ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(9月1週目その4)

11位:「マレフィセント」(ディズニー)<10週目>
【公開前個人予想】 23億円台
【現時点での興行収入予想】 66億円台(6週目63億円台、OP~5週目58億円台)
【公開規模】 389スクリーン(先週比-33スクリーン)
※2D、3D版があり、劇場数はもっと少ないはず。
3.2千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定64.6億円弱となっている。
1週間の伸びは8.5千万円程度だろうか。
既に60億円を突破する大ヒット作品となっている。
ここまでヒットするとは思わなかった。
ディズニーは爆発するようであり、甘く見過ぎたか。
週毎の動きは以下のとおり。
OP6.9→2週目12.7→3週目10.9→4週目9.9→5週目6.4→6週目5.4→7週目6.4→8週目3.0→9週目2.0→10週目0.9億円となっている。
お盆時期が終わり、ようやく伸びが止まってきたか。

アンジェリーナ・ジョリー主演の『眠れる森の美女』を題材にしたファンタジー作品。
関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」トータル118.0億円
5週目93.4→101.0→107.1→111.5→113.8→115.4
☆11年公開「三銃士 王妃の首飾りと~」トータル19.5億円
金3.7→10.1→13.4→15.8→17.8→18.7
☆11年公開「ガリバー旅行記」トータル15.6億円
金2.8→05.9→09.3→14.1→15.0→15.4
☆12年公開「スノーホワイト」トータル17.1億円
金3.7→08.5→12.3→14.4→15.9→16.8
☆13年公開「オズ はじまりの戦い」トータル17.8億円
金3.4→08.0→11.9→14.4→16.3→17.1
☆14年「マレフィセント」
5週目47.0→52.4→58.8→61.8→63.7→64.6億円→
「アリス」との対比で考えると、「マレフィセント」の興行収入は66.1億円となる。
夏休み時期でもあり、これ以上稼いでもおかしくない。

以下の作品がライバルとなるか。
☆11年公開「ハリー・ポッター 死の秘宝PartⅡ」トータル96.7億円
5週目74.3→83.9→88.6→91.8→93.6→94.8
☆11年公開「POC/生命の泉」トータル88.7億円
5週目71.0→77.1→81.3→84.3→86.2→87.4
☆11年公開「ミッション:インポッシブル」トータル53.8億円
5週目44.4→47.7→50.0→51.6→52.6→53.1
☆12年公開「レ・ミゼラブル」トータル58.9億円
5週目33.6→37.7→41.8→45.2→48.1→50.2
☆14年「マレフィセント」
5週目47.0→52.4→58.8→61.8→63.7→64.6億円→
主要作品との対比で考えると、「マレフィセント」の興行収入は65.5~65.9億円となる。
「パイレーツ」以下、「レ・ミゼラブル」「ミッション」以上となりそうだ。
「マレフィセント」の興行収入は5週目まで58億円台、6週目に63億円台と予想したが、先々週に引き続き66億円台と予想したい。
公開前個人予想は23億円台だったので、だいぶ低かった。
「アナと雪の女王」同様、この手のファミリー向け作品はやや読みにくいところがある。


12位:「ポケモン・ザ・ムービー XY 破壊の繭とディアンシー」(東宝・テレビ東京)<8週目>
【公開前個人予想】 29億円台
【現時点での興行収入予想】 28億円台(3~6週目30億円台、OP~2週目26億円台)
【公開規模】 357スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.2千万円を週末に稼ぎ、トータルでは推定27.3億円となっている。
1週間の伸びは4.2千万円半ば程度だろうか。
週毎の動きは以下のとおり。
OP3.9→2週目6.0→3週目4.8→4週目3.9→5週目4.2→6週目2.4→7週目1.6→8週目0.4億円となっている。
8週目にして完全に終了か。
公開前に『新シリーズのようだが、人気の凋落を止めることはできるのだろうか。人気の下落を止めるのはちょっと厳しいと考えて、予想したい』と書いたが、どうなるだろうか。
オープニングは、7年ぶりの動員ランキング1位となったようだが、皮肉なものだ。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆98年 配給収入41.5億円「ミュウツーの逆襲」
☆99年 配給収入35.0億円「幻のポケモン・ルギア爆誕」
☆00年 48.5億円「結晶塔の帝王 ENTEI」
☆01年 39.0億円「セレビィ時を超えた遭遇」
☆02年 26.7億円「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
☆03年 45.0億円「七夜の願い星ジラーチ」
☆04年 43.8億円「裂空の訪問者 デオキシス」
☆05年 43.0億円「ミュウと波導の勇者ルカリオ」
OP不明→13.0→20.5→26.5→32.4→37.3→39.8→40.6
☆06年 34.0億円「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」
OP04.2→10.3→15.7→20.3→24.7→29.3→31.4→32.6
☆07年 50.2億円「ディアルガVSパルキアVSダークライ」(※10周年)
祝込3日11.3→16.9→24.5→31.4→37.2→43.2→46.2→48.4→49.0
☆08年 48.0億円「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」
祝込3日10.2→18.5→26.9→33.3→39.6→43.3→45.8→46.4→祝46.8
☆09年 46.7億円「アルセウス 超克の時空へ」
祝込3日09.8→17.8→26.4→32.5→38.7→42.1→44.3→45.0→45.2
☆10年 41.6億円「幻影の覇者 ゾロアーク」
OP6.3→祝13.1→17.7→23.7→28.3→33.5→36.7→38.7→39.6
☆11年 43.3億円「ビクティニと黒き英雄ゼクロム」「ビクティニと白き英雄レシラム」
祝込3日08.3→13.4→20.4→26.0→31.6→36.5→39.4→40.8→41.1
☆12年 36.1億円「ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ」
祝込3日07.5→10.9→16.3→21.2→25.6→30.3→32.6→34.2→34.5
☆13年 31.7億円「ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」
祝込3日07.1→10.1→14.6→18.8→22.3→26.6→28.7→30.0→30.6
☆14年「XY/破壊の繭とディアンシー」
祝込3日06.0→09.9→14.7→18.7→22.9→25.3→26.9→27.3億円→
最高のピークは07年の50.2億円、近年の最低のピークは昨年の31.7億円となっている。
近年の作品との対比で考えると、今年の興行収入は28.3~29.0億円となる。
実績のある作品だけに地力があると思ったが、伸びが止まったようだ。
今年の興行収入は2週目まで26億円台、6週目まで30億円台と予想したが、28億円台に下方修正したい。
02年の26.7億円を超えたが、昨年の31.7億円を超えるのは無理そうだ。
公開前個人予想は29億円台だったので、ほぼ当たりとなりそうだ。
このまま人気が落ちれば、そのうち「妖怪ウォッチ」に映画化枠を乗っ取られるかもしれない。


13位:「GODZILLA ゴジラ」(ワーナー・東宝)<7週目>
【公開前個人予想】 48億円台
【現時点での興行収入予想】 31億円台(3~5週目32億円台、OP~2週目38億円台)
【公開規模】 427スクリーン(先週比±0スクリーン)
※2D、3D版があり、劇場数はもっと少ないはず。
2.7千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは推定30.6億円半ばとなっている。
1週間の伸びは7.3千万円半ば程度だろうか。
30億円を突破したようだ。
公開前に『全米では現在199百万ドルの大ヒットとなっている。日本でも当然大ヒットするだろう。題材的にサプライズヒットになる可能性もある』と書いたとおり、さすがに当然ヒットするだろう作品がヒットしただけだ。

夏の大作映画の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先07.8→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5
☆11年公開「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル42.5億円
金08.2→17.9→26.5→34.2→37.5→39.8→41.0
☆11年公開「猿の惑星」トータル24.2億円(参考※秋公開作品)
4日7.3→13.1→17.8→20.6→22.6→23.3→23.7
☆12年公開「アベンジャーズ」トータル36.1億円
先13.9→22.2→28.4→31.5→33.5→34.9→35.4
☆14年「GODZILLA ゴジラ」
金06.8→15.6→20.5→26.2→28.5→29.9→30.7億円→
これらとの対比で考えると、「GODZILLA ゴジラ」の興行収入は31.3~32.1億円となる。
純粋なエンターテイメント作品にはなっていないので、想定していた通常よりも高い伸びは期待できないかもしれない。
「GODZILLA ゴジラ」の興行収入は2週目まで38億円台、5週目まで32億円台と予想したが、31億円台に下方修正したい。
公開前個人予想は48億円台だったので高すぎたか。
単純なエンターテイメント作品ならば、ムーブメントが起きるかと思ったが、内容的にその期待はしにくかった。
ただ、30億円を突破していれば、とりあえずは合格点だろう。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。