ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(1月4週目その4)

12位:「カノジョは嘘を愛しすぎてる」(東宝)<7週目>
【公開前個人予想】 17億円台
【現時点での興行収入予想】 17億円台(4週目16億円台、OP時13億円台)
【公開規模】 284スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.8千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定16.6億円半ばとなっている。
1週間の伸びは8.1千万円程度だろうか。
既に15億円を突破している。
やや不安なオープニングだったが、『あまり不安視する必要はなく、年末年始に伸ばしていくだろう』と書いたとおり、伸ばしている。
公開前に『やや微妙なところもあるが、人気漫画の映画化なので、問題なくヒットするだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「僕の初恋をキミに捧ぐ」トータル21.5億円
OP2.8→07.8→13.0→16.0→祝18.5→19.5→20.3
☆10年「ハナミズキ」トータル28.3億円
OP4.0→12.8→18.8→22.6→24.9→26.8→27.4
☆10年「君に届け」トータル15.3億円
OP2.3→06.2→09.0→11.5→12.9→13.8→14.5
☆11年「パラダイス・キス」トータル13.9億円
OP2.0→5.8→8.8→10.9→12.2→13.1→13.6
☆12年「僕等がいた 前篇」トータル25.2億円
OP3.0→9.8→15.4→19.1→21.3→23.0→23.7
☆12年「僕等がいた 後篇」トータル17.2億円
OP3.1→07.5→12.6→14.3→15.5→16.2→16.6
☆12年「今日、恋をはじめます」トータル17.7億円
OP2.3→5.9→祝9.6→12.7→15.0→16.1→16.9
☆13年「陽だまりの彼女」トータル17.9億円(非コミック)
祝4.1→7.6→11.1→祝14.1→15.3→16.3→16.9
☆13年「カノジョは嘘を愛しすぎてる」
OP1.6→祝5.5→8.8→12.0→祝14.8→15.8→16.6億円→
主要作品との対比で考えると、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の興行収入は17.0~17.7億円となる。
10億円前後の興行収入になるオープニングだったが、年末年始があり伸びている。

正月映画の興行収入は以下のとおり。
☆10年「ノルウェイの森」トータル14.0億円
OP1.8→5.3→8.1→9.9→祝11.7→12.4→13.0
☆11年「源氏物語 千年の謎」トータル14.8億円
OP1.6→5.3→7.9→9.6→祝11.7→12.6→13.3
☆12年「今日、恋をはじめます」トータル17.7億円
OP2.3→5.9→祝9.6→12.7→15.0→16.1→16.9
☆13年「カノジョは嘘を愛しすぎてる」
OP1.6→祝5.5→8.8→12.0→祝14.8→15.8→16.6億円→
これらとの対比で考えると、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の興行収入は17.4~18.5億円となる。
伸びることは分かっていたが、年末年始で予想以上に伸びた。
「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の興行収入はOP時に13億円台、4週目に16億円台と予想したが、先週に引き続き17億円台と予想したい。
公開前個人予想は17億円台だったので、当たりとなりそうだ。
この手のジャンルはよく分からないが、高く予想して正解のようだ。


13位:「エンダーのゲーム」(ディズニー)<2週目>
【公開前個人予想】 4億円台
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 474スクリーン(先週比±0スクリーン) 
※字幕版と吹替版があるため実際の劇場館数はもっと少ないはず
3.3千万円を週末に稼ぎ、トータルでは1.6億円となっている。
1週間の伸びは9.1千万円半ば程度だろうか。
ヒットするわけがないが、製作費1億1千万ドルの大作映画とは思えない動きとなっている。
公開前に『有名な原作らしいが、日本では知名度は高くないだろう。知名度の高いアメリカでの興行収入は62百万ドル(製作費1億1千万ドル)となっており、日本では当然ヒットしないものと思われる。さらに、知名度の低い子役が主演のハリウッド映画は大人が見ることもなく、大人が見なければ子どももあまり見ない』と書いたように当然の結果となった。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」トータル14.2億円
金3.7(OP3.0)→7.9→10.4→11.8→13.0→13.8
☆12年公開「ジョン・カーター」トータル6.6億円
金1.8(OP1.5)→3.8→4.7→6.0
☆13年公開「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」
金4日2.2(OP1.2)→3.4→4.2→4.7
☆14年公開「エンダーのゲーム」
OP0.7→1.6億円→
これらとの対比で考えると、「エンダーのゲーム」の興行収入は2.8~2.9億円となる。
公開前に『「パーシー・ジャクソン」の続編程度ではないか』と書いたが、甘かった。
平日も伸びないだろうから、今後伸びがあるとは思えない。
「エンダーのゲーム」の興行収入は先週に引き続き2億円台と予想したい。
公開前個人予想は4億円台だったので、高すぎたか。
低く見積もったはずだが、予想を遥かに低いとは思わなかった。
ヒットしないのは分かるが、洋画離れは深刻ではないか。


14位:「かぐや姫の物語」(東宝)<10週目>
【公開前個人予想】 48億円台
【現時点での興行収入予想】 24億円台
【公開規模】 456スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.2千万円を週末に稼ぎ、トータルでは22.9億円となっている。
1週間の伸びは7.3千万円半ば程度だろうか。
既に20億円を突破している。
やはり、ジブリ作品だけに多少巻き返したようだ。
公開前に『いつもとは異なるジブリ作品だけに興行収入のヨミが難しいが、正月まで稼げることが見込まれるため、それなりの結果を残すだろう』と書いたとおりにはなるのではないか。
『風立ちぬ』と同時公開予定だったが、日程をずらして正解だろう。

高畑勲監督作品。
99年「ホーホケキョ となりの山田くん」以来の監督作品となる。
制作期間8年、製作費50億円という大作映画。
ジブリ関係映画の興行収入は以下の通り(数字が正しいかは不明)。
☆84年「風の谷のナウシカ」7.6億円(※配給収入)
☆86年「天空の城ラピュタ」5.8億円(※配給収入)
☆88年「となりのトトロ」「火垂るの墓」5.9億円(※配給収入)
☆89年「魔女の宅急便」21.5億円(※配給収入)
☆91年「おもいでぽろぽろ」18.7億円(※配給収入)
☆92年「紅の豚」28.0億円(※配給収入)
☆94年「平成狸合戦ぽんぽこ」26.3億円(※配給収入)
☆95年「耳をすませば」18.5億円(※配給収入)
☆97年「もののけ姫」193億円(※配給収入113.0億円)
☆99年「ホーホケキョとなりの山田くん」15.6億円
☆01年「千と千尋の神隠し」トータル304.9億円
☆02年「猫の恩返し」トータル64.6億円
☆04年「ハウルの動く城」トータル196.0億円(不明部分は年末)
OP14.8→47.5→67.9→84.5→不明→不明→128.9→152.3
☆06年「ゲド戦記」トータル76.5億円
OP09.1→25.0→38.3→53.0→60.1→066.4→068.6→070.5
☆08年「崖の上のポニョ」トータル155.0億円
3日15.7(OP10.3)→32.3→52.6→72.1→99.4→111.7→127.2→134.4
☆10年「借りぐらしのアリエッティ」トータル92.5億円
5週目64.7→073.9→080.3→084.3→86.5→88.1
☆11年「コクリコ坂から」トータル44.6億円
5週目28.5→034.5→037.8→040.1→41.4→42.3
☆13年「風立ちぬ」トータル120.2億円
5週目72.8→80.9→88.5→97.7→祝106.2→祝110.9
☆13年「かぐや姫の物語」
5週目祝15.5→17.4→19.8→祝21.2→22.2→22.9億円→
主要作品との対比で考えると、「かぐや姫の物語」の興行収入は24.0~24.8億円となる。
年末年始が終わったので、それほど伸びないだろう。
「かぐや姫の物語」の興行収入は先週に引き続き24億円台と予想したい。
公開前個人予想は48億円台だったのでは半分程度となりそうだ。
「風立ちぬ」が120億円程度なので、その4割程度入れば48億円程度と思ったが、まさか2割程度になるとは思わなかった。
近年では「ホーホケキョとなりの山田くん」(15.6億円)に次ぐ低い結果となる。
製作費50億円は「風立ちぬ」の儲けで補填するしかないようだ。


15位:「プレーンズ」(ディズニー)<6週目>
【公開前個人予想】 10億円台
【現時点での興行収入予想】 11億円台
【公開規模】 295スクリーン(先週比-46スクリーン)
※3D作品なので実際の劇場はもっと少ない
2.2千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定11.1億円弱となっている。
1週間の伸びは3.4千万円半ば程度だろうか。
既に10億円を突破している。
大ヒットもせず、大コケもせず、無難に稼いでいる。

ピクサーの「カーズ」の飛行機版となる。
あまり気合が入った作品ではなく、ヒットすることはないとみられていたが、全米では90百万ドルの大ヒットとなった。

10億円以上30億円以下の近年のハリウッドアニメ(ファミリー系)の興行収入は以下のとおり。
☆09年公開「ボルト」トータル16.5億円
OP2.5→7.0→11.7→14.2→15.8
☆09年公開「マダガスカル2」トータル10.2億円
OP1.6→04.1→06.5→09.3→9.9
☆10年公開「怪盗グルーの月泥棒 3D」トータル12.0億円
金2.5→6.3→8.2→9.5→11.3→11.7→12.0
☆10年公開「シュレック フォーエバー」トータル10.0億円
OP1.2→3.1→05.8→08.3→09.3→09.6
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」トータル25.6億円
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2→22.4
☆11年公開「カンフー・パンダ2」トータル10.8億円
金2.7→6.6→9.0→9.8→10.2
☆11年公開「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」トータル10.8億円
4日3.2→5.8→7.2→8.2→9.4→10.4
☆12年公開「マダガスカル3」トータル20.5億円
水3.8→8.5→14.4→17.5→19.7→20.1
☆12年公開「長くつをはいたネコ」トータル11.7億円
OP1.7→4.9→8.6→10.8→11.3
☆13年公開「シュガー・ラッシュ」トータル30.0億円
OP3.4→12.9→21.8→24.6→26.5→28.9
☆13年公開「怪盗グルーのミニオン危機一発」トータル25.0億円
先8.8→12.6→16.6→祝20.3→21.9→22.8→23.7
☆13年公開「プレーンズ」
金2.3→4.7→8.5→9.8→10.8→11.1億円→
主要作品との対比で考えると、「プレーンズ」の興行収入は12.2~13.4億円となる。
年末年始も終わり、もはや伸びるとは思えない。
「プレーンズ」の興行収入は先週に引き続き11億円台と予想したい。
公開前個人予想は10億円台だったので、ほぼ当たりとなる。
本作はコケることはないが、大ヒットもしないだろう。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。