ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(8月3週目その3)

4位:「ワールド・ウォーZ」(東宝東和)<2週目>
【公開前個人予想】 21億円台
【現時点での興行収入予想】 21億円
【公開規模】 645スクリーン(先週比+1スクリーン)※3Dと2Dがあり、実際の劇場は少ないはず
2.2億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは12.0億円弱となっている。
1週間の伸びは8.7億円弱程度だろうか。
公開前に『この手の作品も一般層向けとは思えないが、若年層を中心にしっかりと稼ぐはずだ』と書いたとおりとなるだろうか。
謎がありそうな作品であり、注目を集めそうだが、内容がよく分からないところもあり、大ヒットはしないだろう。

ブラッド・ピット主演のゾンビ映画。
ブラッド・ピット主演作品のうち、ヒットした作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年公開「ファイト・クラブ」トータル19.8億円
☆01年公開「ザ・メキシカン」トータル26.0億円
☆12年公開「オーシャンズ11」トータル69.0億円
☆02年公開「スパイ・ゲーム」トータル26.0億円
☆04年公開「トロイ」トータル42.0億円
☆05年公開「オーシャンズ12」トータル36.0億円
☆05年公開「Mr.&Mrs.スミス」トータル46.5億円
OP5.6→14.6→20.4→26.4→不明→38.5
☆07年公開「バベル」トータル20.0億円(※GW公開)
OP2.7→10.4→13.2→15.2→16.4→17.2
☆07年公開「オーシャンズ13」トータル32.0億円
先6.0→17.6→22.3→26.0→28.1→祝30.0→30.8
☆09年公開「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル24.0億円
OP3.2→10.4→15.0→18.7→20.8→22.3
☆13年公開「ワールド・ウォーZ」
OP3.3→12.0億円→
お盆時期もあったので、主要作品の3週目との対比で考えると、「ワールド・ウォーZ」の興行収入は18.2~21.8億円となる。
お盆時期には稼ぐだろうが、伸びるタイプの映画でもないだろう。

ゾンビ映画なので、以下が参考となるだろう。
☆07年「アイ・アム・レジェンド」トータル43.0億円
金7.2→16.4→不明→33.8→37.7→40.6→42.0→42.8
☆13年公開「ワールド・ウォーZ」
OP3.3→12.0億円→
公開前の予想通り、この半分程度程度となるだろうか。

「ワールド・ウォーZ」12.0億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「シャーロック・ホームズ」12.5億円(トータル19.5億円)
☆「TIMEタイム」12.5億円(トータル18.2億円)
☆「スノーホワイト」12.3億円(トータル17.1億円)
これらとの対比で考えると、「ワールド・ウォーZ」の興行収入は16.7~18.7億円となる。
1週上乗せしているので、この対比を超えるだろう。
20億円突破が目標となりそうだ。
「ワールド・ウォーZ」の興行収入は公開前の予想通り、先週に引き続き21億円台と予想したい。
この程度稼げれば問題はないだろう。


5位:「ホワイトハウス・ダウン」(ソニー)<1週目>
【公開前個人予想】 5億円台
【現時点での興行収入予想】 9億円
【公開規模】 446スクリーン
金曜日からの3日間で2.9億円弱のオープニングを飾った。
土日2日間では1.9億円だろうか。
先週『オープニングは1.1億円程度か』と書いたので、予想よりもかなり高かった。
コケると思っていたが、普通にヒットしている。
「パシフィック・リム」のオープニング3日3.0億円、「アフター・アース」のオープニング3日2.5億円なので、これらと同程度となっている。
お盆時期だからなのだろうか。

04年「デイ・アフター・トゥモロー」トータル52億円、09年「2012」トータル38億円などのヒットメーカーのローランド・エメリッヒ監督作品。
お得意のディザスター映画ではなくて、本作はよくあるテロリストアクション映画であったので評価を下げた。
しかも、日本ではそれほど知名度があるとは思えないチャニング・テイタム主演作品である。
今年公開された同種類の「エンド・オブ・ホワイトハウス」(トータル3~4億円)も日本ではヒットしなかった。
☆13年「エンド・オブ・ホワイトハウス」
OP0.7→2.0→2.8→3.2
☆13年「ホワイトハウス・ダウン」
金2.9(OP1.9)億円→
アメリカでは「エンド・オブ・ホワイトハウス」に惨敗を喫したが、日本では楽勝できそうだ。

「ホワイトハウス・ダウン」金2.9億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2012>
☆「ドラゴン・タトゥーの女」金2.9億円(トータル12.5億円)
☆「トータル・リコール」金2.8億円(トータル10.2億円)
「トータル・リコール」と同程度の結果となるだろうか。
しかし、お盆時期も過ぎてしまったので、「ホワイトハウス・ダウン」の興行収入は9億円台と予想したい。
公開前個人予想は5億円台だったので、低すぎたか。
日本では当たりにくいと思ったが、時期的なものだろうか。


6位:「パシフィック・リム」(ワーナー)<2週目>
【公開前個人予想】 17億円台
【現時点での興行収入予想】 11億円
【公開規模】 596スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.1億円を週末に稼ぎ、トータルでは8.9億円半ばとなっている。
1週間の伸びは5.9億円半ば程度だろうか。
公開前に『謎がありそうな作品であり、注目を集めそうだ。芦田愛菜の出演もかなり大きい』と書いたが、そうでもなかったか。

参考となる作品は以下のとおりか。
☆08年「クローバーフィールド」トータル12.0億円
OP2.6→6.2→8.3→9.9→11.5
☆09年「第9地区」トータル8.3億円
OP1.7→4.2→5.5→6.6→7.6
☆11年「SUPER8」トータル17.2億円
金3.9→9.2→12.5→14.7→16.1→16.7
☆12年「プロメテウス」トータル18.1億円
先7.5→13.1→15.7→17.1
☆12年「バトルシップ」トータル14.7億円
金3.6→7.6→9.9→13.3→14.1→14.5
☆13年「パシフィック・リム」
金3.0→8.9億円→
お盆時期もあったので、これらの3週目等との対比で考えると、「パシフィック・リム」の興行収入は12.2~13.4億円となる。
『「クローバーフィールド」は当然超えるだろう』と書いたが、微妙な結果となりそうだ。

「パシフィック・リム」8.9億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「バトルシップ」9.9億円(トータル14.7億円)
☆「ドラゴン・タトゥーの女」9.0億円(トータル12.5億円)
☆「トータル・リコール」8.7億円(トータル10.2億円)
これらとの対比で考えると、「パシフィック・リム」の興行収入は10.4~13.2億円となる。
多少は伸びるだろうが、それほど伸びないだろう。
公開前に『評価は高いが、アメリカではヒットしていない。この手の作品は一般層向けではないので、爆発的なヒットにはならないと思う』と書いたとおりとなりそうだ。
「パシフィック・リム」の興行収入は11億円台と予想したい。
公開前個人予想は17億円台だったので、高すぎたか。
ファミリー向けロボット映画ではないので、仕方のない結果か。


7位:「ローン・レンジャー」(ディズニー)<3週目>
【公開前個人予想】 30億円台
【現時点での興行収入予想】 22億円台
【公開規模】 501スクリーン(先週比-1スクリーン)
1.5億円を週末に稼ぎ、トータルでは推定15.3億円弱となっている。
1週間の伸びは6.0億円程度だろうか。
お盆時期に荒稼ぎをして15億円を突破した。
製作費2億1千5百万ドルの大作映画。
当初は2億5千万ドル以上の製作費が掛かると試算されていたが、ギャラを切り下げる等の処置でゴーサインが出された。
アメリカ国内では現時点で88百万ドルしか稼いでおらず、超大コケ映画となっている。
監督・主演が同じの「パイレーツ・オブ・カリビアン」レベルを期待したのだろうが、無理な話だろう。
いずれにせよ、この作品の命運は日本にかかっている。

「パイレーツ」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆03年公開「呪われた海賊たち」トータル68.0億円
☆06年公開「デッドマンズ・チェスト」トータル100.2億円
先19.2→37.5→52.2→63.7→78.8→86.5→90.6→93.5→95.5
☆07年公開「ワールド・エンド」トータル109.0億円
金19.4→44.0→61.4→74.5→83.7→90.9→96.2→99.3→102.5
☆11年公開「生命の泉」トータル88.7億円
金15.2→36.1→50.3→62.3→71.0→77.1→81.3→84.3→86.2
☆13年公開「ローン・レンジャー」
金03.9→09.3→15.3億円→
お盆時期もあったので、これらの4週目との対比で考えると、「ローン・レンジャー」の興行収入は21.8~24.1億円となる。
この程度となるだろうか。

ジョニー・デップ主演作品の主な興行収入は以下のとおり。
☆05年公開「チャーリーとチョコレート工場」トータル53.5億円
OP4.7→15.4→24.0→30.8→38.2→42.3
☆08年公開「スウィーニー・トッド」トータル20.5億円
OP4.0→09.6→14.0→16.6→18.4→19.4→20.1
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」トータル118.0億円
OP13.2→35.4→59.0→83.8→93.4→101.0→107.1→111.5
☆11年公開「ツーリスト」トータル18.7億円
OP3.1→07.5→10.1→12.6→15.4→16.7→17.6→18.1
☆12年公開「ダーク・シャドウ」トータル21.6億円
OP4.0→10.3→14.9→17.7→19.5→20.5→21.1
☆13年公開「ローン・レンジャー」
金3.9→09.3→15.3億円→
お盆時期もあったので、主要作品の4週目との対比で考えると、「ローン・レンジャー」の興行収入は18.7~22.7億円となる。
『さすがに「ダーク・シャドウ」は超えるはずだ』と思ったが、微妙な結果となりそうだ。

「ローン・レンジャー」15.3億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「ダークナイト・ライジング」16.8億円(トータル19.7億円)
☆「シャーロック・ホームズ」16.0億円(トータル19.5億円)
☆「TIMEタイム」15.1億円(トータル18.2億円)
これらとの対比で考えると、「ローン・レンジャー」の興行収入は17.9~18.6億円となる。
1週加算しているので、これらの対比を超えるか。
「ダーク・シャドウ」を超える程度と考えて、「ローン・レンジャー」の興行収入は先週に引き続き22億円台と予想したい。
公開前個人予想は30億円台だったので、やや高すぎたか。
アメリカではコケたが、日本でもこの程度に終わるとは思わなかった。
ファミリー向けのようなファミリー向けでもなさそうな微妙な作品であり、日本人受けしない西部劇というところも痛かったか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。