ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(9月4週目その3)

7位:「劇場版 空の境界/未来福音」(アニプレックス)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 32スクリーン
7.3千万円半ばのオープニングを飾った。
このスクリーンでこれほどのオープニングを叩き出しても以下を見れば驚くことはなくなった。
☆12年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ前編」トータル5.9億円(43スクリーン)
OP1.4→3.1→4.0
☆12年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ後編」トータル5.6億円(43スクリーン)
OP1.7→3.2→3.9
☆13年「劇場版 とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟」(30スクリーン)
OP1.0→2.2→3.1→3.6→不明→不明→4.4
☆13年「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(64スクリーン)
OP2.0→4.5→祝6.5→祝7.6→8.4
☆13年「劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」(18スクリーン)
OP0.9→2.0→不明→3.9→4.6→4.9
☆13年「小鳥遊六花・改 劇場版 中二病でも恋がしたい!」(27スクリーン)
祝3日0.7→1.3
☆13年「劇場版 空の境界/未来福音」(32スクリーン)
OP0.7億円→
予想しにくいが、トータルは3億円くらいだろうか。
スクリーン単価が高いので、公開劇場としてはオイシイ作品といえる。


10位:「地獄でなぜ悪い」(ティ・ジョイ)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 72スクリーン
2.9千万円半ばのオープニングを飾った。
園子温監督作品であり、大ヒットが望まれる映画ではない。
12年「ヒミズ」トータル2.0億円であり、これ以下だろうか。
「地獄でなぜ悪い」の興行収入は1億円台と予想したい。


11位:「許されざる者」(ワーナー)<3週目>
【公開前個人予想】 23億円台
【現時点での興行収入予想】 9億円台(OP~2週目12億円台)
【公開規模】 327スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.9千万円を週末に稼ぎ、トータルでは5.6億円となっている。
1週間の伸びは1.3億円弱程度だろうか。
公開前に『有名作品のリメイクであり、ヒットするだろう』と書いたが、『堅い作品なので、爆発的なヒットにはならないと思う』との懸念が当たったのか。
『年配層が動くと思うので、ロングセールスにはなる』と思ったが、全体の伸びが低すぎる。

ハリウッド作品のリメイクは当たらないのか。
☆10年「ゴースト もういちど抱きしめたい」トータル9.0億円
OP1.3→4.0→6.3→7.5→8.2→8.6
☆13年「許されざる者」
金1.9→4.4→5.6億円→
これとの対比で考えると、「許されざる者」の興行収入は8.0億円となる。
これ以上には伸びるだろう。

渡辺謙出演作品の主な興行収入は以下のとおり。
☆05年公開「SAYURI」トータル15.5億円
OP1.9→5.3→08.1
☆06年「明日の記憶」トータル22.0億円
OP2.1→06.9→11.0→14.6→17.3→18.9
☆06年公開「硫黄島からの手紙」トータル51.0億円
OP5.0→13.9→20.8→26.1→祝込36.7→39.8→43.2
☆09年「沈まぬ太陽」トータル28.0億円
OP2.5→09.1→14.5→18.3→祝込21.4→22.9→24.3→25.1
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5
☆12年「はやぶさ 遥かなる帰還」トータル7.3億円
OP1.3→03.3→04.9→05.8
☆13年「許されざる者」
金1.9→4.4→5.6億円→
主要作品との対比で考えると、「許されざる者」の興行収入は8.3~11.2億円となる。
「SAYURI」対比の伸びと考えていたが、そこまで伸びそうもない。
「許されざる者」の興行収入は先週まで12億円台と予想していたが、9億円台に下方修正したい。
公開前個人予想は23億円台だったので高すぎたか。
渡辺謙主演の大作映画なので、当然ヒットするものと思っていた。
題材的に堅すぎて若年層・女性層からは嫌われたか。


12位:「凶悪」(日活)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 79スクリーン
1.7千万円を週末に稼ぎ、トータルでは9.5千万円弱となっている。
1週間の伸びは6.1千万円程度だろうか。
トータルでは1億円台だろうか。
実際の事件を題材としたハードな作品なのでヒットしないのは仕方がないだろう。


13位:「貞子3D2」(角川)<5週目>
【公開前個人予想】 9億円台
【現時点での興行収入予想】 7億円台(2週目9億円台)
1.6千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは6.9億円弱となっている。
1週間の伸びは4.9千万円半ば程度だろうか。
やはり前作を下回りそうだが、貞子というネームバリューだけでここまで稼げるので問題はないだろう。
知名度の高いキャラクターであり、大コケすることはないので、ローリスクだ。

スマ4Dという手法を導入している。
瀧本美織、瀬戸康史主演作品。
前作の興行収入は以下のとおり。
☆12年「貞子3D」トータル13.5億円
OP2.5→6.2→8.8→10.7→12.0→12.8→13.2
☆13年「貞子3D2」
金2.0→4.1→5.4→06.4→06.9億円→
これとの対比で考えると、「貞子3D2」の興行収入は7.8億円となる。
『目新しさのあった前作を超えることはないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

ホラー系の興行収入は以下のとおり。
☆06年「着信アリFinal」トータル6.5億円
OP1.5→3.6→5.1
☆12年「アナザー Another」トータル5.8億円
OP0.8→2.6→4.4
☆13年「クロユリ団地」トータル10億円台見込み
OP1.5→4.2→6.2→7.7
☆13年「貞子3D2」
金2.0→4.1→5.4→6.4→6.9億円→
公開前に『「クロユリ団地」がライバルとなるが、超えないのではないか』に書いたとおりとなりそうだ。
「貞子3D2」の興行収入は2週目まで9億円台と予想していたが、先週に引き続き7億円台と予想したい。
公開前個人予想は9億円台だったのでやや高かったか。
今後はどう展開させるかが注目となる。


14位:「キャプテンハーロック」(東映)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 5億円台(OP~2週目7億円台)
【公開規模】396スクリーン(先週比-120スクリーン)※劇場館はもっと少ない
1.6千万円を週末に稼ぎ、トータルでは4.4億円弱となっている。
1週間の伸びは4.8千万円弱程度だろうか。
予想は出来なかったが、それほど稼げないだろうとは思っていた。
この手のファミリー向きでもなく、最近のアニメでもない作品は苦戦しやすい。
いくら映像が素晴らしくても、いくら人気のある俳優を声優に起用しても、いくらジェームズ・キャメロンが絶賛しようが、見ない物は見ない。
日本では稼げないのは分かっているはずなのに、なぜ3千万ドルもの高額なアニメ作品を制作するかは分からないが、他の国で稼げるのだろうか。

以下の作品が参考となるだろうか。
☆01年「ファイナルファンタジー」トータル10.0億円
☆09年「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」トータル4.3億円
OP1.0→2.1→不明→3.5→祝4.1
☆12年「009 RE:CYBORG」トータル3.5億円
OP0.7→1.7→2.2
☆13年「キャプテンハーロック」
OP1.3→3.0→3.9→4.4億円→
これとの対比で考えると、「キャプテンハーロック」の興行収入は5.4億円となる。
さすがに「009」や「ヤマト」よりは稼ぐだろうが、予想以上に伸びなかった。
「キャプテンハーロック」の興行収入は2週目まで7億円台と予想していたが、先週に引き続き5億円台と予想したい。
3千万ドルの予算があるのならば、木村拓哉を主演に迎えて、実写映画でも使った方がよかったのではないか。


順位不明:「ホワイトハウス・ダウン」(ソニー)<7週目>
【公開前個人予想】 5億円台
【現時点での興行収入予想】 9億円
【公開規模】 108スクリーン(先週比-205スクリーン)
3.2百万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは9.7億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.4千万円半ば程度だろうか。
コケると思っていたが、普通にヒットしている。
今年公開された「アフター・アース」を超える動きとなっている。

04年「デイ・アフター・トゥモロー」トータル52億円、09年「2012」トータル38億円などのヒットメーカーのローランド・エメリッヒ監督作品。
お得意のディザスター映画ではなくて、本作はよくあるテロリストアクション映画であったので評価を下げた。
しかも、日本ではそれほど知名度があるとは思えないチャニング・テイタム主演作品である。
今年公開された同種類の「エンド・オブ・ホワイトハウス」(トータル3~4億円)も日本ではヒットしなかった。
☆13年「エンド・オブ・ホワイトハウス」
OP0.7→2.0→2.8→3.2
☆13年「ホワイトハウス・ダウン」
金2.9→6.0→7.8→8.9→9.5→9.7→9.8億円→
アメリカでは「エンド・オブ・ホワイトハウス」に惨敗を喫したが、日本では楽勝できそうだ。
もはや伸びはないので10億円には到達しないだろう。
「ホワイトハウス・ダウン」の興行収入は先週に引き続き9億円台と予想したい。
公開前個人予想は5億円台だったので、低すぎたか。
日本では当たりにくいと思ったが、お盆時期の公開だからなのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。