ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(11月5週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「劇場版 SPEC~結~ 爻ノ篇」(東宝・TBS)
現在公開中の「劇場版 SPEC~結~ 漸ノ篇」の興行収入が25億円程度なので、さすがにその前後だろう。
同じく1か月後程度に後篇が公開された以下の作品が悲惨なことになったが、本作は結末が気になるので、最後まで観客は付き合うはずだ。
☆12年「僕等がいた 前篇」トータル25.2億円
OP3.0→9.8→15.4→19.1→21.3→23.0→23.7
☆12年「僕等がいた 後篇」トータル17.2億円
OP3.1→07.5→12.6→14.3→15.5→16.2→16.6
前後篇合わせて50億円突破はほぼ確実だろう。
最終作ということもあり、前篇は見ずに後篇だけ見る奇特な人も多いだろうから、1割増の27億円台と予想したい。
金曜日からのオープニング3日は前作をやや下回る5.8億円程度か。


◎「キャプテン・フィリップス」(ソニー)
現時点で全米興行収入は101百万ドルとなっており、大ヒットとなっている。
アカデミー賞作品賞、俳優部門でのノミネートもあり得るようである。
日本でもそれなりにヒットするだろう。

トム・ハンクス主演作品の主な興行収入は以下のとおり。
☆04年公開「ターミナル」41.5億円
☆06年公開「ダ・ヴィンチ・コード」トータル90.5億円
OP12.8→36.0→51.8→62.6→70.3→76.1→80.7
☆08年公開「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」トータル4.6億円
OP1.1→2.8→3.8→4.2→4.4
☆09年公開「天使と悪魔」トータル33.5億円
金6.8→15.0→20.6→25.6→28.6→30.4→31.4→32.3
☆12年公開「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」トータル5.9億円
OP0.9→3.0→4.2→5.0
☆12年公開「幸せの教室」トータル4.5億円
金1.3→3.0→3.8
ヒット作品も多いが、5億円前後も多い俳優。
アカデミー賞ノミネートされた「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」がヒットしなかったが、本作はヒットするだろう。

以下の作品が参考となるか。
☆09年公開「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル24.0億円
OP3.2→10.4→15.0→18.7→20.8→22.3→22.9
☆11年公開「ブラック・スワン」トータル23.9億円
水5.0→9.7→13.9→17.3→19.6→21.1→22.2
☆13年公開「ライフ・オブ・パイ」トータル19.1億円
金4.2→09.8→13.3→15.8→17.1→18.2
☆11年公開「ソーシャル・ネットワーク」トータル14.2億円
OP1.6→05.1→07.9→09.9→11.4→12.4→13.0
☆12年公開「ドラゴン・タトゥーの女」トータル12.5億円
金2.9→6.5→09.0→11.1→12.0→12.5
☆12年公開「ヒューゴの不思議な発明」トータル10.2億円
木2.8→5.5→7.2→8.5→9.5
☆11年公開「マネーボール」トータル8.9億円
金1.8→4.4→6.5→7.8→8.4→8.6
単純な感動作ではないので、大ヒットというわけにはいかないだろう。
「ヒューゴの不思議な発明」以上、「ライフ・オブ・パイ」以下というイメージか。
年末時期なので多少稼ぐことを加味しても、それほど高い興行収入にはならないだろう。
「キャプテン・フィリップス」の興行収入は13億円台と予想したい。
金曜日からのオープニングは2.8億円程度か。


◎「あさひるばん」(松竹)
「釣りバカ日誌」の原作者が監督を行う、年配向けのコメディ作品。
「釣りバカ」のファイナルは8.4億円だが、3.5~4.5億円となっており、これを超えることはないだろう。
1~2億円というところか。
ヒットするとは思えないが、年末年始時期の年配向け作品ということも加味して、「あさひるばん」の興行収入は2億円台と予想したい。
金曜日からのオープニング3日は4千万円程度か。


◎「REDリターンズ」(ディズニー)
前作の興行収入は以下のとおり。
☆11年「RED」トータル12.2億円
OP2.2→6.2→9.0→10.6→11.6→11.9
設定のユニークさもあり、ヒット作品となった。
調子に乗って、続編が制作されたが、続編が望まれる作品ではなく、コケることはないだろうが、ヒットすることもないだろう。
前作を超えることはないと思われる。

続編の現時点で全米興行収入は53百万ドルとなっている。
前作の全米興行収入は90百万ドルとなっており、4割ほどの減少となっている。
日本でも恐らく4割ほどの減少となるはずだが、年末年始の時期なので、2~3割ほどの減少に留めるのではないか。
前作の2~3割減だと8.5~9.8億円なるので、「REDリターンズ」の興行収入は9億円台と予想したい。
オープニング2日は1.6億円程度か。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。