ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(11月2週目その2)

2位:「劇場版 SPEC~結~ 漸ノ篇」(東宝・TBS)<2週目>
【公開前個人予想】 15億円台
【現時点での興行収入予想】 20億円台
【公開規模】 290スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.6億円を週末に稼ぎ、トータルでは14.2億円弱となっている。
祝日を除いた6日間の伸びは5.4億円弱程度だろうか。
爆発的なオープニングを飾ったが、やはり少し落ち着いたか。
謎が多く気になる作品だけにオープニングに殺到したようだ。
伸びるのかどうかがポイントとなるが、今後は伸びないだろう。

ドラマの映画化の続編作品。
前作の興行収入は以下のとおり。
☆12年「劇場版 SPEC~天~」トータル23.9億円
OP4.7→10.8→14.6→17.1→20.5→22.3→22.9→23.2
☆13年「劇場版 SPEC~結~ 漸ノ篇」
金4日8.8→14.2億円→
前作との3週目との対比で考えると、本作の興行収入は23.2億円となる。
後篇の公開も迫っており、大きくは伸びまい。
公開前に『前作の映画のデキも大して良くなく、10月に放送されたスペシャルドラマも最悪な内容であり、視聴率も8.5%と冴えなかった。前作を超えることはなさそうだ。本作のデキは分からないが、期待はできないだろう』と書いたとおりとなるだろうか。

監督も同じであり、動き的にはこのような感じになるのではないか。
☆08年「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」トータル39.5億円
OP6.3→15.6→祝24.0→28.1→32.5→34.8→祝36.6→37.4
☆09年「20世紀少年-第2章-最後の希望」トータル30.1億円
OP6.2→13.4→19.5→23.0→25.8→27.3
☆09年「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」トータル44.1億円
OP8.7→21.3→27.9→32.4→38.7→40.7→祝42.2→42.7
☆13年「劇場版 SPEC~結~ 漸ノ篇」
金4日8.8→14.2億円→
「20世紀少年」のオープニングは1作目と2作目は変わらない。
しかし、1→2への下落率が23.8%なので、「劇場版 SPEC~結~ 漸ノ篇」もそうなるのではないか。
とりあえずは2割ほどの減少と考えて、「劇場版 SPEC~結~ 漸ノ篇」の興行収入は先週に引き続き20億円台と予想したい。
公開前個人予想は15億円台だったので、ハズしそうだ。
作品のデキから考えて、前作からのギブアップ率がここまで低いとは思わなかった。
新規の参加者もそれほど多くはないだろう。


3位:「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」(ワーナー)<3週目>
【公開前個人予想】 9億円台
【現時点での興行収入予想】 17億円台(OP時14億円台)
【公開規模】 129スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.1億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは12.3億円半ばとなっている。
祝日を除いた6日間の伸びは2.8億円程度だろうか。
10億円を楽に突破した。
公開前に『ワーナーが配給を手掛けることとなり、スクリーン数が倍以上となる。興行収入はもかなり増えそうだが、どこまで増えるか。基本的の総数は増えないと思うのだが、どうなるだろうか』と書いたが、スクリーンが3倍に増えたとおりにオープニングが3倍近くに増える爆発的なオープニングを飾っていた。

過去のシリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ前編」トータル5.9億円(43スクリーン)
OP1.4→3.1→4.0
☆12年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ後編」トータル5.6億円(43スクリーン)
OP1.7→3.2→3.9
☆13年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」
OP4.0→祝9.6→12.4億円→
これらとの対比で考えると、本作の興行収入は17.8~18.3億円となる。
ファンが殺到しているだけと思われるので、いつまで伸びるのかが注目となる。

スクリーンが少なく、ファンが多い作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「劇場版マクロスF 虚空歌姫」トータル6.5億円(30スクリーン)
OP0.9→2.3→3.2→3.8→04.2
☆10年「涼宮ハルヒの消失」トータル8.3億円(24スクリーン)
OP0.9→2.5→3.5→4.5→05.4→05.9→06.3→06.7
☆11年「映画「けいおん!」」トータル19.0億円(137スクリーン)
OP3.2→6.9→9.4→11.4→13.2→14.4→15.1
☆13年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」
OP4.0→祝9.6→12.4億円→
これらのような伸びはないとは思うが、思ったより根強く伸びそうだ。

伸び方としては以下が参考となるか。
☆12年「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」トータル52.6億円
OP11.3→28.6→36.9→41.4
☆13年「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」
OP4.0→祝9.6→12.4億円→
これらとの対比で考えると、本作の興行収入は17.7億円となる。
「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」の興行収入はOP時に14億円台と予想したが、先週に引き続き17億円台と予想したい。
公開前個人予想は9億円台だったので低すぎたか。
[新編]とはいえ、過去の映画化の3倍近くも稼ぐとは思えなかった。


4位:「映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス」(東映)<3週目>
【公開前個人予想】 8億円台
【現時点での興行収入予想】 9億円台
【公開規模】 199スクリーン(先週比±0スクリーン)
9.8千万円を週末に稼ぎ、トータルでは6.6億円となっている。
祝日を含めた6日間の伸びは1.3億円半ば程度だろうか。
やはり、相変わらず平日に稼げていないようだ。

過去のシリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
関連作品の興行収入は以下の通り。
☆09年「オールスターズDX」トータル10.1億円
3日2.4→5.1→7.6→8.6→9.0
☆09年「フレッシュプリキュア!」トータル8.0億円
OP1.7→3.8→5.1→5.9→6.9→7.2
☆10年「オールスターズDX2」トータル11.5億円
3日3.2→6.0→9.0→10.3→10.8→10.9
☆10年「ハートキャッチプリキュア!」トータル9.3億円
OP2.4→4.8→6.2→7.2→8.2→8.6→8.8
☆11年「オールスターズDX3」トータル10.2億円
OP1.4→4.1→6.8→8.2→8.8→9.1
☆11年「スイートプリキュア♪」トータル8.9億円
OP2.0→4.8→6.1→7.1→8.0→8.3→8.4
☆12年「オールスターズNew Stage」トータル10.3億円
OP2.0→5.0→7.5→9.0→9.5→9.7
☆12年「スマイルプリキュア」トータル9.0億円
OP1.9→4.2→5.6→6.7→7.8→8.3→8.5
☆13年「オールスターズ New Stage2」
OP2.0→4.9→7.2→8.9→9.6→9.8
☆13年「ドキドキ!プリキュア」
OP2.1→祝5.3→6.6億円→
主要作品との対比で考えると、本作の興行収入は9.1~10.6億円となる。
そろそろ興行収入が低くなるかと思ったが、勢いは変わっていないようだ。
例年通り稼ぎそうだ。
本作の興行収入は先週に引き続き9億円台と予想したい。
公開前個人予想は8億円台だったので、やはり1億円低かったか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。