ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(9月1週目その3)

3位:「マン・オブ・スティール」(ワーナー)<2週目>
【公開前個人予想】 14億円台
【現時点での興行収入予想】 12億円台
【公開規模】 611スクリーン(先週比+1スクリーン)
1.2億円を週末に稼ぎ、トータルでは6.4億円弱となっている。
1週間の伸びは3.0億円弱程度だろうか。
日本ではやはり爆発力はなかったか。
先々週『金曜日からのオープニングは3.2億円程度か』と書いたが、実際のオープニングは3.4億円だったので当たったようだ。

07年公開「300<スリーハンドレッド>」トータル15.6億円のザック・スナイダー監督作品。
ヘンリー・カヴィルを起用して、新たにスーパーマンを描いた作品。
関連作品は以下のとおり。
☆06年「スーパーマン リターンズ」トータル15.0億円
先3.7→7.9→10.9→12.3→13.2
☆13年「マン・オブ・スティール」
金3.4→6.4億円→
アメリカでは大ヒットしたが、これを下回りそうだ。

ヒーローもの作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年公開「アベンジャーズ」トータル36.1億円
先13.9→22.2→28.4→31.5→33.5→34.9
☆12年公開「アメイジング・スパイダーマン」トータル31.6億円
先9.0→16.4→21.8→26.2→28.4→29.3→30.0
☆12年公開「ダークナイト・ライジング」トータル19.7億円
先4.6→10.1→13.5→16.8→18.1→18.9
☆11年公開「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」トータル7.0億円
OP1.7→4.1→5.5→6.3
☆13年「マン・オブ・スティール」
金3.4→6.4億円→
これらとの対比で考えると、「マン・オブ・スティール」の興行収入は10.4~12.5億円となる。
悪い作品ではないので、少しは伸びそうだが、大きな期待はしにくい。
「マン・オブ・スティール」の興行収入は12億円台と予想したい。
公開前個人予想は14億円台だったので、悪くはなかった。
スーパーマンは日本向けではないようだ。


4位:「貞子3D2」(角川)<2週目>
【公開前個人予想】 9億円台
【現時点での興行収入予想】 9億円台
1.1億円を週末に稼ぎ、トータルでは推定4.1億円となっている。
1週間の伸びは2.0億円程度だろうか。
やはり前作を下回りそうだ。
先々週『金曜日からのオープニングは2.0億円程度か』と書いたが、実際には2.0億円だったので当たったようだ。

スマ4Dという手法を導入している。
瀧本美織、瀬戸康史主演作品。
前作の興行収入は以下のとおり。
☆12年「貞子3D」トータル13.5億円
OP2.5→6.2→8.8→10.7→12.0→12.8→13.2
☆13年「貞子3D2」
金2.0→4.1億円→
これとの対比で考えると、「貞子3D2」の興行収入は8.9億円となる。
『目新しさのあった前作を超えることはないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
しかし、知名度の高いキャラクターであり、大コケすることはない。

ホラー系の興行収入は以下のとおり。
☆06年「着信アリFinal」トータル6.5億円
OP1.5→3.6→5.1
☆12年「アナザー Another」トータル5.8億円
OP0.8→2.6→4.4
☆13年「クロユリ団地」トータル10億円台見込み
OP1.5→4.2→6.2→7.7
☆13年「貞子3D2」
金2.0→4.1億円→
これとの対比で考えると、「貞子3D2」の興行収入は7.4~9.8億円となる。
公開前に『「クロユリ団地」がライバルとなるが、超えないのではないか』に書いたとおりとなりそうだ。
「貞子3D2」の興行収入は公開前の予想通り9億円台と予想したい。
この程度の下落ですめば、問題ないだろう。
今後はどう展開させるかが注目となる。


5位:「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(アニプレックス)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 9~10億円
【公開規模】 64スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.1億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定4.5億円弱となっている。
1週間の伸びは2.5億円程度だろうか。
ランクインするだろうとは思ったが、「貞子3D2」の2週目興行収入を上回るようなヒットをするとは思わなかった。
恒例アニメ映画以外のアニメ映画はどの程度ヒットするのかよく分からない。

スクリーンが少なく、ファンが多い作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「劇場版マクロスF 虚空歌姫」トータル6.5億円(30スクリーン)
OP0.9→2.3→3.2→3.8→04.2
☆10年「涼宮ハルヒの消失」トータル8.3億円(24スクリーン)
OP0.9→2.5→3.5→4.5→05.4→05.9→06.3→06.7
☆11年「映画「けいおん!」」トータル19.0億円(137スクリーン)
OP3.2→6.9→9.4→11.4→13.2→14.4→15.1
☆12年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ前編」トータル5.9億円(43スクリーン)
OP1.4→3.1→4.0
☆12年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ後編」トータル5.6億円(43スクリーン)
OP1.7→3.2→3.9
☆13年「劇場版 とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟」(30スクリーン)
OP1.0→2.2→3.1→3.6→不明→不明→4.4
☆13年「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
OP2.0→4.5億円→
主要作品との対比で考えると、「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の興行収入は7.9~12.7億円となる。
当面は10億円突破が目標となりそうだ。
「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の興行収入は9~10億円と予想したい。
64というスクリーン数で10億円近く稼げるのは凄い。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。