ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(6月3週目その2)

1位:「アナと雪の女王」(ディズニー)<15週目>
【公開前個人予想】 36億円台
【現時点での興行収入予想】 250億円程度(9~14週目240億円程度、8~10週目210億円程度、4~7週目150億円台、OP~3週目100億円台)
【配給会社期待値等】 公開時:「100億円突破は確実」
GW明け:「200億円も確実」「200億円突破も現実味を帯びてきた」
【公開規模】 565スクリーン(先週比-3スクリーン)
※3D版、2D版、字幕版、吹替版があり、劇場数はもっと少ない。
3.6億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは237.6億円となっている。
1週間の伸びは6.6億円弱程度だろうか。
なぜだが話題が話題を呼び、歴史的大ヒットとなっている。
ヒットがヒットを呼び込むパターンに陥った。
週毎の動きは以下のとおり。
OP9.9→2週目20.2→3週目22.7→4週目24.3→5週目15.8→6週目14.4→7週目12.9→8週目39.2→9週目11.4→10週目14.5→11週目13.1→12週目13.9→13週目11.0→14週目7.8→15週目6.6億円となっている。
14週目にしてようやく勢いが衰えてきたか。
7月16日DVD発売が決まっており、今後の伸びが注目となる。

近年のディズニー映画の興行収入は以下のとおり。
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」トータル25.6億円
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2→22.4
☆13年公開「シュガー・ラッシュ」トータル30.0億円
OP3.4→12.9→21.8→24.6→26.5→28.9
☆14年公開「アナと雪の女王」
10週目185.3→198.4→212.3→223.3→231.0→237.6億円→
この2本からここまで大きくヒットするとは思えなかった。

以下の作品がライバルとなるか。
☆08年「崖の上のポニョ」トータル155.0億円
10週目143.1→145.8→147.6→祝149.2→150.0→150.6
☆10年公開「アバター」トータル156.0億円
10週目126.0→132.3→138.2→142.7→147.0→150.5
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」トータル118.0億円
10週目115.4→116.4→117.1
☆10年公開「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
10週目105.4→106.2→107.0
☆13年「風立ちぬ」トータル120.2億円
10週目祝110.9→113.1→114.9→祝116.4→117.0→117.6
☆14年公開「アナと雪の女王」
10週目185.3→198.4→212.3→223.3→231.0→237.6億円→
これらの作品の興行収入を超えている。
主要作品との対比で考えると、「アナと雪の女王」の興行収入は242.9~246.3億円となる。
伸びはしばらくは止まらず、この上限を超えそうだ。
「アナと雪の女王」の興行収入は3週目まで100億円台、7週目まで150億円台、10週目まで210億円程度、14週目まで240億円程度と予想したが、250億円程度と上方修正したい。
01年「ハリー・ポッターと賢者の石」トータル203億円、04年「ハウルの動く城」トータル196億円、97年「もののけ姫」トータル193億円を超えたので、「千と千尋の神隠し」トータル304億円、「タイタニック」トータル262億円に次ぐ歴代3位の成績となる。
公開前個人予想は36億円台だったので低すぎた。
本作がここまでの歴史的大ヒットになるとは夢にも思わなかった。
歌の力は凄いものの、そこまで面白い作品でもないと思うが、ヒットする理由はそういった問題ではないようだ。


2位:「ノア 約束の舟」(パラマウント)<2週目>
【公開前個人予想】 12億円台
【現時点での興行収入予想】 14億円台
【配給会社期待値等】 最終興行収入20億円へ向け、視界良好のスタート
【公開規模】 361スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.9億円を週末に稼ぎ、トータルでは推定8.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは4.8億円程度だろうか。
公開前に『堅い題材ではあるが、監督・主演を踏まえると、ヒットする可能性が高い。この題材も日本人の関心はあるだろうから、監督・主演の知名度が高ければ、注目を集まる』と書いたように題材への関心は高かったようだ。
「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督作品。
ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、エマ・ワトソンが出演している。

ラッセル・クロウ出演作品の主な興行収入は以下のとおり。
☆00年公開「グラディエーター」トータル15.6億円
☆02年公開「ビューティフル・マインド」トータル19.9億円
☆04年公開「マスター・アンド・コマンダー」トータル10.1億円
☆05年公開「シンデレラマン」トータル12.6億円
祝3日2.8→6.2→8.7→10.6→11.6
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
金2.4→5.4→7.7→8.9→不明→10.1
☆10年公開「ロビン・フッド」トータル7.0億円
金1.7→3.8→4.9→5.8→6.5→6.8
☆14年公開「ノア 約束の舟」
金3.3→8.2億円→
意外とヒット作品がある。
これらとの対比で考えると、「ノア 約束の舟」の興行収入は15.1~16.7億円となる。
この程度だろうか。

「ノア 約束の舟」8.2億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2013>
☆「オズ はじまりの戦い」8.0億円(トータル17.8億円)
☆「オブリビオン」8.5億円(トータル13.1億円)
これらとの対比で考えると、「ノア 約束の舟」の興行収入は12.6~18.2億円となる。
年配層も見るので、多少は伸びるだろうが、極端には伸びないだろう。
「ノア 約束の舟」の興行収入は先週に引き続き14億円台と予想したい。
公開前個人予想は12億円台だったので、予想よりもやや高くなりそうだ。
参考とする作品もあまりなく、予想は難しかった。


7位:「MONSTERZ モンスターズ」(ワーナー・日本テレビ)<4週目>
【公開前個人予想】 8億円台
【現時点での興行収入予想】 9億円台
【公開規模】 327スクリーン(先週比±0スクリーン)
5.1千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定8.0億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.1億円程度だろうか。
公開前に『この手の作品は女性受けが悪いため、意外とヒットしないのが例である。さらに評価も悪いようであり、ちょっと厳しい結果となるかもしれない』と書いたとおりとなりそうだ。
監督は、『リング』『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』の中田秀夫。
藤原竜也、山田孝之主演の韓国映画のリメイク作品。

参考作品は以下のとおり。
☆10年「インシテミル」トータル12.2億円
OP2.1→05.7→08.1→10.2→11.2→11.7
☆12年「悪の教典」トータル23.4億円
OP3.0→08.8→14.4→17.8→19.9→21.2
☆13年「プラチナデータ」トータル26.4億円
OP4.0→11.2→16.8→20.7→22.8→24.2
☆13年「藁の楯」トータル18.3億円
OP1.9→09.6→11.8→13.7→15.9→17.2
☆13年「クロユリ団地」トータル10.2億円
OP1.5→04.2→06.2→07.7
☆14年「MONSTERZ モンスターズ」
金2.4→05.2→06.9→08.0億円→
主要作品との対比で考えると、「MONSTERZ モンスターズ」の興行収入は9.6~10.7億円となる。
10億円を超えてもおかしくない動きだが、伸びがあるだろうか。

「MONSTERZ モンスターズ」8.0億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2013>
☆「クロユリ団地」7.7億円(トータル10.2億円)
☆「奇跡のリンゴ」7.7億円(トータル10.2億円)
☆「探偵はBARにいる2」7.4億円(トータル8.9億円)
これらとの対比で考えると、「MONSTERZ モンスターズ」の興行収入は9.6~10.6億円となる。
10億円程度となりそうだが、評価を踏まえると高くは予想しにくい。
「MONSTERZ モンスターズ」の興行収入は先週に引き続き9億円台と予想したい。
公開前個人予想は8億円台だったので、現時点では当たりそうだ。
企画段階では、さすがに悪くはない結果となりそうだと思ったが、これではヒットとはいえないだろう。
ワーナーは実写映画の「藁の盾」を当てたが、「R100」(配給)、「許されざる者」「すべては君に逢えたから」「黒執事」をハズしている。
「るろうに剣心」が最後の綱となりそうだ。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。