ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(11月3週目その4)

7位:「陽だまりの彼女」(東宝)<6週目>
【公開前個人予想】 21億円台
【現時点での興行収入予想】 17億円台(2~5週目18億円台、OP時21億円台)
【公開規模】 304スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.1千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは16.3億円弱となっている。
1週間の伸びは9.6千万円程度だろうか。
既に15億円を突破している。
公開前に『コミック系ではなく、小説の映画化という点は気になるが、このキャストの恋愛映画がヒットしないと考える方が難しいだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
松本潤、上野樹里主演作。
嵐のメンバーが出演した作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「隠し砦の三悪人」トータル9.3億円
OP01.8→04.4→06.2→07.5→08.2→08.6→08.9
☆08年「花より男子F」トータル77.5億円
OP10.1→26.2→37.9→祝48.5→54.5→60.3
☆09年「ヤッターマン」トータル31.4億円
OP04.6→10.6→16.4→21.6→26.9→28.2
☆10年「大奥」トータル23.2億円
金04.7→祝11.7→15.1→18.1→20.0→21.6
☆11年「GANTZ」トータル34.5億円
OP05.9→14.6→21.2→25.3→28.4→30.5
☆11年「GANTZ:PERFECT ANSWER」トータル28.0億円
OP05.5→13.7→20.9→23.5→25.2→26.3
☆11年「怪物くん」トータル31.3億円
OP05.8→12.0→16.1→18.9→21.5→25.4
☆11年「神様のカルテ」トータル18.9億円
OP03.0→8.4→11.8→14.4→16.5→17.5
☆13年「プラチナデータ」トータル26.4億円
OP04.0→11.2→16.8→20.7→22.8→24.2
☆13年「映画 謎解きはディナーのあとで」
OP04.0→11.0→20.6→25.1→28.7→30.1→祝31.1→31.9
☆13年「陽だまりの彼女」
祝4.1→7.6→11.1→祝14.1→15.3→16.3億円→
主要作品との対比で考えると、「陽だまりの彼女」の興行収入は17.5~17.8億円となる。
「神様のカルテ」「大奥」がライバルとなるかと思ったが、伸びが足りない。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「僕の初恋をキミに捧ぐ」トータル21.5億円
OP2.8→07.8→13.0→16.0→祝18.5→19.5→20.3
☆10年「ハナミズキ」トータル28.3億円
OP4.0→12.8→18.8→22.6→24.9→26.8→27.4
☆10年「君に届け」トータル15.3億円
OP2.3→06.2→09.0→11.5→12.9→13.8→14.5
☆11年「パラダイス・キス」トータル13.9億円
OP2.0→5.8→8.8→10.9→12.2→13.1→13.6
☆12年「僕等がいた 前篇」トータル25.2億円
OP3.0→9.8→15.4→19.1→21.3→23.0→23.7
☆12年「僕等がいた 後篇」トータル17.2億円
OP3.1→07.5→12.6→14.3→15.5→16.2→16.6
☆12年「今日、恋をはじめます」トータル17.7億円
OP2.3→5.9→祝9.6→12.7→15.0→16.1→16.9
☆13年「陽だまりの彼女」
祝4.1→7.6→11.1→祝14.1→15.3→16.3億円→
主要作品との対比で考えると、「陽だまりの彼女」の興行収入は17.2~18.1億円となる。
そこまで盛り上がらないような気がするので、このマックスまでは稼げないだろう。
「陽だまりの彼女」の興行収入はOP時に21億円台、5週目まで18億円台と予想したが、17億円台に下方修正したい。
公開前個人予想は21億円台だったので、やや高すぎたか。
嵐の主演なので低くは予想しにくい。
この手の作品はサンプルが多いので、予想しやすかったが、思ったよりも伸びが悪かったことが予想外だった。


9位:「劇場版 BAD BOYS J 最後に守るもの」(ショウゲート)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 90スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.0千万円を週末に稼ぎ、トータルでは1.4億円弱となっている。
1週間の伸びは5.7千万円半ば程度だろうか。
スクリーン数が少ないだけではなくて、公開前に予想する気にならなかったが、さすがにジャニーズ系とAKB系の人気グループ同士であり、余裕でランクインしてきた。

以下が参考となるか。
☆12年「劇場版 私立バカレア高校」(73スクリーン)
OP0.6→1.4
☆13年「劇場版 BAD BOYS J 最後に守るもの」
OP0.8→1.4億円→
「劇場版 私立バカレア高校」の興行収入のトータルは不明だが、同程度だろうか。
今後も伸びるとは思えず、「劇場版 BAD BOYS J 最後に守るもの」は先週に引き続き3億円台と予想したい。
伸びるかどうかが注目となりそうだ。


10位:「キャリー」(ソニー)<2週目>
【公開前個人予想】 2億円台
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 272スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.0千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは1.5億円弱となっている。
1週間の伸びは7.8千万円半ば程度だろうか。
スティーヴン・キング原作のリメイクホラー作品。
公開前に『アメリカでもヒットせず、日本で好まれるタイプの作品でもない』と書いたとおりとなりそうだ。

若手女優が活躍する作品が参考となるか。
☆12年「ハンガーゲーム」トータル4.7億円
金1.2→2.9→4.0
☆11年「エンジェル・ウォーズ」トータル2.9億円
金0.8→1.7→2.3
☆13年「キャリー」
金0.7→1.5億円→
これらとの対比で考えると、「キャリー」の興行収入は2.4~2.6億円となる。
この程度だろう。
「キャリー」の興行収入は先週に引き続き2億円台と予想したい。
公開前個人予想は2億円台だったので当たりそうだ。
本作は70年代のリメイク作品である。
本作を鑑賞していないが、新しさを感じさせない。
そういったアプローチを間違えているのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。