ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(5月2週目その3)

3位:「アメイジング・スパイダーマン2」(ソニー)<3週目>
【公開前個人予想】 25億円台
【現時点での興行収入予想】 29億円台(OP時23億円台)
【公開規模】 762スクリーン(先週比-3スクリーン)
※3D版、2D版があり、劇場数はもっと少ない。
1.8億円を週末に稼ぎ、トータルでは推定22.8億円となっている。
1週間の伸びは8.1億円程度だろうか。
実績のある作品だけにそれなりには稼いでいる。
しかし、公開前に『強敵出現で盛り上げようとしているが、そう簡単には盛り上がらないだろう』と書いたとおりになりそうだ。
人気が落ちた作品を復活させることは難しそうだ。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年公開「スパイダーマン」トータル75.0億円
☆04年公開「スパイダーマン2」トータル67.0億円
☆07年公開「スパイダーマン3」トータル71.2億円
6日31.9→43.6→52.3→58.1→62.3
☆12年公開「アメイジング・スパイダーマン」トータル31.6億円
先9.0→16.4→21.8→26.2→28.4→29.3→30.0
☆14年公開「アメイジング・スパイダーマン2」
金5.2→14.7→22.8億円→
単純比較はできないが、過去最低となりそうだ。
前作「アメイジング・スパイダーマン」を超えるかが注目となる。
公開前に『リブートされて、半分以下に落ちている。前作もあまり面白くもなかったので、以前の状態に戻ることはないだろう』と書いたとおりとなるだろう。

去年の同時期に公開された以下の作品が参考となるだろう。
☆13年公開「アイアンマン3」トータル25.7億円
金5.4(OP4.1)→17.4→20.3→22.5→25.0→25.3
☆14年公開「アメイジング・スパイダーマン2」
金5.2(OP4.2)→14.7→22.8億円→
これとの対比で考えると、「アメイジング・スパイダーマン2」の興行収入は28.9億円となる。
この程度だろうか。
「アメイジング・スパイダーマン2」の興行収入はOP時に23億円台と予想したが、29億円台に上方修正したい。
さすがにGWにちょっと頑張ったようだ。
公開前個人予想は25億円台だったので、悪くはない予想となりそうだ。
良いコンテンツだったが、ソニーが活かしきれなかったようだ。
「アベンジャーズ」に差を付けられそうだ。


5位:「相棒-劇場版Ⅲ- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」(東映・テレビ朝日)<3週目>
【公開前個人予想】 38億円台
【現時点での興行収入予想】 23億円台
【公開規模】 334スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.1億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定15.5億円弱となっている。
1週間の伸びは4.9億円半ば程度だろうか。
人気シリーズだけにこの程度の動きになるとは思わなかった。
公開前に『評判はあまり良くはないが、今回は結構稼ぎそうな気がする』と思っていただけに意外なところだ。

シリーズ作品は以下のとおり。
☆08年「相棒」トータル44.4億円
GW6日15.2(OP5.9)→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7
☆09年「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」トータル7.7億円
OP1.4→4.1→5.3→6.4→6.9
☆10年「相棒-劇場版Ⅱ-」トータル31.8億円
4日5.8→12.4→祝20.7→23.7→26.4→28.3→29.6
☆13年「相棒シリーズ Ⅹ DAY」トータル13.4億円
OP2.1→6.1→9.0→10.8→11.8
☆14年「相棒-劇場版Ⅲ-」
OP2.7→10.6→15.5億円→
公開前に『スピンオフは除外すると、44.4億円→31.8億円に落ち込んでいる。しかし、今回は孤島が舞台であり、それなりに注目を集めそうだ。前作よりは稼ぐだろう。前2作の間くらいの成績となるのではないか』と書いたが、前作を超えるのは無理そうだ。
GW公開の「相棒」との対比で考えると、「相棒-劇場版Ⅲ-」の興行収入は25.5億円となる。
これがマックスラインとなるだろうか。

ゴールデンウィーク公開作品は以下のとおり。
☆11年「GANTZ:PERFECT ANSWER」トータル28.0億円
OP5.5→13.7→20.9→23.5→25.2→26.3→27.0
☆12年「僕等がいた 後篇」トータル17.2億円
OP3.1→07.5→12.6→14.3→15.5→16.2→16.6
☆13年「図書館戦争」トータル17.2億円
OP2.2→祝9.5→11.5→13.2→14.6→15.6→16.2
☆14年「相棒-劇場版Ⅲ-」
OP2.7→10.6→15.5億円→
これらとの対比で考えると、「相棒-劇場版Ⅲ-」の興行収入は20.8~23.2億円となる。
評価は悪くても、さすがに多少は伸びるだろう。
「相棒-劇場版Ⅲ- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」の興行収入は先々週に引き続き23億円台と予想したい。
公開前個人予想は38億円台だったので高すぎたか。
人気が多少落ちているとはいえ、知らない人がいない「相棒」がこれほど低いとは思わなかった。


7位:「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」(東宝・テレビ朝日)<4週目>
【公開前個人予想】 14億円台
【現時点での興行収入予想】 17億円台
【公開規模】 329スクリーン(先週比±0スクリーン)
9.0千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定14.5億円となっている。
1週間の伸びは3.8億円程度だろうか。
ここ数年では最高のオープニングを飾っていた。
公開前に『ロボとーちゃんというのが興味を引きそうであり、ヒットするのではないか』と書いたとおりとなりそうだ。

過去の「クレヨンしんちゃん」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆93年「アクション仮面VSハイグレ魔王」トータル22.2億円
☆94年「ブリブリ王国の秘宝」トータル21億円
☆95年「雲黒斎の野望」トータル14億円
☆96年「ヘンダーランドの大冒険」トータル12億円
☆97年「暗黒タマタマ大追跡」トータル11億円
☆98年「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」トータル11億円
☆99年「爆発!温泉わくわく大決戦」トータル9億円
☆00年「嵐を呼ぶジャングル」トータル11.0億円
☆01年「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」トータル14.5億円
☆02年「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」トータル13.0億円
☆03年「嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード」トータル13.5億円
☆04年「嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」トータル12.8億円
☆05年「伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃」トータル13.0億円
2.2→4.1→07.3→11.6→11.9
☆06年「伝説を呼ぶ踊れ!アミーゴ!」トータル13.8億円
3.3→5.7→07.8→13.3→13.8
☆07年「嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」トータル15.5億円<15周年記念>
3.0→6.0→13.2→14.2→14.8→14.9
☆08年「ちょー嵐を呼ぶ 金矛(キンポコ)の勇者」トータル12.3億円
2.5→4.5→祝10.2→10.9→11.4→11.6
☆09年「オタケべ!カスカベ野生王国」トータル10.0億円
1.7→3.5→05.9→09.2→09.6→09.7
☆10年「超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」トータル12.5億円
2.7→4.9→07.7→11.1→11.7→12.0
☆11年「嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」トータル12.0億円
1.9→4.0→06.7→10.3→10.9→11.3→11.6
☆12年「嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」トータル9.8億円<20周年記念>
2.0→3.5→04.8→08.5→09.0→09.3→09.4
☆13年「バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」トータル13.0億円
2.3→祝5.3→祝9.6→10.5→11.2→11.7→12.3
☆14年「ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」
3.4→6.2→10.7→14.5億円→
20周年記念作品が大きくコケたが、昨年は復調した。
主要作品との対比で考えると、今年の興行収入は16.3~18.0億円となる。
ここ数年では最高の成績を収めるだろう。
15周年記念の07年の15.5億円を超えると考えて、今年の興行収入は先々週に引き続き17億円台と予想したい。
公開前個人予想は14億円台だったので、高めに予想したつもりだったが、低かったか。
そろそろこの映画化企画・公開時期を考え直してもよいのではないかと思っていたが、持ち直すとは思わなかった。


8位:「ネイチャー」(東宝東和)<2週目>
【公開前個人予想】 10億円台
【現時点での興行収入予想】 8億円台
【公開規模】 577スクリーン(先週比+2スクリーン)
※3D版、2D版があり、劇場数はもっと少ない。
7.2千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定5.5億円となっている。
木曜日からの5日間の伸びは1.4億円半ば程度だろうか。
稼げるジャンルだったが、さすがに飽きられつつあるのか。

イギリスBBC制作の3Dネイチャードキュメンタリー。
ネイチャードキュメンタリーはヒットしやすい。
☆08年公開「EARTH」トータル24.0億円
祝3日5.5→祝10.2→13.6→16.5→祝19.6→21.0→22.1
☆10年公開「オーシャンズ」トータル25.0億円
金3.9→9.8→13.9→17.8→19.7→21.1→22.2
☆11年公開「ライフ-いのちをつなぐ物語-」トータル12.5億円
木4日3.5→6.8→09.1→11.0→11.8
☆12年「日本列島 いきものたちの物語」トータル4.4億円
OP0.8→2.3→3.2→03.8→04.1
☆13年公開「ウォーキング with ダイナソー」
金2.1→3.9→6.6→7.5→8.1
☆14年公開「ネイチャー」
金~木4.1→5.5億円→
これらの3週目との対比で考えると、「ネイチャー」の興行収入は7.6~9.9億円となる。
さすがに勢いは失いつつあるが、少しは伸びるだろう。
「ネイチャー」の興行収入は、8億円台と予想したい。
「ライフ-いのちをつなぐ物語-」を下回る程度と思ったが、「ウォーキング with ダイナソー」と同程度となるか。
公開前個人予想は10億円台だったので、少々高すぎたか。
GW中の公開であり、しかも実績のあるジャンルだけにそうそう低くは予想しにくい。


9位:「悪夢ちゃん The夢ovie」(東宝・日本テレビ)<2週目>
【公開前個人予想】 5億円台
【現時点での興行収入予想】 5億円台
【公開規模】 271スクリーン(先週比±0スクリーン)
6.7千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定4.2億円となっている。
木曜日からの5日間の伸びは8.7千万円程度だろうか。
やはり、平日はあまり稼げていないようだ。

12年10月にドラマが放送されて、平均視聴率が11.5%となっている。
平均視聴率は高くはないが、小学生を中心にコアなファンが多いようであり、家族連れによる効果など、映画化しても十分儲かるとの予測により、映画化された。
公開前に『その予測通りには上手くいかないだろう。ライバル作品も強力であり、コケると予想したい』と書いたとおりとなりそうだ。

ゴールデンウィーク公開作品は以下のとおり。
☆11年「GANTZ:PERFECT ANSWER」トータル28.0億円
OP5.5→13.7→20.9→23.5→25.2→26.3→27.0
☆12年「僕等がいた 後篇」トータル17.2億円
OP3.1→07.5→12.6→14.3→15.5→16.2→16.6
☆13年「図書館戦争」トータル17.2億円
OP2.2→祝9.5→11.5→13.2→14.6→15.6→16.2
☆14年「悪夢ちゃん The夢ovie」
4日3.3→4.2億円→
GW中の公開だったため、これらの3週目との対比で考えると、「悪夢ちゃん The夢ovie」の興行収入は5.6~6.3億円となる。
伸びはないだろう。
「悪夢ちゃん The夢ovie」の興行収入は5億円台と予想したい。
公開前個人予想は5億円台だったので、当たりそうだ。
逆に、この程度稼げれば十分ともいえる。


12位:「クローズEXPLODE」(東宝)<5週目>
【公開前個人予想】 10億円台
【現時点での興行収入予想】 11億円台(OP~3週目14億円台)
【公開規模】 307スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.7千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定10.5億円半ばとなっている。
1週間の伸びは8.7千万円半ばとなっている。
この続編企画は失敗すると思われたが、やはり大人気コミック原作作品だけに、大きく失敗することはなさそうだ。
公開前に『過去のシリーズも大ヒットしている。しかし、監督は三池崇史から豊田利晃に代わり、出演者も、小栗旬、山田孝之から東出昌大、早乙女太一に代わっている。過去のシリーズのようなヒットにはならないだろう』と書いたとおりになりそうだ。
GW中の伸びを期待したが、評価は悪く、あまり伸びなかった。

過去のシリーズは以下のとおり。
☆07年「クローズZERO」トータル25.0億円
OP4.0→10.5→15.1→18.5→21.2→22.7
☆09年「クローズZERO Ⅱ」トータル30.2億円
OP5.7→13.3→18.2→22.4→26.5→27.9
☆14年「クローズEXPLODE」
OP2.9→06.4→08.2→9.7→10.6億円→
これらとの対比で考えると、「クローズEXPLODE」の興行収入は12.1~12.5億円となる。
この程度だろうか。

「クローズEXPLODE」10.6億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり。
<2013>
☆「相棒シリーズX DAY」11.8億円(トータル13.4億円)
☆「脳男」11.2億円(トータル12.7億円)
これらとの対比で考えると、「クローズEXPLODE」の興行収入は12.0~12.0億円となる。
GWがあったが、伸びていないので、これ以上は伸びないだろう。
「クローズEXPLODE」の興行収入は3週目まで14億円台と予想したが、11億円台に下方修正したい。
公開前個人予想は10億円台だったので、OP時には低すぎたと思ったが、当たりそうだ。
やはり、この続編企画はビッグヒットを狙うには無理があっただろう。


13位:「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」(ディズニー)<4週目>
【公開前個人予想】 8億円台
【現時点での興行収入予想】 7億円台(OP時9億円台)
【公開規模】 355スクリーン(先週比-16スクリーン)
※3D版と2D版があるので、劇場数はもっと少ない。
1.6千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定6.5億円弱となっている。
1週間の伸びは8.4千万円半ばとなっている。
大ヒットではないが、ほどほどに稼いでいる。
公開前に『前作の日本での興行収入は恐ろしく低いが、さすがにかなり上がるだろう』と思ったとおりとなりそうだ。

アベンジャーズ系作品の続編作品。
関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年公開「アイアンマン」トータル9.4億円
OP2.1→5.2→7.0→8.2→8.8→9.1
☆10年公開「アイアンマン2」トータル12.0億円
金3.4(OP2.6)→6.9→9.1→10.5→11.2
☆11年公開「マイティ・ソー」トータル5.0億円
OP1.3→3.2→4.2→4.6
☆11年公開「キャプテン・アメリカ」トータル3.1億円
金1.2(OP0.9)→2.2→2.7
☆12年公開「アベンジャーズ」トータル36.1億円
先13.9→22.2→28.4→31.5→33.5→34.9
☆13年公開「アイアンマン3」トータル25.7億円
金4日7.9(OP4.1)→17.4→20.3→22.5→25.0→25.3
☆14年公開「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」
OP1.9→3.7→5.1→5.7→6.1
☆14年公開「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」
OP2.0→4.1→5.6→6.5億円→
公開前に『今年公開された「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」を上回るのではないか』と書いたとおりにはなりそうだ。
主要作品との対比で考えると、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の興行収入は7.1~7.5億円となる。
「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」があまり伸びていないので強気にはなれない。
GWもライバル作品も強力であり、高くは伸びなかった。
「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」はOP時に9億円台と予想したが、先々週に7億円台と予想したい。
公開前個人予想は8億円台だったので、当たりとなりそうだ。
「アベンジャーズ」で知名度があがったが、さすがに限界もあるだろう。


14位:「L・DK」(東映)<5週目>
【公開前個人予想】 1億円台
【現時点での興行収入予想】 4億円台(OP~2週目2億円台)
【公開規模】 127スクリーン(先週比-67スクリーン)
1.4千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定3.8億円半ばとなっている。
1週間の伸びは6.3千万円半ば程度だろうか。
GWに意外と稼いだようだ。
大コケは大コケであるが、もっと酷いことになると思っていたので、この程度でも少しはマシに感じる。

剛力彩芽主演の人気コミック原作の映画化作品。
公開前に『この手の人気コミックの映画化はヒットすることが常ではあるが、さすがにこれはヒットするとは思えない』と書いたとおりにはなりそうだが、次元の超えた大コケではならなかったようだ。

剛力彩芽が出演した作品の興行収入は以下のとおり。
☆13年「ガッチャマン」トータル4.8億円
OP1.2→3.2→3.9
☆14年「黒執事」
OP1.5→3.6→4.9
☆14年「L・DK」
OP0.7→1.8→2.4→3.2→3.8億円→
驚くことに、これらと同程度に稼ぎそうだ。

昨年公開された以下の作品も参考となるか。
☆13年「潔く柔く きよくやわく」トータル5.0億円
OP0.9→祝2.8→3.7→4.3
☆13年「リアル~完全なる首長竜の日~」トータル4.2億円
OP1.1→2.4→3.3→3.7
☆14年「L・DK」
OP0.7→1.8→2.4→3.2→3.8億円→
「リアル~完全なる首長竜の日~」と同程度を稼ぐ可能性がある。
『GWもあるが、伸びはないだろう』と思っており、「L・DK」の興行収入は3週目まで2億円台と予想したが、4億円台に上方修正したい。
公開前個人予想は1億円台だったので、さすがに低すぎたか。
堀北真希主演の10年「誰かが私にキスをした」トータル2.3億円を下回るかと思ったが、人気コミック原作だけにそこまでは酷くはならなかった。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。