ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(8月2週目その3)

6位:「ローン・レンジャー」(ディズニー)<2週目>
【公開前個人予想】 30億円台
【現時点での興行収入予想】 22億円台
【公開規模】 502スクリーン(先週比-16スクリーン)
1.8億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは9.2億円半ばとなっている。
1週間の伸びは5.3億円半ば程度だろうか。
製作費2億1千5百万ドルの大作映画。
当初は2億5千万ドル以上の製作費が掛かると試算されていたが、ギャラを切り下げる等の処置でゴーサインが出された。
アメリカ国内では現時点で87百万ドルしか稼いでおらず、超大コケ映画となっている。
監督・主演が同じの「パイレーツ・オブ・カリビアン」レベルを期待したのだろうが、無理な話だろう。
いずれにせよ、この作品の命運は日本にかかっている。

「パイレーツ」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆03年公開「呪われた海賊たち」トータル68.0億円
☆06年公開「デッドマンズ・チェスト」トータル100.2億円
先19.2→37.5→52.2→63.7→78.8→86.5→90.6→93.5→95.5
☆07年公開「ワールド・エンド」トータル109.0億円
金19.4→44.0→61.4→74.5→83.7→90.9→96.2→99.3→102.5
☆11年公開「生命の泉」トータル88.7億円
金15.2→36.1→50.3→62.3→71.0→77.1→81.3→84.3→86.2
☆13年公開「ローン・レンジャー」
金03.9→09.3億円→
主要作品との対比で考えると、「ローン・レンジャー」の興行収入は22.9~24.8億円となる。
これらに比べて、かなり低い結果となりそうだ。

ジョニー・デップ主演作品の主な興行収入は以下のとおり。
☆05年公開「チャーリーとチョコレート工場」トータル53.5億円
OP4.7→15.4→24.0→30.8→38.2→42.3
☆08年公開「スウィーニー・トッド」トータル20.5億円
OP4.0→09.6→14.0→16.6→18.4→19.4→20.1
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」トータル118.0億円
OP13.2→35.4→59.0→83.8→93.4→101.0→107.1→111.5
☆11年公開「ツーリスト」トータル18.7億円
OP3.1→07.5→10.1→12.6→15.4→16.7→17.6→18.1
☆12年公開「ダーク・シャドウ」トータル21.6億円
OP4.0→10.3→14.9→17.7→19.5→20.5→21.1
☆13年公開「ローン・レンジャー」
金3.9→09.3億円→
主要作品との対比で考えると、「ローン・レンジャー」の興行収入は19.5~23.2億円となる。
『さすがに「ダーク・シャドウ」は超えるはずだ』と思ったが、微妙な結果となりそうだ。

「ローン・レンジャー」9.3億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「ダーク・シャドウ」10.3億円(トータル21.6億円)
☆「TIMEタイム」8.8億円(トータル18.2億円)
☆「スノーホワイト」8.5億円(トータル17.1億円)
これらとの対比で考えると、「ローン・レンジャー」の興行収入は18.7~21.3億円となる。
お盆時期でもあるので、「ダーク・シャドウ」を超える程度と考えて、「ローン・レンジャー」の興行収入は先週に引き続き22億円台と予想したい。
公開前個人予想は30億円台だったので、やや高すぎたか。
アメリカではコケたが、日本でもこの程度に終わるとは思わなかった。
ファミリー向けのようなファミリー向けでもなさそうな微妙な作品であり、日本人受けしない西部劇というところも痛かったか。


8位:「劇場版 仮面ライダーウィザード in マジックランド」(東映・テレビ朝日)<2週目>
【公開前個人予想】 11億円台
【現時点での興行収入予想】 11億円台
【公開規模】 303スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.4億円を週末に稼ぎ、トータルでは5.5億円半ばとなっている。
1週間の伸びは3.0億円程度だろうか。
やや人気を落としていると思ったが、まだまだ人気は健在のようだ。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆09年「ディケイド オールライダー対大ショッカー」トータル19.0億円(夏)
OP4.8→11.9→15.2→17.1→18.0
☆09年「W&ディケイド」トータル15.4億円(年末)
OP4.5→7.6→10.5→12.4→祝込14.5→14.9
☆10年「W FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」トータル14.7億円(夏)
OP3.3→8.6→11.5→13.2→14.1
☆10年「オーズ&ダブル」トータル13.8億円(年末)
OP3.7→7.0→09.8→祝12.5→13.1→13.5→13.6
☆11年「オーズ・電王・オールライダー」トータル13.3億円(GW)
金4.0(OP3.0)→7.6→09.2→10.2→11.4→12.8→13.0
☆11年「オーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」トータル17.6億円(夏)
OP3.5→8.8→13.5→15.6→16.8→17.2
☆11年「フォーゼ&オーズMOVIE大戦 MEGA MAX」トータル15.1億円(年末)
OP3.8→6.8→09.1→11.5→13.7→14.6
☆12年「仮面ライダー×スーパー戦隊」トータル15.6億円(GW)
OP4.1→7.3→13.2→14.2→14.8→15.2
☆12年「フォーゼ みんなで宇宙キターッ!」トータル12.7億円(夏)
OP2.5→5.9→09.7→11.2→12.2
☆12年「ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」(年末)
OP2.8→5.3→06.8→08.7→10.8→11.3
☆13年「ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z」(GW)
OP2.3→6.8→07.8→08.5→09.2
☆13年「ウィザード in マジックランド」
OP2.5→5.5億円→
夏公開作品との対比で考えると、今年の興行収入は11.0~11.8億円となる。
きっちりと去年と同程度を稼ぎそうであり、ノルマを果たせそうだ。
ただ、やはり人気はやや落としていると思われるので、今年の興行収入は先週に引き続き11億円台と予想したい。
公開前個人予想は11億円台だったので、当たりそうだが、誰でも分かるだろう。


8位:「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速(しんそく)のゲノセクト ミュウツー覚醒」(東宝・テレビ東京)<5週目>
【公開前個人予想】 41億円台
【現時点での興行収入予想】 32億円台(OP~3週目35億円台)
【公開規模】 345スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.2億円を週末に稼ぎ、トータルでは22.3億円となっている。
1週間の伸びは3.5億円程度か。
20億円を突破した。
週毎の伸びは以下のとおり。
OP4.9→2週目5.2→3週目4.5→4.2→4週目3.5億円となっている。
着実に伸ばしているが、「風立ちぬ」「モンスターズ・ユニバーシティ」などの影響を受けているのか、かなり低い動きとなっている。
今年の「ドラえもん」の5週目35.9億円、「コナン」の5週目31.9億円なので、その低さが分かる。
やはりう人気が落ちているようだ。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆98年 配給収入41.5億円「ミュウツーの逆襲」
☆99年 配給収入35.0億円「幻のポケモン・ルギア爆誕」
☆00年 48.5億円「結晶塔の帝王 ENTEI」
☆01年 39.0億円「セレビィ時を超えた遭遇」
☆02年 26.7億円「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
☆03年 45.0億円「七夜の願い星ジラーチ」
☆04年 43.8億円「裂空の訪問者 デオキシス」
☆05年 43.0億円「ミュウと波導の勇者ルカリオ」
OP不明→13.0→20.5→26.5→32.4→37.3→39.8→40.6
☆06年 34.0億円「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」
OP04.2→10.3→15.7→20.3→24.7→29.3→31.4→32.6
☆07年 50.2億円「ディアルガVSパルキアVSダークライ」(※10周年)
祝込3日11.3→16.9→24.5→31.4→37.2→43.2→46.2→48.4→49.0
☆08年 48.0億円「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」
祝込3日10.2→18.5→26.9→33.3→39.6→43.3→45.8→46.4→祝46.8
☆09年 46.7億円「アルセウス 超克の時空へ」
祝込3日09.8→17.8→26.4→32.5→38.7→42.1→44.3→45.0→45.2
☆10年 41.6億円「幻影の覇者 ゾロアーク」
OP6.3→祝13.1→17.7→23.7→28.3→33.5→36.7→38.7→39.6
☆11年 43.3億円「ビクティニと黒き英雄ゼクロム」「ビクティニと白き英雄レシラム」
祝込3日08.3→13.4→20.4→26.0→31.6→36.5→39.4→40.8→41.1
☆12年 36.1億円「ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ」
祝込3日07.5→10.9→16.3→21.2→25.6→30.3→32.6→34.2→34.5
☆13年「ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」
祝込3日07.1→10.1→14.6→18.8→22.3億円→
昨年の動きを下回っている。
主要作品との対比で考えると、今年の興行収入は26.9~31.4億円となる。
去年との対比で考えると31.4億円となる。
地力があると思われるので、お盆時期に荒稼ぎするだろう。
今年の興行収入は3週目まで35億円台と予想していたが、先週に引き続き32億円台と予想したい。
公開前個人予想は41億円台だったので、高すぎたか。
去年の1~2割増と踏んだが、低かった去年を下回るとは思えなかった。
恒例アニメ作品ではぶっちぎりの人気を誇っていたが、「ドラえもん」「コナン」に完敗してしまうようになるのは寂しい気もする。


9位:「終戦のエンペラー」(松竹)<3週目>
【公開前個人予想】 13億円台
【現時点での興行収入予想】 13億円台
【公開規模】 301スクリーン(先週比±0スクリーン)
6.8千万円を週末に稼ぎ、トータルでは7.6億円となっている。
1週間の伸びは2.2億円程度だろうか。
公開前に『戦争映画とはジャンルが異なるが、この手の作品には年配層が動く』と書いたとおりとなりそうだ。
8月15日の終戦記念日近い日程でも、公開のタイミングも悪くはない。
さらにハリウッド映画ということもあり、注目も集めそうだ。

戦争映画の興行収入は以下のとおり。
☆07年「俺は、君のためにこそ死ににいく」トータル10.8億円
OP1.8→4.7→6.8→8.1→8.9
☆09年「真夏のオリオン」トータル5.7億円
OP1.1→3.0→4.1→4.9→5.3
☆11年「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」トータル15.7億円
祝3日3.9(OP2.6)→8.4→11.3→13.3→14.2→14.5
☆11年「聯合艦隊司令長官 山本五十六」トータル15.3億円
祝3日2.5(OP1.5)→5.7→祝10.2→11.8→13.1
☆13年「終戦のエンペラー」
OP1.8→5.4→7.6億円→
これらとの対比で考えると、「終戦のエンペラー」の興行収入は10.6~12.1億円となる。
お盆時期を中心に8月いっぱいまで稼げるので、この対比以上に伸びるだろう。

「終戦のエンペラー」7.6億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「北のカナリアたち」8.3億円(トータル14.0億円)
☆「わが母の記」8.1億円(トータル13.3億円)
☆「ロボジー」7.5億円(トータル11.6億円)
これらとの対比で考えると、「終戦のエンペラー」の興行収入は11.8~12.8億円となる。
年配層向けであり、平日にも伸びるだろう。
公開前の予想通り、「終戦のエンペラー」の興行収入は先週に引き続き13億円台と予想したい。
珍しいタイプの作品であり、コケもしなければ大ヒットもせず、それなりにしっかりと稼ぐと思ったとおりとなりそうだ。


10位:「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」(ワーナー)<6週目>
【公開前個人予想】 9億円台
【現時点での興行収入予想】 15億円台(OP~4週目14億円台)
【公開規模】 127スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.3千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定14.0億円弱となっている。
1週間の伸びは8.3千万円弱程度だろうか。
既に10億円を突破しており、前作を楽に超えた。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆10年「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」トータル10.7億円
OP2.0→4.9→7.8→8.7→9.4→9.8→10.1
☆13年「劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」
OP2.8→6.5→9.7→11.8→13.2→14.0億円→
これとの対比で考えると、「劇場版 銀魂」の興行収入は15.3億円となる。
公開前に『前作がデキスギのような気がするので、前作を下回るのではないか』と書いたが、楽に超えてしまった。

以下の動きが参考となるか。
☆12年「ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-」トータル14.8億円
OP3.0→6.9→9.6→12.5→13.6
☆11年「鋼の錬金術師」トータル6.5億円(90スクリーン)
OP1.5→3.0→4.0→4.6→5.3→5.7
☆13年「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」
OP2.8→6.5→9.7→11.8→13.2→14.0億円→
「鋼の錬金術師」との対比で考えると、「劇場版 銀魂」の興行収入は16.0億円となる。
ファンが殺到していると思うので、そろそろ伸びは落ち着くだろうと思ったが、あまり落ち着いてくれない。
「劇場版 銀魂」の興行収入は4週目まで14億円台と予想していたが、先週に引き続き15億円台と予想したい。
公開前個人予想は9億円台だったので低すぎたか。
前作を下回るかと思ったが、完結篇と銘打っているだけあり、盛り上がっているようだ。


11位:「真夏の方程式」(東宝・フジテレビ)<7週目>
【公開前個人予想】 42億円台
【現時点での興行収入予想】 36億円台(OP~3週目39億円台)
【配給会社期待値等】 50億円を視野
【公開規模】 415スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.6千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定31.0億円となっている。
1週間の伸びは1.8億円弱程度だろうか。
週毎の動きは以下のとおり。
OP4.6→2週目7.6→3週目6.0→4週目5.4→5週目3.2→6週目2.4→7週目1.8億円となっており、緩やかな下落となっている。
30億円を突破しており、現時点では今年公開された実写邦画作品ではナンバーワンの作品となっている。
爆発的な伸びではないが、公開前に『今度もロングセールスになるだろう』と書いたとおりとなるのではないか。

ドラマ「ガリレオ」シリーズの映画化第二弾。
東野圭吾原作作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円
OP5.4→祝18.1→24.4→30.5→祝37.4→40.7→43.1
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」トータル16.8億円
OP2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5
☆13年「プラチナデータ」トータル26.4億円
OP4.0→11.2→16.8→20.7→22.8→24.2
☆13年「真夏の方程式」
OP4.6→12.3→祝20.1→23.7→26.9→29.3→31.0億円→
「容疑者Xの献身」との対比で考えると、「真夏の方程式」の興行収入は35.4億円となる。
この辺りまで稼ぐだろうか。

ドラマの映画化の興行収入は以下のとおり。
☆10年「THE LAST MESSAGE 海猿」トータル80.4億円
祝14.3→32.1→46.8→祝60.2→65.7→70.5→73.9
☆12年「BRAVE HEARTS 海猿」トータル73.3億円
祝4日15.6→27.8→38.2→46.2→52.9→61.9→65.9
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」トータル73.1億円
OP9.7→25.0→祝39.3→46.0→52.5→57.2→63.4
☆12年「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」トータル59.7億円
金10.5→祝28.0→36.6→43.2→祝49.5→52.0→54.2
☆08年「相棒」トータル44.4億円
GW6日15.2→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7
☆10年「SP 野望篇」トータル36.3億円
OP5.3→15.3→21.1→25.3→29.3→31.3→32.6
☆11年「SP革命篇」トータル33.3億円
OP2.9→08.7→15.1→20.6→24.3→26.7→28.5
☆10年「相棒-劇場版Ⅱ-」トータル31.8億円
4日5.8→12.4→祝20.7→23.7→26.4→28.3→29.6
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円
OP3.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7
☆13年「真夏の方程式」
OP4.6→12.3→祝20.1→23.7→26.9→29.3→31.0億円→
主要作品との対比で考えると、「真夏の方程式」の興行収入は33.3~35.7億円となる。
お盆休みもあり、相当伸びることが予想されるが、40億円突破厳しい動きだ。

タイプは異なるが、以下がライバルとなるか。
☆11年「ステキな金縛り」トータル42.8億円
OP5.0→16.2→22.5→27.6→32.4→35.4→37.3→38.6
☆13年「真夏の方程式」
OP4.6→12.3→祝20.1→23.7→26.9→29.3→31.0億円→
これとの対比で考えると、「真夏の方程式」の興行収入は35.6億円となる。
お盆時期が残っているので、もうちょっと稼ぐだろう。
「真夏の方程式」の興行収入は3週目まで39億円台と予想していたが、先週に引き続き36億円台と予想したい。
やや地味な作品だけに、堅実ながらも爆発力はなかった。
公開前個人予想は42億円台だったので、やや高かったか。
前作は話題になったが、本作はやや話題には欠けているところがある。


12位:「劇場版トリコ 美食神の超食宝(スペシャルメニュー)」(東映)<3週目>
【公開前個人予想】 4億円台
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 179スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.5千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定1.8億円となっている。
1週間の伸びは4.5千万円弱程度だろうか。
公開前に『夏休み時期でもあり、それなりには稼ぐだろう』と思ったが、意外と人気は高くはないようだ。

劇場版第二弾となる。
前作は11年にジャンプHEROES filmとして、「ONE PIECE 3D 麦わらチェイス」と同時上映された。
☆11年「ジャンプHEROES film」トータル7.9億円
OP1.1→3.3→5.5→6.7→7.1
☆13年「劇場版トリコ 美食神の超食宝(スペシャルメニュー)」
OP0.6→1.4→1.8億円→
これとの対比で考えると、「劇場版トリコ」の興行収入は2.6億円となる。
夏休み時期であり、お盆時期にもうちょっと稼ぐだろう。
「劇場版トリコ」の興行収入は先週に引き続き3億円台と予想したい。
公開前に『今回は「ONE PIECE」がついていないので、かなり落ちるだろう』と思ったが、単独では思ったより稼げないようだ。


13位:「それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ」(東京テアトル)<6週目>
【公開前個人予想】 4億円台
【現時点での興行収入予想】 4億円台
【公開規模】 143スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.3千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定3.2億円となっている。
1週間の伸びは2.6千万円弱程度だろうか。
デキスギだった去年をやはり下回りそうだ。

過去のシリーズの興行収入は以下の通り。
☆07年「それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン」
祝込3日0.7(2日0.5)→
☆08年「それいけ!アンパンマン妖精リンリンのひみつ」
OP0.5→1.1→1.8→2.3→2.7
☆09年「それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星」
OP0.4→0.9→1.2→1.8
☆10年「それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌」トータル3.0億円
OP0.4→0.9→1.5→1.9→2.3
☆11年「それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星」
OP0.4→1.1→1.5→2.1→2.5→2.8→3.2
☆12年「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」トータル5.1億円
OP0.7→1.6→2.5→3.1→3.6
☆13年「それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ」
OP0.5→1.3→2.0→2.5→3.0→3.2億円→
夏休み時期であり、まだまだ伸びるだろう。
今年の興行収入は先週に引き続き4億円台と予想したい。
公開前個人予想は4億円台だったので、当たりそうだ。
需要が確実にある作品であり、予定通りきっちり稼ぎそうだ。


14位:「ワイルド・スピード EURO MISSION」(東宝東和)<6週目>
【公開前個人予想】 16億円台
【現時点での興行収入予想】 20億円台(OP~4週目22億円台)
【公開規模】 122スクリーン(先週比-387スクリーン)
8.8百万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定19.8億円弱となっている。
1週間の伸びは6.3千万円半ば程度か。
現時点では「ダイハード/ラスト・デイ」並の動きとなっている。
本作がここまで爆発するとは思わなかった。

「ワイルド・スピード」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆01年「ワイルド・スピード」4.5億円
☆03年「ワイルド・スピードX2」7億円
☆06年「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」トータル9.7億円
OP2.4→5.8→7.7→8.6
☆09年「ワイルド・スピード MAX」トータル9.5億円
金4日3.6(OP2.1)→5.9→7.6→8.6→9.2
☆11年「ワイルド・スピードMEGA MAX」トータル14.4億円
先行2.8(先込5.0)→8.7→11.5→13.1→13.9
☆13年「ワイルド・スピード EURO MISSION」
OP4.5→11.0→15.5→18.1→19.2→19.8億円→
シリーズ最高の興行収入になった。
公開前に『アメリカ同様にシリーズを重ねるごとにヒットしている。知名度もあがっており、前作並の興行収入となるだろう』と書いたが、前作を大きく超えるとは思わなかった。

「ワイルド・スピード EURO MISSION」19.8億円と同程度の6週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「ダーク・シャドウ」20.5億円(トータル21.6億円)
☆「ダークナイト ライジング」18.9億円(トータル19.7億円)
これらとの対比で考えると、「ワイルド・スピード EURO MISSION」の興行収入は20.6~20.8億円となる。
勢いを急速に失いつつあり、この対比をやや下回りそうだ。
「ワイルド・スピード EURO MISSION」の興行収入は4週目まで22億円台と予想していたが、先週に引き続き20億円台と予想したい。
20億円に乗せてから打ち切りだろう。
公開前個人予想は16億円台だったので、やや低すぎたか。
前作14.4億円を考えると、ここまでのヒットは考えにくかった。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。