ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(6月4週目その3)

7位:「春を背負って」(東宝)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 7億円台
【公開規模】 335スクリーン(先週比±0スクリーン)
5.5千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定5.3億円弱となっている。
1週間の伸びは1.7億円程度だろうか。
「劒岳 点の記」の木村大作監督作品。
「劒岳 点の記」が大ヒットしたため、制作されたと思われるが、年配層向け作品ではあるものの、さすがに地味すぎる。
松山ケンイチ、蒼井優、豊川悦司が出演している。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「劔岳 点の記」トータル25.8億円
先2.9→9.0→14.0→17.6→祝込20.3→21.6
☆14年「春を背負って」
OP1.0→3.6→5.3億円→
これとの対比で考えると、「春を背負って」の興行収入は9.8億円となる。
ここまで伸びることはないだろう。

「春を背負って」5.3億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2013>
☆「貞子3D2」5.4億円(トータル7.2億円)
☆「許されざる者」5.6億円(トータル7.0億円)
これらとの対比で考えると、「春を背負って」の興行収入は6.6~7.1億円となる。
多少は伸びることを期待して、「春を背負って」の興行収入は7億円台と予想したい。
「劔岳 点の記」の3割程度しか稼げないとはさすがに関係者は思わなかっただろう。


11位:「MONSTERZ モンスターズ」(ワーナー・日本テレビ)<5週目>
【公開前個人予想】 8億円台
【現時点での興行収入予想】 9億円台
【公開規模】 327スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.3千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定8.6億円半ばとなっている。
1週間の伸びは6.1千万円弱程度だろうか。
公開前に『この手の作品は女性受けが悪いため、意外とヒットしないのが例である。さらに評価も悪いようであり、ちょっと厳しい結果となるかもしれない』と書いたとおりとなりそうだ。
監督は、『リング』『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』の中田秀夫。
藤原竜也、山田孝之主演の韓国映画のリメイク作品。

参考作品は以下のとおり。
☆10年「インシテミル」トータル12.2億円
OP2.1→05.7→08.1→10.2→11.2→11.7
☆12年「悪の教典」トータル23.4億円
OP3.0→08.8→14.4→17.8→19.9→21.2
☆13年「プラチナデータ」トータル26.4億円
OP4.0→11.2→16.8→20.7→22.8→24.2
☆13年「藁の楯」トータル18.3億円
OP1.9→09.6→11.8→13.7→15.9→17.2
☆13年「クロユリ団地」トータル10.2億円
OP1.5→04.2→06.2→07.7
☆14年「MONSTERZ モンスターズ」
金2.4→05.2→06.9→08.0→08.7億円→
主要作品との対比で考えると、「MONSTERZ モンスターズ」の興行収入は9.5~10.2億円となる。
10億円を超えてもおかしくない動きだが、伸びがあるだろうか。

「MONSTERZ モンスターズ」8.7億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり。
<2013>
☆「奇跡のリンゴ」8.6億円(トータル10.2億円)
☆「探偵はBARにいる2」8.2億円(トータル8.9億円)
これらとの対比で考えると、「MONSTERZ モンスターズ」の興行収入は9.4~10.3億円となる。
10億円程度となりそうだが、評価を踏まえると高くは予想しにくい。
「MONSTERZ モンスターズ」の興行収入は先週に引き続き9億円台と予想したい。
公開前個人予想は8億円台だったので、現時点では当たりそうだ。
企画段階では、さすがに悪くはない結果となりそうだと思ったが、これではヒットとはいえないだろう。
ワーナーは実写映画の「藁の盾」を当てたが、「R100」(配給)、「許されざる者」「すべては君に逢えたから」「黒執事」をハズしている。
「るろうに剣心」が最後の綱となりそうだ。


13位:「Ⅹ-MEN:フューチャー&パスト」(20世紀フォックス)<5週目>
【公開前個人予想】 9億円台
【現時点での興行収入予想】 10億円台(OP時12億円台)
【公開規模】 387スクリーン(先週比-208スクリーン)
※3D、2D、字幕版、吹替版があるので、実際の劇場館数はもっと少ない。
1.8千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定9.8億円となっている。
1週間の伸びは4.3千万円半ば程度だろうか。
日本を舞台にしたスピンオフがコケているので、意外と健闘しているように思える。

未来と過去を舞台とするため新旧のキャストが揃う作品。
公開前に『アメリカではヒットしているが、日本では当然ヒットを期待できないだろう』と書いたが、それほど悪くはない結果となりそうだ。

過去の「X-MEN」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆01年「X-MEN」トータル18.5億円
☆03年「X-MEN2」トータル18.0億円
☆06年「X-MEN:ファイナルディシジョン」トータル15.3億円
OP2.8→7.9→11.5→13.4→14.4
☆09年「ウルヴァリン X-MEN ZERO」トータル8.9億円
金2.3→4.8→07.3→08.3
☆11年「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」トータル7.0億円
先1.7→4.1→05.5→06.3
☆13年「ウルヴァリン:SAMURAI」トータル8.1億円
金2.4→5.1→06.6→07.4→07.9
☆14年「Ⅹ-MEN:フューチャー&パスト」
金3.5→6.7→08.4→09.4→09.8億円→
主要作品との対比で考えると、「Ⅹ-MEN:フューチャー&パスト」の興行収入は10.0~10.4億円となる。
「X-MEN:ファイナルディシジョン」のオープニングと近かったが、伸びはないようだ。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「アイアンマン2」トータル12.0億円
金3.4→6.9→9.1→10.5→11.2
☆12年公開「アベンジャーズ」トータル36.1億円
先13.9→22.2→28.4→31.5→33.5→34.9
☆12年公開「ダークナイト・ライジング」トータル19.7億円
先4.6→10.1→13.5→16.8→18.1→18.9
☆13年公開「アイアンマン3」トータル25.7億円
金4日7.9→17.4→20.3→22.5→25.0→25.3
☆13年公開「マン・オブ・スティール」トータル9.7億円
金3.4→6.4→8.0→8.9
☆14年「Ⅹ-MEN:フューチャー&パスト」
金3.5→6.7→8.4→9.4→9.8億円→
「マン・オブ・スティール」を超えるレベルか。
主要作品との対比で考えると、「Ⅹ-MEN:フューチャー&パスト」の興行収入は10.1~10.7億円となる。
あまり伸びはないだろう。
「Ⅹ-MEN:フューチャー&パスト」の興行収入はOP時に12億円台と予想したが、先週に引き続き10億円台と予想したい。
オープニングの成績には、先行分も含まれており、数値が正確でなく微妙なところもあったようだ。
公開前個人予想は9億円台だったので、結果的に当たりとなりそうだ。
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」トータル7.0億円なので、さすがに急激に高いヒットにはならない。


12位:「青天の霹靂」(東宝)<6週目>
【公開前個人予想】 20億円台
【現時点での興行収入予想】 11億円台(OP~2週目15億円台)
【公開規模】 299スクリーン(先週比-1スクリーン)
2.1千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定10.8億円半ばとなっている。
1週間の伸びは5.9千万円半ば程度か。
評価の高そうな作品だけに期待したが、あまり伸びなかったようだ。

劇団ひとりの監督・原作・共同脚本・出演作品。
大泉洋、柴咲コウが主演している。
公開前に『コメディ系の感動作品であり、評価も高そうだ。意外なヒットとなる可能性はある』と書いたとおりとなりそうもない。

劇団ひとり原作小説の映画化の興行収入は以下のとおり。
☆08年「陰日向に咲く」トータル19.5億円
OP2.4→7.2→祝11.8→14.2→16.3→17.8
☆14年「青天の霹靂」
OP1.8→5.4→7.7→9.2→10.3→10.9億円→
これとの対比で考えると、「青天の霹靂」の興行収入は11.9億円となる。
ここまで伸びないかもしれない。

お笑い芸人の監督作品のヒットした作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「大日本人」トータル11.6億円
先込2.3→6.2→8.4→9.8→10.6→11.2
☆11年「さや侍」トータル6.3億円
OP1.2→3.4→4.7→5.5
☆09年「ドロップ」トータル19.5億円
祝3日2.5→7.0→11.6→14.5→16.1→17.1
☆11年「漫才ギャング」トータル8.4億円
OP0.9→3.2→5.3→6.7→7.4
☆14年「青天の霹靂」
OP1.8→5.4→7.7→9.2→10.3→10.9億円→
これらとの対比で考えると、「青天の霹靂」の興行収入は11.3~12.4億円となる。
「ドロップ」は超えられず、「大日本人」が目標となる。
少しは話題になることを期待していたが、無理そうだ。
「青天の霹靂」の興行収入は2週目まで15億円台と予想したが、先週に引き続き11億円台と予想したい。
公開前個人予想は20億円台だったので、高すぎたか。
この手の感動作品はヒットしやすく、もうちょっと話題になるかと思ったが、期待が高すぎたか。
ただ、この程度でも十分なヒットといえるだろう。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。