ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(9月1週目その1)

動員5位:「フライト・ゲーム」(GAGA)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】  5億円台
【公開規模】 198スクリーン
1.2億円(121,677,000円)のオープニングを飾った。
200スクリーン未満であり、結構優秀なオープニングだ。

リーアム・ニーソン主演のサスペンス作品。
リーアム・ニーソン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年公開「96時間」トータル4.4億円
OP1.0→2.7→3.7
☆10年公開「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」トータル7.1億円
先込3日2.0→4.3→5.7→6.5
☆11年公開「アンノウン」トータル2.3億円
OP0.6→1.4→1.9→2.1
☆13年公開「96時間/リベンジ」トータル4.6億円
OP1.1→3.3→4.1
☆14年公開「フライト・ゲーム」
OP1.2億円→
「96時間」シリーズと同程度のオープニングとなっている。
これらとの対比で考えると、「フライト・ゲーム」の興行収入は4.6~5.3億円となる。
結構面白かったので、この対比を超えそうだ。

「フライト・ゲーム」1.2億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2013>
☆「LOOPER」1.2億円(トータル5.0億円)
☆「悪の法則」2日1.1億円(トータル4.9億円)
☆「グランド・イリュージョン」2日1.0億円(トータル4.8億円)
これらとの対比で考えると、「フライト・ゲーム」の興行収入は5.0~5.8億円となる。
「フライト・ゲーム」の興行収入は5億円台と予想したい。
予想しなかったが、もう1億円くらい低めに考えていたと思う。
リーアム・ニーソンの人気は日本でも意外とあるようだ。


動員8位:「イン・ザ・ヒーロー」(東映)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】  3億円台
【公開規模】 200スクリーン
4.7千万円(47,283,400円)のオープニングを飾った。
ヒットするはずはないと思ったが、評価は結構良さそうであり、ちょっとは期待していた。相変わらず東映作品は悲惨だ。

唐沢寿明主演のヒューマンドラマ。
今年の東映の実写作品の興行収入は以下のとおり。
☆14年「L・DK」
OP0.7→1.8→2.4→3.2→3.8
☆14年「幕末高校生」
先0.6→1.5
☆14年「偉大なる、しゅららぼん」
OP0.6→1.4
☆14年「喰女-クイメ-」
OP0.4→1.2
☆14年「わたしのハワイの歩きかた」
OP0.2
☆14年「イン・ザ・ヒーロー」
OP0.5億円→
最終的な数値は不明だが、2~4億円という体たらく。
「L・DK」がマシという結果となっている。
「イン・ザ・ヒーロー」もこれらと同程度の2~3億円だろう。
評価が良いので、3億円台と予想したい。
東映は「相棒」も思ったほど稼げず、「プリキュア」と「仮面ライダー」もそろそろ人気の保持にも陰りがあり、改革が必要だろう。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。