ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(1月2週目その1)

2位:「トリック劇場版 ラストステージ」(東宝・テレビ朝日)<1週目>
【公開前個人予想】 22億円台
【現時点での興行収入予想】 18億円台
【公開規模】 314スクリーン
祝日込みで5.0億円のオープニングを飾った。
土日2日間では3.3億円だったようだ。
公開前に『祝日を含めたオープニング3日は6.0億円程度か』と書いたので、予想よりも低かった。
ラストなのでもうちょっと盛り上がるかと思った。

過去のシリーズは以下のとおり。
☆02年「トリック劇場版」トータル12.9億円
☆06年「トリック劇場版2」トータル21.0億円
OP4.3→10.0→13.9→16.9→18.8
☆10年「TRICK劇場版3」トータル18.5億円
OP3.7→08.5→12.1→14.7→16.3→17.1→17.7→18.0
☆14年「トリック劇場版 ラストステージ」
祝5.0(OP3.3)億円→
これらとの対比で考えて、祝日分を足すと、「トリック劇場版 ラストステージ」の興行収入は17.8~18.2億円となる。
公開前に『ラストと銘打っているので、前作を超えるだろうか』と書いたが、やや微妙な感じはする。
ただ、知名度の高さを活かして、きちんと伸びるだろう。
「トリック劇場版 ラストステージ」の興行収入は18億円台と予想したい。
公開前個人予想は22億円台だったので、高すぎたか。
最終作を低くは予想しにくい。


3位:「大脱出」(GAGA)<1週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】 8億円台
【公開規模】 300スクリーン
金曜日からの3日間で2.0億円半ばのオープニングを飾っている。
土日2日間では1.6億円だったようだ。
先週『金曜日からのオープニング4日は1.1億円程度か』と書いたので、大きくハズした。
ヒットしないと思っていたので、意外な結果だ。

シルヴェスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガー主演作品。
公開前に『評価はそれほど悪くなかったはずだが、全米では25百万ドルしか稼げなかった。日本でもそれほど稼げないだろう』と思ったが、2人の知名度の高さが活きたか。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「エクスペンダブルズ」トータル9.2億円
OP1.8→4.9→6.8→8.1→8.7
☆12年公開「エクスペンダブルズ2」トータル7.6億円
OP1.6→4.4→6.0→6.8→7.3
☆13年公開「ラストスタンド」
OP0.8→不明→2.8
☆14年公開「大脱出」
金2.1(OP1.6)億円→
これらとの対比で考えて、金曜日分を足すと、「大脱出」の興行収入は8.1~8.7億円となる。
「ラストスタンド」程度と思ったが、「エクスペンダブルズ」程度となりそうだ。
「大脱出」の興行収入は8億円台と予想したい。
公開前個人予想は3億円台だったので、ハズしそうだ。
これがヒットする理由が分からないが、2大スターの共演に惹かれたのか。


6位:「ジャッジ!」(松竹・フジテレビ)<1週目>
【公開前個人予想】 9億円台
【現時点での興行収入予想】 5億円台
【公開規模】 253スクリーン
土日2日間で9.3千万円半ばのオープニングを飾った。
祝日込みの数字は不明。
先週『オープニング3日は2.2億円程度か』と書いたので、予想が高すぎたか。
作品的なこともあるが、妻夫木聡の調子が相変わらず悪い。

CM広告祭を舞台としたコメディ。
主演は妻夫木聡、北川景子。
コメディ作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「ハッピーフライト」トータル13.3億円
OP2.2→祝6.4→8.6→10.3→11.5→12.1
☆09年「なくもんか」トータル13.5億円
OP2.1→祝6.6→9.0→11.0→12.2
☆09年「少年メリケンサック」トータル10.2億円
OP2.0→5.0→7.3→8.6
☆11年「漫才ギャング」トータル8.4億円
OP0.9→3.2→5.3→6.7→7.4
☆12年「ロボジー」トータル11.6億円
OP2.0→5.2→7.5→9.2→10.2→10.8→11.1
☆13年「謝罪の王様」
OP2.7→8.2→祝13.4→16.1→18.2→祝20.1→21.0
☆14年「ジャッジ!」
OP0.9億円→
「漫才ギャング」以外の作品との対比で考えると、「ジャッジ!」の興行収入は4.6~5.8億円となる。
公開前に『ヒットしたコメディ作品の興行収入は10~13億円程度が基準となる。人気キャストなので、この程度稼ぐかもしれない』と書いたが、基準通り稼ぐのは無理そうだ。

妻夫木聡主演作品の興行収入は以下の通り。
☆06年「涙そうそう」トータル31.0億円
OP3.9→10.7→17.4→21.7→24.7→26.9→28.5
☆07年「どろろ」トータル34.5億円
OP4.5→12.6→祝20.7→24.6→28.0→30.5→32.1→33.0
☆07年「憑神」トータル8.8億円
OP1.2→03.7→05.3→06.4→07.2→07.7
☆09年「感染列島」トータル19.1億円
OP3.0→07.8→11.7→14.3→16.5→17.5→18.2
☆10年「悪人」トータル19.8億円
OP2.5→祝9.0→12.5→15.2→16.8→17.9→18.5
☆12年「黄金を抱いて飛べ」トータル5.1億円
OP1.0→2.6→3.6→04.4
☆14年「ジャッジ!」
OP0.9億円→
これらとの対比で考えると、「ジャッジ!」の興行収入は4.6~7.2億円となる。
2010年までは好調だったが、11年「マイ・バック・ページ」、11年「スマグラー おまえの未来を運べ」、12年「愛と誠」、12年「黄金を抱いて飛べ」が全くヒットしなかった。
公開前に『本作のような作品は見る人を選ぶところもあり、ビッグヒットにはなりそうもない。最近の妻夫木聡作品の興行収入からも強気にはなれず、松竹系というところも気になるところだ』と書いたとおりとなりそうだ。
「ジャッジ!」の興行収入は5億円台と予想したい。
公開前個人予想は9億円台だったので高すぎたか。
コメディはハマれば爆発するが、本作はハマらなかったようだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。