ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入(11月第4週目)

1位となったのは新作の「ハンガー・ゲーム2」。
事前には週末3日間で167百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る161百万ドルのオープニングを飾った。
製作費1億3千万ドルを楽に回収した。
予想は下回ったが誤差の範囲であり、大爆発だろう。
公開前に『アメリカではなぜか人気のある「ハンガー・ゲーム2」は爆発するだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
ジェニファー・ローレンス主演の続編アクションアドベンチャー作品。
監督は、07年「アイ・アム・レジェンド」(トータル256百万ドル)のフランシス・ローレンス。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆12年「ハンガー・ゲーム」トータル408百万ドル
OP153→248→302→337→357→372→381→387
☆13年「ハンガー・ゲーム2」
OP161百万ドル→
これとの対比で考えると、「ハンガー・ゲーム2」の興行収入は429百万ドルとなる。
ここまでは伸びないだろう。

参考作品は以下のシリーズだろう。
☆08年「トワイライト~初恋~」トータル193百万ドル
OP070→120→138→150→158→167
☆09年「ニュームーン/トワイライト・サーガ」トータル297百万ドル
OP143→231→255→267→275→281
☆10年「エクリプス/トワイライト・サーガ」トータル301百万ドル
先158→235→265→280→288→293
☆11年「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン1」トータル281百万ドル
OP138→221→247→259→266→270
☆12年「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン2」トータル292百万ドル
OP141→227→255→269→277→282
☆13年「ハンガー・ゲーム2」
OP161百万ドル→
これらとの対比で考えると、「ハンガー・ゲーム2」の興行収入は328~334百万ドルとなる。

以下も参考となるか。
☆12年「アベンジャーズ」トータル623百万ドル
OP207→373→458→513→553→572→587→598
☆13年「アイアンマン3」トータル409百万ドル
OP174→285→338→367→385→394→400→403
☆13年「マン・オブ・スティール」トータル291百万ドル
先129(OP117)→210→249→271→281
☆13年「ハンガー・ゲーム2」
OP161百万ドル→
これらとの対比で考えると、「ハンガー・ゲーム2」の興行収入は378~485百万ドルとなる。
評価はメチャクチャ高いので、低い伸びではないだろう。
4億2千万ドル以下、3億5千万ドル以上というところか。
とりあえずは、「ハンガー・ゲーム2」の興行収入は3億9千万ドル台と予想したい。
「アイアンマン3」トータル409百万ドルを超えるかどうかが注目となる。
なぜこれほど人気があるのだろうか。


2位は3週目の「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」。
トータルでは168百万ドルとなっている。
製作費1億7千万ドルは楽に回収できるだろう。
シリーズモノのアクションアドベンチャー作品。
主演は前作に引き続きクリス・ヘムズワース。
監督は、テレビ実績豊富だが映画監督実績には欠けるアラン・テイラー。
公開前に『大ヒット間違いなしであり、前作も超えるだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「アベンジャーズ」トータル623百万ドル
OP207→373→458→513→553→572→587→598
☆13年「アイアンマン3」トータル409百万ドル
OP174→285→338→367→385→394→400→403
☆08年「アイアンマン」トータル318百万ドル
先102→178→223→253→276→289→298→305
☆10年「アイアンマン2」トータル312百万ドル
OP128→211→251→275→291→299→305
☆11年「マイティ・ソー」トータル181百万ドル
OP66→119→145→160→169→174→176
☆11年「キャプテン・アメリカ」トータル177百万ドル
OP65→117→143→157→165→169→172
☆13年「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」
OP86→145→168百万ドル→
主要作品との対比で考えると、本作の興行収入は203~210百万ドルとなる。
2億ドルは超えるだろう。

昨今のライバル作品との勝負となる。
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」トータル262百万ドル
先137(OP62)→201→229→242→251
☆13年「マン・オブ・スティール」トータル291百万ドル
先129(OP117)→210→249→271→281
☆13年「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」
OP86→145→168百万ドル→
これらとの対比で考えると、本作の興行収入は192~196百万ドルとなる。
これらには負けそうだが、評価はかなり高いので伸びはあるだろう。
しかし、「ハンガー・ゲーム」の公開により勢いはなくなりそうだ。
「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」の興行収入は先週まで2億2千万ドル台と予想したが、2億ドル台に下方修正したい。
「アイアンマン」や他のコミック作品には負けるが、前作を超えそうなので大ヒットといえるだろう。


3位は2週目の「The Best Man Holiday」。
トータルでは50百万ドルとなっている。
製作費17百万ドルを楽に回収している。
公開前に『それなりには稼ぐだろう』と書いたが、予想以上だ。
マルコム・D・リー監督によるブラック層向けのコメディドラマ。
99年「ベストマン」(トータル34百万ドル)の続編らしい。

以下のブラック層向けの作品がライバルとなる。
☆12年「Think Like a Man」トータル92百万ドル
OP34→60→73→82→86
☆13年「大統領の執事の涙」トータル116百万ドル
OP25→52→74→91→100→106→110
☆13年「The Best Man Holiday」
OP30→50百万ドル→
「Think Like a Man」との対比で考えると、「The Best Man Holiday」の興行収入は77百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度だが、多少の伸びがあるだろう。
「The Best Man Holiday」の興行収入は先週に引き続き7千万ドル台と予想したい。
ブラック層向け、スパニッシュ層向け作品が好調だ。


4位となったのは新作の「Delivery Man」。
事前には週末3日間で13.7百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る8.2百万ドルのオープニングを飾った。
製作費26百万ドルの回収が目標となる。
公開前に『「Delivery Man」は普通だろう』と書いたが、コケてしまったか。
ヴィンス・ボーン主演のコメディ作品。
監督はあまり実績のないケン・スコット。

ヴィンス・ヴォーン主演のコメディの興行収入は以下の通り。
☆04年「ドッジボール」トータル114百万ドル
OP30→67→084→098→105→109
☆05年「ウェディング・クラッシャーズ」トータル209百万ドル
OP34→80→116→144→164→178
☆06年「ハニーVS.ダーリン」トータル119百万ドル
OP39→74→092→104→110→114
☆07年「ブラザーサンタ」トータル72百万ドル
OP19→36→053→060→066→069
☆08年「フォー・クリスマス」トータル120百万ドル
先46→69→88→100→111→118
☆09年「南の島のリゾート式恋愛セラピー」トータル109百万ドル
OP34→63→078→087→096→102
☆11年「僕が結婚を決めたワケ」トータル48百万ドル
OP18→33→041→046
☆13年「The Internship」トータル45百万ドル
OP17→031→038→042
☆13年「Delivery Man」
OP08百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「Delivery Man」の興行収入は21~30百万ドルとなる。
評価は普通であり伸びはないだろう。
「Delivery Man」の興行収入は2千万ドル台と予想したい。
どんどんと興行収入が落ちている気がする。
コメディ主演男優としては岐路に立たされそうだ。


5位は4週目の「Free Birds」。
トータルでは49百万ドルとなっている。
製作費55百万ドルの回収が目標となる。
公開前に『ビッグヒットにはなりそうもないか』と書いたとおりとなりそうだ。
3Dアニメ作品。

監督は08年「ホートン ふしぎな世界のダレダーレ」のジミー・ヘイワード。
☆08年「ホートン ふしぎな世界のダレダーレ」トータル155百万ドル
OP45→086→118→131→140→144→148→150
☆10年「ジョナ・ヘックス」トータル11百万ドル
OP05→09→10→10
☆13年「Free Birds」
OP16→30→42→49百万ドル→
「ホートン」との対比で考えると、「Free Birds」の興行収入は58百万ドルとなる。
スタジオがRELATIVITYというメジャー系ではないので、やはり大ヒットにはならないだろう。

メジャー系ではないアニメ作品が参考となるか。
☆05年「リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?」トータル51百万ドル
OP12→29→38→44→47
☆13年「Escape From Planet Earth」トータル57百万ドル
OP16→35→43→48→52
☆13年「Free Birds」
OP16→30→42→49百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Free Birds」の興行収入は57~58百万ドルとなる。
評価は普通なので、伸びはないだろう。
「Free Birds」の興行収入は先週に引き続き5千万ドル台と予想したい。
製作費回収ラインなので、成功とも失敗ともいえない結果となりそうだ。


6位は4週目の「Last Vegas」。
トータルでは54百万ドルとなっている。
製作費28百万ドルは楽に回収している。
監督は「ナショナル・トレジャー」シリーズのジョン・タートルトーブ。
マイケル・ダグラス、ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、ケヴィン・クラインが出演するコメディ作品。
ベテラン俳優版「ハングオーバー」のような作品だろうか。
公開前に『ビッグヒットにはなりそうもないか』と書いたとおりとなりそうだが、それなりに稼いだのではないか。

タイプは完全に異なるが、年配俳優が集合する以下の作品が参考となるか。
☆10年「Red」トータル90百万ドル
OP22→44→59→72→80→84
☆13年「Redリターンズ」トータル53百万ドル
OP18→35→45→49→51→52
☆13年「Last Vegas」
OP16→33→47→54百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Last Vegas」の興行収入は58~68百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度なので、高い伸びはないと思ったが、少々粘りそうだ。
「Last Vegas」の興行収入は2週目まで5千万ドル台と予想したが、先週に引き続き6千万ドル台と予想したい。
製作費が安く、意外と粘ったので、悪くはない結果となりそうだ。


7位は5週目の「Jackass Presents: Bad Grandpa」。
トータルでは95百万ドルとなっている。
製作費15百万ドルの6倍を稼ぎ出している。
ジョニー・ノックスヴィル主演の人気コメディシリーズのスピンオフ作品。
公開前に『前作は超えないか』と書いたとおりとなりそうだが、前作に近い成績なので相変わらずの人気が窺える。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年「jackass」トータル64百万ドル
OP23→42→53→59→62
☆06年「jackass number two」トータル73百万ドル
OP29→52→63→68→71
☆10年「Jackass 3-D」トータル117百万ドル
OP50→87→102→111→115
☆13年「Jackass Presents: Bad Grandpa」
OP32→62→79→90→95百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Jackass Presents: Bad Grandpa」の興行収入は97~98百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、「jackass number two」並と思っていたが、意外と伸びている。
「Jackass Presents: Bad Grandpa」の興行収入は3週目まで7千万ドル台と予想したが、先週に引き続き9千万ドル台と予想したい。
これだけ稼げれば、このシリーズはまだまだ続く。


8位は8週目の「ゼロ・グラビティ」。
トータルでは246百万ドルとなっている。
製作費1億ドルを楽に回収し、2.5倍近くを稼いでいる。
公開前に『それなりにヒットしそうだ』と書いたが、大ヒットといえるだろう。
06年「トゥモロー・ワールド」(トータル36百万ドル)のアルフォンソ・キュアロン監督のSFサスペンス。
ジョージ・クルーニー、サンドラ・ブロックが出演している。

本作がジョージ・クルーニー、サンドラ・ブロックのキャリアハイとなりそうだ。
☆01年「オーシャンズ11」トータル183百万ドル
OP38→072→095→128→152→163→171→176
☆09年「しあわせの隠れ場所」トータル256百万ドル
OP34→100→129→150→165→184→208→219
☆13年「ゼロ・グラビティ」
OP56→122→170→200→219→231→240→246百万ドル→
これらとの対比で考えると、「ゼロ・グラビティ」の興行収入は256~288百万ドルとなる。

今年公開された以下の映画を超えそうだ。
☆13年「マン・オブ・スティール」トータル291百万ドル
先129(OP117)→210→249→271→281→285→287
☆13年「ワイルド・スピード EURO MISSION」トータル239百万ドル
OP97→171→203→220→229→233
☆13年「オズ はじまりの戦い」トータル235百万ドル
OP79→144→177→198→213→219
☆13年「ゼロ・グラビティ」
OP56→122→170→200→219→231→240→246百万ドル→
評価が恐ろしいほどメチャクチャ高いので、オープニングはこれらよりも低かったが、トータルでは「マン・オブ・スティール」以外を超えた。

以下がライバルとなるか。
☆10年「インセプション」トータル293百万ドル
OP63→143→193→228→248→262→271→277
☆13年「ゼロ・グラビティ」
OP56→122→170→200→219→231→240→246百万ドル→
これとの対比で考えると、「ゼロ・グラビティ」の興行収入は266百万ドルとなる。
この程度の伸びと考えて、「ゼロ・グラビティ」の興行収入は先週に引き続き2億6千万ドル台と予想したい。
賞レースにどこまで絡んでくるだろうか。


9位は6週目の「12 Years a Slave」。
トータルでは29百万ドルとなっている。
19→123→410→1144→1411→1474スクリーンに拡大公開された。
監督は11年「SHAME -シェイム-」(トータル4百万ドル)のスティーヴ・マックィーン。
奴隷制度を題材としたキウェテル・イジョフォーが主演している。
マイケル・ファスベンダー、ブラッド・ピットも出演している。
評価が恐ろしいほどメチャクチャ高く、賞レースを争うことが確実とされている作品。
「ジュノ」「スラムドッグ・ミリオネア」「ブラック・スワン」など賞レースを争う作品を送り続ける20世紀フォックスサーチライト作品。
拡大公開されれば、とりあえずは、04年「サイドウェイ」トータル72百万ドル、06年「リトル・ミス・サンシャイン」トータル60百万ドル辺りが目標となるか。


10位は4週目の「ダラス・バイヤーズクラブ」。
トータルでは6百万ドルとなっている。
9→35→184→666スクリーンに拡大公開された。
マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レトが賞レースに加わる演技を見せており注目されている。
評価はメチャクチャ高いので、かなり伸びそうだ。
トータルでは3~4千万ドル程度か。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆スタローン制作・脚本、ジェイソン・ステイサム主演のアクションサスペンス「Homefront」
☆ミュージカル「Black Nativity」
「Homefront」はヒットせず、「Black Nativity」はそれなりに稼ぐだろう。
ディズニーの3Dアニメ「アナと雪の女王」が拡大公開される。
こちらは大ヒットしそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。