ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『グランド・ブダペスト・ホテル』レビュー

◆評  価   6.5点
◆おススメ度  B-(ウェス・アンダーソンが監督が好きな人向けの作品)

良いと言えば良いかもしれない作品。
何が良いのか分からないと言えば、そうなのかもしれない作品。
ウェス・アンダーソン監督らしいセンスの良い作品には仕上がっており、彼の作風が好きな人には受け入られるだろう。
ただ、彼の作品に馴染みがない人や、ストーリーが大したことはないので、ストーリーを期待する人には拍子抜けするかもしれない。

「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」と「ファンタスティック Mr.FOX」は個人的にハマったが、「ライフ・アクアティック」と「ムーンライズ・キングダム」は個人的にハマらず、「ダージリン急行」は何とも言えない感じだった。
「グランド・ブダペスト・ホテル」については何とも言えない感じに分類されそうだ。
ビジュアル的なセンスの良さは相変わらず光っているが、脱力感のあるコメディサスペンスが個人的にはやや合わない。
忘れ去られようとしている古き良きホテルのオーナーが語る、古き良き時代の郷愁と戦争・ファシズムへの反感のようなものを感じるが、ちょっと薄味すぎたか。

特徴があるクセのある作品であり、何度か観れば、感想は変わってきそうだが、初見ではややイマイチに感じてしまった。
「ファンタスティック Mr.FOX」はメチャクチャ良かっただけに、ハマれない理由がよく分からない。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。