ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(5月5週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-」(東宝)
松岡圭祐原作のサスペンス映画。
綾瀬はるか、松坂桃李主演作品。
原作が結構有名らしいが、人気のほどがよく分からない。
モナリザが出るということ以外に情報が伝わってこないので、ヒットしないと思う。

綾瀬はるか出演作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「ハッピーフライト」トータル13.3億円
OP2.2→祝6.4→8.6→10.3→11.5→12.1
☆10年「インシテミル」トータル12.2億円
OP2.1→05.7→08.1→10.2→11.2→11.7
☆11年「プリンセス トヨトミ」トータル16.2億円
OP3.1→07.5→10.7→12.8→14.2→15.0
☆12年「映画 ホタルノヒカリ」トータル19.8億円
OP3.1→08.4→11.9→14.7→16.3→17.4
☆12年「映画 ひみつのアッコちゃん」トータル6.0億円
OP1.4→03.1→04.2→05.2→05.6
☆13年「リアル~完全なる首長竜の日~」トータル4.2億円
OP1.1→02.4→03.3→03.7
「インシテミル」から考えると10億円くらいは稼げそうだが、「リアル」が大コケしているので、強気になれない。
「リアル」以上、「インシテミル」以下というところか。

小説原作のサスペンス作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「チーム・バチスタの栄光」トータル15.6億円
祝3日3.9→7.5→10.4→12.8→13.9→14.5
☆09年「ゼロの焦点」トータル10.1億円
OP1.6→祝5.3→6.9→8.6→9.2
☆09年「ジェネラル・ルージュの凱旋」トータル9.0億円
OP1.5→04.3→06.3→07.4→08.1→08.5
☆10年「インシテミル」トータル12.2億円
OP2.1→05.7→08.1→10.2→11.2→11.7
☆10年「ゴールデンスランバー」トータル11.5億円
OP2.0→05.0→07.6→09.0→10.0→10.6
☆12年「北のカナリアたち」トータル14.0億円
OP1.8→05.6→08.3→10.2→11.5→12.3
☆13年「プラチナデータ」トータル26.4億円
OP4.0→11.2→16.8→20.7→22.8→24.2
☆13年「藁の楯」トータル18.3億円
OP1.9→09.6→11.8→13.7→15.9→17.2
やはり10億円くらいは稼げそうな気はするが、なんとなく厳しいように思う。
7~8億円辺りが無難なところか。
「万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-」の興行収入は7億円台と予想したい。
オープニングは1.3億円程度か。


◎「MONSTERZ モンスターズ」(ワーナー・日本テレビ)
監督は、『リング』『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』の中田秀夫。
藤原竜也、山田孝之主演の韓国映画のリメイク作品。
この手の作品は女性受けが悪いため、意外とヒットしないのが例である。
さらに評価も悪いようであり、ちょっと厳しい結果となるかもしれない。

参考作品は以下のとおり。
☆10年「インシテミル」トータル12.2億円
OP2.1→05.7→08.1→10.2→11.2→11.7
☆12年「悪の教典」トータル23.4億円
OP3.0→08.8→14.4→17.8→19.9→21.2
☆13年「プラチナデータ」トータル26.4億円
OP4.0→11.2→16.8→20.7→22.8→24.2
☆13年「藁の楯」トータル18.3億円
OP1.9→09.6→11.8→13.7→15.9→17.2
☆13年「クロユリ団地」トータル10.2億円
OP1.5→04.2→06.2→07.7
ハマれば20億円近く稼げるが、10億円も厳しいのではないか。
ジャンルは違うが、同じくワーナー制作の14年「黒執事」と同じような結果になりそうな気がする。
ただ、「黒執事」よりは稼げると考えて、「MONSTERZ」の興行収入は8億円台と予想したい。
金曜日からのオープニングは2.3億円程度か。


◎「Ⅹ-MEN:フューチャー&パスト」(20世紀フォックス)
未来と過去を舞台とするため新旧のキャストが揃う作品。
アメリカではヒットしているが、日本では当然ヒットを期待できないだろう。

過去の「X-MEN」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆01年「X-MEN」トータル18.5億円
☆03年「X-MEN2」トータル18.0億円
☆06年「X-MEN:ファイナルディシジョン」トータル15.3億円
OP2.8→7.9→11.5→13.4→14.4
☆09年「ウルヴァリン X-MEN ZERO」トータル8.9億円
金2.3→4.8→07.3→08.3
☆11年「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」トータル7.0億円
先1.7→4.1→05.5→06.3
☆13年「ウルヴァリン:SAMURAI」トータル8.1億円
金2.4→5.1→06.6→07.4→07.9
日本を舞台とした「ウルヴァリン:SAMURAI」もヒットしていないため、強気にはなれない。
「ファースト・ジェネレーション」は超えるだろうが、「ファイナルディシジョン」は下回るだろう。
7億円以上、15億円以下となるか。
13年「スター・トレック イントゥ・ダークネス」トータル10.8億円、13年「マン・オブ・スティール」トータル9.7億円を踏まえると、この程度だろう。
「Ⅹ-MEN:フューチャー&パスト」の興行収入は9億円台と予想したい。
先行をかけているので、トータルのオープニングは読めないが、金曜日からのオープニング3日は2.8億円程度か。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。