ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(4月3週目その3)

動員2位:「アナと雪の女王」(ディズニー)<6週目>
【公開前個人予想】 36億円台
【現時点での興行収入予想】 150億円台(OP~3週目100億円台)
【配給会社期待値等】 100億円突破は確実
【公開規模】 600スクリーン(先週比+1スクリーン)
※3D版、2D版、字幕版、吹替版があり、劇場数はもっと少ない。
8.2億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは107.3億円弱となっている。
1週間の伸びは14.4億円程度だろうか。
ついに100億円を突破した。
週毎の動きは以下のとおり。
OP9.9→2週目20.2→3週目22.7→4週目24.3→5週目15.8→6週目14.4億円となっている。
4週目まで増えるという恐ろしい状況となっていた。

「風立ちぬ」を破り、アカデミー賞アニメ部門を受賞した作品。
『アメリカでも空前の大ヒットとなっており、日本でもヒット間違いなしだろう』と思ったが、ここまで爆発するとは想像してなかった。
公開前に『恐らく評価の高さにより、ロングセールスになると見込まれるため、高めに予想したいところだ』と書いたが、次元が違った。
ヒットがヒットを呼び込むパターンに陥った。

近年のディズニー映画の興行収入は以下のとおり。
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」トータル25.6億円
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2→22.4
☆13年公開「シュガー・ラッシュ」トータル30.0億円
OP3.4→12.9→21.8→24.6→26.5→28.9
☆14年公開「アナと雪の女王」
金9.9→30.1→52.8→77.1→92.8→107.3億円→
この2本からここまで大きくヒットするとは思えなかった。

以下の作品がライバルとなるか。
☆10年公開「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」トータル118.0億円
OP13.2→35.4→59.0→83.8→93.4→101.0→107.1→111.5
☆13年「風立ちぬ」トータル120.2億円
OP9.6→28.5→43.6→56.0→72.8→80.9→88.5→97.7
☆13年公開「モンスターズ・ユニバーシティ」トータル89.6億円
OP8.5→祝24.9→34.9→46.1→58.1→65.4→77.7
☆14年公開「アナと雪の女王」
金9.9→30.1→52.8→77.1→92.8→107.3億円→
これらとの対比で考えると、「アナと雪の女王」の興行収入は125.4~159.4億円となる。
150億円突破するかが注目となりそうだ。
ゴールデンウィーク中にまだまだ稼げると思うので、「アナと雪の女王」の興行収入は3週目まで100億円台と予想したが、先週に引き続き150億円台と予想したい。
10年「アバター」156億円、「崖の上のポニョ」155億円がライバルとなる。
歴代の洋画アニメ作品としてはナンバーワンとなったようだ。
公開前個人予想は36億円台だったので低すぎた。
「トイ・ストーリー3」「モンスターズ・ユニバーシティ」ならば大ヒットの理由は分かるが、本作が150億円の大ヒットになるとは夢にも思わなかった。
歌の力は凄いものの、そこまで面白い作品でもないと思うが、ヒットする理由はそういった問題ではないようだ。


動員8位:「平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦feat.スーパー戦隊」(東映)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 10億円台
【公開規模】 293スクリーン(先週比±0スクリーン)
5.7千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定8.6億円半ばとなっている。
1週間の伸びは8.5千万円程度だろうか。
似たような作品が多いので、そろそろ人気が落ちる頃かと思ったが、さすがに根強い人気だ。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆09年「W&ディケイド」トータル15.4億円(年末)
OP4.5→7.6→10.5→12.4→祝込14.5→14.9
☆10年「W FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」トータル14.7億円(夏)
OP3.3→8.6→11.5→13.2→14.1
☆10年「オーズ&ダブル」トータル13.8億円(年末)
OP3.7→7.0→09.8→祝12.5→13.1→13.5→13.6
☆11年「オーズ・電王・オールライダー」トータル13.3億円(GW)
金4.0(OP3.0)→7.6→09.2→10.2→11.4→12.8→13.0
☆11年「オーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」トータル17.6億円(夏)
OP3.5→8.8→13.5→15.6→16.8→17.2
☆11年「フォーゼ&オーズMOVIE大戦 MEGA MAX」トータル15.1億円(年末)
OP3.8→6.8→09.1→11.5→13.7→14.6
☆12年「仮面ライダー×スーパー戦隊」トータル15.6億円(GW)
OP4.1→7.3→13.2→14.2→14.8→15.2
☆12年「フォーゼ みんなで宇宙キターッ!」トータル12.7億円(夏)
OP2.5→5.9→09.7→11.2→12.2
☆12年「ウィザード&フォーゼ MOVIE」トータル11.9億円(年末)
OP2.8→5.3→06.8→08.7→10.8
☆13年「ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事」トータル9.4億円(GW)
OP2.3→6.8→07.8→08.5→09.2
☆13年「ウィザード in マジックランド」トータル12.3億円(夏)
OP2.5→5.5→09.2→10.9
☆13年「鎧武&ウィザード」
OP2.2→不明→6.1→8.5→9.3→9.9
☆14年「平成ライダー対昭和ライダー」
OP2.6→6.2→07.8→08.7億円→
主要作品との対比で考えると、「平成ライダー対昭和ライダー」の興行収入は9.6~11.9億円となる。
GWまで粘りそうなので、「平成ライダー対昭和ライダー」の興行収入は先週に引き続き10億円台と予想したい。
勢いはなくなってきたが、この程度稼げればまだまだ大丈夫だろう。


動員8位:「ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊」(東宝・テレビ朝日)<7週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 36億円台(OP~6週目37億円台)
【公開規模】 337スクリーン(先週比-24スクリーン)
5.0千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは34.0億円半ばとなっている。
1週間の伸びは6.5千万円半ば程度か。
リメイク版のため不安もあったが、特に問題なかったようだ。
しかし、「アナと雪の女王」という強敵がおり、「コナン」「クレヨン」の公開により、もう大きく伸びないだろう。

「映画ドラえもん」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆00年「のび太の太陽王伝説」 トータル30.5億円
☆01年「のび太と翼の勇者たち」トータル30.0億円
☆02年「のび太とロボット王国」トータル23.1億円
☆03年「のび太とふしぎ風使い」トータル25.4億円
☆04年「のび太のワンニャン時空伝」トータル30.5億円
☆05年 なし
☆06年「のび太の恐竜2006」トータル32.8億円
4.3→09.0→12.7→18.0→25.9→30.3→31.5
☆07年「のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」トータル35.4億円
5.6→10.5→17.3→26.1→32.1→33.3→33.8
☆08年「のび太と緑の巨人伝」トータル33.7億円
5.2→09.5→15.3→22.8→30.1→31.7→32.2→32.3
☆09年「新・のび太の宇宙開拓史」トータル24.5億円
3.7→07.0→11.1→15.9→21.7→23.0→23.3→23.5
☆10年「のび太の人魚大海戦」トータル31.6億円
5.5→09.7→13.7→20.2→27.7→29.9→30.3→30.5
☆11年「新・のび太と鉄人兵団」トータル24.6億円
4.5→06.9→09.3→13.6→19.6→22.3→22.8→23.1
☆12年「のび太と奇跡の島」トータル36.2億円
5.5→10.7→14.5→20.4→28.8→33.8→34.6→34.8
☆13年「のび太のひみつ道具博物館」トータル39.8億円
6.7→12.3→20.0→29.0→35.9→37.2→37.8
☆14年「新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊」
6.0→11.1→17.4→25.0→31.8→33.4→34.1億円→
主要作品との対比で考えると、今年の興行収入は35.6~36.8億円となる。
好調な東宝アニメ作品であり、伸びはあるだろう。
12年36.2億円以上がライバルとなりそうだ。
今年の興行収入は先週まで37億円台と予想したが、36億円台に下方修正したい。
去年のGW公開の「コナン」が36.3億円なので、これを超えるかが注目となる。


動員9位:「白ゆき姫殺人事件」(松竹)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 10億円台
【公開規模】 305スクリーン(先週比-1スクリーン)
5.6千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定8.2億円弱となっている。
1週間の伸びは1.4億円弱程度だろうか。
「告白」の湊かなえ原作作品。
「告白」のような大爆発はないのは分かっているが、もうちょっとは稼ぐかなと思っていた。

参考作品は以下の小説原作サスペンスか。
☆10年「告白」トータル38.5億円
OP2.7→8.9→15.5→21.6→27.1→30.8→祝込33.7→35.1
☆10年「ゴールデンスランバー」トータル11.5億円
OP2.0→05.0→07.6→09.0→10.0→10.6
☆10年「インシテミル」トータル12.2億円
OP2.1→05.7→08.1→10.2→11.2→11.7
☆12年「悪の教典」トータル23.4億円
OP3.0→08.8→14.4→17.8→19.9→21.2
☆12年「北のカナリアたち」トータル14.0億円
OP1.8→05.6→08.3→10.2→11.5→12.3
☆13年「プラチナデータ」トータル26.4億円
OP4.0→11.2→16.8→20.7→22.8→24.2
☆14年「白ゆき姫殺人事件」
OP1.6→04.8→06.8→08.2億円→
「告白」以外の作品との対比で考えると、「白ゆき姫殺人事件」の興行収入は9.8~11.3億円となる。
GWがあり、評価も良さそうなので、少々伸びそうだ。
「白ゆき姫殺人事件」の興行収入は先週に引き続き10億円台と予想したい。
予想はできなかったが、10億円前半から半ば程度というようなイメージを持っていたので、思ったよりも低い。
「告白」のようなムーブメントが起きるかどうか注目だが、今のところその様子はなさそうだ。


動員10位:「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」(東宝)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 8億円台(OP時9億円台)
【公開規模】 282スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.8千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定6.7億円となっている。
1週間の伸びは1.0億円程度だろうか。
平日に少しは伸ばしているようだが、全体的に伸びがない。
直近のドラマパート4の平均視聴率が11.4%となっている。
1の平均視聴率が13.2%、2の平均視聴率が14.4%、3の平均視聴率が12.8%となっており、勢いがなくなってきているので不安があった。
オープニングはまずまずだったが、やはりヒットにはならなかった。

直接の関係はないが、以下の作品が参考となるだろう。
☆08年「チーム・バチスタの栄光」トータル15.6億円
祝3日3.9→7.5→10.4→12.8→13.9→14.5→14.9
☆09年「ジェネラル・ルージュの凱旋」トータル9.0億円
OP1.5→04.3→06.3→07.4→08.1→08.5
☆14年「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」
OP1.6→04.1→05.7→06.7億円→
これらとの対比で考えると、「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」の興行収入は8.1~8.2億円となる。
GWがあり、評価は悪くはなさそうだが、見ない人は見ないだろう。
「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」の興行収入はOP時に9億円台と予想したが、8億円台に下方修正したい。
「ジェネラル・ルージュの凱旋」に近いレベルなので、この程度でも仕方がないのかもしれない。


14位:「映画プリキュアオールスターズ NewStage3 永遠のともだち」(東映・テレビ朝日)<6週目>
【公開前個人予想】 10億円台
【現時点での興行収入予想】 10億円台
【公開規模】 202スクリーン(先週比-7スクリーン)
1.6千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定8.6億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.4千万円弱程度だろうか。
例年よりも伸びがないようだ。

関連作品の興行収入は以下の通り。
☆09年「オールスターズDX」トータル10.1億円
3日2.4→5.1→7.6→8.6→9.0
☆09年「フレッシュプリキュア!」トータル8.0億円
OP1.7→3.8→5.1→5.9→6.9→7.2
☆10年「オールスターズDX2」トータル11.5億円
3日3.2→6.0→9.0→10.3→10.8→10.9
☆10年「ハートキャッチプリキュア!」トータル9.3億円
OP2.4→4.8→6.2→7.2→8.2→8.6→8.8
☆11年「オールスターズDX3」トータル10.2億円
OP1.4→4.1→6.8→8.2→8.8→9.1
☆11年「スイートプリキュア♪」トータル8.9億円
OP2.0→4.8→6.1→7.1→8.0→8.3→8.4
☆12年「オールスターズNew Stage」トータル10.3億円
OP2.0→5.0→7.5→9.0→9.5→9.7
☆12年「スマイルプリキュア」トータル9.0億円
OP1.9→4.2→5.6→6.7→7.8→8.3→8.5
☆13年「オールスターズ New Stage2」トータル10.3億円
OP2.0→4.9→7.2→8.9→9.6→9.8
☆13年「ドキドキ!プリキュア」トータル9.5億円
OP2.1→祝5.3→6.6→7.8→8.6→9.2→9.4
☆14年「オールスターズNewStage3 永遠のともだち」
OP1.9→4.5→6.4→7.9→8.4→8.6億円→
オールスターズ系との対比で考えると、今年の興行収入は9.0~9.1億円となる。
例年10.3億円を稼いでいるが、今年は下回りそうだ。
今年の興行収入はOP時に10億円台と予想したが、9億円台に下方修正したい。
公開前個人予想は10億円台だったので、悪くはないものの当たりとはいえない。
例年に比べれば低いが、この程度ならば問題ないだろう。
本作は本当に安定して、東映に収益を与えている。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。