ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる映画ニュース(7月第3週目)

☆『ホーンテッドマンション』のリメイクが進行中
ギレルモ・デル・トロ監督によってリメイクが企画されているが、現在は脚本の手直し中とのことのようだ。
ただ、ギレルモ・デル・トロ監督は『パシフィック・リム2』『ピノキオ』の映画化、ホラー映画『Crimson Peak』の企画があり、実際に実現するのか非常に疑わしいところがある。
最近になり、『ヘルボーイ3』の企画が全てのスタジオから断られて、完全に消えたとの情報もあり、実際に映画化の実現までの道のりは相当厳しいようだ。
ギレルモ・デル・トロ監督には以下のような企画があったが、ことごとく消えている。
トム・クルーズ主演『At The Mountains Of Madness』
『美女と野獣』の実写化
アニメ作品『トロールハンターズ』
『フランケンシュタイン』
『ホーンテッドマンション』がこのリストに入らないのを祈るばかりだ。


☆ハリウッド版『DEATH NOTE』の監督が降板
『アイアンマン3』のシェーン・ブラックが監督を務める予定だったが、降板し、ガス・バン・サントが起用されたようだ。
企画があまり動いていなかったようであり、シェーン・ブラック監督は、『プレデター』の続編を手掛けることに決まったので降板したのだろう。
キャスティングは未定。
『アイアンマン3』のデキが良かったので、シェーン・ブラック監督の方がよかっただろう。
ガス・バン・サント監督では良作ながら地味なサスペンスになりそうだ。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。