ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(11月4週目その1)

動員1位:「かぐや姫の物語」(東宝)<1週目>
【公開前個人予想】 48億円台
【現時点での興行収入予想】 24億円台
【公開規模】 456スクリーン
2.8億円半ば(284,252,550円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングはややおとなしめの4.2億円程度か』と書いたので、予想よりもかなり低かった。
微妙な雰囲気はあるが、ジブリブランドがあるので、そうそう低くも予想できない。
ただ、公開前に『いつもとは異なるジブリ作品だけに興行収入のヨミが難しいが、正月まで稼げることが見込まれるため、それなりの結果を残すだろう』と書いたとおりにはなるのではないか。

高畑勲監督作品。
99年「ホーホケキョ となりの山田くん」以来の監督作品となる。
制作期間8年、製作費50億円という大作映画。
ジブリ関係映画の興行収入は以下の通り(数字が正しいかは不明)。
☆84年「風の谷のナウシカ」7.6億円(※配給収入)
☆86年「天空の城ラピュタ」5.8億円(※配給収入)
☆88年「となりのトトロ」「火垂るの墓」5.9億円(※配給収入)
☆89年「魔女の宅急便」21.5億円(※配給収入)
☆91年「おもいでぽろぽろ」18.7億円(※配給収入)
☆92年「紅の豚」28.0億円(※配給収入)
☆94年「平成狸合戦ぽんぽこ」26.3億円(※配給収入)
☆95年「耳をすませば」18.5億円(※配給収入)
☆97年「もののけ姫」193億円(※配給収入113.0億円)
☆99年「ホーホケキョとなりの山田くん」15.6億円
☆01年「千と千尋の神隠し」トータル304.9億円
☆02年「猫の恩返し」トータル64.6億円
☆04年「ハウルの動く城」トータル196.0億円(不明部分は年末)
OP14.8→47.5→67.9→84.5→不明→不明→128.9→152.3
☆06年「ゲド戦記」トータル76.5億円
OP09.1→25.0→38.3→53.0→60.1→066.4→068.6→070.5
☆08年「崖の上のポニョ」トータル155.0億円
3日15.7(OP10.3)→32.3→52.6→72.1→99.4→111.7→127.2→134.4
☆10年「借りぐらしのアリエッティ」トータル92.5億円
3日13.5(OP9.0)→26.2→39.8→50.3→64.7→073.9→080.3→084.3
☆11年「コクリコ坂から」トータル44.6億円
3日05.9(OP3.9)→11.5→17.4→22.5→28.5→034.5→037.8→040.1
☆13年「風立ちぬ」
OP9.6→28.5→43.6→56.0→72.8→80.9→88.5→97.7→祝106.2→祝110.9
☆13年「かぐや姫の物語」
OP2.8億円→
主要作品との対比で考えると、「かぐや姫の物語」の興行収入は23.5~32.0億円となる。
現時点では強気にはなれないので、この程度ではないか。
とりあえずは、「かぐや姫の物語」の興行収入は24億円台と予想したい。
公開前個人予想は48億円台だったのでは半分程度となりそうだ。
「風立ちぬ」が120億円程度なので、その4割程度入れば48億円程度と思ったが、まさか2割程度になるとは思わなかった。
近年では「ホーホケキョとなりの山田くん」(15.6億円)に次ぐ低い結果となる。
製作費50億円は「風立ちぬ」の儲けで補填するしかないようだ。


動員8位:「すべては君に逢えたから」(ワーナー)<1週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 278スクリーン
5.2千万円弱(51,875,300円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは6千万円程度か』と書いたので、当たったといっていいだろう。
公開前に『こういうのはヒットしないのにどこが作ったんだと思ったら、ワーナーだった』と書いたように、ワーナーのセンスを疑う。
内容的には悪くはないと思われるが、ヒットするはずがない。
ワーナーは、「藁の盾」「魔法少女まどか☆マギカ」「銀魂」を当てたが、「R100」「許されざる者」及び本作をハズしている。
人気アニメ作品はハズす方が難しいので、実写邦画はほとんどハズしているといえるのではないか。

東京駅開業100周年記念企画の10人の男女によるオムニバス系作品。
ワーナーは、以下のハリウッド作品を制作しているので、そのノリで制作したのか。
☆10年「バレンタインデー」トータル4.1億円
金1.4(OP1.1)→2.8→3.5
☆11年「ニューイヤーズ・イヴ」トータル6.3億円
金1.6(OP1.2)→3.9→5.1
☆13年「すべては君に逢えたから」
OP0.5億円→
これらとの対比で考えると、「すべては君に逢えたから」の興行収入は1.9~2.6億円となる。
クリスマス映画も、05年「大停電の夜に」3億円見込み、06年「7月24日通りのクリスマス」トータル5.8億円とヒットしておらず、今回もダメだろう。
時期的に伸びる可能性もあるので、「すべては君に逢えたから」の興行収入は3億円台と予想したい。
公開前個人予想は3億円台だったので現時点では当たりそうだ。
ワーナーもさすがに分かっているのか、2014年は「黒執事」「るろうに剣心」といった漫画原作作品に、韓国映画のリメイク「MONSTER(仮)」で勝負しようとしている。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。