ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(8月3週目その2)

8位:「少年H」(東宝・テレビ朝日)<2週目>
【公開前個人予想】 14億円台
【現時点での興行収入予想】 14億円
【公開規模】 307スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.5億円を週末に稼ぎ、トータルでは6.9億円弱となっている。
1週間の伸びは5.4億円程度だろうか。
公開前に『原作は有名小説であり、戦前から戦後を題材としたヒューマンドラマであり、「Always」級は望めないが、年配層を中心にしっかりと稼ぎそうだ』と書いたとおりとなるだろうか。
水谷豊、伊藤蘭夫妻共演作品という点で注目も集めた。
監督は「あなたへ」の降旗康男。
以下が参考となるか。
☆12年「あなたへ」トータル23.9億円
OP2.4→8.7→13.7→祝17.9→19.6→20.9
☆11年「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」トータル15.7億円
祝3日3.9(OP2.6)→8.4→11.3→13.3→14.2→14.5
☆11年「聯合艦隊司令長官 山本五十六」トータル15.3億円
祝3日2.5(OP1.5)→5.7→祝10.2→11.8→13.1
☆12年「わが母の記」トータル13.3億円
OP1.2→5.8→8.1→9.8→10.9
☆13年「少年H」
OP1.5→6.9億円→
主要作品との対比で考えると、「少年H」の興行収入は12.9~19.0億円となる。
お盆時期のため予測しにくいが、「わが母の記」対比15.8億円程度だろうか。

「少年H」6.9億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「麒麟の翼」7.3億円(トータル16.8億円)
☆「ツナグ」6.5億円(トータル16.6億円)
☆「貞子3D」6.2億円(トータル13.5億円)
これらとの対比で考えると、「少年H」の興行収入は15.0~17.6億円となる。
お盆時期もあったので、これらの対比を下回るか。
「少年H」の興行収入は公開前の予想通り14億円台と予想したい。
微妙な感じはあったが、やはり時期的にもコケにくい。


9位:「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速(しんそく)のゲノセクト ミュウツー覚醒」(東宝・テレビ東京)<6週目>
【公開前個人予想】 41億円台
【現時点での興行収入予想】 30億円台(4~5週目32億円台、OP~3週目35億円台)
【公開規模】 345スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.0億円を週末に稼ぎ、トータルでは26.6億円弱となっている。
1週間の伸びは4.2億円半ば程度か。
25億円をようやく突破した。
週毎の伸びは以下のとおり。
OP4.9→2週目5.2→3週目4.5→4.2→4週目3.5→5週目4.2億円となっている。
着実に伸ばしているが、「風立ちぬ」「モンスターズ・ユニバーシティ」などの影響を受けているのか、かなり低い動きとなっている。
今年の「ドラえもん」の6週目37.2億円、「コナン」の6週目33.4億円なので、その低さが分かる。
やはりう人気が落ちているようだ。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆98年 配給収入41.5億円「ミュウツーの逆襲」
☆99年 配給収入35.0億円「幻のポケモン・ルギア爆誕」
☆00年 48.5億円「結晶塔の帝王 ENTEI」
☆01年 39.0億円「セレビィ時を超えた遭遇」
☆02年 26.7億円「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
☆03年 45.0億円「七夜の願い星ジラーチ」
☆04年 43.8億円「裂空の訪問者 デオキシス」
☆05年 43.0億円「ミュウと波導の勇者ルカリオ」
OP不明→13.0→20.5→26.5→32.4→37.3→39.8→40.6
☆06年 34.0億円「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」
OP04.2→10.3→15.7→20.3→24.7→29.3→31.4→32.6
☆07年 50.2億円「ディアルガVSパルキアVSダークライ」(※10周年)
祝込3日11.3→16.9→24.5→31.4→37.2→43.2→46.2→48.4→49.0
☆08年 48.0億円「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」
祝込3日10.2→18.5→26.9→33.3→39.6→43.3→45.8→46.4→祝46.8
☆09年 46.7億円「アルセウス 超克の時空へ」
祝込3日09.8→17.8→26.4→32.5→38.7→42.1→44.3→45.0→45.2
☆10年 41.6億円「幻影の覇者 ゾロアーク」
OP6.3→祝13.1→17.7→23.7→28.3→33.5→36.7→38.7→39.6
☆11年 43.3億円「ビクティニと黒き英雄ゼクロム」「ビクティニと白き英雄レシラム」
祝込3日08.3→13.4→20.4→26.0→31.6→36.5→39.4→40.8→41.1
☆12年 36.1億円「ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ」
祝込3日07.5→10.9→16.3→21.2→25.6→30.3→32.6→34.2→34.5
☆13年「ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」
祝込3日07.1→10.1→14.6→18.8→22.3→26.6億円→
昨年の動きを下回っている。
主要作品との対比で考えると、今年の興行収入は29.5~31.7億円となる。
去年との対比で考えると31.7億円となる。
『地力があると思われるので、お盆時期に荒稼ぎするだろう』と書いたが、それほどでもなかったか。
今年の興行収入は3週目まで35億円台、先週まで32億円台と予想していたが、30億円台に下方修正したい。
公開前個人予想は41億円台だったので、高すぎたか。
去年の1~2割増と踏んだが、低かった去年を下回るとは思えなかった。
恒例アニメ作品ではぶっちぎりの人気を誇っていたが、「ドラえもん」「コナン」に完敗してしまうようになるのは寂しい気もする。


11位:「終戦のエンペラー」(松竹)<4週目>
【公開前個人予想】 13億円台
【現時点での興行収入予想】 13億円台
【公開規模】 381スクリーン(先週比+80スクリーン)
6.2千万円を週末に稼ぎ、トータルでは9.9億円となっている。
1週間の伸びは2.3億円程度だろうか。
公開前に『戦争映画とはジャンルが異なるが、この手の作品には年配層が動く』と書いたとおりとなりそうだ。
8月15日の終戦記念日近い日程でもあり、公開のタイミングも悪くはない。
さらにハリウッド映画ということもあり、注目も集めそうだ。

戦争映画の興行収入は以下のとおり。
☆07年「俺は、君のためにこそ死ににいく」トータル10.8億円
OP1.8→4.7→6.8→8.1→8.9
☆09年「真夏のオリオン」トータル5.7億円
OP1.1→3.0→4.1→4.9→5.3
☆11年「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」トータル15.7億円
祝3日3.9(OP2.6)→8.4→11.3→13.3→14.2→14.5
☆11年「聯合艦隊司令長官 山本五十六」トータル15.3億円
祝3日2.5(OP1.5)→5.7→祝10.2→11.8→13.1
☆13年「終戦のエンペラー」
OP1.8→5.4→7.6→9.9億円→
これらとの対比で考えると、「終戦のエンペラー」の興行収入は11.5~13.2億円となる。
お盆時期を中心に8月いっぱいまで稼げるので、この対比以上に伸びるだろう。

「終戦のエンペラー」9.9億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「北のカナリアたち」10.2億円(トータル14.0億円)
☆「貞子3D」10.7億円(トータル13.5億円)
☆「わが母の記」9.8億円(トータル13.3億円)
これらとの対比で考えると、「終戦のエンペラー」の興行収入は12.5~13.6億円となる。
年配層向けであり、平日にも伸びるだろう。
公開前の予想通り、「終戦のエンペラー」の興行収入は先週に引き続き13億円台と予想したい。
珍しいタイプの作品であり、コケもしなければ大ヒットもせず、それなりにしっかりと稼ぐと思ったとおりとなりそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。