ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(8月3週目その4)

10位:「劇場版 仮面ライダーウィザード in マジックランド」(東映・テレビ朝日)<3週目>
【公開前個人予想】 11億円台
【現時点での興行収入予想】 11億円台
【公開規模】 303スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.0億円を週末に稼ぎ、トータルでは推定9.2億円となっている。
1週間の伸びは3.6億円半ば程度だろうか。
やや人気を落としていると思ったが、まだまだ人気は健在のようだ。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆09年「ディケイド オールライダー対大ショッカー」トータル19.0億円(夏)
OP4.8→11.9→15.2→17.1→18.0
☆09年「W&ディケイド」トータル15.4億円(年末)
OP4.5→7.6→10.5→12.4→祝込14.5→14.9
☆10年「W FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」トータル14.7億円(夏)
OP3.3→8.6→11.5→13.2→14.1
☆10年「オーズ&ダブル」トータル13.8億円(年末)
OP3.7→7.0→09.8→祝12.5→13.1→13.5→13.6
☆11年「オーズ・電王・オールライダー」トータル13.3億円(GW)
金4.0(OP3.0)→7.6→09.2→10.2→11.4→12.8→13.0
☆11年「オーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」トータル17.6億円(夏)
OP3.5→8.8→13.5→15.6→16.8→17.2
☆11年「フォーゼ&オーズMOVIE大戦 MEGA MAX」トータル15.1億円(年末)
OP3.8→6.8→09.1→11.5→13.7→14.6
☆12年「仮面ライダー×スーパー戦隊」トータル15.6億円(GW)
OP4.1→7.3→13.2→14.2→14.8→15.2
☆12年「フォーゼ みんなで宇宙キターッ!」トータル12.7億円(夏)
OP2.5→5.9→09.7→11.2→12.2
☆12年「ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」(年末)
OP2.8→5.3→06.8→08.7→10.8→11.3
☆13年「ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z」(GW)
OP2.3→6.8→07.8→08.5→09.2
☆13年「ウィザード in マジックランド」
OP2.5→5.5→09.2億円→
夏公開作品との対比で考えると、今年の興行収入は11.8~12.0億円となる。
きっちりと去年と同程度を稼ぎそうであり、ノルマを果たせそうだ。
ただ、やはり人気はやや落としていると思われるので、今年の興行収入は先週に引き続き11億円台と予想したい。
公開前個人予想は11億円台だったので、当たりそうだが、誰でも分かるだろう。


12位:「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」(ワーナー)<7週目>
【公開前個人予想】 9億円台
【現時点での興行収入予想】 16億円台(5~6週目15億円台、OP~4週目14億円台)
【公開規模】 118スクリーン(先週比-9スクリーン)
2.7千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定15.4億円弱となっている。
1週間の伸びは1.4億円程度だろうか。
お盆時期に稼ぎ、15億円を突破した。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆10年「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」トータル10.7億円
OP2.0→4.9→7.8→08.7→09.4→09.8→10.1
☆13年「劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」
OP2.8→6.5→9.7→11.8→13.2→14.0→15.4億円→
これとの対比で考えると、「劇場版 銀魂」の興行収入は16.3億円となる。
公開前に『前作がデキスギのような気がするので、前作を下回るのではないか』と書いたが、楽に超えてしまった。

以下の動きが参考となるか。
☆13年「DRAGON BALL Z 神と神」トータル30.0億円
OP6.8→17.7→22.0→24.7→26.7→28.8→29.2
☆13年「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」
OP2.8→06.5→09.7→11.8→13.2→14.0→15.4億円→
これとの対比で考えると、「劇場版 銀魂」の興行収入は15.8億円となる。
ファンが殺到していると思うので、そろそろ伸びは落ち着くだろうと思ったが、あまり落ち着いてくれない。
「劇場版 銀魂」の興行収入は4週目まで14億円台、先週まで15億円台と予想していたが、16億円台に上方修正したい。
公開前個人予想は9億円台だったのでかなり低すぎたか。
前作を下回るかと思ったが、完結篇と銘打っているだけあり、盛り上がっているようだ。


13位:「スマーフ2 アイドル救出大作戦!」(東宝東和)<1週目>
【公開前個人予想】 1億円台
【現時点での興行収入予想】 億円台
【公開規模】 205スクリーン
金曜日からのオープニングで4.4千万円弱のオープニングを飾った。
土日2日間では2.6千万円半ば程度だろうか。
先週『金曜日からのオープニングは6千万円程度か』と書いたが、予想よりも低かった。
前作はジャニーズが関わっていたが、今回はあまり関わっているような感じがしない。
その影響なのか。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆11年「スマーフ」トータル2.6億円
金0.8→1.4→2.2
☆13年「スマーフ2」
金0.4億円→
これとの対比で考えると、「スマーフ2」の興行収入は1.3億円となる。
アメリカでも不調となっており、日本でもヒットさせるのは無理だろう。
この作品を200スクリーン以上で公開するというのはいかがなものか。
公開前の予想通り、「スマーフ2 アイドル救出大作戦!」の興行収入は1億円台と予想したい。
1億円を超えるかどうかもやや疑わしいが、200スクリーンで1億円未満はないだろう。


14位:「真夏の方程式」(東宝・フジテレビ)<8週目>
【公開前個人予想】 42億円台
【現時点での興行収入予想】 34億円台(4~7週目36億円台、OP~3週目39億円台)
【配給会社期待値等】 50億円を視野
【公開規模】 415スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.4千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定32.2億円弱となっている。
1週間の伸びは1.1億円半ば程度だろうか。
週毎の動きは以下のとおり。
OP4.6→2週目7.6→3週目6.0→4週目5.4→5週目3.2→6週目2.4→7週目1.8→8週目1.1億円となっており、緩やかな下落となっている。
30億円を突破しており、現時点では今年公開された実写邦画作品ではナンバーワンの作品となっている。
爆発的な伸びではないが、公開前に『今度もロングセールスになるだろう』と書いたとおりとなった。

ドラマ「ガリレオ」シリーズの映画化第二弾。
東野圭吾原作作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円
5週目祝37.4→40.7→43.1→祝45.7
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」トータル16.8億円
OP2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5
☆13年「プラチナデータ」トータル26.4億円
OP4.0→11.2→16.8→20.7→22.8→24.2
☆13年「真夏の方程式」
5週目26.9→29.3→31.0→32.2→
「容疑者Xの献身」との対比で考えると、「真夏の方程式」の興行収入は34.7億円となる。
この辺りがマックスだろうか。

ドラマの映画化の興行収入は以下のとおり。
☆10年「THE LAST MESSAGE 海猿」トータル80.4億円
5週目65.7→70.5→73.9→76.4→77.7
☆12年「BRAVE HEARTS 海猿」トータル73.3億円
5週目52.9→61.9→65.9→69.2→70.7
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」トータル73.1億円
5週目52.5→57.2→63.4→66.8→68.8
☆12年「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」トータル59.7億円
5週目祝49.5→52.0→54.2→54.2→56.1
☆08年「相棒」トータル44.4億円
GW6日15.2→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7
☆10年「SP 野望篇」トータル36.3億円
5週目29.3→31.3→32.6→33.4→33.8
☆11年「SP革命篇」トータル33.3億円
5週目24.3→26.7→28.5→30.1→31.8
☆13年「真夏の方程式」
5週目26.9→29.3→31.0→32.2→
主要作品との対比で考えると、「真夏の方程式」の興行収入は33.8~35.6億円となる。
お盆休みもあり、相当伸びることが予想されるが、もう伸びないだろう。

タイプは異なるが、以下がライバルとなるか。
☆11年「ステキな金縛り」トータル42.8億円
5週目32.4→35.4→37.3→38.6
☆13年「真夏の方程式」
5週目26.9→29.3→31.0→32.2億円→
これとの対比で考えると、「真夏の方程式」の興行収入は35.7億円となる。
お盆時期が終わったので、もうそれほど伸びないだろう。
「真夏の方程式」の興行収入は3週目まで39億円台、先週まで36億円台と予想していたが、34億円台に下方修正したい。
やや地味な作品だけに、堅実ながらも爆発力はなかった。
公開前個人予想は42億円台だったので、かなり高かったか。
前作は話題になったが、本作はやや話題には欠けているところがある。


15位:「それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ」(東京テアトル)<7週目>
【公開前個人予想】 4億円台
【現時点での興行収入予想】 4億円台
【公開規模】 141スクリーン(先週比-2スクリーン)
1.2千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定3.7億円となっている。
1週間の伸びは4.7千万円弱程度だろうか。
デキスギだった去年をやはり下回りそうだ。

過去のシリーズの興行収入は以下の通り。
☆07年「それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン」
祝込3日0.7(2日0.5)→
☆08年「それいけ!アンパンマン妖精リンリンのひみつ」
OP0.5→1.1→1.8→2.3→2.7
☆09年「それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星」
OP0.4→0.9→1.2→1.8
☆10年「それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌」トータル3.0億円
OP0.4→0.9→1.5→1.9→2.3
☆11年「それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星」
OP0.4→1.1→1.5→2.1→2.5→2.8→3.2
☆12年「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」トータル5.1億円
OP0.7→1.6→2.5→3.1→3.6
☆13年「それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ」
OP0.5→1.3→2.0→2.5→3.0→3.2→3.7億円→
夏休み時期であり、もうちょっと伸びるだろう。
今年の興行収入は先週に引き続き4億円台と予想したい。
公開前個人予想は4億円台だったので、当たりそうだ。
需要が確実にある作品であり、予定通りきっちり稼ぎそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。