ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(11月4週目その3)

11位:「マラヴィータ」(ブロードメディア)<2週目>
【公開前個人予想】 2億円台
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 130スクリーン(先週比+1スクリーン)
2.0千万円を週末に稼ぎ、トータルでは1.0億円となっている。
1週間の伸びは5.9千万円程度だろうか。
ロバート・デ・ニーロ主演、リュック・ベッソン監督作品。
公開前に『久々のリュック・ベッソン監督だが、ヒットしないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
アメリカでは37百万ドルしか稼げなかった。
日本で100スクリーン以上で公開する戦略がよく分からない。

リュック・ベッソン系映画の興行収入は以下のとおり。
☆09年公開「トランスポーター3」トータル6.7億円
OP1.1→3.3→不明→4.7→5.6
☆12年公開「パリより愛をこめて」2億円見込み
OP0.5→1.6→2.2
☆12年公開「ロックアウト」1~2億円見込み
祝金0.6→1.2
☆13年公開「96時間/リベンジ」4~5億円見込み
OP1.1→3.3→4.1
☆13年「マラヴィータ」
金0.4→1.0億円→
ロバート・デ・ニーロが主演だろうと、これらから考えてもヒットするはずがない。
これら以下と考えて、「マラヴィータ」の興行収入は1億円台と予想したい。
公開前個人予想は2億円台だったので、ほぼ当たりとなりそうだ。
ロバート・デ・ニーロ主演、リュック・ベッソン監督作品なので、年配層の動員を期待したが、甘かったか。


12位:「ルームメイト」(東映)<3週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 193スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.9千万円を週末に稼ぎ、トータルでは1.8億円となっている。
1週間の伸びは5.2千万円程度だろうか。
北川景子、深田恭子主演のサスペンス。
公開前に『人気小説の映画化らしいが、地味で暗めの作風なのでヒットすることはないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

以下が参考となるか。
☆11年「白夜行」トータル4.2億円
OP0.8→2.3→3.2→3.7
☆13年「ルームメイト」
OP0.5→1.3→1.8億円→
これとの対比で考えると、「ルームメイト」の興行収入は2.4億円となる。
レディースデイの動員を多少期待しても、この程度だろうか。
「ルームメイト」の興行収入は先週に引き続き2億円台と予想したい。
公開前個人予想は3億円台だったので、ほぼ当たりそうだ。
このキャストでここまで興行収入が低いとも思えなかった。
この映画をここまで低い興行収入にしてしまう東映のやる気のなさを感じる。


13位:「キャリー」(ソニー)<3週目>
【公開前個人予想】 2億円台
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 242スクリーン(先週比-30スクリーン)
1.8千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは1.9億円半ばとなっている。
1週間の伸びは4.7千万円半ば程度だろうか。
スティーヴン・キング原作のリメイクホラー作品。
公開前に『アメリカでもヒットせず、日本で好まれるタイプの作品でもない』と書いたとおりとなりそうだ。

若手女優が活躍する作品が参考となるか。
☆12年「ハンガーゲーム」トータル4.7億円
金1.2→2.9→4.0
☆11年「エンジェル・ウォーズ」トータル2.9億円
金0.8→1.7→2.3
☆13年「キャリー」
金0.7→1.5→2.0億円→
これらとの対比で考えると、「キャリー」の興行収入は2.4~2.5億円となる。
この程度だろう。
「キャリー」の興行収入は先週に引き続き2億円台と予想したい。
公開前個人予想は2億円台だったので当たりそうだ。
本作は70年代のリメイク作品である。
本作を鑑賞していないが、新しさを感じさせない。
そういったアプローチを間違えているのかもしれない。


14位:「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」(20世紀フォックス)<4週目>
【公開前個人予想】 6億円台
【現時点での興行収入予想】 5億円台(OP~2週目6億円台)
【公開規模】 421スクリーン(先週比-189スクリーン)
(※3D映画なので劇場館数はもっと少ない)
1.5千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは4.6億円半ばとなっている。
1週間の伸びは4.4千万円程度だろうか。
神話をベースにしたファンタジーアドベンチャーの続編作品。
評判も高くはなく、続編を作った意味がよく分からない。
アメリカでも前作は89百万ドルの成績だったが、本作は67百万ドルに終わった。
公開前に『前作はそれなりにヒットしたが、本作は無理だろう』と書いたとおりとなりそうだ。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」トータル14.2億円
金3.7→7.9→10.4→11.8→13.0→13.8
☆13年公開「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」
金4日2.2→3.4→4.2→4.7億円→
前作との対比で考えると、本作の興行収入は5.7億円となる。
この程度ではないか。

以下と同じ運命だろう。
☆10年公開「タイタンの戦い」トータル15.8億円
金2.8→7.6→12.4→13.9→14.9→15.4
☆12年公開「タイタンの逆襲」トータル7.2億円
OP1.3→3.3→6.1
☆13年公開「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」
金4日2.2→3.4→4.2→4.7億円→
これらとの対比で考えると、本作の興行収入は5.3億円となる。
「タイタン」シリーズは、前作から54%減となっており、本作もその程度の減少となるのではないか。

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」4.7億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「ものすごく~」5.0億円(トータル5.9億円)
☆「シルク・ドゥ・ソレイユ」4.5億円(トータル5.0億円)
☆「リンカーン/秘密の書」4.5億円(トータル4.7億円)
これらとの対比で考えると、本作の興行収入は4.9~5.5億円となる。
この程度だろう。
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」の興行収入は2週目まで6億円台と予想していたが、先週に引き続き5億円台と予想したい。
公開前個人予想は6億円台だったので、ほぼ当たりそうだ。
原作はまだまだあるようだが、さらなる続編を作ることはないだろう。


順位不明:「ワン・ダイレクション THIS IS US」(ソニー)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円台(OP時1億円未満)
【公開規模】 43スクリーン(先週比-81スクリーン)
(※3D映画なので劇場館数はもっと少ない)
4.5百万円を週末に稼ぎ、トータルでは1.1億円となっている。
1週間の伸びは1.6千万円弱程度だろうか。
公開前に、それなりのスクリーン数を確保していることは確認したが、ランクインは無理だろうと判断して予想しなかった。

イギリスの人気グループではあるが、日本ではまだまだだろう。
オープニングはファンが殺到するものだから、今後大きな伸びはないだろうと思ったが、さすがに多少は伸びたか。
「ワン・ダイレクション THIS IS US」の興行収入はOP時に1億円未満と予想したが、先週に引き続き1億円台と予想したい。
それにしても、なぜ100スクリーン以上で公開したのだろうか。
50スクリーン程度で公開していれば、彼らの名誉が守れたものを無謀な公開で傷つけてしまった。


順位不明:「2ガンズ」(ソニー)<4週目>
【公開前個人予想】 2億円台
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 197スクリーン(先週比-2スクリーン)
3.6百万円を週末に稼ぎ、トータルでは1.8億円となっている。
1週間の伸びは1.3千万円半ば程度だろうか。
デンゼル・ワシントン、マーク・ウォールバーグ主演のアクション作品。
アメリカでは76百万ドルとほどほどに稼いだが、公開前に『日本では絶対にヒットしないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

デンゼル・ワシントン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆04年公開「マイ・ボディガード」トータル10.1億円(※年末公開)
☆06年公開「デジャヴ」トータル8.9億円
OP1.6→4.6→6.5→7.6→8.4
☆06年公開「インサイド・マン」トータル不明(5~6億円程度か)
OP0.9→2.7
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
金2.4→5.4→7.7→8.9→不明→10.1
☆09年公開「サブウェイ123激突」トータル7.7億円
金1.6→4.3→5.6→6.8→7.1
☆10年公開「ザ・ウォーカー」トータル不明(4~5億円程度か)
OP0.9→2.6→3.6→4.0→4.2
☆11年公開「アンストッパブル」トータル10.8億円
金2.8→6.6→8.7→9.8→10.4→10.5
☆12年公開「デンジャラス・ラン」トータル3.7億円
金1.2→2.6→3.3
☆13年公開「フライト」
金2.3→5.1→7.0→8.1→8.6
☆13年公開「2ガンズ」
金0.6→1.4→1.7→1.8億円→
「デンジャラス・ラン」をも大きく下回ってしまった。
主要作品との対比で考えると、「2ガンズ」の興行収入は2.0~2.0億円となる。
微妙なところだが、デンゼル・ワシントンブランドを信じて、「2ガンズ」の興行収入は先週に引き続き2億円台と予想したい。
公開前個人予想は2億円台だったので当たりそうだ。
この手の軽いノリの中規模ハリウッドアクション作品は日本では厳しい。
悪くはない作品だが、思い切ってDVDスルーでもよいかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。