ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(8月2週目その4)

11位:「好きっていいなよ。」(松竹)<5週目>
【公開前個人予想】 12億円台
【現時点での興行収入予想】  10億円台(3~4週目9億円台、OP時11億円台)
【公開規模】 246スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.3千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定9.1億円弱となっている。
1週間の伸びは1.2億円半ば程度だろうか。
公開前に『松竹系というところが気になるが、どうせヒットするのだろう。逆らわずに、高めに予想したい』と書いたとおりとなりそうだ。
川口春奈、福士蒼汰主演作品。
人気コミックの映画化。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「僕の初恋をキミに捧ぐ」トータル21.5億円
OP2.8→07.8→13.0→16.0→祝18.5→19.5→20.3
☆10年「君に届け」トータル15.3億円
OP2.3→06.2→09.0→11.5→12.9→13.8→14.5
☆11年「パラダイス・キス」トータル13.9億円
OP2.0→5.8→8.8→10.9→12.2→13.1→13.6
☆12年「僕等がいた 前篇」トータル25.2億円
OP3.0→9.8→15.4→19.1→21.3→23.0→23.7
☆12年「僕等がいた 後篇」トータル17.2億円
OP3.1→07.5→12.6→14.3→15.5→16.2→16.6
☆12年「今日、恋をはじめます」トータル17.7億円
OP2.3→5.9→祝9.6→12.7→15.0→16.1→16.9
☆13年「陽だまりの彼女」トータル17.9億円(非コミック)
祝4.1→7.6→11.1→祝14.1→15.3→16.3→16.9
☆13年「潔く柔く」トータル5.0億円
OP0.9→祝2.8→3.7→4.3
☆14年「好きっていいなよ。」
OP1.6→不明→6.2→7.8→9.1億円→
主要作品との対比で考えると、「好きっていいなよ。」の興行収入は10.1~10.8億円となる。
14~17億円辺りが標準となりそうだが、やはり公開前に『さすがに大ヒットするとは思えず、標準を超えない辺りが着地点か』と書いたとおりとなりそうだ。
ただ、夏休み時期になり、伸びが止まらなかった。
「好きっていいなよ。」の興行収入はOP時に11億円台、先週まで9億円台と予想したが、10億円台に上方修正したい。
ここまでくれば、松竹は意地でも大台に乗せるだろう。
公開前個人予想は12億円台だったので、悪くはない予想となりそうだ。
しかし、やはりこの手の作品は安定してヒットする。


12位:「プレーンズ2/ファイアー&レスキュー」(ディズニー)<4週目>
【公開前個人予想】 8億円台
【現時点での興行収入予想】  4億円台(OP時6億円台)
【公開規模】 311スクリーン(先週比-1スクリーン)
2.2千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定3.8億円半ばとなっている。
1週間の伸びは7.4千万円程度だろうか。
「ポケモン」「マーニー」「仮面ライダー」「マレフィセント」「ドラえもん」とファミリー向け作品の強敵が揃い、本作の出番があるわけがなく、その辺りを考慮できなかった。

ピクサー作品「カーズ」の世界観を利用したスピンオフ的な映画。
本シリーズはピクサー作品ではなく、前作がヒットすると思えなかったが、それなりに稼いだ。
前作の興行収入は以下のとおり。
☆13年公開「プレーンズ」トータル11.4億円
金2.3→4.7→8.5→9.8→10.8→11.1
☆14年公開「プレーンズ2/ファイアー&レスキュー」
OP0.8→2.1→3.1→3.9億円→
前作との対比で考えると、本作の興行収入は4.5億円となる。
前作の半分以下となりそうだ。
ここまで下がるとは思わなかった。

10億円台の近年のハリウッドアニメの興行収入は以下のとおり。
☆09年公開「ボルト」トータル16.5億円
OP2.5→7.0→11.7→14.2→15.8
☆09年公開「マダガスカル2」トータル10.2億円
OP1.6→04.1→06.5→09.3→9.9
☆10年公開「怪盗グルーの月泥棒 3D」トータル12.0億円
金2.5→6.3→8.2→9.5→11.3→11.7→12.0
☆10年公開「シュレック フォーエバー」トータル10.0億円
OP1.2→3.1→05.8→08.3→09.3→09.6
☆11年公開「カンフー・パンダ2」トータル10.8億円
金2.7→6.6→9.0→9.8→10.2
☆11年公開「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」トータル10.8億円
4日3.2→5.8→7.2→8.2→9.4→10.4
☆12年公開「長くつをはいたネコ」トータル11.7億円
OP1.7→4.9→8.6→10.8→11.3
☆12年「メリダとおそろしの森」トータル9.5億円(参考)
OP1.5→4.2→06.1→07.6→08.7
☆14年公開「プレーンズ2/ファイアー&レスキュー」
OP0.8→2.1→3.1→3.9億円→
これらの対比で考えると、「プレーンズ2/ファイアー&レスキュー」の興行収入は4.2~5.1億円となる。
ファミリー向け作品であり、少しは伸びそうだが、あまり伸びそうもない。
「プレーンズ2/ファイアー&レスキュー」の興行収入はOP時に6億円台と予想したが、先週に引き続き4億円台と予想したい。
公開前個人予想は8億円台だったので、かなり高すぎたか。
ディズニーのファミリー向け作品であり、前作を踏まえると、そうそう低くは予想できない。


13位:「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(ワーナー)<6週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】  15億円台(3週目14億円台、2週目13億円台)
【公開規模】 347スクリーン(先週比-68スクリーン)
※2D、3D版があり、劇場数はもっと少ないはず。
1.7千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定15.2億円となっている。
1週間の伸びは5.3千万円半ば程度だろうか。
ようやく15億円を突破した。
先行公開されていたため、予想は控えたが、もうちょっとヒットすると思っていた。

日本のライトノベルを原作としたトム・クルーズ主演のSF作品。
トム・クルーズ主演作の興行収入は以下のとおり。
☆02年公開「バニラ・スカイ」トータル33.2億円
☆02年公開「マイノリティ・リポート」トータル52.4億円
☆03年公開「ラストサムライ」トータル137.0億円
☆04年公開「コラテラル」トータル22.0億円
OP4.1→10.3→14.1→16.7→18.9→20.1
☆05年公開「宇宙戦争」トータル60.0億円
5日16.4→29.3→39.5→43.8→47.7→50.4
☆06年公開「M:I:Ⅲ」トータル51.5億円
先々含む14.1→25.1→34.5→39.3→42.3→46.0
☆08年公開「大いなる陰謀」トータル6.2億円
金1.5→3.3→04.9→05.7→6.0
☆09年公開「ワルキューレ」トータル12.5億円
祝3日3.8→7.7→10.1→11.3→11.9
☆10年公開「ナイト&デイ」トータル23.1億円
先3日6.8→11.9→16.0→18.8→20.9→22.0
☆11年「ミッション:インポッシブル」トータル53.8億円
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4→47.7
☆13年「アウトロー」トータル11.3億円
金3.2→7.0→9.2→10.2
☆13年「オブリビオン」トータル13.1億円
金4.4→8.5→11.0→12.0→12.8
☆14年「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
先4.6→8.7→11.7→13.7→14.7→15.2億円→
「アウトロー」「ワルキューレ」「オブリビオン」を突破した。
先行公開されているので、単純比較はしにくいが、主要作品との対比で考えると、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の興行収入は16.0~17.1億円となる。
先行公開されているので、ここまで伸びないだろう。

先行公開された作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年公開「プロメテウス」トータル18.1億円
先7.5→13.1→15.7→17.1
☆13年「スター・トレック イントゥ・ダークネス」トータル10.8億円
先4.1→07.3→09.0→09.9
☆14年「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
先4.6→08.7→11.7→13.7→14.7→15.2億円→
評価が高いが、そろそろ伸びが止まる頃だろう。
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の興行収入は2週目まで13億円台、3週目まで14億円台と予想したが、先週に引き続き15億円台と予想したい。
「オブリビオン」を超えたので悪くはないだろうが、「ナイト&デイ」トータル23.1億円辺りまで稼いでもおかしくないと思っていた。


14位:「アナと雪の女王」(ディズニー)<22週目>
【公開前個人予想】 36億円台
【現時点での興行収入予想】 258億円台(19~21週目265億円程度、15~18週目250億円程度、9~14週目240億円程度、8~10週目210億円程度、4~7週目150億円台、OP~3週目100億円台)
【配給会社期待値等】 公開時:「100億円突破は確実」
GW明け:「200億円も確実」「200億円突破も現実味を帯びてきた」
【公開規模】 194スクリーン(先週比-121スクリーン)
※3D版、2D版、字幕版、吹替版があり、劇場数はもっと少ない。
1.4千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定254.0億円半ばとなっている。
1週間の伸びは6.1千万円半ば程度だろうか。
なぜだが話題が話題を呼び、歴史的大ヒットとなっている。
ヒットがヒットを呼び込むパターンに陥った。
週毎の動きは以下のとおり。
OP9.9→2週目20.2→3週目22.7→4週目24.3→5週目15.8→6週目14.4→7週目12.9→8週目39.2→9週目11.4→10週目14.5→11週目13.1→12週目13.9→13週目11.0→14週目7.8→15週目6.6→16週目4.9→17週目3.8→18週目2.5→19週目2.2→20週目1.5→21週目0.9→22週目0.6億円となっている。
14週目にしてようやく勢いが衰えてきたが、それから一向に落ちてこない。
7月16日にDVDが発売され、さすがにやや落ちてきた。

近年のディズニー映画の興行収入は以下のとおり。
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」トータル25.6億円
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2→22.4
☆13年公開「シュガー・ラッシュ」トータル30.0億円
OP3.4→12.9→21.8→24.6→26.5→28.9
☆14年公開「アナと雪の女王」
20週目252.5→253.4→254.1億円→
この2本からここまで大きくヒットするとは思えなかった。

以下の作品を大きく超えた。
☆08年「崖の上のポニョ」トータル155.0億円
☆10年公開「アバター」トータル156.0億円
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」トータル118.0億円
☆10年公開「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
☆13年「風立ちぬ」トータル120.2億円
☆14年公開「アナと雪の女王」
20週目252.5→253.4→254.1億円→
これらの作品の興行収入を大きく超えている。
「タイタニック」トータル262億円を抜くまで、公開しそうだと思ったが、さすがに厳しいか。
「アナと雪の女王」の興行収入は3週目まで100億円台、7週目まで150億円台、10週目まで210億円程度、14週目まで240億円程度、18週目まで250億円程度、先週まで265億円程度と予想したが、258億円台に下方修正したい。
01年「ハリー・ポッターと賢者の石」トータル203億円、04年「ハウルの動く城」トータル196億円、97年「もののけ姫」トータル193億円を超えたので、「千と千尋の神隠し」トータル304億円、「タイタニック」トータル262億円に次ぐ歴代3位の成績となる。
公開前個人予想は36億円台だったので低すぎた。
本作がここまでの歴史的大ヒットになるとは夢にも思わなかった。
歌の力は凄いものの、そこまで面白い作品でもないと思うが、ヒットする理由はそういった問題ではないようだ。


15位:「バトルフロント」(ショウゲート)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】  1億円未満
【公開規模】 63スクリーン
1.3千万円半ばのオープニングを飾った。
シルベスター・スタローン制作、ジェイソン・ステイサム主演のアクションサスペンス。
評価は悪くはない作品だが、日本で公開する必要はあるのだろうか。
「バトルフロント」の興行収入は1億円未満となりそうだ。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。