ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(8月4週目その5)

8位:「GODZILLA ゴジラ」(ワーナー・東宝)<5週目>
【公開前個人予想】 48億円台
【現時点での興行収入予想】  32億円台(OP~2週目38億円台)
【公開規模】 427スクリーン(先週比±0スクリーン)
※2D、3D版があり、劇場数はもっと少ないはず。
8.2千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは28.5億円弱となっている。
1週間の伸びは2.3億円弱程度だろうか。
公開前に『全米では現在199百万ドルの大ヒットとなっている。日本でも当然大ヒットするだろう。題材的にサプライズヒットになる可能性もある』と書いたとおり、さすがに当然ヒットするだろう作品がヒットしただけだ。

夏の大作映画の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先07.8→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2
☆11年公開「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル42.5億円
金08.2→17.9→26.5→34.2→37.5→39.8
☆11年公開「猿の惑星」トータル24.2億円(参考※秋公開作品)
4日7.3→13.1→17.8→20.6→22.6→23.3→23.7
☆12年公開「アベンジャーズ」トータル36.1億円
先13.9→22.2→28.4→31.5→33.5→34.9
☆14年「GODZILLA ゴジラ」
金06.8→15.6→20.5→26.2→28.5億円→
これらとの対比で考えると、「GODZILLA ゴジラ」の興行収入は30.5~34.0億円となる。
純粋なエンターテイメント作品にはなっていないので、想定していた通常よりも高い伸びは期待できないかもしれない。
「GODZILLA ゴジラ」の興行収入は2週目まで38億円台と予想したが、先週に引き続き32億円台と予想したい。
公開前個人予想は48億円台だったので高すぎたか。
単純なエンターテイメント作品ならば、ムーブメントが起きるかと思ったが、内容的にその期待はしにくい。


9位:「ポケモン・ザ・ムービー XY 破壊の繭とディアンシー」(東宝・テレビ東京)<6週目>
【公開前個人予想】 29億円台
【現時点での興行収入予想】  30億円台(OP~2週目26億円台)
【公開規模】 357スクリーン(先週比±0スクリーン)
7.5千万円を週末に稼ぎ、トータルでは25.2億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.3億円半ば程度だろうか。
週毎の動きは以下のとおり。
OP3.9→2週目6.0→3週目4.8→4週目3.9→5週目4.2→6週目2.4億円となっている。
お盆時期もあり、ようやく落ち込んできたが、意外と伸び自体は悪くなかった。
公開前に『新シリーズのようだが、人気の凋落を止めることはできるのだろうか。人気の下落を止めるのはちょっと厳しいと考えて、予想したい』と書いたが、どうなるだろうか。
オープニングは、7年ぶりの動員ランキング1位となったようだが、皮肉なものだ。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆98年 配給収入41.5億円「ミュウツーの逆襲」
☆99年 配給収入35.0億円「幻のポケモン・ルギア爆誕」
☆00年 48.5億円「結晶塔の帝王 ENTEI」
☆01年 39.0億円「セレビィ時を超えた遭遇」
☆02年 26.7億円「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
☆03年 45.0億円「七夜の願い星ジラーチ」
☆04年 43.8億円「裂空の訪問者 デオキシス」
☆05年 43.0億円「ミュウと波導の勇者ルカリオ」
OP不明→13.0→20.5→26.5→32.4→37.3→39.8→40.6
☆06年 34.0億円「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」
OP04.2→10.3→15.7→20.3→24.7→29.3→31.4→32.6
☆07年 50.2億円「ディアルガVSパルキアVSダークライ」(※10周年)
祝込3日11.3→16.9→24.5→31.4→37.2→43.2→46.2→48.4→49.0
☆08年 48.0億円「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」
祝込3日10.2→18.5→26.9→33.3→39.6→43.3→45.8→46.4→祝46.8
☆09年 46.7億円「アルセウス 超克の時空へ」
祝込3日09.8→17.8→26.4→32.5→38.7→42.1→44.3→45.0→45.2
☆10年 41.6億円「幻影の覇者 ゾロアーク」
OP6.3→祝13.1→17.7→23.7→28.3→33.5→36.7→38.7→39.6
☆11年 43.3億円「ビクティニと黒き英雄ゼクロム」「ビクティニと白き英雄レシラム」
祝込3日08.3→13.4→20.4→26.0→31.6→36.5→39.4→40.8→41.1
☆12年 36.1億円「ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ」
祝込3日07.5→10.9→16.3→21.2→25.6→30.3→32.6→34.2→34.5
☆13年 31.7億円「ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」
祝込3日07.1→10.1→14.6→18.8→22.3→26.6→28.7→30.0→30.6
☆14年「XY/破壊の繭とディアンシー」
祝込3日06.0→09.9→14.7→18.7→22.9→25.3億円→
最高のピークは07年の50.2億円、近年の最低のピークは昨年の31.7億円となっている。
近年の作品との対比で考えると、今年の興行収入は28.1~30.2億円となる。
オープニングに集まるタイプの作品であり、今後伸びるとは思えないと思っていたが、さすがに実績のある作品だけに地力があるようだ。
今年の興行収入は2週目まで26億円台と予想したが、先週に引き続き30億円台と予想したい。
02年の26.7億円、昨年の31.7億円を超えるかが注目となる。
公開前個人予想は29億円台だったので、ほぼ当たりとなりそうだ。
ただ、このまま人気が落ちれば、そのうち「妖怪ウォッチ」に映画化枠を乗っ取られるかもしれない。


9位:「劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!」(東映・テレビ朝日)<4週目>
【公開前個人予想】 11億円台
【現時点での興行収入予想】  10億円台
【公開規模】 310スクリーン(先週比±0スクリーン)
5.0千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定6.3億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.1億円弱程度だろうか。
やはり勢いがない。
「マレフィセント」「ポケモン」「マーニー」「ドラえもん」という強力な作品があり、競り負けたようだ。

公開前に『サッカーが題材のようだが、タイミング的にはギリギリか。大ヒットするイメージはないが、知名度からそれなりに稼ぐだろう』と書いたとおりとなるだろうか。
過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆09年「W&ディケイド」トータル15.4億円(年末)
OP4.5→7.6→10.5→12.4→祝込14.5→14.9
☆10年「W FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」トータル14.7億円(夏)
OP3.3→8.6→11.5→13.2→14.1
☆10年「オーズ&ダブル」トータル13.8億円(年末)
OP3.7→7.0→09.8→祝12.5→13.1→13.5→13.6
☆11年「オーズ・電王・オールライダー」トータル13.3億円(GW)
金4.0(OP3.0)→7.6→09.2→10.2→11.4→12.8→13.0
☆11年「オーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」トータル17.6億円(夏)
OP3.5→8.8→13.5→15.6→16.8→17.2
☆11年「フォーゼ&オーズMOVIE大戦 MEGA MAX」トータル15.1億円(年末)
OP3.8→6.8→09.1→11.5→13.7→14.6
☆12年「仮面ライダー×スーパー戦隊」トータル15.6億円(GW)
OP4.1→7.3→13.2→14.2→14.8→15.2
☆12年「フォーゼ みんなで宇宙キターッ!」トータル12.7億円(夏)
OP2.5→5.9→09.7→11.2→12.2
☆12年「ウィザード&フォーゼ MOVIE」トータル11.9億円(年末)
OP2.8→5.3→06.8→08.7→10.8
☆13年「ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事」トータル9.4億円(GW)
OP2.3→6.8→07.8→08.5→09.2
☆13年「ウィザード in マジックランド」トータル12.3億円(夏)
OP2.5→5.5→09.2→10.9
☆13年「鎧武&ウィザード」
OP2.2→不明→06.1→08.5→09.3→9.9
☆14年「平成ライダー対昭和ライダー」
OP2.6→6.2→07.8→08.7→09.1→09.6
☆14年「鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!」
OP1.7→3.9→5.3→6.4億円→
夏のライダーは12~15億円が標準となる。
夏公開作品との対比で考えると、本作の興行収入は7.2~7.3億円となる。
7億円程度の動きだが、地力の違いで伸ばすだろう。
「劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!」の興行収入は先週に引き続き10億円台と予想したい。
公開前個人予想は11億円台だったので、現時点では問題はなさそうだ。
きちんと伸ばせるかが注目となる。
ただ、そろそろ人気の陰りも見せ始めているような気がする。


13位:「宇宙兄弟#0」(ワーナー)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】  2億円台
【公開規模】 210スクリーン(先週比+1スクリーン)
2.0千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定2.8億円となっている。
1週間の伸びは6.3千万円程度だろうか。
お盆時期で多少伸びたが、コケたといっていいだろう。
「るろうに剣心」を当てたが、ワーナーがまたハズしたようだ。
人気の漫画・アニメのはずだが、なぜこれほど中途半端なのだろうか。

以下の作品と同程度か。
☆13年「聖☆おにいさん」
OP0.6→1.4→1.9
☆13年「劇場版トリコ 美食神の超食宝」
OP0.6→1.4→1.8
☆14年「宇宙兄弟#0」
OP0.8→2.2→2.9億円→
これらの作品よりは伸びそうだ。
「宇宙兄弟#0」の興行収入は先週まで2億円台と予想したが、3億円台に上方修正したい。
ヒットはしないだろうとぼんやりと思ったが、はっきりと予想する気にならなかったので、放置していたものの、もうちょっとは稼ぐと思っていた。


14位:「エイトレンジャー2」(東宝)<5週目>
【公開前個人予想】 14億円台
【現時点での興行収入予想】  7億円台(OP~2週目8億円台)
【公開規模】 160スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.7千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは推定6.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは6.0千万円弱程度だろうか。
人気の関ジャニなので前作を超える動きをすると考えて、高めに予想したが、期待が高すぎたか。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆12年「エイトレンジャー」トータル12.0億円
OP1.6→4.3→6.6→9.0→10.1→11.0
☆14年「エイトレンジャー2」
OP1.2→3.0→4.3→5.6→6.2億円→
これらの作品との対比で考えると、「エイトレンジャー2」の興行収入は7.4億円となる。
この程度だろうか。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆13年「県庁おもてなし課」トータル6.9億円
OP1.2→3.2→4.5→5.5→6.1
☆13年「100回泣くこと」トータル7.3億円
OP1.5→3.7→4.9→5.8→6.6
☆14年「抱きしめたい‐真実の物語-」14~15億円見込み
OP2.8→6.6→9.8→11.7→13.1→13.9
☆14年「エイトレンジャー2」
OP1.2→3.0→4.3→5.6→6.2億円→
これらの作品との対比で考えると、「エイトレンジャー2」の興行収入は6.9~7.0億円となる。
夏休み時期でもあり、かなり伸びると期待したが、多大な期待はしにくいか。
「エイトレンジャー2」の興行収入は2週目まで8億円台と予想したが、先週に引き続き7億円台と予想したい。
公開前個人予想は14億円台だったので高すぎたか。
前作から2割増と予想したが、前作から3割減となりそうだ。
前作がかなり高すぎるので、仕方のない結果かもしれない。
前作を無視すれば、この程度稼げれば、十分ともいえるだろう。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。