ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(2月1週目その2)

1位:「永遠の0」(東宝)<7週目>
【公開前個人予想】 35億円前後
【現時点での興行収入予想】75億円台(6週目72億円台、5週目65億円台、4週目58億円台、3週目52億円台)
【配給会社期待値等】 興行収入60億円を見込める好スタートを切った
【公開規模】 430スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.3億円を週末に稼ぎ、トータルでは66.7億円弱となっている。
1週間の伸びは7.0億円半ば程度だろうか。
65億円を突破し、爆発的な大ヒットとなっている。
週毎の動きは以下のとおり。
OP5.4→2週目10.7→3週目15.9→4週目9.3→5週目10.4→6週目7.8→7週目7.1億円となっている。
ほとんど落ち込みがみられない。

小説を題材とした戦争映画。
監督は「ALWAYS」シリーズの山崎貴。
『ジャニーズの岡田准一主演作品だが、本作は年配層も動くだろう。若年層も動けば大ヒットとなるが、やや重すぎてあまり動かないか』と書いたが、そのような不安はなかった。

山崎貴監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「ジュブナイル」トータル11.0億円
☆02年「リターナー」トータル12.9億円
☆05年「ALWAYS 三丁目の夕日」トータル32.3億円
OP2.2→06.6→11.0→15.6→19.4→22.1→23.5→24.7
☆07年「ALWAYS 続・三丁目の夕日」トータル45.6億円
OP5.5→15.1→21.9→28.7→33.4→36.3→38.2→祝39.8
☆09年「BALLAD 名もなき恋のうた」トータル18.1億円
OP2.3→06.3→09.3→13.6→15.5→祝16.8→17.3→17.7
☆10年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」トータル41.0億円
5日9.4→17.6→22.9→27.0→31.6→祝36.8→38.1→39.1→39.7
☆11年「friends もののけ島のナキ」トータル14.9億円
OP1.4→4.0→7.6→祝12.6→13.6→14.2→14.4
☆12年「ALWAYS 三丁目の夕日'64」トータル34.4億円
OP5.6→14.3→20.3→24.9→28.0→30.4→31.8→32.6→33.1
☆13年「永遠の0」
祝7.8→16.1→32.0→祝44.1→51.7→59.6億円→
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を楽に超えた。

戦争映画の興行収入は以下のとおり。
☆05年「男たちの大和/YAMATO」トータル50.9億円
OP3.4→10.5→不明→不明→31.5→35.4→38.6→41.1
☆06年公開「硫黄島からの手紙」トータル51.0億円
OP5.0→13.9→20.8→26.1→祝込36.7→39.8→43.2
☆07年「俺は、君のためにこそ死ににいく」トータル10.8億円
OP1.8→4.7→6.8→8.1→8.9
☆09年「真夏のオリオン」トータル5.7億円
OP1.1→3.0→4.1→4.9→5.3
☆11年「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」トータル15.7億円
祝3日3.9(OP2.6)→8.4→11.3→13.3→14.2→14.5
☆11年「聯合艦隊司令長官 山本五十六」トータル15.3億円
祝3日2.5(OP1.5)→5.7→祝10.2→11.8→13.1
☆13年「永遠の0」
祝7.8→16.1→32.0→祝44.1→51.7→59.6億円→
「男たちの大和/YAMATO」「硫黄島からの手紙」も超えてしまった。

以下の邦画作品がライバルとなりそうだ。
☆09年「ROOKIES」トータル85.5億円
OP12.3→33.3→48.6→60.2→67.8→73.4→76.5→78.6→80.9→82.3
☆07年「HERO」トータル81.5億円
OP10.1→祝34.0→祝48.4→57.4→祝66.6→70.5→73.8
☆10年「THE LAST MESSAGE 海猿」トータル80.4億円
祝14.3→32.1→46.8→祝60.2→65.7→70.5→73.9
☆08年「花より男子F」トータル77.5億円
OP10.1→26.2→37.9→祝48.5→54.5→60.3→64.6→69.9→72.7→74.7
☆12年「BRAVE HEARTS 海猿」トータル73.3億円
祝4日15.6→27.8→38.2→46.2→52.9→61.9→65.9
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3」トータル73.1億円
OP9.7→25.0→祝39.3→46.0→52.5→57.2→63.4
☆13年「永遠の0」
祝7.8→16.1→32.0→祝44.1→51.7→59.6→66.7億円→
これらの超大物がライバルとなる。
これらとの対比で考えると、「永遠の0」の興行収入は72.6~80.0億円となる。
「永遠の0」の興行収入は、3週目に52億円台、4週目に58億円台、5週目に65億円台、6週目に72億円台と予想したが、想像以上に伸びそうだ。
「永遠の0」の興行収入は、75億円台に上方修正したい。
公開前個人予想は35億円前後だったので、かなり低すぎたか。
観る気が全く起きなかったが、戦争映画は爆発するようだ。
それにしても、ここまでヒットする作品なのだろうか。
理解ができない。


3位:「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(パラマウント)<1週目>
【公開前個人予想】 9億円台
【現時点での興行収入予想】 12億円台
【公開規模】 242スクリーン
金曜日からの3日間で2.1億円弱(209,646,000円)のオープニングを飾った。
土日2日間では1.7億円弱だったようだ。
先週『金曜日からのオープニングは1.6億円程度か』と書いたので、予想よりも高かった。
公開前に『賞レースでも評価されているが、日本ではどうだろうか。R18指定でもあり、3時間弱の長尺でもあり、ヒットしにくいだろうが、評価の高さから伸びそうだ』と書いたように、ヒットしにくいと考えたが、予想外に稼いでいる。

マーティン・スコセッシ監督作品。
レオナルド・ディカプリオ主演作品。
アメリカでは1億ドル程度のヒット作品となっている。

レオナルド・ディカプリオ主演映画の興行収入は以下の通り。
☆03年公開「ギャング・オブ・ニューヨーク」トータル30.0億円
☆03年公開「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」トータル29.0億円
☆05年公開「アビエイター」トータル10.7億円
OP1.6→5.0→6.9→8.4
☆07年公開「ディパーテッド」トータル15.6億円
OP2.9→7.1→9.9→11.7→13.0→13.8
☆07年公開「ブラッド・ダイヤモンド」トータル9.9億円
OP1.5→4.2→6.2→07.5→08.9→09.4→09.8
☆08年公開「ワールド・オブ・ライズ」トータル8~9億円
OP1.1→不明→6.0→祝込7.6→8.2
☆09年公開「レボリューショナリー・ロード」トータル3.8億円
OP0.8→2.4→3.2→03.5→03.7→03.7
☆10年公開「シャッターアイランド」トータル17.0億円
金3.4→8.3→11.0→13.3→15.4→16.0
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5
☆12年公開「J・エドガー」トータル3.6億円
OP0.8→02.0→02.7
☆13年公開「華麗なるギャツビー」トータル11.3億円
金2.1→05.2→07.2→08.7→09.6→10.2→10.6
☆14年公開「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
金2.1(OP1.7)億円→
ディカプリオ作品は、ハマれば30億円前後、10億円前後が標準、3億円台もありという感じか。
スコセッシとは過去4度組んでおり、「ギャング・オブ・ニューヨーク」を除けば10~17億円程度となっている。
スコセッシ作品ではないが、「華麗なるギャツビー」と同程度のオープニングとなっている。
「華麗なるギャツビー」「シャッターアイランド」との対比で考えると、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」の興行収入は10.5~11.3億円となる。
「アビエイター」程度は稼げそうだ。

以下が参考となるか。
☆11年公開「ソーシャル・ネットワーク」トータル14.2億円
OP1.6→05.1→07.9→09.9→11.4→12.4→13.0
☆12年公開「ヒューゴの不思議な発明」トータル10.2億円
木2.8→5.5→7.2→8.5→9.5
☆11年公開「マネーボール」トータル8.9億円
金1.8→4.4→6.5→7.8→8.4→8.6
☆14年公開「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
金2.1(OP1.7)億円→
これらとの対比で考えると、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」の興行収入は10.4~15.4億円となる。
アカデミー賞受賞の可能性もあり、意外と伸びそうだ。
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」の興行収入は12億円台と予想したい。
公開前個人予想は9億円台だったので低かったが、本当はもっと低いと思っていた。
直前にやや高めに評価したが、まさかそれ以上に稼ぐとは驚きだ。


10位:「アメリカン・ハッスル」(ファントム)<1週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 118スクリーン
金曜日からの3日間で6.9千万円半ば(69,514,700円)のオープニングを飾った。
先週『金曜日からのオープニング3日は7千万円程度だろうか』と書いたので、予想通りとなった。
スクリーン数が少ないので、この程度でも仕方がない。

デヴィッド・O・ラッセル監督作品。
クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンスが主演している。
公開前に『本作は賞レースで評価されており、アカデミー賞各賞の受賞の可能性もありそうだ。スクリーン数は多くはないが、少しは稼ぐだろう。ただ、アメリカでは大スターの各者だが、日本ではそれほど著名なスターではないので、大ヒットはしない』と書いたとおりとなりそうだ。

以下の作品が参考となるか。
☆12年公開「J・エドガー」トータル3.6億円
OP0.8→2.0→2.7
☆12年公開「アルゴ」単年3.3億円
金0.7→1.6→2.2→2.6
☆13年公開「アメリカン・ハッスル」
金0.7億円→
これらと同程度となりそうだ。
「アメリカン・ハッスル」の興行収入は3億円台と予想したい。
公開前個人予想は3億円台だったので、当たりそうだ。
日本ではヒットしにくいタイプなので仕方がないだろう。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。