ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(8月2週目その1)

動員1位:「STAND BY ME ドラえもん」(東宝・テレビ朝日)<1週目>
【公開前個人予想】 42億円台
【現時点での興行収入予想】  52億円台
【公開規模】 319スクリーン
金曜日からの3日間で9.9億円弱(988,257,700円)のオープニングを飾った。
土日2日間では7.7億円弱(767,248,000円)だったようだ。
先週『金曜日からのオープニングは6.0億円程度か』と書いたので、予想よりもかなり高かった。
台風が来たから遠出を避けて劇場に向かったの、台風が来たから外出を避けて本来ならばもっと動員があったのかはよく分からない。
ヒットするとは思ったが、オープニングから爆発せずに徐々に伸びると思っていた。
公開前に『微妙なところはあるが、この企画は当たると思われる。泣ける映画は強いからである。口コミで伸びていきそうだ』と書いたとおりとなりそうだ。

3D化された通常の春公開シリーズとは異なるタイプの作品。
八木竜一、山崎貴が共同監督を務める。
山崎貴は「ALWAYS」シリーズ、「ヤマト」、「永遠の0」などを手掛けている。

「映画ドラえもん」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆00年「のび太の太陽王伝説」 トータル30.5億円
☆01年「のび太と翼の勇者たち」トータル30.0億円
☆02年「のび太とロボット王国」トータル23.1億円
☆03年「のび太とふしぎ風使い」トータル25.4億円
☆04年「のび太のワンニャン時空伝」トータル30.5億円
☆05年 なし
☆06年「のび太の恐竜2006」トータル32.8億円
4.3→09.0→12.7→18.0→25.9→30.3→31.5
☆07年「のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」トータル35.4億円
5.6→10.5→17.3→26.1→32.1→33.3→33.8
☆08年「のび太と緑の巨人伝」トータル33.7億円
5.2→09.5→15.3→22.8→30.1→31.7→32.2→32.3
☆09年「新・のび太の宇宙開拓史」トータル24.5億円
3.7→07.0→11.1→15.9→21.7→23.0→23.3→23.5
☆10年「のび太の人魚大海戦」トータル31.6億円
5.5→09.7→13.7→20.2→27.7→29.9→30.3→30.5
☆11年「新・のび太と鉄人兵団」トータル24.6億円
4.5→06.9→09.3→13.6→19.6→22.3→22.8→23.1
☆12年「のび太と奇跡の島」トータル36.2億円
5.5→10.7→14.5→20.4→28.8→33.8→34.6→34.8
☆13年「のび太のひみつ道具博物館」トータル39.8億円
6.7→12.3→20.0→29.0→35.9→37.2→37.8
☆14年「新・のび太の大魔境」トータル35.8億円
6.0→11.1→17.4→25.0→31.8→33.4→34.1→34.3
☆14年「STAND BY ME ドラえもん」
金9.9(OP7.7)億円→
主要作品との対比で考えて、金曜日分を足すと、「STAND BY ME ドラえもん」の興行収入は44.3~52.9億円となる。
当然伸びが高いと思われるので、この上限程度まで伸びそうだ。
「STAND BY ME ドラえもん」の興行収入は52億円台と予想したい。
公開前個人予想は42億円台だったので低すぎたか。
ヒットするのは分かるが、通常の4割増という高めに予想する冒険もできない。
当面は13年「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」トータル42.5億円がライバルとなる。


動員3位:「トランスフォーマー/ロストエイジ」(パラマウント)<1週目>
【公開前個人予想】 26億円台
【現時点での興行収入予想】  30億円台
【公開規模】 760スクリーン
※2D、3D版があり、劇場数はもっと少ないはず。
金曜日からの3日間で6.5億円(652,350,970円)のオープニングを飾った。
土日2日間では4.8億円半ば(485,281,100円)だったようだ。
先週『金曜日からのオープニングは4.8億円程度か』と書いたので、予想よりも高かった。
出演者が代わり、思い切って予想をかなり下げたが、関係なかったか。

マイケル・ベイ監督の続編作品。
前作で3部作の第一部が完結し、第二部がスタートする。
主演はマーク・ウォールバーグに代わる。
アメリカでは、「1」が319百万ドル、「2」が402百万ドル、「3」が352百万ドルを稼ぐシリーズだったが、本作は現在243百万ドルしか稼いでいない。
日本でも前作を大きく下回るだろう。

過去の興行収入は以下のとおり。
☆07年公開「トランスフォーマー」トータル40.1億円
OP6.3→16.0→28.5→32.1→35.4→37.2→祝38.9→39.4
☆09年公開「トランスフォーマー/リベンジ」トータル23.2億円
先金5.6→12.1→16.5→19.4→20.8→21.9
☆11年公開「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル42.5億円
金08.2→17.9→26.5→34.2→37.5→39.8
☆14年公開「トランスフォーマー/ロストエイジ」
金06.5億円→
07年以外の作品との対比で考えると、「トランスフォーマー/ロストエイジ」の興行収入は26.9~33.7億円となる。
この対比の半分程度の30億円程度となるだろうか。
なお、「トランスフォーマー/リベンジ」の興行収入が低いのは公開時期が夏休み時期ではなく、6月という中途半端なためであると考えられる。

夏の大作映画の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先07.8→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2
☆12年公開「アベンジャーズ」トータル36.1億円
先13.9→22.2→28.4→31.5→33.5→34.9
☆14年公開「トランスフォーマー/ロストエイジ」
金06.5億円→
先行があるので、対比はしにくいが、これらは下回るだろう。
「トランスフォーマー/ロストエイジ」の興行収入は30億円台と予想したい。
前作42.5億円の3割減程度となりそうだ。
公開前個人予想は26億円台だったので、低すぎたか。
さすがに実績のある作品だけに、大きくは落ちなかったようだ。
今年公開された「アメイジング・スパイダーマン2」トータル31億円を超えるかが注目となる。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。