディ。
主演は、前作に引き続き、アダム・サンドラ―、ケヴィン・ジェームズ、クリス・ロック、デヴィッド・スペード。

アダム・サンドラーとデニス・デューガンがタッグを組んだコメディ作品の興行収入は以下の通り。
☆07年「チャックとラリー おかしな偽装結婚」トータル120百万ドル
OP34→72→092→104→110→114
☆08年「エージェント・ゾーハン」トータル100百万ドル
OP39→69→084→091→095→097
☆10年「アダルトボーイズ青春白書」トータル162百万ドル
OP41→78→111→129→142→151
☆11年「ウソツキは結婚のはじまり」トータル103百万ドル
OP31→61→079→088→094→098
☆11年「ジャックとジル」トータル74百万ドル
OP25→41→057→064→069→071
☆13年「Grown Ups 2」
OP42百万ドル→
これらの中ではオープニングが一番高い。
これらとの対比で考えると、「Grown Ups 2」の興行収入は108~166百万ドルとなる。
評価は良くないので、伸びないだろう。
「Grown Ups 2」の興行収入は1億2千万ドル台と予想したい。
前作がデキスギであり、1億ドルを突破すれば、とりあえずは十分だろう。


3位となったのは新作の「パシフィック・リム」。
事前には週末3日間で46百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る37.3百万ドルのオープニングを飾った。
製作費1億9千万ドルの回収は厳しいか。
ギレルモ・デルトロ監督のSFアクション。
菊地凜子、芦田愛菜も主演している。
公開前に『それなりにヒットするだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
一般層にはやや向かないところもありそうな雰囲気があったので、この程度稼げば十分だろう。
「トランスフォーマー」とは異なるのだから、この手の作品に1億9千万ドルを掛ける戦略が分からない。

以下が参考となるか。
☆05年「宇宙戦争」トータル234百万ドル
先101(OP65)→165→192→208→218→225
☆11年「SUPER8」トータル127百万ドル
先36→73→95→108→118
☆09年「第9地区」トータル116百万ドル
OP37→73→90→101→108→112
☆11年「世界侵略:ロサンゼルス決戦」トータル84百万ドル
OP36→61→73→079→081→082
☆08年「クローバーフィールド」トータル80百万ドル
OP40→64→72→076→078→079
☆13年「パシフィック・リム」
OP37百万ドル→
主要作品らとの対比で考えると、「パシフィック・リム」の興行収入は74~116百万ドルとなる。
評価がメチャクチャ高いので、かなり伸びるだろう。
「第9地区」レベルの伸びと考えて、「パシフィック・リム」の興行収入は1億1千万ドル台と予想したい。
ヒットとはいえるが、製作費を考えると大コケともいえる。
日本で稼げなければ、やばいだろう。


4位は3週目の「The Heat」。
トータルでは112百万ドルとなっている。
1億ドルをあっさりと超えた。
製作費4千万ドルは余裕で回収している。
公開前に『それなりにヒットするだろう』と書いた以上となりそうだ。
「ハングオーバーⅢ」トータル112百万ドルを超えており、「Identity Thief」トータル135百万ドルを超えれば、今年最高のコメディ作品となる

監督は、11年「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のポール・フェイグ。
主演は、サンドラ・ブロックと、「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」で存在感を発揮したメリッサ・マッカーシー主演のコメディ。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」トータル169百万ドル
OP26→59→85→107→124→136→147→153
☆13年「The Heat」
OP39→86→112百万ドル→
これを超えたいところだ。

サンドラ・ブロック主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「あなたは私の婿になる」トータル164百万ドル
OP34→69→94→114→128→140
☆13年「The Heat」
OP39→86→112百万ドル→
これとの対比で考えると、「The Heat」の興行収入は195百万ドルとなる。
評価は高いので、ある程度伸びるだろう。
「The Heat」の興行収入は先週に引き続き2億ドル台と予想したい。
「ブライズメイズ」に続き、大ヒットとなりそうだ。
ポール・フェイグ、メリッサ・マッカーシー、サンドラ・ブロックともに評価はあがったのではないか。


5位は2週目の「ローン・レンジャー」。
トータルでは71百万ドルとなっている。
製作費215百万ドルの回収は不可能だろう。
ディズニーが製作費を出し渋った理由が分かる結果となった。
公開前に『大ヒットにはならないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
監督はゴア・ヴァービンスキー。
アーミー・ハマー、ジョニー・デップ主演の西部劇。
40~50年代にドラマ化されていた作品。
製作費を削減することに条件に映画化に着手したはずなのだが、なぜこれほど高額になっているのだろうか。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆03年「呪われた海賊たち」トータル305百万ドル
OP071→133→177→210→233→249→261→272→282→288
☆06年「デッドマンズ・チェスト」トータル423百万ドル
OP136→258→322→358→380→392→401→408→413→417
☆07年「ワールド・エンド」トータル309百万ドル
OP128→218→253→274→287→296→302→304→306→307
☆10年「アリス・イン・ワンダーランド」トータル334百万ドル
OP116→209→265→294→310→319→324
☆11年「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」トータル241百万ドル
OP090→153→190→209→221→229→234
☆11年「ランゴ」トータル123百万ドル
OP038→68→092→106→114→118→119→120
☆13年「ローン・レンジャー」
先49(OP29)→71百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「ローン・レンジャー」の興行収入は101~128百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、伸びもないだろう。
「ローン・レンジャー」の興行収入は先週に引き続き1億ドル台と予想したい。
製作費を考えると、完全な失敗作となりそうだ。
西部劇であり、完全なファミリー向けではない点が大きい。
12年「ダーク・シャドウ」トータル80百万ドルもヒットしておらず、ジョニー・デップの人気が落ちているのか。
また、「パイレーツ」シリーズのデキも大して良くなかったので、ゴア・ヴァービンスキーへの評価も高くはないのだろう。


6位は4週目の「モンスターズ・ユニバーシティ」。
トータルでは238百万ドルとなっている。
ピクサーによる続編3Dアニメ作品。
公開前に『ヒットするだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
「怪盗グルーのミニオン危機一発」の影響が出て伸び悩んでいるか。

過去のピクサー作品の興行収入は以下の通り。
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル415百万ドル
OP110→227→289→339→363→379→390→396→401→404
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル340百万ドル
OP70→144→191→229→254→275→291→304→313→320
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル293百万ドル
OP68→137→187→226→250→265→274→280→284→286
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル261百万ドル
OP70→143→178→214→226→233→237→242→252→255
☆01年「モンスターズ・インク」トータル256百万ドル
OP63→122→156→192→204→212→219→224→236→245
☆99年「トイ・ストーリー2」トータル246百万ドル
☆06年「カーズ」トータル244百万ドル
OP60→117→157→183→206→220→229→234→238→239
☆12年「メリダとおそろしの森」トータル237百万ドル
OP66→132→174→196→209→217→223→229→230→232
☆08年「ウォーリー」トータル224百万ドル
OP63→127→163→183→195→204→210→214→216→218
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル206百万ドル
OP47→110→143→166→180→188→193→197→199→201
☆95年「トイ・ストーリー」トータル192百万ドル
☆11年「カーズ2」トータル191百万ドル
OP66→117→149→165→176→182→185→186→187→187
☆98年「バグズ・ライフ」トータル163百万ドル
☆13年「モンスターズ・ユニバーシティ」
OP82→170→216→238百万ドル→
ピクサー史上、「トイ・ストーリー3」に次ぐ、オープニング作品となっていた。
主要作品との対比で考えると、「モンスターズ・ユニバーシティ」の興行収入は288~309百万ドルとなる。
評価もかなり高いので伸びると思ったが、ライバル作品が強力なため伸び悩んでいる。
「モンスターズ・ユニバーシティ」の興行収入は先週まで3億1千万ドル台と予想していたが、2億9千万ドルに下方修正したい。
「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル293百万ドルを超えることが目標となる。


7位は4週目の「ワールド・ウォーZ」。
トータルでは177百万ドルとなっている。
製作費1億9千万ドルの回収が目標となる。
ブラッド・ピット主演のアクションホラー。
監督は、08年「慰めの報酬」(トータル168百万ドル)のマーク・フォスター。
公開前に『大ヒットはしないのではないか』と書いたが、予想外のヒットとなっている。
制作のトラブル等が伝わっており、デキに問題があると思っていたが、そのようなことはなさそうだ。

ブラッド・ピット主演作品の高額興行収入作品は以下のとおり。
☆05年「Mr.&Mrs.スミス」トータル186百万ドル
OP50→097→126→144→159→168
☆01年「オーシャンズ11」トータル183百万ドル
OP38→072→095→128→152→163
☆13年「ワールド・ウォーZ」
OP66→124→159→177百万ドル→
キャリアハイを目指したいところだ。

ゾンビ映画なので以下がライボルトなるか。
☆07年「アイ・アム・レジェンド」トータル256百万ドル
OP77→137→194→228→240→247→252
☆13年「ワールド・ウォーZ」
OP66→124→159→177百万ドル→
これとの対比で考えると、「ワールド・ウォーZ」の興行収入は199百万ドルとなる。
評価は高いが、あまり伸びるタイプの作品でもないだろう。
「ワールド・ウォーZ」の興行収入は先週に引き続き2億ドル台と予想したい。
2部作予定であり、続編へのゴーサインも出たようだ。


8位は3週目の「ホワイトハウス・ダウン」。
トータルでは63百万ドルとなっている。
製作費1億5千万ドルを回収するのは無理だろう。
公開前に『それなりにヒットするだろう』と思ったが、微妙な結果となりそうだ。
ローランド・エメリッヒ監督のアクションドラマ。
主演はチャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス

ライバルに勝てるだろうか。
☆13年「エンド・オブ・ホワイトハウス」トータル99百万ドル
OP30→55→71→82→89→93
☆13年「ホワイトハウス・ダウン」
OP25→50→63百万ドル→
これとの対比で考えると、「ホワイトハウス・ダウン」の興行収入は88百万ドルとなる。
「エンド・オブ・ホワイトハウス」のデキが良かった点が本作にとって悲劇だった。
しかも、2回もホワイトハウスが破壊されるのはアメリカ国民には耐え難いだろう。

ローランド・エメリッヒ監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆96年「インディペンデンス・デイ」トータル306百万ドル
☆98年「Godzilla/ゴジラ」トータル136百万ドル
☆00年「パトリオット」トータル113百万ドル
☆04年「デイ・アフター・トゥモロー」トータル187百万ドル
☆08年「紀元前1万年」トータル95百万ドル
OP36→062→076→085→089→092
☆09年「2012」トータル166百万ドル
OP65→108→138→149→155→159
☆13年「ホワイトハウス・ダウン」
OP25→50→63百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「ホワイトハウス・ダウン」の興行収入は76~79百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、伸びはないと思ったが、独立記念日等もあり多少伸びた。
「ホワイトハウス・ダウン」の興行収入はオープニング時に6千万ドル台と予想したが、先週に引き続き7千万ドル台と予想したい。
しかし、製作費を考えると大コケとなりそうだ。
「エンド・オブ・ホワイトハウス」の存在、題材、キャスティングを考えると、ここまでの製作費を掛けるのは失敗だろう。


9位は2週目の「Kevin Hart: Let Me Explain」。
トータルでは26百万ドルとなっている。
内容はよく分からないが、コメディアンのケヴィン・ハートによる舞台か。
評価はそれほど悪くはない程度であり、伸びはないだろう。
トータルでは4千万ドル台程度か。


10位は5週目の「マン・オブ・スティール」。
トータルでは281百万ドルとなっている。
製作費225百万ドルの回収は既に完了している。
ザック・スナイダー監督、ヘンリー・カヴィル主演のスーパーマン映画。
公開前に『前回のスーパーマンを超えるのではないか』と書いたとおりとなった。

前回のスーパーマンは以下のとおり。
☆06年「スーパーマン・リターンズ」トータル200百万ドル
先85(OP53)→142→164→178→186→190
☆13年「マン・オブ・スティール」
先129(OP117)→210→249→271→281百万ドル→
前回をあっさりと超えた。
これとの対比で考えると、「マン・オブ・スティール」の興行収入は302百万ドルとなる。

最近のアメコミ作品がライバルとなる。
☆12年「アベンジャーズ」トータル623百万ドル
OP207→373→458→513→553→572→587→598
☆08年「ダークナイト」トータル533百万ドル
OP158→314→394→442→471→489→502→512
☆12年「ダークナイト ライジング」トータル448百万ドル
OP161→287→354→390→410→422→431→438
☆02年「スパイダーマン」トータル404百万ドル
OP115→223→286→326→354→370→383→390→396
☆13年「アイアンマン3」
OP174→285→338→367→385→394→400
☆08年「アイアンマン」トータル318百万ドル
先102→178→223→253→276→289→298→305
☆04年「スパイダーマン2」トータル374百万ドル
先152(OP88)→256→302→328→344→354→361→365→368
☆07年「スパイダーマン3」トータル337百万ドル
OP151→240→282→304→318→326→330→332→334
☆10年「アイアンマン2」トータル312百万ドル
OP128→211→251→275→291→299→305
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」トータル262百万ドル
先137(OP62)→201→229→242→251
☆13年「マン・オブ・スティール」
先129(OP117)→210→249→271→281百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「マン・オブ・スティール」の興行収入は301~324百万ドルとなる。
評価がかなり高いので、かなり伸びるだろうと思っていたが、実際にはそれほど伸びてこなかった。
「アイアンマン2」レベルとなりそうだ。
「マン・オブ・スティール」の興行収入は、OP時に3億7千万ドル台、2週目に3億4千万ドル台と予想したが、先週に引き続き3億1千万ドル台と予想したい。
当然ながら、続編の制作も決定しているようだ。
大ヒットとはいえるが、アベンジャーズ勢に対抗するほどの力はなかったか。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆ジェームズ・ワン監督のホラー作品「The Conjuring」
☆コミック原作のアクションアドベンチャー「ゴースト・エージェントR.I.P.D.」
☆続編アクションコメディー「Redリターンズ」
☆3Dアニメ「Turbo」
それぞれ実力通り稼ぐのではないか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。