ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(4月4週目その1)

2位:「テルマエ・ロマエⅡ」(東宝)<1週目>
【公開前個人予想】 33億円台
【現時点での興行収入予想】 33億円台
【公開規模】 434スクリーン
4.9億円(491,342,950円)のオープニングを飾った。
前作がマグレではないことを証明するオープニングとなっている。
公開前に『予想するのが非常に難しい作品。前作と同程度を稼げるとは到底思えない』と書いたとおりにはなりそうだが、この程度稼げば問題ないだろう。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆12年「テルマエ・ロマエ」トータル59.8億円
4日8.6(OP4.3)→22.2→29.6→36.6→41.9→46.5→49.6→52.4
☆14年「テルマエ・ロマエⅡ」
OP4.9億円→
口コミで伸びた前作との単純比較はできない。
公開前に『前作は奇跡的な大ヒットといえるだろう。ただ、気軽なコメディ作品であり、それなりには稼ぐはずだ』とはなりそうだ。

ゴールデンウィーク公開作品は以下のとおり。
☆11年「GANTZ:PERFECT ANSWER」トータル28.0億円
OP5.5→13.7→20.9→23.5→25.2→26.3→27.0
☆12年「僕等がいた 後篇」トータル17.2億円
OP3.1→07.5→12.6→14.3→15.5→16.2→16.6
☆13年「図書館戦争」トータル17.2億円
OP2.2→祝9.5→11.5→13.2→14.6→15.6→16.2
☆14年「テルマエ・ロマエⅡ」
OP4.9億円→
これらとの対比で考えると、「テルマエ・ロマエⅡ」の興行収入は24.9~38.3億円となる。
ある程度の伸びは期待できるので、この中間程度だろうか。

以下の作品も参考となるだろう。
☆13年「謝罪の王様」トータル21.8億円
OP2.7→8.2→祝13.4→16.1→18.2→祝20.1
☆13年「清須会議」トータル29.6億円
OP4.8→12.6→18.2→22.2→24.5→26.1
☆14年「テルマエ・ロマエⅡ」
OP4.9億円→
これらとの対比で考えると、「テルマエ・ロマエⅡ」の興行収入は30.2~39.6億円となる。
とりあえずは、「テルマエ・ロマエⅡ」の興行収入は公開前の予想通り33億円台と予想したい。
前作の半分程度にはなるが、30億円を超えれば、問題ないだろう。


4位:「アメイジング・スパイダーマン2」(ソニー)<1週目>
【公開前個人予想】 25億円台
【現時点での興行収入予想】 23億円台
【公開規模】 761スクリーン
※3D版、2D版があり、劇場数はもっと少ない。
金曜日から3日間で5.2億円のオープニングを飾った。
土日2日間では4.2億円(420,297,900円)だった。
実績のある作品だけにそれなりには稼いでいる。
しかし、公開前に『強敵出現で盛り上げようとしているが、そう簡単には盛り上がらないだろう』と書いたとおりになりそうだ。
人気が落ちた作品を復活させることは難しそうだ。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年公開「スパイダーマン」トータル75.0億円
☆04年公開「スパイダーマン2」トータル67.0億円
☆07年公開「スパイダーマン3」トータル71.2億円
6日31.9→43.6→52.3→58.1→62.3
☆12年公開「アメイジング・スパイダーマン」トータル31.6億円
先9.0→16.4→21.8→26.2→28.4→29.3→30.0
☆14年公開「アメイジング・スパイダーマン2」
金5.2億円→
単純比較はできないが、過去最低となりそうだ。
公開前に『リブートされて、半分以下に落ちている。前作もあまり面白くもなかったので、以前の状態に戻ることはないだろう』と書いたとおりとなるだろう。

去年の同時期に公開された以下の作品が参考となるだろう。
☆13年公開「アイアンマン3」トータル25.7億円
金5.4(OP4.1)→17.4→20.3→22.5→25.0→25.3
☆14年公開「アメイジング・スパイダーマン2」
金5.2(OP4.2)億円→
これとの対比で考えると、「アメイジング・スパイダーマン2」の興行収入は24.7億円となる。
恐らくこれ以下の伸びとなるだろう。
「アメイジング・スパイダーマン2」の興行収入は23億円台と予想したい。
公開前個人予想は25億円台だったので、当たりとなりそうだ。
良いコンテンツだったが、ソニーが活かしきれなかったようだ。
「アベンジャーズ」に差を付けられそうだ。


5位:「相棒-劇場版Ⅲ- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」(東映・テレビ朝日)<1週目>
【公開前個人予想】 38億円台
【現時点での興行収入予想】 23億円台
【公開規模】 334スクリーン
2.7億円半ば(274,548,100円)のオープニングを飾った。
人気シリーズだけにこの程度のオープニングになるとは思わなかった。
公開前に『評判はあまり良くはないが、今回は結構稼ぎそうな気がする』と思っていただけに意外なところだが、年配層向けだけに2日間だけの結果では分からないところがある。

シリーズ作品は以下のとおり。
☆08年「相棒」トータル44.4億円
GW6日15.2(OP5.9)→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7
☆09年「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」トータル7.7億円
OP1.4→4.1→5.3→6.4→6.9
☆10年「相棒-劇場版Ⅱ-」トータル31.8億円
4日5.8→12.4→祝20.7→23.7→26.4→28.3→29.6
☆13年「相棒シリーズ Ⅹ DAY」トータル13.4億円
OP2.1→6.1→9.0→10.8→11.8
☆14年「相棒-劇場版Ⅲ-」
OP2.7億円→
公開前に『スピンオフは除外すると、44.4億円→31.8億円に落ち込んでいる。しかし、今回は孤島が舞台であり、それなりに注目を集めそうだ。前作よりは稼ぐだろう。前2作の間くらいの成績となるのではないか』と書いたが、前作を超えるのは無理そうだ。
スピンオフ作品との対比で考えると、「相棒-劇場版Ⅲ-」の興行収入は14.9~17.2億円となる。
この辺りがミニマムラインとなるだろう。

ゴールデンウィーク公開作品は以下のとおり。
☆11年「GANTZ:PERFECT ANSWER」トータル28.0億円
OP5.5→13.7→20.9→23.5→25.2→26.3→27.0
☆12年「僕等がいた 後篇」トータル17.2億円
OP3.1→07.5→12.6→14.3→15.5→16.2→16.6
☆13年「図書館戦争」トータル17.2億円
OP2.2→祝9.5→11.5→13.2→14.6→15.6→16.2
☆14年「相棒-劇場版Ⅲ-」
OP2.7億円→
これらとの対比で考えると、「相棒-劇場版Ⅲ-」の興行収入は13.7~21.1億円となる。
評価は悪くても、さすがに多少は伸びるだろう。
「相棒-劇場版Ⅲ- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」の興行収入は23億円台と予想したい。
公開前個人予想は38億円台だったので高すぎたか。
人気が多少落ちているとはいえ、知らない人がいない「相棒」がこれほど低いとは思わなかった。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。