ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(5月5週目その4)

8位:「機動戦士ガンダムUC episode7「虹の彼方に」」<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 不明
【公開規模】 35スクリーン(先週比±0スクリーン)
5.3千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定4.0億円半ばとなっている。
1週間の伸びは9.8千万円弱程度だろうか。
4週間限定イベント上映らしい。
このシリーズは今まで基本的にはランクインしてなかったので、放置してよいと思っていたら、大ヒットとなっている。
完結編らしいので、盛り上がっているようだ。
限定公開なので、最終的な予想はできない。


9位:「名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)」(東宝・日本テレビ)<7週目>
【公開前個人予想】 34億円台
【現時点での興行収入予想】 41億円台(OP~6週目40億円台)
【配給会社期待値等】シリーズ最高興収40億円突破も見込める大ヒットスタート
【公開規模】 336スクリーン(先週比-3スクリーン)
5.0千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは39.4億円弱となっている。
1週間の伸びは1.1億円弱程度だろうか。
相変わらずの大ヒットとなっている。
公開前に『FBIやネイビーシールズが絡むようなストーリーらしい。あまり新鮮味はなさそうだが、ヒットするのは間違いないだろう』と書いたようにそれほど爆発しないのではないかと思ったが、コナンの人気は留まるところを知らない。

過去の「名探偵コナン」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆08年「戦慄の楽譜(フルスコア)」トータル24.2億円
4.2→08.5→祝19.0→20.6→21.8→22.7→23.3
☆09年「漆黒の追跡者(チェイサー)」トータル35.0億円
5.9→12.5→20.1→29.5→31.6→32.9→33.8→34.3→34.5
☆10年「天空の難破船(ロスト・シップ)」トータル32.0億円
5.6→11.4→18.7→26.8→28.6→30.0→30.8
☆11年「沈黙の15分(クォーター)」トータル31.5億円<15周年記念>
5.5→11.5→18.2→26.3→28.1→29.4→30.3→30.8
☆12年「11人目のストライカー」トータル32.9億円
6.3→12.6→17.3→28.1→29.8→30.9→31.6→32.1→32.3
☆13年「絶海の探偵(プライベート・アイ)」トータル36.1億円
6.7→祝16.4→祝27.3→29.8→31.9→33.4→34.5→35.1→35.5
☆13年「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」41~42億円見込み
6.5→14.4→祝21.5→27.5→35.3→祝38.9→40.1→40.9→41.4
☆14年「異次元の狙撃手(スナイパー)」
7.9→16.3→26.7→34.3→36.7→38.3→39.4億円→
過去最高の去年の興行収入を既に超えている。
主要作品との対比で考えると、今年の興行収入は40.9~41.2億円となる。
ますます人気が上がっているシリーズ。
「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」と同程度となりそうだ。
本作の興行収入も先週まで40億円台と予想したが、41億円台に上方修正したい。
公開前個人予想は34億円台だったので低すぎたか。
人気がそろそろ落ちると思っていたが、さらに上がるとは思わなかった。
それにしても、この作品はいつになったら終わるのだろうか。


10位:「闇金ウシジマくん Part2」(東宝映像・S・D・P)<3週目>
【公開前個人予想】 4億円台
【現時点での興行収入予想】 7億円台
【公開規模】 156スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.6千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定5.0億円弱となっている。
1週間の伸びは1.2億円弱程度だろうか。
オープニングはかなり高かったが、ファンが殺到したようだ。

人気漫画のドラマ化の映画版第二弾。
山田孝之、綾野剛主演作品。
前作は大島優子の出演もあり、話題となった。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆12年「闇金ウシジマくん」
OP0.8→2.2→3.1
☆14年「闇金ウシジマくん Part2」
金1.7→3.8→5.0億円→
前作の最終的な数値は不明だが、このペースならば4~5億円か。
前作の1.5倍以上になるかもしれない。

「闇金ウシジマくん Part2」5.0億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2013>
☆「100回泣くこと」4.9億円(トータル7.3億円)
☆「貞子3D2」5.4億円(トータル7.2億円)
これらとの対比で考えると、「闇金ウシジマくん Part2」の興行収入は6.7~7.4億円となる。
評判の高い作品であり、ある程度の伸びはあるだろう。
「闇金ウシジマくん Part2」の興行収入は先週に引き続き7億円台と予想したい。
公開前個人予想は4億円台だったので低すぎたか。
中規模公開作品であり、前作からここまでジャンプアップするとは思わなかった。



11位:「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」(東宝・テレビ朝日)<7週目>
【公開前個人予想】 14億円台
【現時点での興行収入予想】 17億円台
【公開規模】 320スクリーン(先週比-6スクリーン)
4.5千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定16.9億円半ばとなっている。
1週間の伸びは6.4千万円程度だろうか。
ここ数年では最高のオープニングを飾っていた。
公開前に『ロボとーちゃんというのが興味を引きそうであり、ヒットするのではないか』と書いたとおりとなりそうだ。

過去の「クレヨンしんちゃん」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆93年「アクション仮面VSハイグレ魔王」トータル22.2億円
☆94年「ブリブリ王国の秘宝」トータル21億円
☆95年「雲黒斎の野望」トータル14億円
☆96年「ヘンダーランドの大冒険」トータル12億円
☆97年「暗黒タマタマ大追跡」トータル11億円
☆98年「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」トータル11億円
☆99年「爆発!温泉わくわく大決戦」トータル9億円
☆00年「嵐を呼ぶジャングル」トータル11.0億円
☆01年「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」トータル14.5億円
☆02年「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」トータル13.0億円
☆03年「嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード」トータル13.5億円
☆04年「嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」トータル12.8億円
☆05年「伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃」トータル13.0億円
2.2→4.1→07.3→11.6→11.9
☆06年「伝説を呼ぶ踊れ!アミーゴ!」トータル13.8億円
3.3→5.7→07.8→13.3→13.8
☆07年「嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」トータル15.5億円<15周年記念>
3.0→6.0→13.2→14.2→14.8→14.9
☆08年「ちょー嵐を呼ぶ 金矛(キンポコ)の勇者」トータル12.3億円
2.5→4.5→祝10.2→10.9→11.4→11.6
☆09年「オタケべ!カスカベ野生王国」トータル10.0億円
1.7→3.5→05.9→09.2→09.6→09.7
☆10年「超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」トータル12.5億円
2.7→4.9→07.7→11.1→11.7→12.0
☆11年「嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」トータル12.0億円
1.9→4.0→06.7→10.3→10.9→11.3→11.6
☆12年「嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」トータル9.8億円<20周年記念>
2.0→3.5→04.8→08.5→09.0→09.3→09.4
☆13年「バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」トータル13.0億円
2.3→祝5.3→祝9.6→10.5→11.2→11.7→12.3
☆14年「ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」
3.4→6.2→10.7→14.5→15.5→16.3→17.0億円→
20周年記念作品が大きくコケたが、昨年は復調した。
主要作品との対比で考えると、今年の興行収入は17.6~18.0億円となる。
15周年記念の07年の15.5億円を超えて、ここ数年では最高の成績を収めた。
今年の興行収入は先週に引き続き17億円台と予想したい。
公開前個人予想は14億円台だったので、高めに予想したつもりだったが、低かったか。
そろそろこの映画化企画・公開時期を考え直してもよいのではないかと思っていたが、持ち直すとは思わなかった。


12位:「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」(東宝・TBS)<4週目>
【公開前個人予想】 7億円台
【現時点での興行収入予想】 6億円台(OP~3週目7億円台)
【公開規模】 310スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.9千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定5.3億円半ばとなっている。
1週間の伸びは9.0千万円弱程度だろうか。
公開前に『今週末公開とは思えないほど、盛り上がっている感がない』『林業を題材にした作品ではあるが、農業を題材にした漫画原作『銀の匙 Silver Spoon』がヒットしなかったので、あまり強気にはなれない』と書いたとおり、やはりヒットには結びつかなかった。

三浦しをんの小説「神去なあなあ日常」を矢口史靖監督により映画化。
主演は染谷将太。
長澤まさみ、伊藤英明が出演している。

矢口監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆01年「ウォーターボーイズ」不明
☆04年「スウィングガールズ」トータル21.5億円
☆08年「ハッピーフライト」トータル13.3億円
OP2.2→祝6.4→8.6→10.3→11.5→12.1
☆12年「ロボジー」トータル11.6億円
OP2.0→5.2→7.5→9.2→10.2→10.8
☆14年「WOOD JOB!神去なあなあ日常」
OP1.1→3.1→4.4→5.3億円→
公開前に『よほどのことがなければ、「ハッピーフライト」「ロボジー」以下になるのではないか』と書いたとおりとなりそうだ。
これらとの対比で考えると、「WOOD JOB!神去なあなあ日常」の興行収入は6.7~6.8億円となる。
この程度だろうか。

公開前に参考とした以下の小説原作作品の興行収入は以下のとおり。
☆13年「舟を編む」トータル8.3億円
OP1.1→3.3→祝5.0→不明→7.0
☆13年「県庁おもてなし課」トータル6.9億円
OP1.2→3.2→4.5→5.5→6.1
☆14年「WOOD JOB!神去なあなあ日常」
OP1.1→3.1→4.4→5.3億円→
これらとの対比で考えると、「WOOD JOB!神去なあなあ日常」の興行収入は6.6億円となる。
伸びなければ6億円、伸びれば7億円というところか。
少しは伸びることを期待していたが、伸びる気配がない。
「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」の興行収入は先週まで7億円台と予想したが、6億円台に下方修正したい。
公開前個人予想は7億円台だったので、ほぼ当たりそうだ。
評価は良いのだが、この題材ではヒットしなくても仕方がないだろう。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。