ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(7月4週目その1)

動員4位:「終戦のエンペラー」(松竹)<1週目>
【公開前個人予想】 13億円台
【現時点での興行収入予想】 13億円台
【公開規模】 301スクリーン
1.8億円(183,166,700円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは1.8億円程度か』と書いたので、珍しく当たった。
やはり、『戦争映画とはジャンルが異なるが、この手の作品には年配層が動く』と書いたとおりとなりそうだ。
8月15日の終戦記念日近い日程でも、公開のタイミングも悪くはない。
さらにハリウッド映画ということもあり、注目も集めそうだ。

戦争映画の興行収入は以下のとおり。
☆07年「俺は、君のためにこそ死ににいく」トータル10.8億円
OP1.8→4.7→6.8→8.1→8.9
☆09年「真夏のオリオン」トータル5.7億円
OP1.1→3.0→4.1→4.9→5.3
☆11年「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」トータル15.7億円
祝3日3.9(OP2.6)→8.4→11.3→13.3→14.2→14.5
☆11年「聯合艦隊司令長官 山本五十六」トータル15.3億円
祝3日2.5(OP1.5)→5.7→祝10.2→11.8→13.1
☆13年「終戦のエンペラー」
OP1.8億円→
「山本五十六」以外の作品との対比で考えると、「終戦のエンペラー」の興行収入は9.3~10.9億円となる。
お盆時期を中心に8月いっぱいまで稼げるので、この対比以上に伸びるだろう。

「終戦のエンペラー」1.8億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2012>
☆「北のカナリアたち」1.8億円(トータル14.0億円)
☆「エイトレンジャー」1.6億円(トータル12.0億円)
☆「臨場 劇場版」1.5億円(トータル7.4億円)
これらとの対比で考えると、「終戦のエンペラー」の興行収入は8.9~14.0億円となる。
年配層向けであり、平日にも伸びるだろう。
公開前の予想通り、「終戦のエンペラー」の興行収入は13億円台と予想したい。
珍しいタイプの作品であり、コケもしなければ大ヒットもせず、それなりにしっかりと稼ぐと思ったとおりとなりそうだ。


動員8位:「劇場版トリコ 美食神の超食宝(スペシャルメニュー)」(東映)<1週目>
【公開前個人予想】 4億円台
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 179スクリーン
5.5千万円(55,361,400円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは9千万円程度か』と書いたが、予想よりもかなり低かった。
公開前に『夏休み時期でもあり、それなりには稼ぐだろう』と思ったが、意外と人気は高くはないようだ。

劇場版第二弾となる。
前作は11年にジャンプHEROES filmとして、「ONE PIECE 3D 麦わらチェイス」と同時上映された。
☆11年「ジャンプHEROES film」トータル7.9億円
OP1.1→3.3→5.5→6.7→7.1
☆13年「劇場版トリコ 美食神の超食宝(スペシャルメニュー)」
OP0.6億円→
これとの対比で考えると、「劇場版トリコ」の興行収入は4.3億円となる。
夏休み時期であり、お盆時期に稼ぐ可能性はあるが、高い期待はしにくい。
「劇場版トリコ」の興行収入は3億円台と予想したい。
公開前に『今回は「ONE PIECE」がついていないので、かなり落ちるだろう』と思ったが、単独では思ったより稼げないようだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。