ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる映画ニュース(4月第5週目)

☆『スター・ウォーズ』のキャストが発表
噂通り旧作に出演した者が再集結する。
その他にはアダム・ドライバー、オスカー・アイザック、ジョン・ボイエガ、ドーナル・グリーソン、マックス・フォン・シドー、アンディ・サーキス、デイジー・リドリーなどとなっている。
予算やスケジュールの関係からか、大物の出演はないようだ。
スターを登場させる必要がある映画ではないので、キャスティングについては仕方はないだろう。


☆『ジャスティス・リーグ』の監督決定
『ジャスティス・リーグ』は、DCコミック版の『アベンジャーズ』ともいえる作品。
バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンなどが登場する。
『マン・オブ・スティール』、『バットマンvsスーパーマン』と同様にザック・スナイダーが監督することに決定したようだ。
ザック・スナイダーが手掛ける『バットマンvsスーパーマン』が2016年に公開されるので、その2~3年後だろうか。
映画製作は確かに難しいが、もうちょっとテンポよく制作しないと『アベンジャーズ』勢には敵わないかもしれない。
遅くとも2018年に公開して欲しいものだ。


☆ディズニー『イッツ・ア・スモールワールド』が映画化
『ナショナル・トレジャー』のジョン・タートルトーブが監督する。
あれをどのように映画化するのかは見ものだ。
ボートによる冒険モノになるだろうが、ハマれば『パイレーツ・オブ・カリビアン』のような大ヒットになるかもしれない。
とりあえず主演が注目される。


☆『フラッシュ・ゴードン』がリブート化
『テッド』で再脚光を浴びた『フラッシュ・ゴードン』(1980)がリブート化されるようだ。
オリジナル作品を見たことはないが、このようなカルト作品をリブート化してヒットさせることは難しいような気はする。
どのようにリブート化するのか20世紀フォックスのお手並みを拝見したいものだ。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。