ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる映画ニュース(8月第1週目)

☆「アバター」続編が3作へ
続編の制作を最低2作品を予定していたが、どうやら続編は3作品となるようだ。
2016年12月、第2弾を2017年、第3弾を2017年後半に公開する予定。
もともと続編は前日譚を含めて3作制作したいと語っていたと思うので、それほど驚きはない。
完璧主義者のジェームズ・キャメロンなので、予定通りのスケジュールになるとは思えないが、どうなっていくのだろうか。
2017年から着手予定の「銃夢」の映画化も遅れそうだ。


☆2012年最も稼いだ女優ランキング
2012年6月~2013年6月までに稼いだランキングとなっている
1位アンジェリーナ・ジョリー(3300万ドル)
2位ジェニファー・ローレンス(2600万ドル)
3位クリステン・スチュワート(2200万ドル)
4位ジェニファー・アニストン(2000万ドル)
5位エマ・ストーン(1600万ドル)
6位シャーリーズ・セロン(1500万ドル)
7位サンドラ・ブロック(1400万ドル)
7位ナタリー・ポートマン(1400万ドル)
9位ミラ・クニス(1100万ドル)
9位ジュリア・ロバーツ(1100万ドル)
アンジェリーナ・ジョリーは最近映画に出演していないが、製作中の「Maleficent」という3Dファンタジーの契約料1500万ドルが大きいらしい。
ジェニファー・ローレンスは「ハンガー・ゲーム」の続編の契約料が大きいらしい。前作は100万ドルの契約だったとのこと。
クリステン・スチュワートは「トワイライト」シリーズが終わってもこれだけ稼いでいるのは驚きだ。


☆レン・ワイズマンが「ハムナプトラ」リブート版から降板
スケジュールを理由に降板したようだが、いまさらスケジュールがどうのこうの言うのがよく分からない。
2014年公開予定映画であり、このタイミングの降板はかなりの痛手ではないか。
主演も決まったというニュースもなく、映画化できるかどうかも含めて注目となる。


☆デビッド・フィンチャー監督による「海底2万哩」リメイク企画が頓挫
ディズニーが企画していたようだが、高額な製作費が掛かることから完全に消滅したようだ。
ディズニーは「ローン・レンジャー」で痛い目に遭っているので、仕方がない。
フィンチャー監督はブラッド・ピットを主演に迎えようとしていたが、上手くまとまらなかったことも要因のひとつだろう。
デヴィッド・フィンチャー監督は、アーサー・C・クラーク原作の「宇宙のランデブー」に続き、企画が消えている。
「ドラゴン・タトゥーの女」の続編はどうなるだろうか。
なお、フィンチャー監督の次回作はベン・アフレック出演の「ゴーン・ガール」という作品に決まっている。


☆「マン・オブ・スティール」続編にバットマンが登場
2015年公開を目指している続編作品にバットマンが登場するようだ。
ザック・スナイダー監督、ヘンリー・カヴィルが続投することが決定している。
今までバットマンを演じたクリスチャン・ベールは恐らく出演しないだろう。
今後は誰がバットマンを演じるかが注目となる。
DCコミック版の「アベンジャーズ」ともいわれる「ジャスティス・リーグ」の布石となりそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。