ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(8月2週目その1)

動員2位:「ワールド・ウォーZ」(東宝東和)<1週目>
【公開前個人予想】 21億円台
【現時点での興行収入予想】 21億円
【公開規模】 644スクリーン(3Dと2Dがあり、実際の劇場は少ないはず)
3.3億円(330,560,900円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは3.8億円程度か』と書いたので、やや高すぎたか。
公開前に『この手の作品も一般層向けとは思えないが、若年層を中心にしっかりと稼ぐはずだ』と書いたが、面白味に対してやや情報開示不足という面が痛かった。
謎がありそうな作品であり、注目を集めそうだが、内容が分からないと観客も集まらない。

ブラッド・ピット主演のゾンビ映画。
ブラッド・ピット主演作品のうち、ヒットした作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年公開「ファイト・クラブ」トータル19.8億円
☆01年公開「ザ・メキシカン」トータル26.0億円
☆12年公開「オーシャンズ11」トータル69.0億円
☆02年公開「スパイ・ゲーム」トータル26.0億円
☆04年公開「トロイ」トータル42.0億円
☆05年公開「オーシャンズ12」トータル36.0億円
☆05年公開「Mr.&Mrs.スミス」トータル46.5億円
OP5.6→14.6→20.4→26.4→不明→38.5
☆07年公開「バベル」トータル20.0億円(※GW公開)
OP2.7→10.4→13.2→15.2→16.4→17.2
☆07年公開「オーシャンズ13」トータル32.0億円
先6.0→17.6→22.3→26.0→28.1→祝30.0→30.8
☆09年公開「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル24.0億円
OP3.2→10.4→15.0→18.7→20.8→22.3
☆13年公開「ワールド・ウォーZ」
OP3.3億円→
これらとの対比で考えると、「ワールド・ウォーZ」の興行収入は24.4~27.4億円となる。
お盆時期には稼ぐだろうが、伸びるタイプの映画でもないだろう。

ゾンビ映画なので、以下が参考となるだろう。
☆07年「アイ・アム・レジェンド」トータル43.0億円
金7.2(OP5.8)→16.4→不明→33.8→37.7→40.6→42.0→42.8
☆13年公開「ワールド・ウォーZ」
OP3.3億円→
公開前の予想通り、この半分程度程度となるだろうか。

「ワールド・ウォーZ」3.3億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2012>
☆「ダーク・シャドウ」4.0億円(トータル21.6億円)
☆「シャーロック・ホームズ」3.0億円(トータル19.5億円)
これらとの対比で考えると、「ワールド・ウォーZ」の興行収入は17.8~21.5億円となる。
お盆時期でもあり、20億円突破が目標となりそうだ。
「ワールド・ウォーZ」の興行収入は公開前の予想通り21億円台と予想したい。
この程度稼げれば問題はないだろう。


動員7位:「少年H」(東宝・テレビ朝日)<1週目>
【公開前個人予想】 14億円台
【現時点での興行収入予想】 14億円
【公開規模】 307スクリーン
1.4億円半ば(146,974,100円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは1.6億円程度か』と書いたので、ほぼ予想通りか。
公開前に『原作は有名小説であり、戦前から戦後を題材としたヒューマンドラマであり、「Always」級は望めないが、年配層を中心にしっかりと稼ぎそうだ』と書いたとおりとなるだろうか。
水谷豊、伊藤蘭夫妻共演作品という点で注目も集めた。
監督は「あなたへ」の降旗康男。
以下が参考となるか。
☆12年「あなたへ」トータル23.9億円
OP2.4→8.7→13.7→祝17.9→19.6→20.9
☆11年「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」トータル15.7億円
祝3日3.9(OP2.6)→8.4→11.3→13.3→14.2→14.5
☆11年「聯合艦隊司令長官 山本五十六」トータル15.3億円
祝3日2.5(OP1.5)→5.7→祝10.2→11.8→13.1
☆12年「わが母の記」トータル13.3億円
OP1.2→5.8→8.1→9.8→10.9
☆13年「少年H」
OP1.5億円→
主要作品との対比で考えると、「少年H」の興行収入は14.9~16.6億円となる。
お盆時期のため予測しにくいが、この程度だろうか。

「少年H」1.5億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2012>
☆「北のカナリアたち」1.8億円(トータル14.0億円)
☆「エイトレンジャー」1.6億円(トータル12.0億円)
☆「臨場 劇場版」1.5億円(トータル7.4億円)
これらとの対比で考えると、「少年H」の興行収入は7.4~11.7億円となる。
お盆時期でもあり、それなりに伸びるだろう。
「少年H」の興行収入は公開前の予想通り14億円台と予想したい。
微妙な感じはあったが、やはり時期的にもコケにくい。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。