ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(4月3週目その2)

動員4位:「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」(ディズニー)<1週目>
【公開前個人予想】 8億円台
【現時点での興行収入予想】 9億円台
【公開規模】 488スクリーン
※3D版と2D版があるので、劇場数はもっと少ない。
2.0億円弱(198,360,800円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは1.6億円程度か』と書いたので、予想よりも高かった。
公開前に『前作の日本での興行収入は恐ろしく低いが、さすがにかなり上がるだろう』と思ったが、思った以上に知名度が上がったようだ。

アベンジャーズ系作品の続編作品。
関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年公開「アイアンマン」トータル9.4億円
OP2.1→5.2→7.0→8.2→8.8→9.1
☆10年公開「アイアンマン2」トータル12.0億円
金3.4(OP2.6)→6.9→9.1→10.5→11.2
☆11年公開「マイティ・ソー」トータル5.0億円
OP1.3→3.2→4.2→4.6
☆11年公開「キャプテン・アメリカ」トータル3.1億円
金1.2(OP0.9)→2.2→2.7
☆12年公開「アベンジャーズ」トータル36.1億円
先13.9→22.2→28.4→31.5→33.5→34.9
☆13年公開「アイアンマン3」トータル25.7億円
金4日7.9(OP4.1)→17.4→20.3→22.5→25.0→25.3
☆14年公開「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」
OP1.9→3.7→5.1→5.7→6.1
☆14年公開「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」
OP2.0億円→
公開前に『今年公開された「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」を上回るのではないか』と書いたとおりにはなりそうだ。
主要作品との対比で考えると、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の興行収入は6.9~12.5億円となる。
「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」があまり伸びていないので強気にはなれない。
GWに稼げそうだが、ライバル作品も強力であり、高くは伸びないだろう。
「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」は9億円台と予想したい。
公開前個人予想は8億円台だったので、当たりとなりそうだ。
「アベンジャーズ」で知名度があがったが、さすがに限界もあるだろう。


動員5位:「クローズEXPLODE」(東宝)<2週目>
【公開前個人予想】 10億円台
【現時点での興行収入予想】 14億円台
【公開規模】 307スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.5億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定6.4億円となっている。
1週間の伸びは3.4億円半ばとなっている。
この続編企画は失敗すると思われたが、やはり大人気コミック原作作品だけに、大きく失敗することはなさそうだ。
公開前に『過去のシリーズも大ヒットしている。しかし、監督は三池崇史から豊田利晃に代わり、出演者も、小栗旬、山田孝之から東出昌大、早乙女太一に代わっている。過去のシリーズのようなヒットにはならないだろう』と書いたとおりにはなるだろうが、極端には落ちなかったようだ。
しかし、評価は悪そうなので、伸びはないだろう。

過去のシリーズは以下のとおり。
☆07年「クローズZERO」トータル25.0億円
OP4.0→10.5→15.1→18.5→21.2→22.7→23.6
☆09年「クローズZERO Ⅱ」トータル30.2億円
OP5.7→13.3→18.2→22.4→26.5→27.9
☆14年「クローズEXPLODE」
OP2.9→06.4億円→
これらとの対比で考えると、「クローズEXPLODE」の興行収入は14.5~15.2億円となる。
この程度だろうか。

「クローズEXPLODE」6.4億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2013>
☆「少年H」6.9億円(トータル15.6億円)
☆「相棒シリーズX DAY」6.1億円(トータル13.4億円)
これらとの対比で考えると、「クローズEXPLODE」の興行収入は14.1~14.5億円となる。
GWがあるので、この程度となるだろう。
「クローズEXPLODE」の興行収入は先週に引き続き14億円台と予想したい。
公開前個人予想は10億円台だったので、さすがに低すぎたか。
パート1の4割と考えたが、さすがに6割程度は稼ぐようだ。


動員6位:「L・DK」(東映)<2週目>
【公開前個人予想】 1億円台
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 194スクリーン(先週比±0スクリーン)
6.5千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定1.7億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.0億円程度だろうか。
大コケは大コケであるが、もっと酷いことになると思っていたので、この程度でも少しはマシに感じる。

剛力彩芽主演の人気コミック原作の映画化作品。
公開前に『この手の人気コミックの映画化はヒットすることが常ではあるが、さすがにこれはヒットするとは思えない』と書いたとおりにはなりそうだが、次元の超えた大コケではならなかったようだ。

剛力彩芽が出演した作品の興行収入は以下のとおり。
☆13年「ガッチャマン」トータル4.8億円
OP1.2→3.2→3.9
☆14年「黒執事」
OP1.5→3.6→4.9
☆14年「L・DK」
OP0.7→1.8億円→
「ガッチャマン」対比で考えると、「L・DK」の興行収入は2.7億円となる。
この程度だろうか。

昨年公開された以下の作品も参考となるか。
☆13年「潔く柔く きよくやわく」トータル5.0億円
OP0.9→祝2.8→3.7→4.3
☆13年「リアル~完全なる首長竜の日~」トータル4.2億円
OP1.1→2.4→3.3→3.7
☆14年「L・DK」
OP0.7→1.8億円→
これらとの対比で考えると、「L・DK」の興行収入は3.2~3.2億円となる。
少なくともこれらと同程度稼げればよかったが、無理な話だろう。
GWもあるが、伸びはないだろう。
「L・DK」の興行収入は先週に引き続き2億円台と予想したい。
公開前個人予想は1億円台だったので低すぎたか。
堀北真希主演の10年「誰かが私にキスをした」トータル2.3億円を下回るかと思ったが、人気コミック原作だけにそこまでは酷くなりそうもない。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。