ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(10月3週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「人類資金」(松竹)
阪本順治監督・共同脚本、福井晴敏原作・共同脚本作品。
佐藤浩市主演作品。
スケール感は大きそうだが、骨太で堅すぎるため、ヒットしにくいジャンルでもある。
福井晴敏原作作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年「ローレライ」トータル24.0億円
OP3.1→8.9→14.1→16.8→19.6→21.3
☆05年「亡国のイージス」トータル20.6億円
OP2.9→7.4→11.5→15.7→17.7→18.8
☆05年「戦国自衛隊1549」トータル17.1億円
OP3.5→8.6→不明→14.1→15.6→16.4
「亡国のイージス」は阪本順治監作品。
05年に立て続けにヒットを飛ばした作家だが、今回はこのようなヒットにはならないだろう。

内容的に以下の作品レベルではないか。
☆09年「ハゲタカ」トータル8.3億円
OP1.5→4.1→5.6→6.6→7.3
☆12年「黄金を抱いて飛べ」トータル5.1億円
OP1.0→02.6→03.6→04.4
今年公開された小説原作の「舟を編む」「県庁おもてなし課」なども当たっておらず、本作も厳しいだろう。
「ハゲタカ」レベルと考えて、「人類資金」の興行収入は7億円台と予想したい。
硬派な「許されざる者」も7~8億円程度なので、同程度となるのではないか。
オープニングは1.4億円程度か。


◎「ダイアナ」(GAGA)
この手の作品は年配層や女性層が手を出すのでヒットしやすいはずだ。
ただ、評価があまり良くないようなので、予想外の盛り上がりはなさそうだ。
実在の人物を描いた作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年公開「マリー・アントワネット」トータル21.0億円
OP2.8→8.3→12.6→15.6→17.8→19.1
☆09年公開「チェ 28歳の革命」トータル9.0億円
OP1.4→4.0→5.8→7.2→7.7
☆09年公開「チェ 39歳別れの手紙」トータル4.0億円
OP0.8→2.0→2.9
☆11年公開「英国王のスピーチ」トータル18.2億円
OP1.0→4.4→6.2→7.4→8.9→10.3→11.3
☆12年公開「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」トータル9.5億円
金1.6→4.6→6.7→7.8→8.5
☆13年公開「リンカーン」
金2.1→4.7→不明→8.8→9.8
大ヒットするポテンシャルのあるジャンルではあるが、今回は爆発しないだろう。
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を超えない程度ではないか。
「サッチャー」の7割程度と考えて、「ダイアナ」の興行収入は7億円台と予想したい。
金曜日からのオープニングは1.2億円程度だろうか。
レディースデイ映画だろう。


◎「ゴースト・エージェント R.I.P.D.」(東宝東和)
製作費1億3千万ドルの大作映画だが、アメリカでは34百万ドルと大失敗に終わった。
ライアン・レイノルズ、ジェフ・ブリッジスというアメリカではスターの2人だが、日本での知名度はかなり低く、本作を拡大公開する意味がよく分からない。
自分が関係者ならば絶対に止める。
日本でヒットするはずはないと思うが、どうなるだろうか。
「ゴースト・エージェント R.I.P.D.」の興行収入は1~2億円と予想したい。
金曜日からのオープニングは6~7千万円程度だろうか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。