ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(5月4週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「青天の霹靂」(東宝)
劇団ひとりの監督・原作・共同脚本・出演作品。
大泉洋、柴咲コウが主演している。
コメディ系の感動作品であり、評価も高そうだ。
意外なヒットとなる可能性はある。

劇団ひとり原作小説の映画化の興行収入は以下のとおり。
☆08年「陰日向に咲く」トータル19.5億円
OP2.4→7.2→祝11.8→14.2→16.3→17.8
たいてい一発目はヒットして、二発目は不調となることが良くあるが、前回と同程度稼いでも不思議はない。

お笑い芸人の監督作品のヒットした作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「大日本人」トータル11.6億円
先込2.3→6.2→8.4→9.8→10.6→11.2
☆11年「さや侍」トータル6.3億円
OP1.2→3.4→4.7→5.5
☆09年「ドロップ」トータル19.5億円
祝3日2.5→7.0→11.6→14.5→16.1→17.1
☆11年「漫才ギャング」トータル8.4億円
OP0.9→3.2→5.3→6.7→7.4
「漫才ギャング」は超えるだろう。
「ドロップ」が目標となる。
口コミでヒットしていくのではないかと思うが、やや地味目のため大ヒットには至らないだろう。
ある程度のヒットという前提で考えると、15億円以上、25億円以下というところではないか。
高い期待をもって、「青天の霹靂」の興行収入は20億円台と予想してみたい。
オープニングは2.2億円程度か。
ロングセールスになるのではないか。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。