ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『300〈スリーハンドレッド〉~帝国の進撃~』レビュー

◆評  価   5.5点
◆おススメ度  C(エヴァ・グリーンが見たい人のみ)

エヴァ・グリーン以外にはあまり見所がない作品。
事前に『300 <スリーハンドレッド>』を復習した後に鑑賞してみたら、あまりのレベルの違いに呆れてくる。
ザック・スナイダー監督、ジェラルド・バトラーと、ノーム・ムーロ監督、サリヴァン・ステイプルトンでは、比べる方が可哀そうだが、ただの真似にすぎず、薄っぺらない作品になってしまった。
映像美、主演の迫力、テーマという点からかなり落ちる。
ただ、エログロにしただけであり、はっきりいって映像が美しくない。

スパルタの王妃が前線に出てくる辺りも興ざめだ。
特殊な訓練を受けて乗り越えた者がスパルタの兵士であるはずではないか。
原作コミックがあるのかもしれないが、前作を否定するような描き方としか思えなかった。
前作の300人の犠牲を考えれば、スパルタ軍が当然に動き、他の国々が追随するくらいであって然るべきなので、スパルタの応援が遅いという点も違和感の覚えるところだ。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。