ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(7月4週目その1)

動員1位:「GODZILLA ゴジラ」(ワーナー・東宝)<1週目>
【公開前個人予想】 48億円台
【現時点での興行収入予想】  38億円台
【公開規模】 427スクリーン
金曜日からの3日間で6.8億円(683,483,500円)のオープニングを飾った。
土日2日間では5.1億円弱(508,449,700円)だったようだ。
先週『オープニング3日は6.5億円程度か』と書いたので、ほぼ予想どおりとなっている。
公開前に『全米では現在199百万ドルの大ヒットとなっている。日本でも当然大ヒットするだろう。題材的にサプライズヒットになる可能性もある』と書いたとおり、さすがに当然ヒットするだろう作品がヒットしただけだ。

夏の大作映画の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先07.8→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2
☆11年公開「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル42.5億円
金08.2→17.9→26.5→34.2→37.5→39.8
☆11年公開「猿の惑星」トータル24.2億円(参考※秋公開作品)
4日7.3→13.1→17.8→20.6→22.6→23.3→23.7
☆12年公開「アベンジャーズ」トータル36.1億円
先13.9→22.2→28.4→31.5→33.5→34.9
☆14年「GODZILLA ゴジラ」
金06.8億円→
「トランスフォーマー」対比で考えると、「GODZILLA ゴジラ」の興行収入は35.2億円となる。
純粋なエンターテイメント作品にはなっていないので、内容的に微妙ながら、伸びることは期待したい。
ただ、想定していた通常よりも高い伸びは期待できないかもしれない。
「GODZILLA ゴジラ」の興行収入は38億円台と予想したい。
公開前個人予想は48億円台だったので高すぎたか。
単純なエンターテイメント作品ならば、ムーブメントが起きるかと思ったが、内容的にその期待はしにくい。


動員5位:「エイトレンジャー2」(東宝)<1週目>
【公開前個人予想】 14億円台
【現時点での興行収入予想】  8億円台
【公開規模】 160スクリーン
1.2億円半ば(124,763,200円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは2.1億円程度か』と書いたので、予想よりも低かった。
人気の関ジャニなので前作を超える動きをすると考えて、高めに予想したが、期待が高すぎたか。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆12年「エイトレンジャー」トータル12.0億円
OP1.6→4.3→6.6→9.0→10.1→11.0
☆14年「エイトレンジャー2」
OP1.2億円→
これらの作品との対比で考えると、「エイトレンジャー2」の興行収入は9.0億円となる。
これがマックスラインか。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆13年「県庁おもてなし課」トータル6.9億円
OP1.2→3.2→4.5→5.5→6.1
☆13年「100回泣くこと」トータル7.3億円
OP1.5→3.7→4.9→5.8→6.6
☆14年「抱きしめたい‐真実の物語-」14~15億円見込み
OP2.8→6.6→9.8→11.7→13.1→13.9
☆14年「エイトレンジャー2」
OP1.2億円→
これらの作品との対比で考えると、「エイトレンジャー2」の興行収入は5.8~6.9億円となる。
夏休み時期でもあり、かなり伸びるだろう。
「エイトレンジャー2」の興行収入は8億円台と予想したい。
公開前個人予想は14億円台だったので高すぎたか。
前作から2割増と予想したが、前作から3割減となりそうだ。
前作が高すぎるので、仕方のない結果かもしれない。
前作を無視すれば、この程度稼げれば、十分ともいえるだろう。


動員9位:「幕末高校生」(東映)<1週目>
【公開前個人予想】 5億円台
【現時点での興行収入予想】  2億円台
【公開規模】 254スクリーン
5.1千万円(51,013,200円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは8千万円程度か』と書いたので、予想を下回った。
公開前に『東映がまた勘違いして作ってしまった時代劇のような気がする。若年層は時代劇には興味がなく、年配層は若者が出る時代劇には興味がない。玉木宏には「のだめ」のようなヒット作品はあるが、09年「真夏のオリオン」トータル5.7億円となっており、大ヒットを期待するほどの結果を残していない。監督の李闘士男も「デトロイト・メタル・シティ」のようなヒット作品があるが、10年「ボックス!」(トータル4.8億円)がヒットしていない』とかなり低くなることを予想したが、さらに下回るとは思わなかった。
玉木宏は結構番宣していたような気がしたが、ちょっと不憫だ。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「真夏のオリオン」トータル5.7億円
OP1.1→3.0→4.1→4.9→5.3
☆10年「ボックス!」トータル4.8億円
OP1.1→2.6→3.6→4.1
☆14年「幕末高校生」
OP0.5億円→
これらとの対比で考えると、「幕末高校生」の興行収入は2.2~2.6億円となる。
夏休み時期であり、この程度は稼ぐだろう。
「幕末高校生」の興行収入は2億円台と予想したい。
公開前個人予想は5億円台だったので、低く見積もったが、それでも高すぎたか
夏休み時期の公開作品としてはかなり悲惨ではないか。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。