ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(11月1週目その1)

2位:「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」(ワーナー)<2週目>
【公開前個人予想】 9億円台
【現時点での興行収入予想】 17億円台(OP時14億円台)
【公開規模】 129スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.8億円半ばを週末2日に稼ぎ、祝日を含めたトータルでは9.5億円半ばとなっている。
祝日を含めた8日間の伸びは5.5億円半ば程度だろうか。
公開前に『ワーナーが配給を手掛けることとなり、スクリーン数が倍以上となる。興行収入はもかなり増えそうだが、どこまで増えるか。基本的の総数は増えないと思うのだが、どうなるだろうか』と書いたが、スクリーンが3倍に増えたとおりにオープニングが3倍近くに増える爆発的なオープニングを飾っていた。

過去のシリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ前編」トータル5.9億円(43スクリーン)
OP1.4→3.1→4.0
☆12年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ後編」トータル5.6億円(43スクリーン)
OP1.7→3.2→3.9
☆13年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」
OP4.0→祝9.6億円→
これらとの対比で考えると、本作の興行収入は16.8~18.3億円となる。
ファンが殺到しているだけと思われるので、いつまで伸びるのかが注目となる。

スクリーンが少なく、ファンが多い作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「劇場版マクロスF 虚空歌姫」トータル6.5億円(30スクリーン)
OP0.9→2.3→3.2→3.8→04.2
☆10年「涼宮ハルヒの消失」トータル8.3億円(24スクリーン)
OP0.9→2.5→3.5→4.5→05.4→05.9→06.3→06.7
☆11年「映画「けいおん!」」トータル19.0億円(137スクリーン)
OP3.2→6.9→9.4→11.4→13.2→14.4→15.1
☆13年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」
OP4.0→祝9.6億円→
これらのような伸びはないとは思うが、思ったより根強く伸びそうだ。

伸び方としては以下が参考となるか。
☆12年「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」トータル52.6億円
OP11.3→28.6→36.9→41.4
☆13年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」
OP4.0→祝9.6億円→
これらとの対比で考えると、本作の興行収入は17.7億円となる。
「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」の興行収入はOP時に14億円台と予想したが、17億円台に上方修正したい。
公開前個人予想は9億円台だったので低すぎたか。
[新編]とはいえ、過去の映画化の3倍近くも稼ぐとは思えなかった。


3位:「映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス」(東映)<2週目>
【公開前個人予想】 8億円台
【現時点での興行収入予想】 9億円台
【公開規模】 199スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.5億円弱を週末2日に稼ぎ、祝日を含めたトータルでは5.2億円半ばとなっている。
祝日を含めた8日間の伸びは3.1億円程度だろうか。
やはり、相変わらず平日に稼げていないようだ。

過去のシリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
関連作品の興行収入は以下の通り。
☆09年「オールスターズDX」トータル10.1億円
3日2.4→5.1→7.6→8.6→9.0
☆09年「フレッシュプリキュア!」トータル8.0億円
OP1.7→3.8→5.1→5.9→6.9→7.2
☆10年「オールスターズDX2」トータル11.5億円
3日3.2→6.0→9.0→10.3→10.8→10.9
☆10年「ハートキャッチプリキュア!」トータル9.3億円
OP2.4→4.8→6.2→7.2→8.2→8.6→8.8
☆11年「オールスターズDX3」トータル10.2億円
OP1.4→4.1→6.8→8.2→8.8→9.1
☆11年「スイートプリキュア♪」トータル8.9億円
OP2.0→4.8→6.1→7.1→8.0→8.3→8.4
☆12年「オールスターズNew Stage」トータル10.3億円
OP2.0→5.0→7.5→9.0→9.5→9.7
☆12年「スマイルプリキュア」トータル9.0億円
OP1.9→4.2→5.6→6.7→7.8→8.3→8.5
☆13年「オールスターズ New Stage2」
OP2.0→4.9→7.2→8.9→9.6→9.8
☆13年「ドキドキ!プリキュア」
OP2.1→祝5.3億円→
主要作品との対比で考えると、本作の興行収入は9.8~11.4億円となる。
そろそろ興行収入が低くなるかと思ったが、勢いは変わっていないようだ。
例年通り稼ぎそうだ。
本作の興行収入は先週に引き続き9億円台と予想したい。
公開前個人予想は8億円台だったので、やはり1億円低かったか。


5位:「陽だまりの彼女」(東宝)<4週目>
【公開前個人予想】 21億円台
【現時点での興行収入予想】 18億円台(OP時21億円台)
【公開規模】 304スクリーン(先週比±0スクリーン)
9.7千万円半ばを週末2日に稼ぎ、祝日を含めたトータルでは14.0億円半ばとなっている。
祝日を含めた8日間の伸びは2.9億円半ば程度だろうか。
10億円を楽に突破し、15億円突破間近となっている。
公開前に『コミック系ではなく、小説の映画化という点は気になるが、このキャストの恋愛映画がヒットしないと考える方が難しいだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
松本潤、上野樹里主演作。
嵐のメンバーが出演した作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「隠し砦の三悪人」トータル9.3億円
OP01.8→04.4→06.2→07.5→08.2→08.6→08.9
☆08年「花より男子F」トータル77.5億円
OP10.1→26.2→37.9→祝48.5→54.5→60.3
☆09年「ヤッターマン」トータル31.4億円
OP04.6→10.6→16.4→21.6→26.9→28.2
☆10年「大奥」トータル23.2億円
金04.7→祝11.7→15.1→18.1→20.0→21.6
☆11年「GANTZ」トータル34.5億円
OP05.9→14.6→21.2→25.3→28.4→30.5
☆11年「GANTZ:PERFECT ANSWER」トータル28.0億円
OP05.5→13.7→20.9→23.5→25.2→26.3
☆11年「怪物くん」トータル31.3億円
OP05.8→12.0→16.1→18.9→21.5→25.4
☆11年「神様のカルテ」トータル18.9億円
OP03.0→8.4→11.8→14.4→16.5→17.5
☆13年「プラチナデータ」トータル26.4億円
OP04.0→11.2→16.8→20.7→22.8→24.2
☆13年「映画 謎解きはディナーのあとで」
OP04.0→11.0→20.6→25.1→28.7→30.1→祝31.1→31.9
☆13年「陽だまりの彼女」
祝4.1→7.6→11.1→祝14.1億円→
主要作品との対比で考えると、「陽だまりの彼女」の興行収入は18.0~19.2億円となる。
「神様のカルテ」「大奥」がライバルとなるかと思ったが、伸びが足りない。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「僕の初恋をキミに捧ぐ」トータル21.5億円
OP2.8→07.8→13.0→16.0→祝18.5→19.5→20.3
☆10年「ハナミズキ」トータル28.3億円
OP4.0→12.8→18.8→22.6→24.9→26.8→27.4
☆10年「君に届け」トータル15.3億円
OP2.3→06.2→09.0→11.5→12.9→13.8→14.5
☆11年「パラダイス・キス」トータル13.9億円
OP2.0→5.8→8.8→10.9→12.2→13.1→13.6
☆12年「僕等がいた 前篇」トータル25.2億円
OP3.0→9.8→15.4→19.1→21.3→23.0→23.7
☆12年「僕等がいた 後篇」トータル17.2億円
OP3.1→07.5→12.6→14.3→15.5→16.2→16.6
☆12年「今日、恋をはじめます」トータル17.7億円
OP2.3→5.9→祝9.6→12.7→15.0→16.1→16.9
☆13年「陽だまりの彼女」
祝4.1→7.6→11.1→祝14.1億円→
主要作品との対比で考えると、「陽だまりの彼女」の興行収入は17.7~19.7億円となる。
そこまで盛り上がらないような気がするので、このマックスまでは稼げないだろう。
「陽だまりの彼女」の興行収入はOP時に21億円台と予想したが、先週に引き続き18億円台と予想したい。
公開前個人予想は21億円台だったので、それほど悪くはなさそうだ。
この手の作品はサンプルが多いので、分かりやすいが、思ったよりも伸びが悪い点が気になるところだ。


6位:「そして父になる」(GAGA)<6週目>
【公開前個人予想】 24億円台
【現時点での興行収入予想】 32億円台
【公開規模】 306スクリーン(先週比-3スクリーン)
6.4千万円半ばを週末2日に稼ぎ、祝日を含めたトータルでは29.0億円となっている。
祝日を含めた8日間の伸びは2.4億円程度だろうか。
10月15日の火曜日から先行公開されていた。
重そうな作品だが、評価が高く、主演福山雅治の人気も高いので、当然のように稼いでいる。
先行がある分、今年公開された「真夏の方程式」と同程度となっている。
☆13年「真夏の方程式」
OP4.6→12.3→祝20.1→23.7→26.9→29.3→31.0
☆13年「そして父になる」
先5.6→13.5→祝20.5→23.8→26.6→祝29.0億円→
これを超えるかが注目となる。

04年「誰も知らない」の是枝裕和監督作品。
公開前に『この手の派手さがなく重めのヒューマンドラマはヒットしないはずだが、「おくりびと」のように良作かつ話題になればサプライズヒットになるという予想しにくいジャンル。カンヌで評価されており、主演は福山雅治であるので、ヒットするのは確実だろう。とはいっても、爆発的な大ヒットになるとは思えない』と書いたとおりとなるか。
以下が参考となるか。
☆08年「おくりびと」初年度30.5億円
祝3.5→8.3→13.3→17.1→祝20.6→22.6
☆12年「あなたへ」トータル23.9億円
OP2.4→8.7→13.7→祝17.9→19.6→20.9
☆10年「悪人」トータル19.8億円
OP2.5→祝9.0→12.5→15.2→16.8→17.9→18.5
☆11年「八日目の蝉」トータル12.4億円
金3日2.2→6.1→8.1→9.6→10.7→11.4
☆13年「そして父になる」
先5.6→13.5→祝20.5→23.8→26.6→祝29.0億円→
主要作品との対比で考えると、「そして父になる」の興行収入は31.5~33.2億円となる。
先行がある分読みにくいが、この辺りだろうか。

「そして父になる」祝29.0億円と同程度の6週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「ALWAYS 三丁目の夕日'64」30.4億円(トータル34.4億円)
☆「るろうに剣心」27.8億円(トータル30.1億円)
これらとの対比で考えると、「そして父になる」の興行収入は31.4~32.8億円となる。
平日にも伸びてきそうなので、高めに予想したいが、どこまで伸びるだろうか。
「そして父になる」の興行収入は先週に引き続き32億円台と予想したい。
公開前個人予想は24億円台だったので、やや低かったかもしれない。
この手の非エンターテイメント作品の予想は難しい。


7位:「謝罪の王様」(東宝)<6週目>
【公開前個人予想】 8億円台
【現時点での興行収入予想】22億円台(3~5週目20億円台、2週目17億円台、OP時13億円台)
【公開規模】 312スクリーン(先週比±0スクリーン)
6.3千万円弱を週末2日に稼ぎ、祝日を含めたトータルでは20.1億円となっている。
祝日を含めた8日間の伸びは1.9億円程度だろうか。
ついに20億円を突破した。
公開前に『今回は謝罪というテーマであり、宮藤官九郎の奇抜な方向性に進み、一般層向けとは言えない気がする』と思い、確実にハズすと思ったが、やはりこのトリオは強いのか。
それとも「あまちゃん」効果なのか。

監督・水田伸生、脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲという「舞妓Haaaan!!!」「なくもんか」を手掛けたトリオによる作品となる。
☆07年「舞妓Haaaan!!!」トータル20.8億円
OP2.3→7.4→11.5→14.5→祝17.1→18.5
☆09年「なくもんか」トータル13.5億円
OP2.1→祝6.6→9.0→11.0→12.2
☆13年「謝罪の王様」
OP2.7→8.2→祝13.4→16.1→18.2→祝20.1億円→
信じられないことに、これらを超える動きとなっている。
「舞妓Haaaan!!!」との対比で考えると、「謝罪の王様」の興行収入は22.6億円となる。
『さすがに伸びはない』と思っていたが、高く伸びて驚きだ。

宮藤官九郎監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「少年メリケンサック」トータル10.2億円
OP2.0→5.0→7.3→8.6
☆13年「中学生円山」
OP0.7→1.7→2.4
阿部サダヲ主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「夢売るふたり」トータル4.7億円
OP0.8→2.2→3.2
☆13年「奇跡のリンゴ」
OP1.3→4.1→6.2→7.7→8.6→祝9.2→9.5
☆13年「謝罪の王様」
OP2.7→8.2→祝13.4→16.1→18.2→祝20.1億円→
これら以上に楽に稼いだ。

「謝罪の王様」祝20.1億円と同程度の6週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「あなたへ」20.9億円(トータル23.9億円)
☆「悪の教典」21.2億円(トータル23.4億円)
☆「ヘルタースケルター」19.0億円(トータル21.5億円)
☆「ライアーゲーム」20.2億円(トータル21.0億円)
「ライアーゲーム」以外の作品との対比で考えると、「謝罪の王様」の興行収入は22.2~23.0億円となる。
もはや伸びないと思ったが、考えが甘かった。
「謝罪の王様」の興行収入はOP時に13億円台、2週目に17億円台、5週目まで20億円台と予想したが、22億円台に上方修正したい。
勢いは最初だけと見切ったつもりだったが、完全に読みが外れた。
公開前個人予想は8億円台だったので、かなり低すぎた。
コメディは当たりやすいとは思うが、まさかこれがここまで稼ぐとは思わなかった。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。