ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(7月3週目その3)

2位:「モンスターズ・ユニバーシティ」(ディズニー)<3週目>
【公開前個人予想】 50億円台
【現時点での興行収入予想】 80億円前後(OP時70億円前後)
【配給会社期待値等】 100億円に迫るヒットも見込める
【公開規模】 661スクリーン(先週比-1スクリーン)
推定で5.7億円を週末に稼ぎ、トータルでは推定34.8億円半ばとなっている。
祝日を除いた6日間の伸びは10億円弱程度だろうか。
既に30億円を超える爆発的なヒットとなった。
昨年の「メリダとおそろしの森」が低い結果となり、それほど盛り上がっているようには思えなかったが、やはり、知名度の高さは伊達ではないようだ。

ピクサー作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「トイ・ストーリー2」トータル34.5億円
☆02年「モンスターズ・インク」トータル93.7億円
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル110.0億円
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル52.6億円
先7.5→15.3→不明→不明→35.1→47.1→48.0→50.0
☆06年「カーズ」トータル22.3億円
OP3.8→07.8→10.5→14.1
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円
水5.0→12.8→19.5→28.5→32.0→35.8→37.1→祝38.1
☆08年「WALL・E/ウォーリー」トータル40.0億円
金5.1→11.5→16.0→不明→30.3→祝35.5→37.1
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年「カーズ2」トータル30.1億円
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3
☆12年「メリダとおそろしの森」トータル9.5億円
OP1.5→04.2→06.1→07.6→08.7
☆13年「モンスターズ・ユニバーシティ」
OP8.5→祝24.9→34.9億円→
主要作品との対比で考えると、「モンスターズ・ユニバーシティ」の興行収入は78.3~97.1億円となる。
前作を考えると、100億円近いヒットになってもおかしくはないが、「トイ・ストーリー3」のような爆破的なヒットにはならないだろう。
しかし、「カールじいさんの空飛ぶ家」は超えるだろう。
「カールじいさんの空飛ぶ家」対比で考えると78.3億円となるので、この程度だろうか。
「モンスターズ・ユニバーシティ」の興行収入はオープニング時に70億円前後と予想したが、80億円前後に上方修正したい。
公開前個人予想は50億円台だったので低すぎたか。
爆発できるネタではあるが、今回ここまでヒットするとは思わなかった。


5位:「ワイルド・スピード EURO MISSION」(東宝東和)<3週目>
【公開前個人予想】 16億円台
【現時点での興行収入予想】 22億円台
【公開規模】 611スクリーン(先週比±0スクリーン)
推定で1.5億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定15.4億円半ばとなっている。
1週間の伸びは4.5億円程度か。
現時点では「007スカイフォール」「ダイハード/ラスト・デイ」並の動きとなっている。
本作がここまで爆発するとは思わなかった。
これほどのスクリーンで公開することも驚きだ。

「ワイルド・スピード」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆01年「ワイルド・スピード」4.5億円
☆03年「ワイルド・スピードX2」7億円
☆06年「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」トータル9.7億円
OP2.4→5.8→7.7→8.6
☆09年「ワイルド・スピード MAX」トータル9.5億円
金4日3.6(OP2.1)→5.9→7.6→8.6→9.2
☆11年「ワイルド・スピードMEGA MAX」トータル14.4億円
先行2.8(先込5.0)→8.7→11.5→13.1→13.9
☆13年「ワイルド・スピード EURO MISSION」
OP4.5→11.0→15.5億円→
シリーズ最高の興行収入になるだろう。
これらとの対比で考えると、「ワイルド・スピード EURO MISSION」の興行収入は19.4~19.5億円となる。
大ヒットしており、この対比を超えるのではないか。
公開前に『アメリカ同様にシリーズを重ねるごとにヒットしている。知名度もあがっており、前作並の興行収入となるだろう』と書いたが、前作を大きく超えるとは思わなかった。

「ワイルド・スピード EURO MISSION」15.5億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「ダーク・シャドウ」14.9億円(トータル21.6億円)
☆「ダークナイト ライジング」13.5億円(トータル19.7億円)
これらとの対比で考えると、「ワイルド・スピード EURO MISSION」の興行収入は22.5~22.6億円となる。
この対比程度となりそうだ。
「ワイルド・スピード EURO MISSION」の興行収入は先々週に引き続き22億円台と予想したい。
公開前個人予想は16億円台だったので、低すぎたか。
前作14.4億円を考えると、ここまでのヒットは考えにくかった。


6位:「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」(ワーナー)<3週目>
【公開前個人予想】 9億円台
【現時点での興行収入予想】 14億円台
【公開規模】 127スクリーン(先週比±0スクリーン)
推定で1.2億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定9.7億円弱となっている。
1週間の伸びは3.2億円弱程度だろうか。
前作を楽に超えそうだ。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆10年「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」トータル10.7億円
OP2.0→4.9→7.8→8.7→9.4→9.8→10.1
☆13年「劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」
OP2.8→6.5→9.7億円→
これとの対比で考えると、「劇場版 銀魂」の興行収入は13.3億円となる。
公開前に『前作がデキスギのような気がするので、前作を下回るのではないか』と書いたが、楽に超えそうだ。

以下の動きが参考となるか。
☆12年「ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-」トータル14.8億円
OP3.0→6.9→9.6→12.5→13.6
☆11年「鋼の錬金術師」トータル6.5億円(90スクリーン)
OP1.5→3.0→4.0→4.6→5.3→5.7
☆13年「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」
OP2.8→6.5→9.7億円→
これとの対比で考えると、「劇場版 銀魂」の興行収入は15.0~15.8億円となる。
ファンが殺到していると思うので、そろそろ伸びは落ち着くだろう。
13億円以上、15億円以下となるだろうか。
「劇場版 銀魂」の興行収入は先々週に引き続き14億円台と予想したい。
公開前個人予想は9億円台だったので低すぎたか。
前作を下回るかと思ったが、完結篇と銘打っているだけあり、盛り上がっているようだ。


7位:「それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ」(東京テアトル)<3週目>
【公開前個人予想】 4億円台
【現時点での興行収入予想】 4億円台
【公開規模】 143スクリーン
推定で2.7千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定2.0億円弱となっている。
1週間の伸びは7千万円程度だろうか。
やはり去年を下回りそうだ。

過去のシリーズの興行収入は以下の通り。
☆07年「それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン」
祝込3日0.7(2日0.5)→
☆08年「それいけ!アンパンマン妖精リンリンのひみつ」
OP0.5→1.1→1.8→2.3→2.7
☆09年「それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星」
OP0.4→0.9→1.2→1.8
☆10年「それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌」トータル3.0億円
OP0.4→0.9→1.5→1.9→2.3
☆11年「それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星」
OP0.4→1.1→1.5→2.1→2.5→2.8→3.2
☆12年「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」トータル5.1億円
OP0.7→1.6→2.5→3.1→3.6
☆13年「それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ」
OP0.5→1.3→2.0億円→
これらとの対比で考えると、今年の興行収入は4.0~4.1億円となる。
夏休み時期であり、まだまだ伸びるだろう。
今年の興行収入は4億円台と予想したい。
公開前個人予想は4億円台だったので、当たりそうだ。
需要が確実にある作品であり、予定通りきっちり稼ぎそうだ。


8位:「サイレントヒル:リベレーション3D」(プレシディオ)<2週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 294スクリーン(3D版と2D版がそれぞれカウントされるため実際の劇場館はもっと少ない)
推定で2.3千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定1.5億円弱となっている。
祝日を除いた6日間の伸びは6千万円程度だろうか。
夏休みといえばホラーという時期的なこともあり、コケてはいない。
なお、先々週『金曜日からのオープニング3日は7千万円程度か』と書いていたが、実際にもその程度だったようだ。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆06年「サイレントヒル」5億円台見込み
OP1.2→2.9億円
☆13年「サイレントヒル:リベレーション3D」
金0.7→1.5億円→
公開前に『前作の半分程度稼げればよいか』と書いたとおりとなりそうだ。

「サイレントヒル:リベレーション3D」1.5億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「ファミリー・ツリー」1.8億円(トータル3.0億円)
☆「パラノーマル・アクティビティ4」1.7億円(トータル2.9億円)
これらとの対比で考えると、「サイレントヒル:リベレーション3D」の興行収入は2.5~2.6億円となる。
夏休みということも考慮して、「サイレントヒル:リベレーション3D」の興行収入は3億円台と予想したい。
公開前個人予想は3億円台だったので、当たりそうだ。
この手の中規模ハリウッドは当たらないが、題材的に少しは稼ぐ。


9位:「100回泣くこと」(ショウゲート)<5週目>
【公開前個人予想】 10億円台
【現時点での興行収入予想】 7億円台(OP時10億円台)
【公開規模】 224スクリーン(先週比±0スクリーン)
推定で2.1千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定6.5億円半ばとなっている。
1週間の伸びは7.2千万円半ば程度だろうか。
人気は高いがあまり実績のない大倉忠義、事務所がメジャーではないからかあまりブレイクしない桐谷美玲主演作なので、不安はあったが、それなりの結果を残しそうだ。
しかし、『この手の泣かせる系映画は勝手にヒットするはずだ』と考えていたが、“全く泣けない”など思った以上に評判が悪いので、あまり伸びなかった。

以下の作品が参考となるか。
☆09年「僕の初恋をキミに捧ぐ」トータル21.5億円
OP2.8→07.8→13.0→16.0→祝18.5→19.5→20.3
☆10年「君に届け」トータル15.3億円
OP2.3→06.2→09.0→11.5→12.9→13.8→14.5
☆11年「パラダイス・キス」トータル13.9億円
OP2.0→5.8→8.8→10.9→12.2→13.1→13.6
☆12年「僕等がいた 前篇」トータル25.2億円
OP3.0→9.8→15.4→19.1→21.3→23.0→23.7
☆12年「僕等がいた 後篇」トータル17.2億円
OP3.1→07.5→12.6→14.3→15.5→16.2→16.6
☆13年「100回泣くこと」
OP1.5→03.7→04.9→05.8→06.6億円→
これらとの対比で考えると、「100回泣くこと」の興行収入は7.3~7.8億円となる。
この程度だろう。

「100回泣くこと」6.6億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「臨場 劇場版」6.9億円(トータル7.4億円)
☆「任侠ヘルパー」6.3億円(トータル7.0億円)
これらとの対比で考えると、「100回泣くこと」の興行収入は7.1~7.3億円となる。
『この手の作品は評判が多少悪くても、イメージだけで動員に繋がるだろう。レディースデイなどの動員も見込まれる』と思い、高めに予想して、「100回泣くこと」の興行収入はオープニング時に10億円台と予想したが、あまり伸びなかった。
「100回泣くこと」の興行収入は7億円台に下方修正したい。
公開前個人予想は10億円台だったので、高かったか。
やや微妙なところがあったので、もうちょっと加味すればよかった。



10位:「華麗なるギャツビー」(ワーナー)<6週目>
【公開前個人予想】 22億円台
【現時点での興行収入予想】 10億円台(OP時12億円台)
【公開規模】 315スクリーン(先週比-24スクリーン)
推定で2.0千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定10.2億円となっている。
1週間の伸びは6.4千万円弱程度だろうか。
「リンカーン」と同程度の結果となりそうだ。
10億円はかろうじて超えたが、女性受けしそうな作品であり、キャストも豪華であり、もうちょっと稼ぐと思っていた。

レオナルド・ディカプリオ主演、バズ・ラーマン監督の3Dヒューマンドラマ。
2012年12月全米公開予定だったが、アメリカでは5月に延期されていた。
アメリカでは現在144百万ドルを稼いでおり、大ヒットとなっていた。
しかし、公開前に『「レ・ミゼラブル」のようなムーブメントは起きないだろうが、女性受けしそうであり、日本でも大ヒットしそうだ』と書いたとおりになりそうもない。

レオナルド・ディカプリオ主演映画の興行収入は以下の通り。
☆03年公開「ギャング・オブ・ニューヨーク」トータル30.0億円
☆03年公開「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」トータル29.0億円
☆05年公開「アビエイター」トータル10.7億円
OP1.6→5.0→6.9→8.4
☆07年公開「ディパーテッド」トータル15.6億円
OP2.9→7.1→9.9→11.7→13.0→13.8
☆07年公開「ブラッド・ダイヤモンド」トータル9.9億円
OP1.5→4.2→6.2→07.5→08.9→09.4→09.8
☆08年公開「ワールド・オブ・ライズ」トータル8~9億円
OP1.1→不明→6.0→祝込7.6→8.2
☆09年公開「レボリューショナリー・ロード」トータル3.8億円
OP0.8→2.4→3.2→03.5→03.7→03.7
☆10年公開「シャッターアイランド」トータル17.0億円
金3.4→8.3→11.0→13.3→15.4→16.0
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5
☆12年公開「J・エドガー」トータル3.6億円
OP0.8→02.0→02.7
☆13年公開「華麗なるギャツビー」
金2.1→05.2→07.2→08.7→09.6→10.2億円→
これらとの対比で考えると、「華麗なるギャツビー」の興行収入は10.7~11.1億円となる。
公開前に『「ディパーテッド」「シャッターアイランド」がライバルか』と書いたが、これに比べてかなり低い数字となっている。
オープニング時にロングセールス見込みで「華麗なるギャツビー」の興行収入は12億円台と予想したいと書いたが、10億円台となりそうだ。
オープニング時にやや見込み過ぎたか。
公開前個人予想は22億円台だったので、完全に高すぎたか。
確かにやや取っつきにくいところがある作品なので、その点が嫌われたのか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。