ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(9月2週目その1)

1位:「るろうに剣心 伝説の最期編」(ワーナー)<1週目>
【公開前個人予想】 52億円台
【現時点での興行収入予想】  56億円台
【公開規模】 334スクリーン
祝日を含めた13.1億円弱のオープニングを飾った。
土日2日間では9.2億円だったようだ。
先週『祝日を含むオープニング3日間は11.2億円程度か』と書いたので、予想よりも爆発している。
やはり、相当に盛り上がっているようだ。
失敗続きだったワーナーが逆転のホームランを放ったか。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆12年「るろうに剣心」トータル30.1億円
水5.6(OP4.0)→14.9→19.9→23.5→26.4→27.8→28.8
☆14年「るろうに剣心 京都大火編」
金8.2(OP5.9)→19.5→31.9→37.9→42.4→45.9→48.2億円→
☆14年「るろうに剣心 伝説の最期編」
祝13.1(OP9.2)億円→
オープニングに集客するタイプの作品なので比較はしにくいが、当然、「るろうに剣心 京都大火編」を超えるだろう。

30億円以上の漫画原作作品(一部作品を除く)の興行収入は以下のとおり。
☆10年「THE LAST MESSAGE 海猿」トータル80.4億円
祝14.3→32.1→46.8→祝60.2→65.7→70.5→73.9
☆12年「BRAVE HEARTS 海猿」トータル73.3億円
祝4日15.6→27.8→38.2→46.2→52.9→61.9→65.9
☆12年「テルマエ・ロマエ」トータル59.8億円
4日8.6→22.2→29.6→36.6→41.9→46.5→49.6
☆09年「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」トータル44.1億円
OP8.7→21.3→27.9→32.4→38.7→40.7→祝42.2
☆08年「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」トータル39.5億円
OP6.3→15.6→祝24.0→28.1→32.5→34.8→祝36.6
☆09年「20世紀少年-第2章-最後の希望」トータル30.1億円
OP6.2→13.4→19.5→23.0→25.8→27.3
☆11年「GANTZ」トータル34.5億円
OP05.9→14.6→21.2→25.3→28.4→30.5→31.6
☆14年「るろうに剣心 伝説の最期編」
祝13.1(OP9.2)億円→
主要作品との対比で考えて、祝日分を足すと、「るろうに剣心 伝説の最期編」の興行収入は48.6~73.7億円となる。
「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」対比を超える程度の動きと考えて、「るろうに剣心 伝説の最期編」の興行収入は56億円台と予想したい。
公開前個人予想は52億円台だったので、現時点では悪くはない予想となりそうだ。
大きく伸びるかが注目となるが、新規の客層がそれほど多くは増えないだろう。
2作で100億円突破が濃厚となり、とにかくワーナーにとっては過去の失敗を忘れる成功となりそうだ。


3位:「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(ディズニー)<1週目>
【公開前個人予想】 7億円台
【現時点での興行収入予想】  9億円台
【配給会社期待値等】 「10億円を超える見込み」
【公開規模】 595スクリーン
※2D、3D、字幕、吹替版があるので実際の劇場数はもっと少ないはず。
土日2日間で2.2億円半ばのオープニングを飾った。
先週『祝日を含めたオープニング3日は2.2億円程度か』と書いたので、予想よりも高かったようだ。
期間限定の高校生以下500円均一キャンペーンが効いたようだ。

マーベルコミック原作のアクション作品。
今年のアメリカのサマーシリーズを制した大作映画であり、将来的には「アベンジャーズ」に絡んでくる可能性もある。
関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年公開「アイアンマン」トータル9.4億円
OP2.1→5.2→7.0→8.2→8.8→9.1
☆10年公開「アイアンマン2」トータル12.0億円
金3.4(OP2.6)→6.9→9.1→10.5→11.2
☆11年公開「マイティ・ソー」トータル5.0億円
OP1.3→3.2→4.2→4.6
☆11年公開「キャプテン・アメリカ」トータル3.1億円
金1.2(OP0.9)→2.2→2.7
☆12年公開「アベンジャーズ」トータル36.1億円
先13.9→22.2→28.4→31.5→33.5→34.9
☆13年公開「アイアンマン3」トータル25.7億円
金4日7.9(OP4.1)→17.4→20.3→22.5→25.0→25.3
☆14年公開「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」
OP1.9→3.7→5.1→5.7→6.1
☆14年公開「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」
OP2.0→4.1→5.6→6.5→6.8
☆14年「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
OP2.2億円→
主要作品との対比で考えると、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の興行収入は9.8~13.8億円となる。
高校生以下の動員が少なくなりそうであり、伸びがあるかが注目となる。
日本でヒットしそうなタイプではなく、それほど伸びないだろう。
「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」を超えるレベルと考えて、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の興行収入は9億円台と予想したい。
公開前個人予想は7億円台だったので、やや低かったか。
ユニークな雰囲気もあるので、他のマーベル系よりも高く予想してもよかったかもしれない。


5位:「舞妓はレディ」(東宝)<1週目>
【公開前個人予想】 8億円台
【現時点での興行収入予想】  8億円台
【公開規模】 300スクリーン
土日2日間では1.1億円のオープニングを飾った。
公開前に『祝日を含めたオープニング3日は1.7億円程度か』と書いたので、ほぼ予想通りとなっている。
予告編を観た時のファーストインプレッションはメチャクチャつまらなそうな映画だなとヒットするはずなさそうだと思った。
「Shall we ダンス?」「それでもボクはやってない」と話題作を制作してきた周防正行監督作品であり、舞妓というネタは意外と受けるというところもあるので、予想が非常に難しい。
周防正行監督の「終の信託」(トータル3.3億円)のような悲惨なことにはならないと思うが、ヒットもせずコケもせずという中途半端な結果となるのではないかと書いたとおりとなりそうだ。

「舞妓はレディ」1.1億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2013>
☆「奇跡のリンゴ」1.3億円(トータル10.2億円)
☆「舟を編む」1.1億円(トータル8.3億円)
☆「県庁おもてなし課」1.2億円(トータル6.9億円)
これらとの対比で考えると、「舞妓はレディ」の興行収入は6.3~8.6億円となる。
年配層向けの映画のように思われるので、伸びはあるだろう。
「舞妓はレディ」の興行収入は8億円台と予想したい。
公開前個人予想は8億円台だったので、現時点では当たりそうだ。
きちんと伸びるかが注目となるが、評価は悪くなさそうなので大丈夫だろう。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。