ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(8月4週目その1)

1位:「風立ちぬ」(東宝)<6週目>
【公開前個人予想】 85~90億円台
【現時点での興行収入予想】 110億円台(OP~4週目100億円前後)
【配給会社期待値等】 最終興収100億円超えがみえる好スタートを切った
【公開規模】 454スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.2億円を週末に稼ぎ、トータルでは80.9億円となっている。
1週間の伸びは8.1億円程度か。
80億円を突破した。
週毎の伸びは以下のとおり。
OP9.6→2週目18.9→3週目15.0→4週目12.4→5週目16.8→6週目8.1億円となっている。
さすがにお盆を過ぎて、ペースが下がった。
公開前は、ファミリー向けではない点がポイントだったが、宮崎駿監督作品であり、特に問題なかったようだ。

ジブリ関係映画の興行収入は以下の通り(数字が正しいかは不明)。
☆84年「風の谷のナウシカ」7.6億円(※配給収入)
☆86年「天空の城ラピュタ」5.8億円(※配給収入)
☆88年「となりのトトロ」「火垂るの墓」5.9億円(※配給収入)
☆89年「魔女の宅急便」21.5億円(※配給収入)
☆91年「おもいでぽろぽろ」18.7億円(※配給収入)
☆92年「紅の豚」28.0億円(※配給収入)
☆94年「平成狸合戦ぽんぽこ」26.3億円(※配給収入)
☆95年「耳をすませば」18.5億円(※配給収入)
☆97年「もののけ姫」193億円(※配給収入113.0億円)
☆99年「ホーホケキョとなりの山田くん」7.9億円(※配給収入)
☆01年「千と千尋の神隠し」トータル304.9億円
☆02年「猫の恩返し」トータル64.6億円
☆04年「ハウルの動く城」トータル196.0億円(不明部分は年末)
OP14.8→47.5→67.9→84.5→不明→不明→128.9→152.3
☆06年「ゲド戦記」トータル76.5億円
OP09.1→25.0→38.3→53.0→60.1→066.4→068.6→070.5
☆08年「崖の上のポニョ」トータル155.0億円
3日15.7(OP10.3)→32.3→52.6→72.1→99.4→111.7→127.2→134.4
☆10年「借りぐらしのアリエッティ」トータル92.5億円
3日13.5(OP9.0)→26.2→39.8→50.3→64.7→073.9→080.3→084.3
☆11年「コクリコ坂から」トータル44.6億円
3日05.9(OP3.9)→11.5→17.4→22.5→28.5→034.5→037.8→040.1
☆13年「風立ちぬ」
OP9.6→28.5→43.6→56.0→72.8→80.9億円→
主要作品との対比で考えると、「風立ちぬ」の興行収入は101.3~112.3億円となる。
マックス115億円、ミニマム100億円となりそうだ。
『派手さがない作品であり、驚くような高い伸びはないと思うが、どうなるだろうか』と書いていたが、実際に鑑賞して伸びると確信した。
「風立ちぬ」の興行収入は4週目まで100億円前後という予想だったが、先週に引き続き110億円台と予想したい。
公開前個人予想は85~90億円台だったので、やや低かったか。
今回はちょっと苦戦するかと思ったが、あのデキでは大ヒットも仕方がない。
やはり、ジブリは凄い結果を残す。


2位:「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(パラマウント)<1週目>
【公開前個人予想】 7億円台
【現時点での興行収入予想】 8億円台
【公開規模】 693スクリーン
金曜日から公開されているが、土日2日間で2.0億円弱(197,134,700円)のオープニングを飾った。
先週の先行3日を足すと4.1億円程度だろうか。
先週『8月16~18日の先行分もあるので、オープニングは読めない』と書いたが、微妙なオープニングとなった。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆09年公開「スター・トレック」トータル6.0億円
金1.9→3.8→4.9→5.4→5.6
☆13年「スター・トレック イントゥ・ダークネス」
先4.1(OP2.0)億円→
ハリウッド大作映画なのだが、日本ではさすがにヒットしていない。
公開前に『知名度も上がっており、さすがに前作を超えるか』と書いたとおりとなるか。

SF映画の興行収入は以下のとおり。
☆12年公開「プロメテウス」トータル18.1億円
先7.5→13.1→15.7→17.1
☆13年公開「オブリビオン」トータル14.0億円
金4.4→8.5→11.0→12.0→12.8
☆12年公開「トータル・リコール」トータル10.2億円
金2.8→7.2→8.7→9.6→9.9→10.0
☆12年公開「ジョン・カーター」トータル6.6億円
金1.8→3.8→4.7→6.0
☆13年「スター・トレック イントゥ・ダークネス」
先4.1(OP2.0)億円→
先行があった「プロメテウス」との対比で考えると、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の興行収入は9.9億円となる。
この辺りがマックスラインか。
すぐに勢いを無くしそうなので、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の興行収入は8億円台と予想したい。
公開前個人予想は7億円台だったので、当たりそうだ。
このシリーズに関心がある人しか見ないので、日本では当然当たりにくい。


3位:「モンスターズ・ユニバーシティ」(ディズニー)<8週目>
【公開前個人予想】 50億円台
【現時点での興行収入予想】 88億円台(3~6週目80億円前後、OP時70億円前後)
【配給会社期待値等】 100億円に迫るヒットも見込める
【公開規模】 461スクリーン(先週比-125スクリーン)
1.7億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定82.8億円半ばとなっている。
1週間の伸びは5.2億円弱程度だろうか。
80億円を突破した。
週毎の動きは以下のとおり。
OP8.5→2週目11.9→3週目14.5→4週目11.3→5週目12.0→6週目7.3→7週目12.3→8週目5.2億円となっている。
ほとんど落ち込みが見られない優秀な伸びだが、8週目でようやく下落してきた。
昨年の「メリダとおそろしの森」が低い結果となり、公開前にはそれほど盛り上がっているようには思えなかったが、やはり、知名度の高さは伊達ではないようだ。

ピクサー作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「トイ・ストーリー2」トータル34.5億円
☆02年「モンスターズ・インク」トータル93.7億円
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル110.0億円
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル52.6億円
先7.5→15.3→不明→不明→35.1→47.1→48.0→50.0
☆06年「カーズ」トータル22.3億円
OP3.8→07.8→10.5→14.1
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円
水5.0→12.8→19.5→28.5→32.0→35.8→37.1→祝38.1
☆08年「WALL・E/ウォーリー」トータル40.0億円
金5.1→11.5→16.0→不明→30.3→祝35.5→37.1
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
5週目37.0→42.9→46.0→47.5→48.3
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
5週目66.6→82.8→93.2→99.8→103.6
☆11年「カーズ2」トータル30.1億円
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3
☆12年「メリダとおそろしの森」トータル9.5億円
OP1.5→04.2→06.1→07.6→08.7
☆13年「モンスターズ・ユニバーシティ」
5週目58.1→65.4→77.7→82.8億円→
主要作品との対比で考えると、「モンスターズ・ユニバーシティ」の興行収入は87.2~89.6億円となる。
公開前に『前作を考えると、100億円近いヒットになってもおかしくはないが、「トイ・ストーリー3」のような爆破的なヒットにはならないだろう』と書いていたが、前作に近い成績となりそうだ。
「モンスターズ・ユニバーシティ」の興行収入はオープニング時に70億円前後、6週目まで80億円前後と予想したが、先週に引き続き88億円台と予想したい。
やはりお盆時期の集客が凄かったか。
「風立ちぬ」がファミリー向けではないということも本作ヒットの要因か。
公開前個人予想は50億円台だったのでかなり低すぎたか。
爆発できるネタではあるが、今回ここまでヒットするとは思わなかった。


4位:「映画 謎解きはディナーのあとで」(東宝・フジテレビ)<4週目>
【公開前個人予想】 24億円台
【現時点での興行収入予想】 30億円台(3週目28億円台、OP~2週目25億円台)
【公開規模】 306スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.4億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは25.1億円となっている。
1週間の伸びは4.5億円半ば程度だろうか。
25億円を突破した。
11年10月クールドラマの映画化作品。
平均視聴率は15.9%となっており、なかなか優秀な成績となっている。

嵐のメンバーが出演した作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「花より男子F」トータル77.5億円
OP10.1→26.2→37.9→祝48.5→54.5→60.3
☆09年「ヤッターマン」トータル31.4億円
OP04.6→10.6→16.4→21.6→26.9→28.2
☆10年「大奥」トータル23.2億円
金04.7→祝11.7→15.1→18.1→20.0→21.6
☆11年「GANTZ」トータル34.5億円
OP05.9→14.6→21.2→25.3→28.4→30.5
☆11年「GANTZ:PERFECT ANSWER」トータル28.0億円
OP05.5→13.7→20.9→23.5→25.2→26.3
☆11年「怪物くん」トータル31.3億円
OP05.8→12.0→16.1→18.9→21.5→25.4
☆11年「神様のカルテ」トータル18.9億円
OP03.0→8.4→11.8→14.4→16.5→17.5
☆13年「プラチナデータ」トータル26.4億円
OP04.0→11.2→16.8→20.7→22.8→24.2
☆13年「映画 謎解きはディナーのあとで」
OP04.0→11.0→20.6→25.1億円→
2週目まで「プラチナデータ」と同程度の動きとなっていた。
お盆時期があったので、主要作品の5週目との対比で考えると、「映画 謎解きはディナーのあとで」の興行収入は27.9~30.5億円となる。
『評判はやや微妙という感じなので、高い伸びはないだろう』と思ったが、関係なく伸びている。

以下が参考となるか。
☆11年「アンフェア the answer」トータル23.4億円
OP3.1→10.6→15.6→祝19.1→20.7→21.9→22.5→22.9
☆12年「劇場版 SPEC~天~」トータル23.9億円
OP4.7→10.8→14.6→17.1→20.5→22.3→22.9→23.2
☆12年「ライアーゲーム -再生-」トータル21.0億円(参考)
OP3.1→08.7→12.6→16.0→18.8→20.2
☆12年「映画 ホタルノヒカリ」トータル19.8億円
OP3.1→8.4→11.9→14.7→16.3→17.4→18.1
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」トータル16.8億円
OP2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5
☆13年「ストロベリーナイト」トータル21.5億円
OP3.2→9.5→祝14.6→16.9→18.7→19.9
☆13年「映画 謎解きはディナーのあとで」
OP04.0→11.0→20.6→25.1億円→
お盆時期があったので、これらの5週目との対比で考えると、「映画 謎解きはディナーのあとで」の興行収入は28.0~30.5億円となる。
お盆時期が終わっても、もうちょっと稼ぎそうだ。
「映画 謎解きはディナーのあとで」の興行収入は2週目まで25億円台、先週28億円台と予想したが、30億円台に再上方修正したい。
「大奥」「プラチナデータ」「アンフェア the answer」「劇場版 SPEC~天~」等を超える大ヒットとなる。
公開前個人予想は24億円台だったので低かったが、本作が30億円近く稼ぐとは思えなかった。
きっちりと稼ぎだしているので、嵐及びドラマの映画化の信頼性の高さが分かる。


5位:「ワールド・ウォーZ」(東宝東和)<3週目>
【公開前個人予想】 21億円台
【現時点での興行収入予想】 21億円
【公開規模】 639スクリーン(先週比-6スクリーン)
1.3億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定15.8億円弱となっている。
1週間の伸びは3.8億円程度だろうか。
公開前に『この手の作品も一般層向けとは思えないが、若年層を中心にしっかりと稼ぐはずだ』と書いたとおりとなるだろうか。
謎がありそうな作品であり、注目を集めそうだが、内容がよく分からないところもあり、大ヒットはしないだろう。

ブラッド・ピット主演のゾンビ映画。
ブラッド・ピット主演作品のうち、ヒットした作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年公開「ファイト・クラブ」トータル19.8億円
☆01年公開「ザ・メキシカン」トータル26.0億円
☆12年公開「オーシャンズ11」トータル69.0億円
☆02年公開「スパイ・ゲーム」トータル26.0億円
☆04年公開「トロイ」トータル42.0億円
☆05年公開「オーシャンズ12」トータル36.0億円
☆05年公開「Mr.&Mrs.スミス」トータル46.5億円
OP5.6→14.6→20.4→26.4→不明→38.5
☆07年公開「バベル」トータル20.0億円(※GW公開)
OP2.7→10.4→13.2→15.2→16.4→17.2
☆07年公開「オーシャンズ13」トータル32.0億円
先6.0→17.6→22.3→26.0→28.1→祝30.0→30.8
☆09年公開「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル24.0億円
OP3.2→10.4→15.0→18.7→20.8→22.3
☆13年公開「ワールド・ウォーZ」
OP3.3→12.0→15.8億円→
お盆時期もあったので、主要作品の4週目等との対比で考えると、「ワールド・ウォーZ」の興行収入は20.3~23.9億円となる。
お盆時期には稼ぐだろうが、伸びるタイプの映画でもないだろう。

ゾンビ映画なので、以下が参考となるだろう。
☆07年「アイ・アム・レジェンド」トータル43.0億円
金7.2→16.4→不明→33.8→37.7→40.6→42.0→42.8
☆13年公開「ワールド・ウォーZ」
OP3.3→12.0→15.8億円→
公開前の予想通り、この半分程度程度となるだろうか。

「ワールド・ウォーZ」15.8億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「シャーロック・ホームズ」16.0億円(トータル19.5億円)
☆「TIMEタイム」15.1億円(トータル18.2億円)
☆「スノーホワイト」14.4億円(トータル17.1億円)
これらとの対比で考えると、「ワールド・ウォーZ」の興行収入は18.8~19.3億円となる。
1週上乗せしているので、この対比を超えるだろう。
20億円突破が目標となりそうだ。
「ワールド・ウォーZ」の興行収入は公開前の予想通り、先週に引き続き21億円台と予想したい。
この程度稼げれば問題はないだろう。


6位:「ガッチャマン」(東宝)<1週目>
【公開前個人予想】 7億円台
【現時点での興行収入予想】 6億円
【公開規模】 307スクリーン
1.1億円半ば(115,697,600円)のオープニングを飾った。
キャスティング、デキの悪さからヒットするはずがないと思っていたが、知名度の高さから少々稼ぐとは思っていた。
だいたいイメージ通りのオープニングか。

監督は「カイジ」「ごくせん」の佐藤東弥。
主演は松坂桃李、綾野剛、剛力彩芽、濱田龍臣、鈴木亮平。
ファンの人には申し訳ないが、なぜこの5人を選んだのかが不明すぎる。
日本テレビ放送網開局60周年、日活100周年、タツノコプロの50周年記念作品らしいので、さらに謎なキャスティングだ。
配給は東宝が行っているが、制作は日活が行ったらしいので、全体的に安っぽくなってしまったのだろうか。

過去のタツノコプロの実写映画は以下のとおり。
☆04年「CASSHERN」トータル15.3億円
☆08年公開「スピード・レーサー」トータル4.0億円
OP1.1→2.3→3.1→3.6→3.9
☆09年「ヤッターマン」トータル31.4億円
☆13年「ガッチャマン」
OP1.2億円→
「スピード・レーサー」は超えそうだ。

「ガッチャマン」1.2億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2012>
☆「ガール」1.2億円(トータル8.4億円)
☆「任侠ヘルパー」1.2億円(トータル7.0億円)
☆「逆転裁判」1.2億円(トータル5.4億円)
「逆転裁判」辺りは超えるだろう。
5億円以上、7億円以下というところか。
「ガッチャマン」の興行収入は6億円台と予想したい。
公開前個人予想は7億円台だったので、悪くはない予想となりそうだ。
有名アニメの実写映画はなかなか難しいところがあるということが分かる一例となったか。
関係者がよほどチカラを込めないと本作のようなことになるのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。