ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(11月1週目その2)

1位:「劇場版 SPEC~結~ 漸ノ篇」(東宝・TBS)<1週目>
【公開前個人予想】 15億円台
【現時点での興行収入予想】 20億円台
【公開規模】 290スクリーン
金曜日から祝日の月曜日の4日間で8.8億円のオープニングを飾った。
土日2日間では4.6億円弱、金曜日からの3日間では6.4億円程度だったようだ。
公開前に『オープニングはさすがに高いだろう。映画の日の1日~祝日の4日までは読みにくいが、5.9億円程度か』と書いたので、完全にハズした。
謎が多く気になる作品だけにオープニングに殺到したようだ。
伸びるのかどうかがポイントとなるが、伸びないだろう。

ドラマの映画化の続編作品。
前作の興行収入は以下のとおり。
☆12年「劇場版 SPEC~天~」トータル23.9億円
OP4.7→10.8→14.6→17.1→20.5→22.3→22.9→23.2
☆13年「劇場版 SPEC~結~ 漸ノ篇」
金4日8.8(OP4.6)億円→
これとの対比で考えて祝日分等を足すと、本作の興行収入は27.6億円となるが、後篇の公開も迫っており、そこまでは伸びまい。
公開前に『前作の映画のデキも大して良くなく、10月に放送されたスペシャルドラマも最悪な内容であり、視聴率も8.5%と冴えなかった。前作を超えることはなさそうだ。本作のデキは分からないが、期待はできないだろう』と書いたとおりとなるだろうか。

監督も同じであり、動き的にはこのような感じになるのではないか。
☆08年「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」トータル39.5億円
OP6.3→15.6→祝24.0→28.1→32.5→34.8→祝36.6→37.4
☆09年「20世紀少年-第2章-最後の希望」トータル30.1億円
OP6.2→13.4→19.5→23.0→25.8→27.3
☆09年「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」トータル44.1億円
OP8.7→21.3→27.9→32.4→38.7→40.7→祝42.2→42.7
☆13年「劇場版 SPEC~結~ 漸ノ篇」
金4日8.8(OP4.6)億円→
「20世紀少年」のオープニングは1作目と2作目は変わらない。
しかし、1→2への下落率が23.8%なので、「劇場版 SPEC~結~ 漸ノ篇」もそうなるのではないか。
とりあえずは2割ほどの減少と考えて、「劇場版 SPEC~結~ 漸ノ篇」の興行収入は20億円台と予想したい。
公開前個人予想は15億円台だったので、ハズしそうだ。
作品のデキから考えて、前作からのギブアップ率がここまで低いとは思わなかった。
新規の参加者もそれほど多くはないだろう。


4位:「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」(20世紀フォックス)<1週目>
【公開前個人予想】 6億円台
【現時点での興行収入予想】 6億円台
【公開規模】 629スクリーン(※3D映画なので劇場館数はもっと少ない)
金曜日から祝日の月曜日の4日間で2.2億円のオープニングを飾った。
土日2日間では1.2億円弱、金曜日からの3日間では1.6億円弱程度だったようだ。
公開前に『オープニング4日間は1.9億円程度か』と書いたので、悪くはない予想だったようだ。
神話をベースにしたファンタジーアドベンチャーの続編作品。
評判も高くはなく、続編を作った意味がよく分からない。
アメリカでも前作は89百万ドルの成績だったが、本作は67百万ドルに終わった。
公開前に『前作はそれなりにヒットしたが、本作は無理だろう』と書いたとおりとなりそうだ。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」トータル14.2億円
金3.7→7.9→10.4→11.8→13.0→13.8
☆13年公開「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」
金4日2.2(金1.6)億円→
前作との対比で考えて祝日分を足すと、本作の興行収入は6.7億円となる。
この程度ではないか。

以下と同じ運命だろう。
☆10年公開「タイタンの戦い」トータル15.8億円
金2.8(OP2.2)→7.6→12.4→13.9→14.9→15.4
☆12年公開「タイタンの逆襲」トータル7.2億円
OP1.3→3.3→6.1
前作から54%減となっており、本作もその程度の減少となるのではないか。

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」金1.6億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2012>
☆「マーガレット・サッチャー」金1.6億円(トータル9.5億円)
☆「戦火の馬」金1.5億円(トータル7.3億円)
「戦火の馬」との対比で考えて祝日分を足すと、本作の興行収入は8.4億円となる。
ここまでは伸びないだろう。
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」の興行収入は公開前の予想通り6億円台と予想したい。
原作はまだまだあるようだが、さらなる続編を作ることはないだろう。


8位:「グランド・イリュージョン」(角川)<2週目>
【公開前個人予想】 4~5億円
【現時点での興行収入予想】 5億円台
【公開規模】 182スクリーン(先週比±0スクリーン)
6.1千万円半ばを週末2日に稼ぎ、祝日を含めたトータルでは3.2億円弱となっている。
祝日を含めた8日間の伸びは1.9億円程度だろうか。
「トランスポーター」「タイタンの戦い」のルイ・レテリエ監督、「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ主演作。
製作費75百万ドルの中規模作品だが、全米で118百万ドルを稼ぎ、大ヒットとなったものの、日本では当たりにくいと感じていた。
アメリカでの評価が高かったため、日本でも少しは稼ぎそうだ。

「グランド・イリュージョン」祝3.2億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「リンカーン/秘密の書」3.1億円(トータル4.7億円)
☆「Black &White」3.0億円(トータル6.3億円)
☆「ものすごくうるさくて~」3.0億円(トータル5.9億円)
☆「ハンガーゲーム」2.9億円(トータル4.7億円)
「Black &White」以外の作品との対比で考えると、「グランド・イリュージョン」の興行収入は4.9~6.3億円となる。
評価も高そうであり、伸びはあるだろう。
「グランド・イリュージョン」の興行収入は先週に引き続き5億円台と予想したい。
公開前個人予想は4~5億円だったので、悪くなかったようだ。
面白そうな作品であり大コケはなさそうだが、主演等の知名度から大ヒットもしないだろう。


9位:「潔く柔く きよくやわく」(東宝・日本テレビ)<2週目>
【公開前個人予想】 9億円台
【現時点での興行収入予想】 4億円台
【公開規模】 266スクリーン(先週比±0スクリーン)
6.0千万円弱を週末2日に稼ぎ、祝日を含めたトータルでは2.8億円となっている。
祝日を含めた8日間の伸びは2.0億円弱程度だろうか。
少女コミック原作の映画化。
長澤まさみ、岡田将生主演作品。
日本テレビ放送網開局60周年記念作品。
この条件ではそうそう低くも予想できない。
作品のデキの問題もあるかもしれないが、長澤まさみ、岡田将生の2人では仕方がない結果でもあるのか。
「陽だまりの彼女」等の存在もマイナスだろう。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「僕の初恋をキミに捧ぐ」トータル21.5億円
OP2.8→07.8→13.0→16.0→祝18.5→19.5→20.3
☆10年「ハナミズキ」トータル28.3億円
OP4.0→12.8→18.8→22.6→24.9→26.8→27.4
☆10年「君に届け」トータル15.3億円
OP2.3→06.2→09.0→11.5→12.9→13.8→14.5
☆11年「パラダイス・キス」トータル13.9億円
OP2.0→5.8→8.8→10.9→12.2→13.1→13.6
☆12年「僕等がいた 前篇」トータル25.2億円
OP3.0→9.8→15.4→19.1→21.3→23.0→23.7
☆12年「僕等がいた 後篇」トータル17.2億円
OP3.1→07.5→12.6→14.3→15.5→16.2→16.6
☆12年「今日、恋をはじめます」トータル17.7億円
OP2.3→5.9→祝9.6→12.7→15.0→16.1→16.9
☆13年「潔く柔く きよくやわく」
OP0.9→祝2.8億円→
主要作品との対比で考えると、「潔く柔く きよくやわく」の興行収入は6.2~7.7億円となる。
ここまで伸びないだろう。

以下の結果を踏まえると、納得はできる。
☆07年「そのときは彼によろしく」トータル4.6億円(※長澤主演)
OP0.9→2.3→3.3→3.8→4.2→4.4
☆10年「雷桜」トータル4億円台(※岡田主演)
金0.9→2.3→3.3→3.8
☆11年「アントキノイノチ」トータル5.1億円(※岡田主演)
OP0.9→2.8→4.1→4.7→4.9
☆13年「潔く柔く きよくやわく」
OP0.9→祝2.8億円→
これらとの対比で考えると、「潔く柔く きよくやわく」の興行収入は4.9~5.6億円となる。
レディースデイに稼ぐかもしれないが、それほど伸びないだろう。
「潔く柔く きよくやわく」の興行収入は先週に引き続き4億円台と予想したい。
公開前個人予想は9億円台だったので、高すぎたか。
大ヒットするのは難しいとは思ったが、ここまでハズすコミック原作の恋愛作品も珍しい。
しかも、そのコミックも賞を得ていたりと、有名ではないのか。


10位:「42~世界を変えた男~」(ワーナー)<1週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 159スクリーン
金曜日から祝日の月曜日の4日間で1.1億円のオープニングを飾った。
土日2日間では5.4千万円、金曜日からの3日間では7.6千万円程度だったようだ。
公開前に『オープニング4日間は1.1億円程度か』と書いたので、当たった。
メジャーリーグを知っている者ならば、知らない者はいないほど著名なジャッキー・ロビンソン選手を描いたヒューマンスポーツドラマ。
背番号「42」はメジャーリーグチーム全ての永久欠番となっている。
しかし、日本での認知度は高くはなく大ヒットにはならない。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年公開「マネーボール」トータル8.9億円
金1.8→4.4→6.5→7.8→8.4→8.6
☆10年公開「インビクタス/負けざる者たち」トータル8.6億円
金1.6→4.3→05.8→06.9→07.7
☆12年公開「人生の特等席」トータル3.8億円
祝金1.1→2.4→3.1→3.5
☆13年公開「42~世界を変えた男~」
金4日1.1(金0.7)億円→
これらとの対比で考えて、祝日分を足すと、「42~世界を変えた男~」の興行収入は3.9~4.2億円となる。
評価は高い感動作品だが、日本でヒットするとは思えない。
劇場館も多くはなく、「人生の特等席」を下回るレベルだろう。
「42~世界を変えた男~」の興行収入は公開前の予想通り3億円台と予想したい。
スクリーン数も多くはなく、評価は高いがテーマ的に妥当な結果だろう。


11位:「2ガンズ」(ソニー)<1週目>
【公開前個人予想】 2億円台
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 199スクリーン
金曜日から3日間で6.2千万円弱のオープニングを飾った。
土日2日間では4.4千万円程度だったようだ。
公開前に『オープニング4日間は0.8億円程度か』と書いたので、祝日を含んだ結果は不明だが、悪くはない予想だったようだ。
デンゼル・ワシントン、マーク・ウォールバーグ主演のアクション作品。
アメリカでは76百万ドルとほどほどに稼いだが、公開前に『日本では絶対にヒットしないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

デンゼル・ワシントン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆04年公開「マイ・ボディガード」トータル10.1億円(※年末公開)
☆06年公開「デジャヴ」トータル8.9億円
OP1.6→4.6→6.5→7.6→8.4
☆06年公開「インサイド・マン」トータル不明(5~6億円程度か)
OP0.9→2.7
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
金2.4→5.4→7.7→8.9→不明→10.1
☆09年公開「サブウェイ123激突」トータル7.7億円
金1.6→4.3→5.6→6.8→7.1
☆10年公開「ザ・ウォーカー」トータル不明(4~5億円程度か)
OP0.9→2.6→3.6→4.0→4.2
☆11年公開「アンストッパブル」トータル10.8億円
金2.8→6.6→8.7→9.8→10.4→10.5
☆12年公開「デンジャラス・ラン」トータル3.7億円
金1.2→2.6→3.3
☆13年公開「フライト」
金2.3→5.1→7.0→8.1→8.6
☆13年公開「2ガンズ」
金0.6億円→
「デンジャラス・ラン」をも大きく下回ってしまった。
微妙なところだが、デンゼル・ワシントンブランドを信じて、「2ガンズ」の興行収入は公開前の予想通り2億円台と予想したい。
この手の軽いノリの中規模ハリウッドアクション作品は日本では厳しい。
悪くはない作品だが、思い切ってDVDスルーでもよいかもしれない。


12位:「スティーブ・ジョブズ」(GAGA)<1週目>
【公開前個人予想】 2億円台
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 100スクリーン
金曜日から3日間で5.3千万円半ばのオープニングを飾った。
土日2日間では3.7千万円半ば程度だったようだ。
公開前に『オープニング4日間は0.7億円程度か』と書いたので、祝日を含んだ結果は不明だが、悪くはない予想だったようだ。
スクリーンは少ないながらも、東京有楽町日劇1という946席もある映画館で公開された作品が、失敗したようだ。

実在の人物を描いたヒューマンドラマ。
アメリカでは16百万ドルと大コケした。
「ソーシャル・ネットワーク」は大ヒットしたが、本作は劇場館も少なく微妙だろう。
☆11年公開「ソーシャル・ネットワーク」トータル14.2億円
OP1.6→05.1→07.9→09.9→11.4→12.4→13.0
GAGAが最近配給した「ダイアナ」もヒットしておらず、苦戦しそうだ。
「スティーブ・ジョブズ」の興行収入は公開前の予想通り2億円台と予想したい。
タイミング的にはそれほど悪くはないとは思うが、日米揃ってコケてしまった。
一般的には名前は聞くが、馴染みもないのかもしれない。


13位:「怪盗グルーのミニオン危機一発」(東宝東和)<7週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】24億円台(5~6週目23億円台、2~4週目24億円台、OP時30億円台)
【公開規模】 304スクリーン(先週比-65スクリーン)
(※3D映画なので劇場館数はもっと少ない)
3.1千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは23.6億円半ばとなっている。
1週間の伸びは8.4千万円半ば程度だろうか。
9月14日~16日の3日間先行公開されていた。
なかなかのスタートダッシュだったが、やはり平日は伸びないか。

アメリカでは3.6億ドルを稼くほどの大ヒット作品。
アメリカで今年公開された作品では「アイアンマン3」に次ぐ成績となる。
アメリカ史上、アニメ作品では第5位となる数字だ。
「モンスターズ・ユニバーシティ」が2.6億ドルなので、1億ドル近くの差をつけている。
日本では爆発的なヒットにはなりそうもないが、ファミリー向け作品であり、意外なヒットになる可能性はある。

10億円以上30億円以下の近年のハリウッドアニメ(ファミリー系)の興行収入は以下のとおり。
☆09年公開「ボルト」トータル16.5億円
OP2.5→7.0→11.7→14.2→15.8
☆09年公開「マダガスカル2」トータル10.2億円
OP1.6→04.1→06.5→09.3→9.9
☆10年公開「怪盗グルーの月泥棒 3D」トータル12.0億円
金2.5→6.3→8.2→9.5→11.3→11.7→12.0
☆10年公開「シュレック フォーエバー」トータル10.0億円
OP1.2→3.1→05.8→08.3→09.3→09.6
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」トータル25.6億円
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2→22.4
☆11年公開「カンフー・パンダ2」トータル10.8億円
金2.7→6.6→9.0→9.8→10.2
☆12年公開「マダガスカル3」トータル20.5億円
水3.8→8.5→14.4→17.5→19.7→20.1
☆12年公開「長くつをはいたネコ」トータル11.7億円
OP1.7→4.9→8.6→10.8→11.3
☆13年公開「シュガー・ラッシュ」トータル30億円
OP3.4→12.9→21.8→24.6→26.5→28.9
☆13年公開「怪盗グルーのミニオン危機一発」
先8.8→12.6→16.6→祝20.3→21.9→22.8→23.7億円→
アメリカ同様に日本でもそれなりに爆発するかと思ったが、やはりファミリー向き作品か。
平日の伸びが足りず、爆発的なヒットにはなりそうもないとも思ったが、意外と伸びが高かった。
「怪盗グルーのミニオン危機一発」の興行収入はOP時に30億円台、4週目まで24億円台、6週目まで23億円台と予想したが、24億円台に予想を戻したい。
「モンスターズ・ユニバーシティ」「シュガー・ラッシュ」も大ヒットしており、ハリウッドアニメも好調だ。


14位:「人類資金」(松竹)<3週目>
【公開前個人予想】 7億円台
【現時点での興行収入予想】 5億円台(OP時7億円台)
【公開規模】 260スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.8千万円を週末に稼ぎ、トータルでは3.5億円となっている。
1週間の伸びは8.8千万円弱程度だろうか。
公開前に『スケール感は大きそうだが、骨太で堅すぎるため、ヒットしにくいジャンルでもある』と書いたように、ヒットしないのは分かっているが、原作者・監督・キャストから考えて、ここまで低い動きとは予想外だ。
阪本順治監督・共同脚本、福井晴敏原作・共同脚本作品。
佐藤浩市主演作品。
香取慎吾、森山未來、観月ありさ、豊川悦司、オダギリジョーが出演している。

福井晴敏原作作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年「ローレライ」トータル24.0億円
OP3.1→8.9→14.1→16.8→19.6→21.3
☆05年「亡国のイージス」トータル20.6億円
OP2.9→7.4→11.5→15.7→17.7→18.8
☆05年「戦国自衛隊1549」トータル17.1億円
OP3.5→8.6→不明→14.1→15.6→16.4
☆13年「人類資金」
OP1.1→2.6→3.5億円→
「亡国のイージス」は阪本順治監作品。
これらとの対比で考えると、「人類資金」の興行収入は6.0~6.3億円となる。
『05年に立て続けにヒットを飛ばした作家だが、今回はこのようなヒットにはならないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

内容的に以下の作品レベルではないか。
☆09年「ハゲタカ」トータル8.3億円
OP1.5→4.1→5.6→6.6→7.3
☆12年「黄金を抱いて飛べ」トータル5.1億円
OP1.0→2.6→3.6→04.4
☆13年「人類資金」
OP1.1→2.6→3.5億円→
「黄金を抱いて飛べ」と同程度の動きとなっている。
これらとの対比で考えると、「人類資金」の興行収入は5.0~5.2億円となる。
この程度となりそうだ。

「人類資金」3.5億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「鍵泥棒のメソッド」3.5億円(トータル6.0億円)
☆「黄金を抱いて飛べ」3.6億円(トータル5.1億円)
☆「HOME 愛しの座敷わらし」3.7億円(トータル4.9億円)
これらとの対比で考えると、「人類資金」の興行収入は4.6~6.0億円となる。
『年配層も動きそうなので、多少の伸びはあるだろう』と思ったが、全く伸びなかった。
「人類資金」の興行収入はOP時に7億円台と予想したが、先週に引き続き5億円台と予想したい。
公開前個人予想は7億円台だったので、微妙な結果となりそうだ。
骨太のサスペンスは厳しいのは分かっていたが、ここまで低いとは思わなかった。


15位:「ばしゃ馬さんとビッグマウス」(東映)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 96スクリーン
土日2日間で2.8千万円のオープニングを飾った。
麻生久美子、安田章大主演。
吉田恵輔監督作品。
ヒットとは言い難いが、このスクリーン数ならば普通の結果といえる。
大して伸びはなさそうなので、「ばしゃ馬さんとビッグマウス」の興行収入は1億円台と予想したい。
ヒットが期待される作品ではないので、仕方のない結果だろう。


16位:「ワン・ダイレクション THIS IS US」(ソニー)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円未満
【公開規模】 242スクリーン(※3D映画なので劇場館数はもっと少ない)
金曜日から3日間で2.7千万円弱のオープニングを飾った。
土日2日間では1.7千万円半ば程度だったようだ。
それなりのスクリーン数を確保していることは確認したが、ランクインは無理だろうと判断して予想しなかった。

イギリスの人気グループではあるが、日本ではまだまだだろう。
オープニングはファンが殺到するものだから、今後大きな伸びはないだろう。
「ワン・ダイレクション THIS IS US」の興行収入は1億円未満と予想したい。
なぜ100スクリーン以上で公開したのだろうか。
50スクリーン程度で公開していれば、彼らの名誉が守れたものを無謀な公開で傷つけてしまった。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。