ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(3月2週目その1)

動員1位:「ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊」(東宝・テレビ朝日)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 37億円台
【公開規模】 361スクリーン
6.0億円(600,356,700円)のオープニングを飾った。
リメイク版のため不安もあったが、特に問題なかったようだ。

「映画ドラえもん」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆00年「のび太の太陽王伝説」 トータル30.5億円
☆01年「のび太と翼の勇者たち」トータル30.0億円
☆02年「のび太とロボット王国」トータル23.1億円
☆03年「のび太とふしぎ風使い」トータル25.4億円
☆04年「のび太のワンニャン時空伝」トータル30.5億円
☆05年 なし
☆06年「のび太の恐竜2006」トータル32.8億円
4.3→09.0→12.7→18.0→25.9→30.3→31.5
☆07年「のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」トータル35.4億円
5.6→10.5→17.3→26.1→32.1→33.3→33.8
☆08年「のび太と緑の巨人伝」トータル33.7億円
5.2→09.5→15.3→22.8→30.1→31.7→32.2→32.3
☆09年「新・のび太の宇宙開拓史」トータル24.5億円
3.7→07.0→11.1→15.9→21.7→23.0→23.3→23.5
☆10年「のび太の人魚大海戦」トータル31.6億円
5.5→09.7→13.7→20.2→27.7→29.9→30.3→30.5
☆11年「新・のび太と鉄人兵団」トータル24.6億円
4.5→06.9→09.3→13.6→19.6→22.3→22.8→23.1
☆12年「のび太と奇跡の島」トータル36.2億円
5.5→10.7→14.5→20.4→28.8→33.8→34.6→34.8
☆13年「のび太のひみつ道具博物館」トータル39.8億円
6.7→12.3→20.0→29.0→35.9→37.2→37.8
☆14年「新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊」
6.0億円→
主要作品との対比で考えると、今年の興行収入は32.8~39.7億円となる。
好調な東宝アニメ作品であり、伸びはあるだろう。
12年36.2億円以上、13年トータル39.8億円以下というところか。
今年の興行収入は37億円台と予想したい。
去年のGW公開の「コナン」が36.3億円なので、これを超えたいところだ。


動員7位:「偉大なる、しゅららぼん」(東映・アスミック)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 361スクリーン
5.8千万円(58,079,000円)のオープニングを飾った。
大ヒットはしないのは分かっているが、万城目学原作なので、もうちょっと稼ぎたかったところ。
しかし、東映系なので仕方はないか。
濱田岳、岡田将生主演作品。

万城目学原作作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「鴨川ホルモー」トータル3.0億円<松竹>
OP0.5→1.3→2.0→2.6→2.8
☆11年「プリンセス トヨトミ」トータル16.2億円<東宝>
OP3.1→7.5→10.7→12.8→14.2→15.0
☆14年「偉大なる、しゅららぼん」<東映・アスミック>
OP0.6億円→
「偉大なる、しゅららぼん」は、松竹の「鴨川ホルモー」と同程度であり、東宝の一人勝ちとなっている。
これらとの対比で考えると、「偉大なる、しゅららぼん」の興行収入は3.1~3.6億円となる。
この程度だろうか。
「偉大なる、しゅららぼん」の興行収入は3億円台と予想したい。
読んだことも、映画を見たこともないが、世界観にクセのある作家であり、一般向けするとは思えず、仕方がないかもしれない。
東宝はビジネスが上手いと感じさせるだけの結果となりそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。