ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(7月4週目その4)

11位:「100回泣くこと」(ショウゲート)<6週目>
【公開前個人予想】 10億円台
【現時点での興行収入予想】 7億円台(OP時10億円台)
【公開規模】 187スクリーン(先週比-37スクリーン)
1.2千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定6.9億円となっている。
1週間の伸びは3.9千万円弱程度だろうか。
人気は高いがあまり実績のない大倉忠義、事務所がメジャーではないからかあまりブレイクしない桐谷美玲主演作なので、不安はあったが、それなりの結果を残しそうだ。
しかし、『この手の泣かせる系映画は勝手にヒットするはずだ』と考えていたが、“全く泣けない”など思った以上に評判が悪いので、あまり伸びなかった。

以下の作品が参考となるか。
☆09年「僕の初恋をキミに捧ぐ」トータル21.5億円
OP2.8→07.8→13.0→16.0→祝18.5→19.5→20.3
☆10年「君に届け」トータル15.3億円
OP2.3→06.2→09.0→11.5→12.9→13.8→14.5
☆11年「パラダイス・キス」トータル13.9億円
OP2.0→5.8→8.8→10.9→12.2→13.1→13.6
☆12年「僕等がいた 前篇」トータル25.2億円
OP3.0→9.8→15.4→19.1→21.3→23.0→23.7
☆12年「僕等がいた 後篇」トータル17.2億円
OP3.1→07.5→12.6→14.3→15.5→16.2→16.6
☆13年「100回泣くこと」
OP1.5→03.7→04.9→05.8→06.6→06.9億円→
これらとの対比で考えると、「100回泣くこと」の興行収入は7.3~7.7億円となる。
この程度だろう。
『この手の作品は評判が多少悪くても、イメージだけで動員に繋がるだろう。レディースデイなどの動員も見込まれる』と思い、高めに予想して、「100回泣くこと」の興行収入はオープニング時に10億円台と予想したが、あまり伸びなかった。
「100回泣くこと」の興行収入は先週に引き続き7億円台と予想したい。
公開前個人予想は10億円台だったので、高かったか。
やや微妙なところがあったので、もうちょっと低めに予想すればよかった。


13位:「アフター・アース」(ソニー)<6週目>
【公開前個人予想】 9億円台
【現時点での興行収入予想】 9億円台
【公開規模】 312スクリーン(先週比-95スクリーン)
9.0百万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定8.9億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.6千万円程度だろうか。
公開前に『アメリカでは酷評のレッテルを張られ、イマイチの興行収入となっている。日本でも大ヒットは望めないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

ウィル・スミス主演作の興行収入は以下の通り。
☆97年「インディペンデンス・デイ」配給収入66.5億円(興行収入は倍程度)
☆03年「バッド・ボーイズ2バッド」トータル20.0億円
☆04年「アイ,ロボット」トータル37.5億円
先7.3→17.0→23.3→28.7→31.6→33.6→34.8
☆05年「最後の恋のはじめ方」 10億円未満
☆07年「幸せのちから」トータル27.1億円
OP3.5→10.6→15.9→20.4→23.2→25.1→26.1
☆07年「アイ・アム・レジェンド」トータル43.0億円
金7.2→16.4→不明→33.8→37.7→40.6→42.0→42.8
☆08年「ハンコック」トータル31.0億円
先8.3→17.2→祝込23.7→26.6→28.7→29.1
☆09年公開「7つの贈り物」トータル7.9億円
OP1.6→04.6→06.4→07.4→07.7
☆10年公開「ベスト・キッド」トータル15.2億円(参考)
先2.9→07.3→10.0→12.2→13.3
☆12年公開「メン・イン・ブラック3」トータル31.3億円
金7.0→16.1→22.2→26.6→28.6→30.3→30.9
☆13年公開「アフター・アース」
金2.5→05.6→07.2→08.1→08.7→09.0億円→
近年では「7つの贈り物」に次ぐ低い結果となった。
主要作品との対比で考えると、「アフター・アース」の興行収入は9.3~9.7億円となる。
もはや大きく伸びることはないだろう。
「アフター・アース」の興行収入は先週に引き続き9億円台と予想したい。
公開前個人予想は9億円台だったので、当たりそうだ。
大ヒットはしないが、さすがにそれなりには稼ぐと読んだとおりか。


14位:「華麗なるギャツビー」(ワーナー)<7週目>
【公開前個人予想】 22億円台
【現時点での興行収入予想】 10億円台(OP時12億円台)
【公開規模】 54スクリーン(先週比-261スクリーン)
8.8百万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定10.5億円半ばとなっている。
1週間の伸びは3.2千万円半ば程度だろうか。
10億円はかろうじて超えたが、女性受けしそうな作品であり、キャストも豪華であり、もうちょっと稼ぐと思っていた。

レオナルド・ディカプリオ主演、バズ・ラーマン監督の3Dヒューマンドラマ。
2012年12月全米公開予定だったが、アメリカでは5月に延期されていた。
アメリカでは現在144百万ドルを稼いでおり、大ヒットとなっていた。
しかし、公開前に『「レ・ミゼラブル」のようなムーブメントは起きないだろうが、女性受けしそうであり、日本でも大ヒットしそうだ』と書いたとおりになりそうもない。

レオナルド・ディカプリオ主演映画の興行収入は以下の通り。
☆03年公開「ギャング・オブ・ニューヨーク」トータル30.0億円
☆03年公開「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」トータル29.0億円
☆05年公開「アビエイター」トータル10.7億円
OP1.6→5.0→6.9→8.4
☆07年公開「ディパーテッド」トータル15.6億円
OP2.9→7.1→9.9→11.7→13.0→13.8
☆07年公開「ブラッド・ダイヤモンド」トータル9.9億円
OP1.5→4.2→6.2→07.5→08.9→09.4→09.8
☆08年公開「ワールド・オブ・ライズ」トータル8~9億円
OP1.1→不明→6.0→祝込7.6→8.2
☆09年公開「レボリューショナリー・ロード」トータル3.8億円
OP0.8→2.4→3.2→03.5→03.7→03.7
☆10年公開「シャッターアイランド」トータル17.0億円
金3.4→8.3→11.0→13.3→15.4→16.0
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5
☆12年公開「J・エドガー」トータル3.6億円
OP0.8→02.0→02.7
☆13年公開「華麗なるギャツビー」
金2.1→05.2→07.2→08.7→09.6→10.2→10.6億円→
これらとの対比で考えると、「華麗なるギャツビー」の興行収入は10.7~11.1億円となる。
公開前に『「ディパーテッド」「シャッターアイランド」がライバルか』と書いたが、これに比べてかなり低い数字となっている。
「華麗なるギャツビー」の興行収入はOP時に12億円台と予想したが、先週に引き続き10億円台と予想したい。
オープニング時にやや見込み過ぎたか。
公開前個人予想は22億円台だったので、完全に高すぎたか。
確かにやや取っつきにくいところがある作品なので、その点が嫌われたのか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。