ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(1月3週目その1)

3位:「黒執事」(ワーナー)<1週目>
【公開前個人予想】 13億円台
【現時点での興行収入予想】 7億円台
【公開規模】 327スクリーン
1.4億円半ば(145,573,100円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは2.3億円程度か』と書いたので、予想よりもかなり低かった。
公開前に『キャスト等からヒットするとは思えないが、知名度の高い作品であり、自然とヒットするだろう』『コケるリスクはあるが、なんとかなるだろう』と書いたとおりの懸念があたったか。
ワーナーは、2013年に「藁の盾」「魔法少女まどか☆マギカ」「銀魂」を当てたが、「R100」「許されざる者」「すべては君に逢えたから」をハズしている。
原作の人気度についてはよく知らないが、著名なマンガ原作作品で復調するかと思われたが、これをハズしたのは痛いだろう。
「るろうに剣心」2部作で儲けるしかないようだ。
復活を目指す水嶋ヒロ、「ガッチャマン」がコケた剛力彩芽にとっても痛かった。

マンガ原作の映画化作品の興行収入は以下のとおり(恋愛系、大ヒットを除く)。
☆09年「カイジ 人生逆転ゲーム」トータル22.5億円
祝3日5.3→10.0→14.1→17.2→19.7→20.9→祝21.6
☆10年「BECK」トータル17.6億円
OP3.1→08.3→祝12.5→14.7→16.1→祝16.9→17.1
☆11年「GANTZ」トータル34.5億円
OP05.9→14.6→21.2→25.3→28.4→30.5→31.6
☆11年「GANTZ:PERFECT ANSWER」トータル28.0億円
OP05.5→13.7→20.9→23.5→25.2→26.3→27.0
☆11年「岳-ガク-」トータル15.9億円
OP2.6→7.2→10.3→12.8→14.2→15.0
☆11年「カイジ2~人生奪回ゲーム~」トータル16.1億円
OP3.5→08.0→11.1→13.4→14.6→15.2→15.5
☆12年「るろうに剣心」トータル30.1億円
水5.6(OP4.0)→14.9→19.9→23.5→26.4→27.8→28.8
☆12年「宇宙兄弟」トータル15.7億円
OP3.8→7.6→10.6→12.5→13.9→14.6
☆13年「図書館戦争」トータル17.1億円
OP2.2→祝9.5→11.5→13.2→14.6→15.6→16.2
☆14年「黒執事」
OP1.5億円→
主要作品との対比で考えると、「黒執事」の興行収入は6.2~9.2億円となる。
『15~17億円が標準となり、話題となれば30億円前後を稼いでいる。本作は話題となって30億円前後を稼ぐ作品ではないだろう。標準ベースが基準となり、それよりもやや落ちるところに落ち着くのではないか』と書いたが、ここまで低いとは思わなかった。
知名度もあり、さすがにちょっとは伸びるのではないか。
「黒執事」の興行収入は7億円台と予想したい。
公開前個人予想は13億円台だったので、半分程度となりそうだ。
マンガ原作なのでヒットすると考えたのは甘かったようだ。


4位:「獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦!さらば永遠の友よ」(東映・テレビ朝日)<1週目>
【公開前個人予想】 4億円台
【現時点での興行収入予想】 4億円台
【公開規模】 304スクリーン
1.3億円(133,991,700円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは1.3億円程度か』と書いたので、当たった。
シリーズモノなので、誰でもだいたいの数字は分かるはずだ。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆09年「炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」トータル3.1億円
OP0.9→1.8→
☆10年「侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー」トータル4.7億円
OP1.5→2.6→3.6→4.1→4.5
☆11年「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」トータル3.6億円
OP1.1→2.1→2.8→3.3→3.5
☆12年「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」トータル5.2億円
OP1.6→3.0→3.9→4.5→4.9→5.1
☆13年「特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー」
OP1.4→2.5→3.2→3.7→4.1
☆14年「獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ」
OP1.3億円→
これらとの対比で考えると、「獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦!さらば永遠の友よ」の興行収入は4.1~4.5億円となる。
3~5億円が標準となる。
公開前に『盛り上がってはいないだろうから、標準の成績となるだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
本作の興行収入は4億円台と予想したい。
公開前個人予想は4億円台だったので当たりそうだ。
このシリーズは誰でも分かるだろう。


9位:「エンダーのゲーム」(ディズニー)<1週目>
【公開前個人予想】 4億円台
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 474スクリーン 
※字幕版と吹替版があるため実際の劇場館数はもっと少ないはず
6.9千万円弱(68,989,350円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは1.1億円程度か』と書いたので、予想よりも低かった。
ヒットするわけがないが、製作費1億1千万ドルの大作映画とは思えないオープニングとなっている。
公開前に『有名な原作らしいが、日本では知名度は高くないだろう。知名度の高いアメリカでの興行収入は62百万ドル(製作費1億1千万ドル)となっており、日本では当然ヒットしないものと思われる。さらに、知名度の低い子役が主演のハリウッド映画は大人が見ることもなく、大人が見なければ子どももあまり見ない』と書いたように当然の結果となった。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」トータル14.2億円
金3.7(OP3.0)→7.9→10.4→11.8→13.0→13.8
☆12年公開「ジョン・カーター」トータル6.6億円
金1.8(OP1.5)→3.8→4.7→6.0
☆13年公開「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」
金4日2.2(OP1.2)→3.4→4.2→4.7
☆14年公開「エンダーのゲーム」
OP0.7億円→
これらとの対比で考えると、「エンダーのゲーム」の興行収入は3.1~3.3億円となる。
公開前に『「パーシー・ジャクソン」の続編程度ではないか』と書いたが、甘かった。
平日も伸びないだろうから、今後伸びがあるとは思えない。
「エンダーのゲーム」の興行収入は2億円台と予想したい。
公開前個人予想は4億円台だったので、高すぎたか。
低く見積もったはずだが、予想を遥かに低いとは思わなかった。
ヒットしないのは分かるが、洋画離れは深刻ではないか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。