ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入(1月第3週目)

1位となったのは新作の「Ride Along」。
事前には週末3日間で28.6百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を大きく上回る41.2百万ドルのオープニングを飾った。
製作費25百万ドルの回収は楽に終了した。
アイス・キューブ、ケヴィン・ハート主演のコメディ作品。
監督はティム・ストーリー。
公開前に『大してヒットしないだろう』と書いたが、ブラック層が動いたようだ。

ティム・ストーリー監督は意外と実績を残している。
☆02年「バーバーショップ」トータル76百万ドル
OP21→38→51→60→65→69
☆04年「TAXY NY」トータル37百万ドル
先13→24→30→33→35→35
☆05年「ファンタスティック・フォー」トータル155百万ドル
OP56→100→123→136→144→149
☆07年「ファンタスティックフォー/銀河の危機」トータル132百万ドル
OP58→097→115→124→127→129
☆12年「Think Like a Man」トータル92百万ドル
OP34→060→073→082→086→088
☆14年「Ride Along」
OP41百万ドル→
「バーバーショップ」以外の作品との対比で考えると、「Ride Along」の興行収入は93~117百万ドルとなる。
「バーバーショップ」との対比で考えると、「Ride Along」の興行収入は148百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度だが、伸びはあるだろう
「Ride Along」の興行収入は1億2千万ドル台と予想したい。
サプライズヒットとなりそうだ。


2位は4週目の「ローン・サバイバー」。
トータルでは74百万ドルとなっている。
製作費4千万ドルはあっさりと回収している。
OP02→02→2875→2989スクリーンに拡大公開されている。
公開前に『ボチボチ』と思っていたが、予想以上の大ヒットだ。
ピーター・バーグ監督のアクションドラマ。
マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、エリック・バナが出演している。

ピーター・バーグ監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「キングダム/見えざる敵」トータル48百万ドル
OP17→32→40→44→46→47
☆08年「ハンコック」トータル228百万ドル
先104(OP63)→164→192→206→216→222
☆12年「バトルシップ」トータル65百万ドル(製作費209百万ドル)
OP26→45→55→60→62→63
☆13年「ローン・サバイバー」
3週目38→74百万ドル→
これらとの対比で考えると、「ローン・サバイバー」の興行収入は103~111百万ドルとなる。
評価はかなり高く伸びそうだ。
「ローン・サバイバー」の興行収入は先週に引き続き1億1千万ドル台と予想したい。
賞レースにはそれほど加わっていなかったが、大ヒットとなりそうだ。


3位となったのは新作の「The Nut Job」。
事前には週末3日間で12.3百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を上回る20.6百万ドルのオープニングを飾った。
製作費42百万ドルの回収が目標となる。
メジャースタジオではない3Dアニメ作品。
監督はあまり実績のないPeter Lepeniotis。
公開前に『大してヒットしないだろう』と書いたが、ヒットといえるのではないか。

メジャー系ではないアニメ作品が参考となるか。
☆05年「リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?」トータル51百万ドル
OP12→29→38→44→47
☆13年「Escape From Planet Earth」トータル57百万ドル
OP16→35→43→48→52
☆13年「Free Birds」トータル55百万ドル
OP16→30→42→49
☆14年「The Nut Job」
OP21百万ドル→
これらとの対比で考えると、「The Nut Job」の興行収入は72~89百万ドルとなる。
評価は普通であり、伸びはないだろう。
「The Nut Job」の興行収入は7千万ドル台と予想したい。
これだけ稼げれば十分だろう。


4位となったのは新作の「エージェント:ライアン」。
事前には週末3日間で18.8百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る17.2百万ドルのオープニングを飾った。
製作費6千万ドルの回収が目標となる。
トム・クランシー原作のシリーズモノのアクションサスペンス。
クリス・パインを新しいジャック・ライアンとして、新シリーズを展開させるのだろうか。
監督は、11年「マイティ・ソー」(トータル181百万ドル)のケネス・ブラナー。
公開前に『前作の「トータル・フィアーズ」以下ではないか』と書いたが、予想以上に低かった。

過去のシリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆90年「レッド・オクトーバーを追え!」トータル122百万ドル
☆92年「パトリオット・ゲーム」トータル84百万ドル
☆94年「今そこにある危機」トータル122百万ドル
☆02年「トータル・フィアーズ」トータル119百万ドル
OP31→62→84→97→105
☆14年「エージェント:ライアン」
OP17百万ドル→
「トータル・フィアーズ」との対比で考えると、「エージェント:ライアン」の興行収入は65百万ドルとなる。
評価もそれほど悪くはない程度であり、伸びはないだろう。
「エージェント:ライアン」の興行収入は6千万ドル台と予想したい。
シリーズ化は厳しいか。


5位は9週目の「アナと雪の女王」。
トータルでは333百万ドルとなっている。
年末年始に荒稼ぎをして既に3億ドルを突破している。
製作費1億5千万ドルの倍以上を稼いでいる。
OP時に1スクリーンで公開されていたが、2週目より拡大公開された。
ディズニーによる3Dアニメ。
公開前に『大ヒットしそうだ』と書いたとおりとなりそうだが、予想以上に爆発している。

過去11月に公開されたディズニー作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年「チキン・リトル」トータル135百万ドル
OP40→80→99→118→124→127
☆08年「ボルト」トータル114百万ドル
OP26→67→79→089→095→102
☆10年「塔の上のラプンツェル」トータル201百万ドル
先69→97→115→128→144→168→176→181→186
☆12年「シュガー・ラッシュ」トータル189百万ドル
OP49→94→122→149→158→164→169→172→176
☆13年「アナと雪の女王」
先94→134→165→192→248→297→317→333百万ドル→
これらを大きく超えている。
主要作品との対比で考えると「アナと雪の女王」の興行収入は366~370百万ドルとなる。
この勢いならば、この辺りまで稼ぎそうだ。

以下がライバルとなる。
☆13年「怪盗グルーのミニオン危機一発」トータル367百万ドル
先143(OP84)→228→276→306
☆07年「シュレック3」トータル323百万ドル
OP122→203→256→281→297→308→314
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル293百万ドル
OP68→137→187→226→250→265→274→280→284→286
☆13年「モンスターズ・ユニバーシティ」トータル268百万ドル
OP82→170→216→238→249→255→259
☆01年「シュレック」トータル268百万ドル
OP42→099→148→176→198→215→228
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル261百万ドル
OP70→143→178→214→226→233→237→242→252→255
☆01年「モンスターズ・インク」トータル256百万ドル
OP63→122→156→192→204→212→219→224→236→245
☆10年「怪盗グルーの月泥棒」トータル252百万ドル
OP56→118→161→190→209→222→231→236→240→244
☆13年「アナと雪の女王」
先94→134→165→192→248→297→317→333百万ドル→
ピクサー作品の「カールじいさんの空飛ぶ家」「モンスターズ・ユニバーシティ」を超えている。
主要作品との対比で考えると「アナと雪の女王」の興行収入は348~381百万ドルとなる。
評価はメチャクチャ高いので、まだまだ伸びそうだ。
「アナと雪の女王」の興行収入は5週目まで2億8千万ドル台、先週まで3億5千万ドル台と予想したが、3億7千万ドル台に上方修正したい。
「怪盗グルーのミニオン危機一発」トータル367百万ドルを超えるかが注目となる。
超えれば、CGアニメとしては「シュレック2」トータル441百万ドル、「トイストーリー3」トータル415百万ドル、「ファインディング・ニモ」トータル381百万ドルに次ぐ4位の成績となる。


6位は6週目の「アメリカン・ハッスル」。
トータルでは116百万ドルとなっている。
製作費4千万ドルは余裕で回収し、既に1億ドルを突破している。
公開前に『ヒットするだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
OP6→2507→2507→2518→2629→2204スクリーンに5週目まで拡大公開されたが、6週目でやや縮小した。
デヴィッド・O・ラッセル監督作品。
クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロが出演するヒューマンドラマ。
賞レースでも先頭集団の中にいる。

デヴィッド・O・ラッセル監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「ザ・ファイター」トータル94百万ドル
2週目拡大13→27→46→58→66
☆12年「世界にひとつのプレイブック」トータル132百万ドル
10週目拡大55→69→80→90→99→107
☆13年「アメリカン・ハッスル」
2週目拡大20→59→88→101→116百万ドル→
「ザ・ファイター」「世界にひとつのプレイブック」との対比で考えると、「アメリカン・ハッスル」の興行収入は155~165百万ドルとなる。
評価もかなり高いので、この程度を稼ぐだろう。
賞レースで評価された「アルゴ」トータル136百万ドル、「世界にひとつのプレイブック」トータル132百万ドルとなっているので、「アメリカン・ハッスル」の興行収入も2週目に1億3千万ドル台と予想したが、先週に引き続き1億6千万ドル台と予想したい。
デヴィッド・O・ラッセル監督はいつの間にかヒットメーカーとなってしまった。


7位となったのは新作の「Devil's Due」。
事前には週末3日間で12.6百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る8.5百万ドルのオープニングを飾った。
製作費7百万ドルの回収は楽に終わった。
20世紀フォックス制作のホラー作品。
公開前に『大してヒットしないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
低予算ホラー映画ブームに乗ろうとしたのだろうが、それほど単純には乗れない。

参考作品は以下のとおり。
☆09年「パラノーマル・アクティビティ」トータル108百万ドル
4週目より拡大33→62→85→97→104
☆10年「パラノーマル・アクティビティ2」トータル85百万ドル
OP41→66→77→82→84
☆11年「パラノーマル・アクティビティ3」トータル104百万ドル
OP53→81→95→101→103
☆12年「パラノーマル・アクティビティー4」トータル54百万ドル
OP29→42→50
☆14年「Paranormal Activity: The Marked Ones」
OP18→28→31百万ドル→
☆11年「インシディアス」トータル54百万ドル
OP13→27→36→44→48
☆13年「死霊館」トータル136百万ドル
OP42→84→108→121→128
☆13年「インシディアス第2章」トータル77百万ドル
OP40→60→69→75→79→81
☆14年「Devil's Due」
OP09百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「Devil's Due」の興行収入は17~37百万ドルとなる。
評価もそれほど良くないので、伸びないだろう。
「Devil's Due」の興行収入は1千万ドル台と予想したい。
製作費が安いのでコケても問題ない。
数を多く撃てば当たるシリーズが生まれるかもしれない。


8位は4週目の「8月の家族たち」。
トータルでは18百万ドルとなっている。
OP5→5→905→2051スクリーンに拡大公開された。
監督はあまり実績のないジョン・ウェルズ。
有名な原作のようであり、メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ユアン・マクレガー、クリス・クーパーが出演している。
メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツがアカデミー賞の演技部門でノミネートされている。
評価は高いので伸びそうだ。
最終的には3~4千万ドル程度は稼ぎそうだ。


9位は4週目の「ウルフ・オブ・ウォールストリート」。
トータルでは90百万ドルとなっている。
製作費1億ドル回収が目標となる。
公開前に『長尺なので大ヒットはしない』と書いたとおりとなりそうだが、じわじわ伸ばしそうだ。
監督はマーティン・スコセッシ。
レオナルド・ディカプリオ主演のヒューマンドラマ。
ジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒーが出演している。

マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演作の興行収入は以下の通り。
☆02年「ギャング・オブ・ニューヨーク」トータル78百万ドル
OP09→30→047→055→060
☆04年「アビエイター」トータル103百万ドル(2週目より拡大)
拡10→32→043→050→058
☆06年「ディパーテッド」トータル132百万ドル
OP27→57→077→091→102
☆10年「シャッター・アイランド」トータル128百万ドル
OP41→076→096→108→116→121
☆13年「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
先34(OP18)→63→78→90百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」の興行収入は107~131百万ドルとなる。
「ディパーテッド」「シャッター・アイランド」がライバルとなるか。

2012の年末に公開された作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「ジャンゴ」トータル163百万ドル
先63(OP30)→106→125→138→146→151
☆12年「レ・ミゼラブル」トータル149百万ドル
先67(OP28)→104→119→130→138→142
☆13年「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
先34(OP18)→63→78→90百万ドル→
これらとの対比で考えると、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」の興行収入は103~106百万ドルとなる。
評価は恐ろしいほどメチャクチャ高いので、伸びはまだまだあるだろう。
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」の興行収入は先週に引き続き1億2千万ドル台と予想したい。
長尺が嫌われなければ、この程度は稼ぐだろう。


10位は6週目の「ウォルト・ディズニーの約束」。
トータルでは75百万ドルとなっている。
製作費35百万ドルは楽に回収している。
公開前に『ほどほどか』と書いたとおりとなりそうだが、思ったよりも粘っている。
エマ・トンプソン、トム・ハンクス主演のヒューマンドラマ。
監督は、09年「しあわせの隠れ場所」(トータル256百万ドル)をヒットさせたジョン・リー・ハンコック。
OP15→2110→2110→2110→2671→2449スクリーンに5週目まで拡大公開されたが、6週目で縮小された。

トム・ハンクス主演作品の興行収入は以下の通り。
☆00年「キャスト・アウェイ」トータル234百万ドル
☆02年「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」トータル165百万ドル
☆02年「ロード・トゥ・パーディション」トータル104百万ドル
☆04年「レディ・キラーズ」トータル40百万ドル
☆04年「ターミナル」トータル78百万ドル
OP19→41→54→65→71→75
☆06年「ダ・ヴィンチ・コード」トータル218百万ドル
OP77→137→172→189→199→206
☆07年「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」トータル67百万ドル
OP10→35→53→59→63→65(年末公開)
☆09年「天使と悪魔」トータル133百万ドル
OP46→082→105→116→123
☆11年「幸せの教室」トータル36百万ドル
OP13→26→32→34→35→35(監督主演作品)
☆11年「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」トータル32百万ドル
拡11→21→27→29→31→31
☆12年「クラウド アトラス」トータル27百万ドル
OP10→18→23→25→26→26
☆13年「キャプテン・フィリップス」トータル104百万ドル
OP26→52→70→82→91→98
☆13年「ウォルト・ディズニーの約束」
2週目拡大10→37→59→69→75百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「ウォルト・ディズニーの約束」の興行収入は77~86百万ドルとなる。
年末年始のためある程度稼ぐとは思ったが、予想以上に伸びた。
「ウォルト・ディズニーの約束」の興行収入は2週目に4千万ドル台、4週目に7千万ドル台と予想したが、先週に引き続き8千万ドル台と予想したい。
評価はかなり高いが、賞レースからやや見放されているので、大ヒットしないと思ったものの、意外だった。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆アーロン・エッカート主演のアクションホラー「I, Frankenstein」
それほどヒットしないだろう。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。