ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(10月2週目その3)

8位:「エリジウム」(ソニー)<4週目>
【公開前個人予想】 8億円台
【現時点での興行収入予想】 7億円台
【公開規模】 321スクリーン(先週比-2スクリーン)
3.3千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは6.8億円となっている。
1週間の伸びは8.8千万円弱程度だろうか。
やはり微妙な伸び具合だ。

10年公開「第9地区」(トータル8.3億円)のニール・ブロムカンプ監督。
マット・デイモン主演作品。
マット・デイモン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年公開「ディパーテッド」トータル15.6億円
OP2.9→7.1→9.9→11.7→13.0→13.8
☆07年公開「グッド・シェパード」トータル4.5億円
OP1.0→2.7→3.8
☆10年公開「インビクタス/負けざる者たち」トータル8.6億円
金1.6→4.3→05.8→06.9→07.7
☆10年公開「グリーン・ゾーン」トータル7.7億円
金2.2→4.9→6.4→07.2
☆11年公開「ヒアアフター」トータル7.0億円
OP1.7→4.6→6.2→6.9
☆11年公開「アジャストメント」トータル4.5億円
金1.4→3.0→3.8
☆12年公開「幸せへのキセキ」トータル4.5億円
金1.1→3.0→3.8→4.2
☆13年公開「エリジウム」
金2.0→4.6→5.9→6.8億円→
主要作品との対比で考えると、「エリジウム」の興行収入は7.3~8.5億円となる。
この下限程度だろう。

一部のヒットシリーズを除いてSF作品はそれほど稼げないジャンルである
☆09年公開「第9地区」トータル8.3億円
OP1.7→4.2→5.5→6.6→7.6
☆12年公開「プロメテウス」トータル18.1億円
先7.5→13.1→15.7→17.1
☆13年公開「オブリビオン」トータル14.0億円
金4.4→8.5→11.0→12.0→12.8
☆13年公開「アフター・アース」トータル9億円台見込み
金2.5→5.6→07.2→08.1→08.7→09.0→09.1
☆13年公開「エリジウム」
金2.0→4.6→05.9→06.8億円→
主要作品との対比で考えると、「エリジウム」の興行収入は7.9~8.6億円となる。
あまり盛り上がっていないので、伸びることはないだろうが、目新しさもあるので少しは伸びるだろう。
「エリジウム」の興行収入は先週に引き続き7億円台と予想したい。
公開前個人予想は8億円台だったので、悪くはなかったようだ。
有名なSF以外のSFはファミリー向けでもなく、女性も好まないので、あまりヒットしないジャンルだ。


9位:「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(アニプレックス)<7週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 10億円台(OP~5週目9~10億円)
【公開規模】 30スクリーン(先週比-34スクリーン)
2.6千万円を週末に稼ぎ、祝日を含めたトータルでは9.6億円半ばとなっている。
祝日を含めた8日間の伸びは5.6千万円程度だろうか。
ランクインするだろうとは思ったが、まさか10億円近いヒットをするとは思わなかった。
恒例アニメ映画以外のアニメ映画はどの程度ヒットするのかよく分からない。

スクリーンが少なく、ファンが多い作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「劇場版マクロスF 虚空歌姫」トータル6.5億円(30スクリーン)
OP0.9→2.3→3.2→3.8→04.2
☆10年「涼宮ハルヒの消失」トータル8.3億円(24スクリーン)
OP0.9→2.5→3.5→4.5→05.4→05.9→06.3→06.7
☆11年「映画「けいおん!」」トータル19.0億円(137スクリーン)
OP3.2→6.9→9.4→11.4→13.2→14.4→15.1
☆12年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ前編」トータル5.9億円(43スクリーン)
OP1.4→3.1→4.0
☆12年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ後編」トータル5.6億円(43スクリーン)
OP1.7→3.2→3.9
☆13年「劇場版 とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟」(30スクリーン)
OP1.0→2.2→3.1→3.6→不明→不明→4.4
☆13年「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
OP2.0→4.5→祝6.5→祝7.6→8.4→9.1→祝9.6億円→
主要作品との対比で考えると、「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の興行収入は12.1~12.6億円となる。
果たして、ここまで伸びるだろうか。
当面は10億円突破が目標となりそうだが、なんとか突破しそうだ。
「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の興行収入は5週目まで9~10億円と予想していたが、先週に引き続き10億円台と予想したい。
64というスクリーン数で10億円を稼げるのは凄い。


10位:「トランス」(20世紀フォックス)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 64スクリーン
金曜日から月曜日までの4日間で3.7千万円弱のオープニングを飾った。
金曜日から日曜日までの3日間では2.5千万円となっている。
「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督作品。
「ウォンテッド」のジェームズ・マカヴォイ主演作。
スクリーン数通り大作というわけではなく、ヒットすることはない。
「トランス」の興行収入は1億円台と予想したい。
この規模ならば、この程度でも問題ないだろう。


11位:「ウルヴァリン:SAMURAI」(20世紀フォックス)<5週目>
【公開前個人予想】 14億円台
【現時点での興行収入予想】 8億円台(OP~2週目10億円台)
【公開規模】 398スクリーン(先週比-177スクリーン)
(※3D映画なので劇場館数はもっと少ない)
1.5千万円を週末に稼ぎ、トータルでは7.9億円弱となっている。
1週間の伸びは4.9千万円程度だろうか。
公開前に『今回は日本が舞台となっている。日本人キャストも登場するので、「ラストサムライ」のような大ヒットにはならないが、その辺りを加味せざるを得ない』と書いたが、あまり関係なかったか。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「ウルヴァリン X-MEN ZERO」トータル8.9億円
金2.3→4.8→7.3→8.3
☆11年「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」トータル7.0億円
先1.7→4.1→5.5→6.3
☆13年「ウルヴァリン:SAMURAI」
金4日3.1→5.1→6.6→7.4→7.9億円→
日本が舞台なので、前作を下回るとは思わなかった。

「ウルヴァリン:SAMURAI」7.9億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「マーガレット・サッチャー」8.5億円(トータル9.5億円)
☆「エクスペンダブルズ2」7.3億円(トータル7.6億円)
「エクスペンダブルズ2」との対比で考ると、「ウルヴァリン:SAMURAI」の興行収入は8.2億円となる。
日本が舞台なので、もう少しは伸ばすだろう。
「ウルヴァリン:SAMURAI」の興行収入は2週目まで10億円台と予想したが、先週に引き続き8億円台と予想したい。
公開前個人予想は14億円台だったので高すぎたか。
やはり、このシリーズを見ていない者には、どこが舞台になろうと興味がないのだろうか。
日本人にはあまり知名度のないファッションモデルがヒロインという点も痛かったか。


12位:「劇場版 空の境界/未来福音」(アニプレックス)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 2億円台(OP~2週目3億円台)
【公開規模】 32スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.3千万円を週末に稼ぎ、トータルでは1.4億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.5千万円半ば程度だろうか。
オープニングは7.3千万円だったが、このスクリーンでこれほどのオープニングを叩き出しても以下を見れば驚くことはなくなった。
☆12年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ前編」トータル5.9億円(43スクリーン)
OP1.4→3.1→4.0
☆12年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ後編」トータル5.6億円(43スクリーン)
OP1.7→3.2→3.9
☆13年「劇場版 とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟」(30スクリーン)
OP1.0→2.2→3.1→3.6→不明→不明→4.4
☆13年「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(64スクリーン)
OP2.0→4.5→祝6.5→祝7.6→8.4
☆13年「劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」(18スクリーン)
OP0.9→2.0→不明→3.9→4.6→4.9
☆13年「小鳥遊六花・改 劇場版 中二病でも恋がしたい!」(27スクリーン)
祝3日0.7→1.3
☆13年「劇場版 空の境界/未来福音」(32スクリーン)
OP0.7→1.2→1.5億円→
多少は期待したが、思ったよりは伸びなかった。
「劇場版 空の境界/未来福音」の興行収入は、先週まで3億円と予想していたが、2億円台に下方修正したい。
スクリーン単価が高いので、公開劇場としてはオイシイ作品といえる。


13位:「地獄でなぜ悪い」(ティ・ジョイ)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 76スクリーン(先週比+1スクリーン)
1.2千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは1.2億円弱となっている。
1週間の伸びは3.3千万円程度だろうか。
ようやく1億円を突破した。
園子温監督作品であり、大ヒットが望まれる映画ではない。
12年「ヒミズ」トータル2.0億円であり、これ以下だろうか。
「地獄でなぜ悪い」の興行収入は先週に引き続き1億円台と予想したい。


14位:「許されざる者」(ワーナー)<5週目>
【公開前個人予想】 23億円台
【現時点での興行収入予想】 7億円台(4週目8億円台、3週目9億円台、OP~2週目12億円台)
【公開規模】 327スクリーン(先週比±0スクリーン)
9.1百万円を週末に稼ぎ、トータルでは6.6億円半ばとなっている。
1週間の伸びは4.1千万円弱程度だろうか。
公開前に『有名作品のリメイクであり、ヒットするだろう』と書いたが、『堅い作品なので、爆発的なヒットにはならないと思う』との懸念の方が当たったのか。
『年配層が動くと思うので、ロングセールスにはなる』と思ったが、全体の伸びが低すぎる。

ハリウッド作品のリメイクは当たらないのか。
☆10年「ゴースト もういちど抱きしめたい」トータル9.0億円
OP1.3→4.0→6.3→7.5→8.2→8.6
☆13年「許されざる者」
金1.9→4.4→5.6→6.3→6.7億円→
これとの対比で考えると、「許されざる者」の興行収入は7.4億円となる。
まさかこれを下回るとは思わなかった。

渡辺謙出演作品の主な興行収入は以下のとおり。
☆05年公開「SAYURI」トータル15.5億円
OP1.9→5.3→08.1
☆06年「明日の記憶」トータル22.0億円
OP2.1→06.9→11.0→14.6→17.3→18.9
☆06年公開「硫黄島からの手紙」トータル51.0億円
OP5.0→13.9→20.8→26.1→祝込36.7→39.8→43.2
☆09年「沈まぬ太陽」トータル28.0億円
OP2.5→09.1→14.5→18.3→祝込21.4→22.9→24.3→25.1
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5
☆12年「はやぶさ 遥かなる帰還」トータル7.3億円
OP1.3→03.3→04.9→05.8
☆13年「許されざる者」
金1.9→04.4→05.6→06.3→06.7億円→
主要作品との対比で考えると、「許されざる者」の興行収入は7.8~8.5億円となる。
最初は「SAYURI」対比の伸びと考えていたが、恐ろしいほど伸びなかった。
「許されざる者」の興行収入は2週目まで12億円台、3週目9億円台、4週目8億円台と予想していたが、7億円台に下方修正したい。
公開前個人予想は23億円台だったので高すぎたか。
渡辺謙主演の大作映画なので、当然ヒットするものと思っていた。
題材的に堅すぎて若年層・女性層からは嫌われたか。
しかし、ここまで低い結果になるとは思わなかった。
「R100」といい、ワーナーの戦略はかなり酷い結果となっている。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。